Hatena::ブログ(Diary)

嵐さん関連で置いておくところ

2018-06-12

「untitled」コンサートDVD/Blu-ray感想、「嵐の嵐会」イイネ!とか。自分のツイートとか。その他色々随時追記しておくところ

「untitled」コンサートDVD/Blu-ray感想、「嵐の嵐会」イイネ!とか。自分のツイートとか。その他色々随時追記しておくところ

2018年6月13日、待ちに待っていたこのディスクの発売日。初回限定盤も通常盤も、予約開始の日に即予約しておいた。
そして6月12日に、フラゲで届いたのだった。
ありがたくてもうね、めっちゃ生きられる。
勿体なさ過ぎて、長々と少しずつ味わっていく所存。

※嵐さんのアルバム「untitled」関連は

http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171013
嵐アルバム「untitled」並びに「未完」ほか収録曲関連 

※2017年の五大ドームコンサートツアー「untitled」に行けた(嵐さんのコンサートに初めて行くことができた)ことについては

http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20171226
2017.12.25嵐さんのコンサートを初めて観に行けた自分の呟きまとめ(「untitled」感想) 

「untitled」への所感は、上記↑の頁に概ね詰め込んでおいたので、
(それだって、言葉にできなさが過ぎる嬉しみなどは書けなかったんだけど)
ここでは、その以前の感想と重複することもしないことも、
また、この円盤視聴で再確認したことや改めて湧き上がってきた感想や特典映像への感謝やその他色々諸々を折に触れて何か脳内に言語化されたものなど
その都度少しずつここに入れておく場所ってことにするね。
でもたぶん、「書いてる時間があったら一瞬でも観たり聴いたりしていたい」「この素敵さ素晴らしさ面白さを、そもそも私の乏しい言語能力で表しきれるわけがない」
の思いが強いので
結論としては
買ってください、観て聴いてください
に尽きるかも。

2018.6.13

☆「untitled」ライブ、更にグレードアップ済の歌唱、現場感溢れ且つ繊細な声に聴き惚れ生身の嵐さんの声を湯水のように浴びられ貴い、例えば「未完」終盤なのに歌上手さ凄くて涙•大好きなAttack it !を今の嵐さんで聴けたのも感極

※2017年12月25日の東京ドーム「untitled」に参戦した際にも、上記のことは私を圧倒してきた。嵐さんは本当に生歌で、そして耳にとてつもない快感且つ、その会場の空気と連動して多幸感溢れさせてくる表情、それを浴びる喜びと言ったら想像以上のものがあった。

☆嵐と書いてテンサイと読ませる(ダブルミーニング?)ような詞がある曲をめちゃめちゃカッコ良く歌う5人大好きです
※正しいルビは「てんさい」
※Attack it ! の歌詞のことです…強気で、粋で、めっちゃ大好きです。
※Attack it ! 作詞は櫻井翔さん。天才だわ

☆大スクリーン、Blu-rayで観ると更に大映しな嵐さんに包まれる感が強くて嬉しい。あと、彼らホントに良いお顔する…嵐さんの表情がやっぱり本当に好きでどこの場面も目が離せない

☆どこをとっても、曲順や衣装や演出もとても熟慮の上で作られてるんだなあって、改めて松本さんにもありがとうです。特に私は映像3直後の2曲の演出とかめっちゃ好き。
 
※Prayと、光、のことなんだけど、とっても美しい舞台芸術を見せてもらえた。哀しさから喜びへ…荘厳なのに、ゴールは愉快なの

☆この目で観ないと最も信じられなかったのは、やっぱりあの曲での相葉さんのあの高音ソロパート。歌うところを観るまで、あの声は妖精か何かの仕掛けた幻、非実在な気もしてたけどちゃんと実在だった。歌ってた。確認できて叫んだ

※私の中で、今後も何度もリピート決定の曲。Sugar

☆あ、そうだ、ユニット曲から次の大野さんのソロダンスに至る場面振り幅が激しくて、だって先程まであんなに艶っぽい〜ダサ可愛い〜無機質に成り切る〜って大野智さんとは?つくづく恐ろしかったり #untitled

※マリオネット状に吊られている動きが、上手過ぎ。鳥肌。それと衣装!!!!!

