Hatena::ブログ(Diary)

空気吸うだけ

カレンダー
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 06 | 08 |
2009 | 01 | 05 | 08 | 09 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2012 | 11 |
2016 | 09 |

2004-09-26

[]『モンスター』 『モンスター』を含むブックマーク

モンスター プレミアム・エディション [DVD]

★★★☆☆

「心暖まらない実録人間ドラマ」の王道を行くクソ真面目な内容で、見終わった後は口数も少なく。だから嫌だったのに…誰だよこんな映画行こうって言ったの。

劇中の二人は「愛し愛され手にテヲトリアッテ地獄の逃避行」てな蜜月のカップルではなく、すれ違いや一方通行の関係。*1また「彼女がモンスターなのではない、彼女を追い詰めた社会がモンスターなのだ!」という類の告発方向へ向かうわけでもなく。「逃げ場」や「責任者」が存在しないので、遣り切れなさも後味の苦さも倍増です。

シャーリーズ・セロンは文字通り体当たりの、何もそこまでな大熱演。「美人女優が賞目当てにデニーロ・アプローチでっしゃろ?」と偏見バリバリなひと(要するにおれ)は認識改めるべきと思いました。

*1:JOURNEYのDon't Stop Believin'をBGMに、スケート場で互いを求めあう…心が通い合った(ように思える)のはこの場面ぐらいだった気がします。

ごうごう 2004/09/28 13:18 「誰だよ」ってヤツだろ(きっぱり)。

atozatoz 2004/09/28 20:51 ああそうさ、ヤツだよ、谷津だとも。目瞑って30秒だよ(きっぱり)

kionakiona 2004/09/28 20:59 おお、リニューアルおめでた。題名もこっちのが良いです。ブギーなんとかとかもうないから。イギーはまだ頑張ってるみたいだけど。

atozatoz 2004/09/28 21:07 ああ、すみませんタイトルは元に戻しちまいました。それよかですね、kionaさんはサボらずに日記を更新して下さいよ。ミラ・ジョヴォとかミラ・ジョヴォとか言ってないで。

amasakiioriamasakiiori 2004/09/28 21:09 ち。今一番観たい映画なのに近くの映画館に来ない…う、羨ましくなんかないやい。ああ、でも観てえなあ。

atozatoz 2004/09/28 21:28 部長を羨ましがらせた!こんなドンヅマリ映画でも観ておいて良かった!やった、やりました、クララが立ちました!

amasakiioriamasakiiori 2004/09/29 00:35 だって俺リッチのファンなんだもん(問題発言?)

atozatoz 2004/09/29 20:12 あれま、部長がクリスティーナ・リッチ好きとは意外です。別段、火を吐いたり液状化したり透明人間になるわけでもないのに。何が琴線に触れたんだろう?

amasakiioriamasakiiori 2004/09/29 21:32 弟を電気椅子にかけたり墓荒らしをしたりします!これでもまともか!…と言うのは冗談にして、あれだけ冥い眼をした女の子って、なんか凄いよね。

atozatoz 2004/09/30 00:53 それは確かに。この映画でもキャラクター造形を別とすれば、リッチ嬢はたいそう魅力的に撮れていました。よ。

2004-09-22

[]『プリンス&プリンセス』 『プリンス&プリンセス』を含むブックマーク

プリンス & プリンセス [DVD]

★★☆☆☆

切り絵アニメ、というヴィジュアル面の物珍しさも次第に飽きが来るし、何よりお話が子供騙しにもならない子供騙し*1でお話になりません。70分の上映時間の半分ぐらいは予告で見た『マッスルモンク』の映像を反芻して過ごしました。

強いて良かった個所を言うとそうですね、原田知世の演じる高慢チキな女王様は萌えるなーと思いました(ガチ)

*1:日本篇のいじわるばあさんとか酷過ぎます。

2004-09-21

[]『極大射程(上・下)』 スティーヴン・ハンター 『極大射程(上・下)』 スティーヴン・ハンターを含むブックマーク

極大射程〈上巻〉 (新潮文庫)

