Hatena::ブログ(Diary)

空気吸うだけ

カレンダー
2003 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 04 | 06 | 08 |
2009 | 01 | 05 | 08 | 09 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2012 | 11 |
2016 | 09 |

2010-04-19

[]アブラタニサン アブラタニサンを含むブックマーク

最近の喫茶店トーク、twitter上の呟き、その他諸々。

  • MMAあるいはプロレスのはなし。
    • 「刺しに行く」発言など、自らハードルを上げてきた青木選手。わたくしこれまでウヒヒ的に面白がってきましたが、普通に勝って欲しいと思う。負けたら五味のUFCチャレンジに続きお通夜モードは必至…。
    • 結局、試合はリアルタイムに見れなかったんですが、青木完敗だとか…うぐぅ…。
    • そして昨日まで青木を応援していた人間がバリゾーゴンの嵐。プロスポーツとはそのようなもの…とは言え。
    • 映画『レスラー』を思い出す。ランディは「俺を辞めさせることが出来るのは、お前たちファンだけだ」と言う。しかし喝采を送るのも罵倒を浴びせるのも同一のファンなのだ…。ファンは移ろい易く、時にファイターを応援し、時に非情なdisを浴びせかける。
    • もちろんオイラもそんな身勝手でウヒヒなファンのひとりである。それで良いとも思っている。これからも歓声と罵声をセットに生きるのさ…。ただそのエゴくらいは自覚していたいとは思う。
  • 映画のはなし。
    • 第9地区』面白かったー。ゲーム脳の僕様ちゃんが思い浮かべたのはやはり『Half-Life』。以下、ネタバレ。主人公が、てめえが一番大事な小市民なのがえがった。だからこそ土壇場で見せる決断に痺れるわけで。来いよベネット!モヤシ君がパワードスーツの力を借りてマッチョにリベンジ!そしてラストに訪れるリリカルマジカル感。初期の梶尾真治的のようだったわ。
  • ゲームのはなし。
    • ラブプラス』の新作情報読んだけど凄いなー。お泊りイベントとか、現実を浸食してやろうという、その意志に痺れるよ。暗転時にキモいおっさんの顔が映るバグは解消されたのだろうか。
    • しかしどんなに時間同期イベントが増えたところで、彼女たちに触れることは出来ない。これは現実ではない…これは最強ではない…。その絶望、乖離ミノーグは増し、広がるばかりではないか。例えば、お泊りイベントと聞いて欣喜雀躍、DSを持ってリアルに旅立つ。しかし最終的に独りの夜を迎えた時、我々プレイヤーは越えられない壁に死にたくなること必定…!
    • というような話を真剣に語ったところ、お前がこじらせすぎ、一般のユーザーはもっと気楽に遊んでるよ!と言われますた。そうだよねTK…うぐぅ。
    • ときメモのようなパラメータ管理ギャルゲーからノベルゲーへの変遷はよく言われることだが、ここには一つの絶望があったのではないか。つまりギャルゲーによる擬似恋愛…これはどこまで言っても現実を書き換えることは出来ない…という。
    • だからこそ我々はノベルゲーへ旅立った。疑似恋愛を諦め、読者としてただ物語に対峙することを選んだのだ。『ラブプラス』はギャルゲーからの復讐である。一度は夢☆勝ちを諦めた我々を再びドリームクラブへ誘おうというのだ…。
    • GTA』でいつもは事故上等、パトカー相手にチェイスHQなのに、彼女とドライブする時は安全運転…というのは個人的に新しいギャルゲーと思った。あるいは『ガンパレードマーチ』で、同一空間にライバルキャラがいる時は仲良くしないとか…。箱庭空間を歩き回る自由度と複数人との関係性にあたらしいギャルゲーのかたちがあったりはしないか。
    • あーだったら『The Sims』でもやればいいじゃん、という話なのか…。
  • アニメのはなし。
    • けいおん!!』見た。控え目に言って素晴らしい。昔はブツクサ文句ばかりつけていた僕様ちゃんだが、今は(声優による2.5次元ライブ以外)全肯定派である。無頼の月日、今は悔いるのみ…。きゃっきゃっうふふなコージー感と、らくえんもやがて終わりが来るという寂寥感。おじさんはこれだけでご飯三杯いけるよ…。
    • そう、けいおんは矮小な俺たちロボダッチと関係なく、そこにある奇跡なのだ…。ここに至り我々はただ繰り返し「あずにゃん!」と叫ぶ他ない。
  • 漫画のはなし。
    • 『モテキ』最終回。おれは登り続けるぜ…このモテキ坂を…!ダラダラ続けるよな漫画ではないから、これぐらいで終わるのが正解なんでしょうけど…。オム先生はどうなったんだよおおお。
    • 一方その頃、『オールラウンダー廻』が地味に盛り上がっていた。
  • その他
    • 友人に押し付けられたギラギラガールズのmp3を聞いた。 「さくら通りを右に曲がると見えるぜ〜(ギラギラ、ギラギラ!)」 確かにちょっと面白い。友人はこの曲をiPodに入れて通勤電車で聞いているという。さすがにおかしい(頭が)と思った。しかもこの曲10分超えてるんだよ!プログレじゃあるまいし…(ギラギラ、ギラギラ!)

kionakiona 2010/04/25 00:51 自覚ブームですな。自覚したら覚醒してカァアア!とか無いのん? ……ヒック

atozatoz 2010/04/26 00:23 なにがなんだか…。もしかしてチミは「ヒック」とか書いておけば、インターネットでは何をしても許されると思っているんじゃあるまいな…。だいたい本当の酔っぱらいはヒックとか書き込まない…!これは八百長…!この八百長野郎…っ!

kionakiona 2010/04/26 06:59 あはは……おっしゃるとおり。ひかえます。

atozatoz 2010/04/26 22:15 あらやだ…kionaきゅんにそんな殊勝なリアクションされると、こっちが困惑しちゃうわ。いいのよ、いつも通りゴーマンに振舞って…。貴方はこの街の王なのよ…ティム・ロビンスを誤射ヒデオしてもそれはそれ…。

kionakiona 2010/04/26 23:31 ああ、いや、たまさかペンさんとこ見たら暗黒神話自覚の話をしていて、君のところに移ってきたら格オタの自覚の話をしていて、この生真面目オタたちが!とつい粗相したしだいなんですが、んなこた余計なオセアニア、ヨハネスブルクはエビだらけと反省したしだいです。すまんかった、がはは!

atozatoz 2010/04/27 22:42 そうなのよ、あたくし真面目君だからさあ…。あまり自己言及ばかりしていると中毒になるかもしれないけれど、おどれの欲望を見つめることは大事だと思うのよ…。でないと自分でついた嘘を信じ込むようになってしまう気がするの…エビエビ。

Connection: close