※このダンスはパペットというものだと、嵐の嵐会で知る。嵐の嵐会については感想後述

☆(等、続きはあとで思い出したら、ぼちぼちふせったーか日記に追記すると思う)

☆それにしてもSong for you大野さんの美声で始まり、締まり、やっぱり嵐のリーダー流石と思うし、五人とも歌と踊り上手くて魅了してくるし、ここまで本当に五人で頑張って歩いて来てくれたんだなあだから私達も逢えたしここに居させて貰ってるなあ…ってなる

※ありがとうと歌ってくれてありがとうの世界。

(追記)
•Green Light はCDで想像していたよりも相葉さんが微かな笑顔をたたえて歌っていたことに何かとても「ああ…ライブだ!」って嬉しくなり。櫻井さんが2番頭のソロパート途中で歌詞変えて「ついてこれるかな…TOKYO〜!」って呼びかけてくれたの歓喜だった
•I'll be thereで歌い踊る嵐さんがスクリーンに大きく映し出されたあの時のあの気持ちと言ったら。尚、二宮さん「シークレットサイン〜」の歌い方が通常より色気増し増しでドキドキ
•風雲「かかってこい!」の松本さんの眼の力
•Attack it ! 活き良くて大好き。特に櫻井さんの「外野の言葉はシカトする」時の仕草とお顔がとてもとても好き
•定番挨拶で、ウィンクしたようなていで目を細める安定の相葉さんが好き。櫻井さんが上から下まで指差しながら息継ぎしないのいつも凄いと思うし、男性陣にも声かける、好き
•Happiness安心する。安心して嵐さんちで寛げる感
•UB、ドラマチックだった。身長差にも萌しかない。複雑なダンス
に見とれてしまうけど、何気に歌声もとてもしみじみ綺麗。2人近い…もはや溶けて混ざるレベル。難解な動きをよくこんなスムーズに…いつまでも繰り返し観ていたい。声や表情に心打たれつつも脳の奥で「よく考えたらこの2人一体何してる?」と面白くなったり練習時を想像して幸せになった。
•Come Backの「良いんだよ実際」2人の、同じ歌詞なんだけど櫻井さんと松本さんの色がある、好き。熱くて小気味良くって
•夜の影、凄い細かい動きが詰まってるし、大野さん二宮さん松本さんの各ソロダンスパートも素敵THE芸術作品

※夜の影は大野さんが振り付けたので、大野さんらしい動きがたっぷり入ってる。

•バズりNIGHT脱力可笑しい可愛い。あの3人はフィギュアにして持って帰りたかった。相葉さんが考えたというヲタ同志の会話動画、櫻井さんのハートウォーミングなイラストもある

※バズりNIGHTで3人が横一列に並んで、グーにして挙げた両手を左右に振るとこ、あの振付考えた人に心からお礼を言いたい。可愛いが過ぎるから。

•バズりギャルかつらを脱いだあとも妙にセクシーな相葉さん
•バズりNIGHT、Jr.くんの衣装が、ヲタ3名を囲んでいる状況と照らし合わせると、なぜそのドレッシーなフリルなのかと。可笑しくて好き

※このステージにおけるJr.のみんなが、必要以上にドレッシーなブラウス着てるのは大好きです。ウケる

•夜の影〜バズりNIGHTの乳首のくだり爆笑〜からの、マリオネットなアクセントダンスを踊る大野さん、何者…大野さん三人いるの?別の世界の人かと。そこから「つなぐ」流れるようで美し。5人の衣装が超好み。ロングコート!

※つなぐの始まり、大野さんをセンターに、その横に上空から光の玉のようなものが4つ降臨して刺さるそれが嵐メンバー
超カッコヨ

※つなぐから抱擁に変わる時、上着を脱ぎ放るの、憎らしいくらいカッコ良かった。

•「抱擁」からのテロンとしたシャツ衣装もお洒落。特に「お気に召すまま」ダンスがめっちゃ大好き。輪になって、また一列になって、メンバーの肩に手を掛けて進んでくのとか、脚蹴り上げの動きとか、お茶目なのにカッコ良いしエンディングはセクシーみもあって佳き
•Bittersweet始まりのわちゃわちゃした絡みなども観る人皆を幸せにする天才かな…
•GUTS ! ダンスの遊び心。大野さんと松本さんの釣りの共同作業。5人のボウリング
•Doors〜勇気の軌跡〜、ライトの星の中をゆくムービングステージそしてスクリーンの映像と相まって、とっても綺麗な光景で泣きそうになってた。
•MC楽しい!(感想は後日)

