Hatena::ブログ(Diary)

空気吸うだけ

カレンダー
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 06 | 08 |
2009 | 01 | 05 | 08 | 09 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2012 | 11 |
2016 | 09 |

2005-10-31

[]『機動戦士ZガンダムII-恋人たち-『機動戦士ZガンダムII-恋人たち-』を含むブックマーク

機動戦士ZガンダムII -恋人たち- [DVD]

★★★☆☆

映画版の一作目では(TVシリーズと比べて)カミーユの性格は幾分マイルドに、シャアとアムロはダメ中年ではなくカリスマとして描かれ、「なるほど新訳とはこういうことかー」と思ったわけですが、二作目でも順当にそうした改変作業が行われているのかと思いきや、さにあらず。元通りどころかむしろTVシリーズ以上のエキセントリック少年、ダメ中年になっていて、これどうなってんのよと。理由は簡単で、尺が短いのに話を詰め込み過ぎなせいで、どのエピソードも始まりと終わりがあっても中が抜けている状態。おかげでキャラクターの感情の振幅がとんでもないことになっております。

逐一突っ込んでいくと際限がないのですが、とりわけ凄いのはカミーユとサラが再会するくだりです。ここでのカミーユのエキセントリック少年ぶりは群を抜いていて、サラと楽しそうに談笑していた直後にいきなりブチ切れ、「今度会ったら八つ裂きにしてやる!キサマニハジゴクスラナマヌルイ!」と言い放ったり、「死ねばもろともだあ!」と両足タックルからのパウンド*1を敢行したりと、もーなにがなんだか全く分かりません。

サラの吹替は池脇千鶴で、またこれがあのちーさまとは思えない程の棒読み下手っピで度肝を抜かれるのですが、勝手に推測するならば余りにもお話の展開がデタラメなせいで、一体どういう立場から演技すれば良いのか把握できなかったのではないでしょうか。

ハッキリ言って映画としてどーこー以前に、人様にお見せする商品として最低限の形式すら成立していないと思うのですが、じゃあ詰まらないのかと問われたら、全くそうは言う気になれず。とにかくテンションは異様に高く、戦闘につぐ戦闘が繰り広げられ、そして富野台詞のツルベ打ちを聞かされていると、細かいこともどうでも良くなってくると言うか。いや細かくないだろう、色々とデッカい穴ボコが開いてると思うのですが、もうこれはお祭りだから、楽しまなきゃ損だよなと。もちろん次も行きますよー。死ねばもろともだあ!

*1:冗談と思われる方もいるでしょうが、これ全部ほんとうなんです!

queergodqueergod 2005/11/02 05:50 肌寒い11月の午後、紅茶に浸したマドレーヌを少しずつ口に運びながら、先日テレビで見かけた長州力のブチギレ問答を反芻していたときに、わたしは気づいた。この新訳Zガンダムとやら、これはつまり「オレたちの夢である」試合のない試合、入場だけの東京ドーム大会、これと同じものでしょうそうでしょう。

atozatoz 2005/11/03 00:19 うーん、ちょっと違うんですよ。Zガンダムの劇場版はかつて自分が熱狂したプロレス団体、そうだなー例えばRINGSが解散から時を経て突然の活動再開。ドールマンにフライにハンにミーシャにヘイズマン、おお懐かしのメンツが顔を揃えているじゃーあーりませんか。しかし試合内容はグダグダ、コピロフのお腹はダブダブ、タリエルは明後日の方角へ胴回し回転蹴り、前田はフライにストンピング、ついでに坂田に椅子攻撃。あーもうダメダメですわー。しかし幾ら駄目だとしても、自分が愛したRINGS、青春の思い出を否定することなどできやーしませんよ。たとえそれがヘイソクしていると思われようが、キモいと言われようが、オレに出来ることはただただ、泣き笑いと共に声援を送ることなのです。富野由悠季の最後の進化を見届けて下さい!

2005-10-30

[]『愛と復讐の騎士』 『愛と復讐の騎士』を含むブックマーク

愛と復讐の騎士 [DVD]

★★★☆☆

格調高く通俗な(両方とも褒め言葉です)コスチュームプレイもので、チャンチャンバラバラ、陰謀あり復讐あり恋愛あり、オマケに(擬似)近親相姦ありとサービス満点の大娯楽作。ふつうに面白かったのですが、ド・ブロカ監督の映画と言うからにはもっとこう、ぶっ飛んだ物語展開や虚構が現実を書き換える瞬間、「奇想」とでも呼ぶべきものが刻印されているのではないかしらんと事前に期待していただけに、「ふつうに面白い」作品であったことに肩透かしな気分もあり。これ贅沢な要求でしょうか。

ただヒロイン役の娘さんはビビってたじろぐ程の美少女で、また当然のようにビッシビシと脱がせる辺りは最高で「さすがはド・ブロカ先生抜かりがない!」と感服いたしました。


蛇足:

ちなみに六本木ヒルズというイケ好かない場所で見たのですが、何でも前日にはここで坂本真綾さまのフリーライブがあったと言うじゃないですか。な、なんだってー!やっちまった、しくじった、映画なんぞ見てる場合じゃなかった…と絶望的な気分になりました。よ。

pencroftpencroft 2005/10/31 10:45 マリー・ジランだったのか。そりゃいい仕事しますよ。

atozatoz 2005/11/01 21:48 オレはこのひと、全然知らなかったのですが、さすがはpencroft先生よくご存知で…八つ裂きにしてやる!