★★★★☆

ベトナム戦争で名を馳せた伝説のスナイパー、ボブ・スワガー。今は人里離れ隠遁生活を送る彼の元に、銃器メーカーからテスト射撃の依頼が舞い込む。だがその背後には大統領暗殺計画の陰謀が隠されていた…。

以下、ネタバレ

続きを読む

ガルシアの首ガルシアの首 2004/09/22 17:13 『極大射程』は燃えますよねっ!カタキ役の非道キャラもビッときまってて言うことなしです。私的ベストは『ダーティホワイトボーイズ』。「それ絶対ぇ死ぬだろ!?」とばかりに血と銃弾がブチ撒かれるガンファイトに震えます。

atozatoz 2004/09/23 12:30 いやこれはホント燃えますね。実際の自分はマッチョではなく、ドブラーのようなモヤシっ子なわけですが、読んでる間はボブに同化し手に汗握って大コーフン。よし、それじゃあ次は『ダーティホワイトボーイズ』いってみよう。

queergodqueergod 2004/09/27 03:05 こんなことを言いながらこの人は今ハーレクインロマンスを読んでいるんですよ。

atozatoz 2004/09/27 20:59 よ、読んでねーよ。感動して泣いたりなんかしてねーって。目に埃が入っただけだって…。いやこれがですね、割と本格的に面白いんですよ。queergodさんもお一つ如何ですか?ごきげんよう。

2004-09-14

[]『リプレイ』 ケン・グリムウッド 『リプレイ』 ケン・グリムウッドを含むブックマーク

リプレイ (新潮文庫)

★★★☆☆

もしも人生をやり直すことが出来たなら―。

以下、ネタバレ。

続きを読む

dodo-argentododo-argento 2004/09/14 21:55 今からでも遅くはないよ友人。

atozatoz 2004/09/14 23:13 う、うるせえんだよう!もう手遅れなんだよう!オリはよう、オリはよう!ラララ…(以下、慟哭)

Ludens Ludens 2004/09/16 09:55 「ただ一度きりの人生を大切に生きよう!」というラストに泣いたよ。泣いたって、マジで涙を出して泣いたからね。というわけで「どの人生でも主人公はモテ過ぎだチクショウ」とは微塵も思いませんでしたよ。(確かにそれもそうだなァ)

atozatoz 2004/09/17 00:01 な、なんだよう、それじゃあまるでよう、おりが殊更に僻みっぽいダメ人間みたいでないかよう!おりはよう、おりはよう!ラララ…(以下、嗚咽)

queergodqueergod 2004/09/17 01:45 注)文中の「ラララ」は「ららら」でなく「ううう」と読んでください☆あと、オブジョイトイのことはオブジョイトイって呼んでください☆

ペペロンチーノペペロンチーノ 2004/09/17 09:07 とりあえずオブジョイトイ言いたいだけじゃん↑

queergodqueergod 2004/09/18 01:13 ち、ちがうんだよう!オリは麦っ子として「ラララ」の正しい読み方をわかってほしかっただけなんだよう!オリはよう、オリはよう!…ギギギ

atozatoz 2004/09/18 08:06 そうだよう、ペペロンチーノ兄貴もそこんとこ酌んでやってくれよう。オブジョイトイはよう、ああ見えていいやつなんだよう。いまは家計を助けるために空間デザイナーの見習いをしていてよう。その健気さによう、おりはよう、おりはよう!ラララ…(以下、号泣)

atozatoz 2004/09/18 08:07 それからオブジョイトイ、ちょっとMッ気があります☆

queergodqueergod 2004/09/18 13:15 ↑これは言いたかっただけ。100パー言いたかっただけ。

queergodqueergod 2004/09/18 13:16 あとNakamyuraはおもしろがってるだけ。

ペペロンチーノペペロンチーノ 2004/09/18 16:40 そうそうNakamyuraはおもしろがってるだけ。

NakamyuraNakamyura 2004/09/18 19:35 おどれらコメテじゃったらわしを面白がらすんが仕事じゃろうが!というわけで、わしはこれから面白くないことを取り去る実験を開始する(桶に入って)。

atozatoz 2004/09/18 23:52 わ、悪いかよう。言いたいことも言えないこんな世の中(ポイズン)によう、おりのパッションを叩きつけてやるんだよう。ロックンロール!