※私が東京ドームで観たのは12/25だけど、このMC収録は12/26のが使われたかな。

•Sugar もう、もうね、素晴らし過ぎて。誰もかれもが色気あり過ぎて。ダンスお洒落で何回もお代わりしたい。フラッシュみたいに大画面に映るあのちょっと理性失った世界っぽくてとても好き。
相葉さん、ソロパート「嘯いたその瞳が愛しいんだ」を歌い終わったあとのあの俯き憎いズルイ。絶対好き。全葉担がころされたはず
•「いつかは二人も星屑になるの」を歌っていたのはやっぱり相葉雅紀さんという生身の実在人間だった。この目で観るまでは、ひょっとしたら妖精の仕業という可能性も否定できずにいた。

※櫻井さんのキスあるよ(語弊)

•NOW or NEVERポップで可愛らしい。Jr.くんのお部屋で着ているようなカラフルな衣装
•Junctionで流れる5人のナレーション、毎回優しくてとても沁み
•Pray〜光の白くてピュアで幻想的な演出、光で神々しさ高まってからの明るい楽しい仲間感、ここの流れがめっちゃ佳き
•君のために僕がいる、からの怒涛の定番人気曲達で、これまでの嵐さんのことを振り返ってからの、Junction〜未来〜をはさんでの、
Song for you。そして、「未完」
構成とても良いよね…。
•「未完」どこまで疲れ知らずな人達なんだろう…ここまでこんなに全力で走ってきてのあのハイクオリティに痺れてしまう
ワイルド アット ハートもサクラ咲ケも、聴く人をとても前向きにしてくれる歌詞だとしみじみする。何事もポジティブに捉えながらのびのびとだけど足元からいまできることを着実につとめてゆこうという気持ちを応援してくれる歌だなあ。ライブの終盤に持ってくるのメッセージを感じる
•彼方へ 後半のソロパートでお互いを笑顔で指差しながら歌う嵐さんのことを観てると、人は幸せな人を見ることで幸せを感じるんだというのを確信する。そして櫻井さんと相葉さんのディスコスターバイバイ
•カンパイ•ソング、寝転がりながら少し笑ってしまってる二宮さんがツボ。このまさにアンコールの為の歌、皆で持つライトも、まさにカンパイの為のライトとしか思えない。カクテルみたいにライトで酌み交わすの超良い。楽しいの極致でバイバーイしたのだった

※なんと、あのライトがカクテルグラス型なのは、そういうつもりではなく、立てて使えるものをという意図のデザインだったという。結果的にカンパイに似合うものになったらしい

※初回限定盤はカンパイ•ソングがラストだけど、通常盤にはその後に大阪ファイナルのダブルアンコが入ってる。5人の挨拶と感謝カンゲキ雨嵐

☆うん、…嵐さんのライブに関する世間の誤解について、私は実際会場で聴いたから、生歌でしたよって一層の自信持って他人様に言えるなあ。そういう点でも当選してホントよかった

☆「untitled」嵐の嵐会も超楽しい〜。スタッフさんや演出やJr.のダンスや嵐メンバー自身をお互い褒め嵐コンDVD鑑賞をめっちゃ楽しむ嵐さんが、大好き。お客さんに感動し感謝する嵐さん。あの振付けが好きとか、あの動き入れたの誰、良かったよね、とか

☆そして観ながら素でくちずさんでしまってるメンバーがいる。可愛くてその無意識な様子になんだかとても笑えてしまった。•ソファから降りていつのまにか床〜お座布団にいるなど。萌え処がてんこ盛り

※特に二宮さんのくちずさみが沢山聴けるし口笛もね
※床に沈み込んで顔が映りにくくなるとスタッフに注意されてしまう嵐さん、超絶可愛い。

☆これ言っても良いかなあ。…お尻のアップがあるよ!