pencroftpencroft 2005/11/01 22:06 というても「さよならモンペール」しか観てませんが。奔放な娘にオトンの鼻デカドパルデューがドキドキハラハラ、恋人のフリとかさせられてオロオロするという、やたらめったらエロいぐだぐだ映画でした。あの頃は、少しでもエロそうな映画は全部観てたなあ・・・(遠い目)。

atozatoz 2005/11/03 00:17 奔放な娘にオトンがドキドキハラハラって、この映画も全く同じような話でしたよ。おまけに本当のオトンじゃないから余計にドキがムネムネするというつくり。うーん、改めて考えるとよく出来ているなあ、金沢。

2005-10-24

[]『シン・シティ『シン・シティ』を含むブックマーク

シン・シティ プレミアム・エディション [DVD]

★★★☆☆

ジェシカ・アルバのこの役って「チンチクリンだったあの娘がXXXXXXに!嬉しいような、哀しいような…でも素顔は可愛かったあの頃のままでお父さんは安心したようグフウ」というオヤジ妄想の具現化したもので、そのギャップ萌えを発生させるにはヨゴレ感が必須なはず。だと言うのにジェシカ・アルバはブラも取らずにヘソ出し程度とは余りに八百長…八百長ばかりしやがって…この八百長野郎…!と思いました。

お話はアマゾネス軍団が拳銃バリバリ撃ちまくる二話が一番毒々しく且つ華やかで、対して結びとなる三話が淡白に感じられてしまいました。これならば時間軸など弄らず、単純に串団子形式でエピソードを並べた方が良かったのではないかと。

2005-10-23

[]PRIDE30 PRIDE30を含むブックマーク

PRIDE.30 in SAITAMA SUPER ARENA [DVD]

ガチンコ格闘技に絶対王者などありえなくて、ままならないものとは分かっていて、ままならないからこそ観戦時にはヒリヒリとした緊張感が漂い、それは最早わたくしにとってプロレスでは味わえなくなってしまったものではあるのですが、それにしても余りにままならぬことの連続で、応援している選手が負けるとやっぱり凹んだり疲れてしまうこともしばしばで、要はジョシュが負けてガックリンコってことです。今度こそ、以前書いた試合展開(id:atoz:20041030)になると思ったのですが…。

思えばUWFが全部悪いのです。UWFのせいで中途半端にプオタと(表層的)総合格闘技ファンの二足の草鞋を履く破目になってしまったわけですよ。自分もプロレス道一筋であればムタを崇めて毒霧に「ひゃっほう!」(by辻アナ)と奇声をあげたり、「曙が最終的にはヒールになって電動ノコギリ持って走り回ったりなんかして!」などとネジの二、三本外れたことを言ってヌクヌクと暮らせたわけですよ。あるいはしましま魚的ガチバカであれば「典型的金魚マッチ」とか「階級差のある戦いには乗れない」とか冷淡なこと抜かしていれば良かったわけですよ。逆恨みですか、全部デタラメですか、そうですか、そうですね、すみません。

とりあえずアレだ、リベンジだ、キンコロでジョシュ・バーネットvsミクロ・プロポリス10番勝負だ。食らえキャプチュード・バスター!

NakamyuraNakamyura 2005/10/24 23:52 ネジが外れてて悪かったな!食らえ俺の毒霧!ぶしゅー。ぶしゅー。あ、今のは一回目が赤で二回目が緑ね。赤い方は唐辛子が入ってて目が開かなくなるんだ。緑の方は毒草入りだから呼吸困難になるんだ。プライド選手はタフだから緑は効かないと思うけど、赤い方はいい線イケると思うよ。

kionakiona 2005/10/25 17:01 スベピカ!

atozatoz 2005/10/25 20:08 オッケーオッケー!確かに緑はともかく赤の毒霧を食らったら、如何にミルコと言えども悶絶、昏倒、昇天必至だよな!ういーっし!

atozatoz 2005/10/25 20:17 なあにがスベピカだコラ…!はてなのコメント欄またいで何がしたいんだコラ…!おまえみたいなミルコオタクに俺たちUWFチルドレンの痛みが分かんのかコラ…!キャプチュードでトレーニングモンタージュでフレームオブマインドなんだよ…!シャチホコ固めでクロスヒールホールドで鼻からうどんが出ちゃうんだよ…!前田さんリングに上がって下さいで絶縁宣言でビックマウスラウドで悔いなく死にたいんだよ…!(武道館炎上)

2005-10-02

[]『タッチ』 『タッチ』を含むブックマーク

タッチ スタンダード・エディション [DVD]

★★★★☆

ミナミチャンなどというおよそ非現実的な、完全無欠の健康優良美少女を真正面から演じて万人を納得させうる女優は日本広しと言えども長澤まさみ、いや長澤先生を置いて他になく、事実この映画における彼女の輝きは他を圧倒しまさに王道を往く三冠チャンピオンの風格。脇役として登場する(かつてそれなりの美少女であったはずの)安藤希が霞んで見え、若槻千夏なんぞ路傍の石、所詮ジュニアヘビーだろ!ってなもんです。

そもそも『タッチ』と言えばカッチャンがあーなってタッチャンがこーなると誰もが知っているわけですから、映像化に際してこれお話など二の次、長澤先生のアイドル映画として、ただひたすらに彼女の美しさをフィルムに焼き付けようとした作り手の意図は全く持って正しく、またそれは成功している!と思います。おかげで劇中で上杉兄弟を演じる何とかブラザーズは二人揃って野球をダシに長澤先生の気を引こうとする哀れな男にしか見えないのですが、それはまあ全体を考えれば些細な瑕疵と言うものです。