atozatoz 2004/09/18 23:52 そうそう、Nakamyuraさんが面白がっているだけなのは100パー同意です(突然素に戻る)

atozatoz 2004/09/18 23:53 アンチャンもとことんまで面白さを優先する病に取り付かれているのう…誰も褒めんが、おりはアンチャンのそういうとこが好きじゃ(ポッ)

atozatoz 2004/09/19 00:00 ↑今頃思ったが、途中からドクグスリ先生とはだゲンがごっちゃになった、よく分からない文体になっておるよ。オリは誰だよーっ!オリは誰なんだか言ってみろよ!

queergodqueergod 2004/09/19 02:24 いやー、ここはひどいインターネットですね。

msrkbmsrkb 2004/09/19 03:42 インターネットの住人ですよ、atozは!

atozatoz 2004/09/19 12:32 本当にひどい、ひどいよう。とりあえず最初にオブジョイトイとか言い出したひとしけい。オリは何も悪くない。オリはオリを肯定する。ロックンロール!

atozatoz 2004/09/19 12:32 人工無能なのかよ!まあいいや。オリは死ぬまでインターネットしつづけるぜ。ロックンロール!

2004-09-13

[]『恋風』#1〜4 吉田基已 『恋風』#1〜4 吉田基已を含むブックマーク

恋風 1 (イブニングKC)

★★★☆☆

イブニングで連載中のガチンコ妹萌え漫画。「12人の妹に囲まれてうわわーい」みたいな夢☆幻想とは異なる、生臭い・70年代・四畳半・神田川・洗い髪が芯まで冷えて・どこまでもシミたれた物語。髭面で殊更にムサ苦しく描かれる兄の遣ること成すこと、どれもこれも痛くて(「痛々しい」ではありません)読んでる間中ひいひいと身悶え。いやいや、こんな漫画好きじゃねえよ、好きじゃねえんだけどよお。

私信:続きが気になるので5巻が出たら貸して下さい(←だからそもそも買いなさいよと)

msrkbmsrkb 2004/09/16 03:14 後輩に「こんな作品があるんですよガチンコですよいやあすごいなあ」とか熱弁されたので、まったくお前らは駄目な人間だな!とか思いながら夜中にやってるアニメを見てみたら、なんかATG映画みたいでびびりました。アニメのほうの兄貴の声がまた、ほんとうにもっさりしたちょっと気持ち悪い声で、この本気具合はすごいと思いました。いやどういう本気なのかは知らんが。

atozatoz 2004/09/16 23:59 そうなんですよ、おれも読む前は「おにいたまー☆きゃるーん」みたいなライトな記号的妹消費作品(なんだそれ)かと思っていたのですが。実際はえらくジメジメした内容で。
作者の人は雑誌のインタビューで「身分・貧富・年齢差等が大した障害とならない現代ニッポンで、”禁断の恋”を成立させるには近親愛しかない!」という旨のこと言うてました。こりゃド本気ですよガチンコですよいやあすごいなあ。

kakeru3307kakeru3307 2004/09/24 11:16 これってイブニングだからまだゆるしてもらえる作品って気がする。ヤンジャンだったら生臭いし、スピリッツだったら固定女性読者大反発。で、ヤンマガだったら数周でうち切りね。

atozatoz 2004/09/27 00:03 イブニングが相対的マイナーだから…ってことだと思うのですが、やーでもヤンジャンの新連載は『カウンタック』でヤンマガは『Deep Love』っすよ!わはは。