※松本潤さまの可愛らしいお尻。

☆「上手いね」「綺麗」「ここが好き」「この歌良いね」「ここでお客さん沸いてる」「こうなってたの知らなかった」って嵐さんホント楽しそう•あの曲名そういう意味なのね。•松本解説員の愛され度•あの大野さんのダンスって松本さんがそういう着想で頼んだんだ!驚き #untitled #嵐の嵐会

※松本さん、歌舞伎から着想を得て、つなぐの前のダンスを大野さんにソロでやってもらいたいと頼んだという。

※大野さんのソロダンスの動きには、ベースになったパペットスタイルというダンスジャンルがあることを知った。マリオネットみたいな、吊られてるかのような動き。

※以前、インタビューでも松本潤さんは、他アーティストの舞台等を観たりしては嵐コンサートの演出に取り入れることを考えている、と言ってたけれども、ここでもそういう松本さんの、あらゆる情報から学んで嵐さんとファンに還元しようという真面目さが出ていると強く感じた。それも大野智さんの主演作『忍びの国』のことをよく理解してその大野さん演じた無門への理解も深めたからこそのこの松本さんのグッジョブだったと分かる。愛しかないなあ

☆なんかね、嵐さん各メンバー興味の深みや拡がりがいつも、それを嵐全員に還元、嵐ファンに還元、ってなっていくのを見てると…美しい生き方だなって気持ちになる

※松本潤さんは解説員としてあらゆる曲や演出の経緯とか裏事情とか解説してくれて素晴らしいし、そして終盤では踊っちゃっててめっ可愛

※ある曲のタイトルを度忘れしちゃってた大野さんが、ずっとそれを思い出そうと考えてて、時間が経ってもメンバーに訊いていたんだが、とてつもなく可愛いね!

※いろいろな方々の感想を見てて思い出した。やはりHappinessの歌詞「明日を迎えに行こう」を気に入ってる櫻井さんに「来ちゃうのにね」とすぐに返す相葉さんの感覚、好き

☆また「untitled」本編をリピートしたんですか、とある曲の中で、歌いながら大野さんと笑い合う二宮さんの可愛い「笑い含み歌声」が、私の大好きなあれです。尚、その曲中で相葉さんのウィスパーボイスも強烈です。ころされそうになる


※お気に召すまま

☆通常盤のダブルアンコ前、メンバー挨拶の始まりに二宮さんめちゃめちゃ面白いボケ言ってるから観てね。

※だって、端から順番に挨拶しようっていう時に、客席の端から言わせようって流れのお笑いに咄嗟に持っていく二宮さん、天才か。

※通常盤はカンパイ•ソングのあとに大阪でのダブルアンコールが入ってる。その最後の最後に、バラけて退場すべきところを5人一緒の方向に歩いて来ちゃう嵐さんって超可愛い

☆#untitled 通常盤マルチアングルでアングル2にすると、それまで観られなかったメンバーの表情分かるの痒いところに手が届く有難い。ユニット曲は歌ってないほうのメンバーの様子も分かるし、夜の影、客席からは決して見えない角度から堪能。好き。Song for youも引きの図で全体が分かり感動しちゃった

※UB、歌うほうの人のパートに、歌ってないほうの人が、エアで口動かしてるの。めっ好き
 
※特に二宮和也さんが相葉雅紀さんのパートの時に口を動かしてる表情を観ていると何かこう…こみ上げてくるものが

※Come Back 櫻井さんの素敵な仁王立ちが観られた!マルチアングルありがとう

※夜の影、踊る3人の背中や横顔イイね…。

※「未完」もマルチアングル1で観たり2で観たりすると面白いです。

☆ウチのプレーヤーの場合は、その曲の再生の途中にて、リモコンの蓋を開けて「再生設定」のボタンを押します。それからアングル1とか2とか選べるようになってます。あくまでも再生中にです。機種により違うかもです(マルチアングル)

☆また「untitled」何度リピっても飽きないこれ。櫻井さんも「未完」MVで言った通り、曲毎ステージ毎のキャラ強いから…一巡する度に嵐さんというジャンルの中で色々の夢を観せて貰って起きた〜名前はないけど夢見が良いね〜っていう感じするし色々な自由への可能性を想像させて貰えてリフレッシュした

☆抱擁も良いよね、前の曲からのタイムスリップ感が凄いし、抱擁このライブでの歌い方がやけに色っぽさ増してませんか?例えば大野さんソロパートの「探るような…」の「る(やや巻き舌)」とか、「な…(溜息っぽい)」の息づかいとかが危険な香り過ぎませんかね、初めて聴く気がするよ

※一回目の「探るような」のこと。

※つなぐから抱擁に到る、過去から現代って感じの切り替わりがカッコ良いなあ、って皆さん思いませんでした?

☆あとここでのSugarの相葉さん「見透かされるよう」の「か」と「さ」のK音S音ね…子音にぶつけてくるその声の何か、が凄く私の心を良い感じに掻き乱すのでもっとやって欲しいと思う

☆「見透かされるよう」でまるで傷だらけの少年のような声で攻めておきながら、後で「いつかは二人も星屑になるの」で女の子になるのはどういうことだ相葉さん

☆NOW or NEVERのJust a super buddy〜な相葉さんはというと、コミカルテイスト、好き

☆このライブで嵐さんが着た衣装、素敵なのたくさんあるけど、私が一番「これが似合う三十代男性が存在する奇蹟があるんだなあ」って思ったのがPrayの服でした。とってもとっても好み。綺麗。可愛い。おかしいでしょこれ似合うって… #untitled

☆上着を脱ぐと新しい世界が展開するようになってる。衣装もよく考えられてるよね…! #untitled

☆今日の私の「untitled」リピ鑑賞締め括りは「未完」にした。全力入魂な迫力と美が備わってる声と踊りが大好きだから。汗だくで綺麗で、闘う嵐さんが大好きなので。いやあ本当にありがとうしかないです(2018.6.14)

☆5人曲では、めたんこ感動したSong for youや「未完」、光や彼方へは勿論大好きだし、ドラマや映画の記憶と相まって大好きなI'll be thereやつなぐやDoors〜勇気の軌跡〜なんだけど、なんか病的にリピートしたくなるのが私の場合は抱擁とお気に召すままとSugarと風雲とAttack it !

☆やっぱし「untitled」ライブでの「未完」って…CDの時に比べて何というか、いろいろかなぐり捨てて血が滲むような歌い方してるよねえ #untitled

☆GUTS ! で嵐さんがやることなすことも可愛さの極地〜!!わっっちゃわちゃですね!! #untitled

☆櫻井さんの声、男っぽいイメージあるけども、時折びっくりするくらい優しいっていうか甘い/たとえば「untitled」ライブので言えば、Sugarとか、Doors〜勇気の軌跡〜とかで、はっ、とする

☆常日頃から私は言ってるように、からいだけ熱いだけじゃなくて、たまに甘い、たまに涼しい、たまに冷たいたまに苦いたまに温かいみたいなのを出してくれるヒトに滅法弱いそうな

☆だから嵐さんの一人一人がひとりでもさまざまな味が出せるうえに五人それぞれ色が違ってて織りなしてきれいな絵の変化を繰り出してくるから目が離せないし耳が飽きることがないんだなー、って再確認しながらみてた #untitled

☆なんか私これじゃまるで、いつでもいつでも嵐さんのこと思い浮かべてる人みたいじゃないか…?まあ実際そうだけど

☆大きな会場で、上のほう〜!に多目に声かけてくれる櫻井さんの挨拶や、上階からしか見えない会場風景も美しいようにと自動制御ライトのこともスクリーン映像のことも具体的に考えてくれた松本さんの演出案、それらに象徴される、皆を楽しませようという嵐さんのもてなし心を感じる #untitled

6,17

☆ブラックペアン渡海先生に絶賛魂を持ってかれ中、「untitled」ステージであの笑顔あの艶ある歌声そして嵐の嵐会を観たらあんなにリラックスして色んな音を立てて幸せそうな二宮さんがいてくれて嵐さんを好きな二宮さんありがとう嬉しい。35歳おめでとうございます。 #二宮和也誕生祭

☆「嵐の嵐会」は…1.観客の反応を見て喜ぶ嵐さん 2.観客目線で嵐を見て嵐に萌える嵐さん 3.ステージを作り上げた思いや経緯や支えた人達を再確認感謝し浸る嵐さん 4.飲んで食べて嬉しい嵐さん 5.無意識で寛ぎ仕草をしてお互いに心許してる嵐さん、をファンが観られるようになってるのすごい #untitled

☆それにしても、エンターティメントを作る人々の裏話を聞くと、そのステージには、それを作る人達の今までに触れて今までに消化吸収し化学反応を経た様々のものごと、縁を結んだ人々、に影響されたものが沢山詰まってるんだなーって、しみじみと感動する…。 #untitled #嵐の嵐会