pencroftpencroft 2004/09/27 00:44 なんでも今、テレ東の深夜で『Deep Love』のドラマ版やってるらしいんですが・・・ここは是非ともid:atozさんの全話レビューなんか読んでみたいなあと思いました。

atozatoz 2004/09/27 20:58 全話レビューですか、全話レビューねえ…バリしんどそうですか、バリやりますかコラ、カチ食らわしますかコラ。

2004-09-12

[]『ヴィレッジ』 『ヴィレッジ』を含むブックマーク

ヴィレッジ [DVD]

★★★☆☆

以下、ネタバレ。

続きを読む

pencroftpencroft 2004/09/12 04:29 『ヴィレッジ』は未見なのですが、そうですか、盲目のヒロインですか。観る気がもりもり沸いてきます。わたくしの場合盲目の女性が好きなわけではなく、盲目であることによって必然的に容貌に無自覚になることが重要というか。タンピン三色で満貫確定みたいな。

atozatoz 2004/09/12 22:18 (PC全盛のこのご時世に)斯様なことを言うのは躊躇われる、どころか人として如何なものかと思いますが、ぶっちゃけpencroftさんに100%同意です。ああ、そんな獣を見る目で俺を見るな。

2004-09-08

[]『赤毛のアン』 ルーシー・モード・モンゴメリ 『赤毛のアン』 ルーシー・モード・モンゴメリを含むブックマーク

赤毛のアン (集英社文庫)

★★★★★

アニメなどで断片的に触れたことはあったものの、原作をキチンと読むのは初めて。おお、笑わないで。私は赤毛で、雀斑だらけで、やせていて、みっともないのです。それにしてもこれたいへんな萌え小説じゃーないですか。何がってマリラが半端ない萌えキャラなのです。彼女はアンに深い愛情を抱きながらも(厳格な保護者であることを自らに課しているため)ストレートに想いを伝えることが出来ません。弟のマシューが最初から手放しでラヴビームを放射しているのとは対照的に。そのことをアンは知らず、読者であるわたくしは知っているもどかしさ、あるいは心地よさ。マシューが流行の服をプレゼント→喜ぶアン→本当の気持ちとは裏腹に憎まれ口を叩いてしまうマリラ、という件など堪りません。「あああ、違うんですよぅ、本当はマリラはアンのことが大好きなんですよぅ」とゴロゴロ転がり回ります。まあ、きもちわるい。

pencroftpencroft 2004/09/09 02:19 じゃあ続いて映画の『赤毛のアン』も観てください。完全版を。映画版『アンの青春』は観なくていいです。

bunqbunq 2004/09/09 03:08 いっそのことプリンス・エドワード島にも行って来てください。オミヤゲヲタノシミニシテイルヨ!

kakeru3307kakeru3307 2004/09/09 09:46 昔はねー、北海道にアンのテーマパークがあったんだけど……つぶれちゃったよ。ど真ん中にある人造池に「クリスタルレイク」とか名前つけちゃったり、ちっちゃな汽車とか走らせてたりの広大な敷地でした。
今その町ではSSマシーンのマネージャーだったワカマツが市会議員やってるよ。

pencroftpencroft 2004/09/09 18:59 将軍KY若松・・・拡声器でSSマシンを操る悪の正太郎君ですよ! 市議会でも拡声器で討論してるに違いありません。

kakeru3307kakeru3307 2004/09/09 19:20 それがですね! すっかりおとなしくなっちゃって(っていうかサングラス外したら誰かわからない)
『リングの魂』でアニマル浜口と「気合いVS宇宙パワー」対決やってたころが懐かしいなぁ

kakeru3307kakeru3307 2004/09/09 19:21 思い出した! そんときはもう一人いて三者対決だったんだんですよ……プロレス馬鹿と(合掌)

atozatoz 2004/09/09 20:00 『赤毛のアン』の映画、シネスケでもすごく評判良いんですね。よし、見よう(G馬場の真似で) ところでpencroftさんもマリラに萌えますよね?よね?(がぶり寄る)

atozatoz 2004/09/09 20:00 むくつけき男子であるおれもプリンス・エドワード島へ行けば腹心の友(という名の美少女)と出会い仲良くなって慎ましやかなお茶会を開いたり、はなればなれになるといってワンワン泣いたり、みたいな乙女生活ができるのだろうか、だろうか。よし、行こう(サンボ浅子の真似で)

atozatoz 2004/09/09 20:01 もし未だにそのテーマパークが存在していれば、ボートで葬送ごっこのハズが流されちゃって、そこをハンサムボーイに救われてキャーみたいな素敵イベントに遭遇できたのだろうか、だろうか。よし、行こう(行けねーよ)

atozatoz 2004/09/09 20:01 え、「合掌」って剛竜馬はまだ生きてますよね?社会的に抹殺されたも同然ってこと?なわけねーって、絶対大丈夫だって、あいつお前のこと好きに決まってるって…(男子高トーク)

atozatoz 2004/09/09 20:01 あ、あと平田のことは、平田と呼んでください☆

kakeru3307kakeru3307 2004/09/10 00:25 やっと思い出した「カナディアンワールド」って名前でした。そして、ペンさんも大喜びなのは、パークにはカナダからやって来た赤毛の小学生の美少女がいたんです。しかもですよ、平日は市内の小学校に通ってたんです!! いやー、10年遅かった

atozatoz 2004/09/12 02:19 うわ、マジですか。赤毛の小学生の美少女、赤毛の小学生の美少女、赤毛の小学生の美少女!それはpencroftさんだけでなくオレだって大喜びですよ。カナディアンワールド再建希望の署名運動しよかって話ですよ!

2004-09-05

[]『ヴァン・ヘルシング『ヴァン・ヘルシング』 を含むブックマーク

ヴァン・ヘルシング コレクターズ・エディション [DVD]

★★★☆☆

従来のじい様なイメージを覆す、若くてフェロモンむんむんなヘルシング。登場するモンスターはフランケンシュタインにドラキュラ伯爵、超人ハルクみたいなハイド氏と、この節操のない設定は(それこそキム・ニューマンの『ドラキュラ紀元』みたいで)たいへん愉快。

しかし本編はひたすらに「アクションのためのアクション」の連続。決着戦のCGモンスター同士のドツキ合いに至っては胃もたれ気味に。VFX全開の映画であることは承知の上で、もうちょっと生身の肉体が躍る活劇が見たかったなーと。ついでにビックリするぐらいエンドロールが長いです。長い、長いよソマーズさん。

2004-09-04

[]『のだめカンタービレ』#1〜9 二ノ宮知子 『のだめカンタービレ』#1〜9 二ノ宮知子を含むブックマーク

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))

★★★★☆

オレ様至上主義の千秋(ピアノ科・でも本当は指揮者志望)、不思議ちゃんの野田恵(ピアノ科)、自称「天才ロッカー」の峰(ヴァイオリン科)、嫉妬深いが気のいいゲイの真澄ちゃん(打楽器科)、音大を舞台に学科も個性もバラバラなメンツが繰り広げる青春コメディ。男女やゲイの関係なく「仲良し」な彼等の関係が心地よく、「あーお話など進展しなくても良いから、ずーっとこのままダベりドツキ合いを見ていたい」と思う程に。

しかし千秋が自分のオーケストラを立ち上げた辺りから、どいつもこいつも「理想の音楽」のため切磋琢磨し始め、こうなると特性が失われ普通の「芸事」漫画になってしまいます。「あーおまいらそんなに努力しないで、ダラダラし続けて下さい」と思いました。千秋とのだめの関係もこれ以上ハッテンしなくていいですよ!ZETTAI!