☆今日の「untitled」ライブ映像再生タイムは「光」をチョイスしたんだ〜。どうやら、観て聴いているだけで強制自動的に魂が救われるようになってるみたいです。お薦め。(6/18)

☆結局もう少しだけ観てしまった。1曲だけ観てまたしまうなんて無理

☆『抱擁』嵐さん、ほんっとに歌上手くなってるって思う、なんなら前年アユハピのMiles away(これも綺麗だけど)より更に、むしろ抱擁のほうが歌が上手くなってるって思う…(私は)

※念の為、補足。もちろん私は、Are you Happy ? ライブ映像で聴くMiles away めっちゃ大好き。歌割りをつとめた大野さんの嵐メンバー愛が詰まってるし、ライブの歌声はCDより更に感動だった。
そのMiles away を凌ぐ上手さだと私には感じたんだ、この「untitled」の、抱擁

※これに関連したことを呟いたので、下のほうに追加。

☆衣装もカッコいい。イケメンの衣装。

6.18 以降も折に触れてリピートして楽しむ。

☆「untitled」、また今日もSugarをリピートしてしまった。あくまでも上品さを失わないままでこんな…えっちな踊りと歌と衣装…嵐さんって一体どういうカテゴリーに入れていいか分かんないな、もう

☆うっかりUBのマルチアングルまた観て涙腺。歌う時のお顔、一方が歌ってるのを聴いてる時のお顔も、相葉さんと二宮さんの表情を同時に観てるとお二人の個性が各々とても愛しく感じ。相葉さん、まさか泣いてないよね、これ泣く五秒前みたいな目。その頃、二宮さんの目が融けそう

☆こういう神のようなものを観ると、全曲にマルチアングルをつけてほしいなんてぜいたくなことを望んでしまう「untitled」

☆ユニット達をリピートしたらご飯作りに行かないとな〜伝説の三人で今日は締めることにしよ

☆可愛くシナを作る三人が可笑しくてずっと観ていたいし謎の毛根自慢とか妖精さんごめんねとか司会しながら自分で自分に吹いちゃうとか乳首とか良かったね…

☆Doors〜勇気の軌跡〜、どうしても目がうるみっぱなしになる。客席のひとつひとつ気持ちこもって灯る星みたいなライト光の漂う中すうーっと透明な板に乗った嵐さんが銀河の中であの歌詞を、…ですよ…この景色作るのは会場のみんなだけど連れてきてくれたのは嵐さんだと思うと(「untitled」)

☆って言ってる間にMCになってて爆笑の海になってたわ

☆アユハピ映像でMiles away を観た頃にも思ったんだけど、「untitled」も、CDよりライブの歌い方が上手くなってるって思うし、CD録音よりライブが超えてくる嵐さんについて思い出すことある…相葉さんが以前、ラジオかな…ツアー回って何回も歌ってるうちに更に上手く歌えるようになると言ってたこと

☆2015年の話だったわ(レコメン)
https://t.co/SKHyvTiSwD https://t.co/o8Kdsd1rBy

☆相葉さんが「熟成」って言ったの超可愛かったんだった…何気に相葉さんて「熟成」って言葉が好きよね。良い表現だなあ。もっかい聴きたい(2015.12.5のレコメン)

☆スピーカータワー無くしてスクリーン観やすくした件、松本潤さんが「ウチのスタッフの凄いところ」って言うの好き。スタッフさんも凄いけど、客席からの視点で如何に楽しませるか考えてた松本さんも、そこを拾い上げる嵐メンバーも、みんな好き #untitled #嵐の嵐会

☆「松潤に貰った肉?食べた食べた。すぐ食べた俺」ここの大野さんめっちゃ可愛い

☆相葉さんと二宮さんアタックイットのあの箇所を歌うの大変だったお話「この歌、むずいんだよなー」「リハーサルでいつも噛む」

☆松本さん、嵐メンバーに何きかれても答えが流石だったし、穴子の旬に関しても詳しくて佳き…

☆UB「あれ(元ネタ動画)は面白いよね。ただ、二人がやるとちょっと、感動すんだ」(大野さん)「分かる分かる。この曲の流れでやると感動」(松本さん)そして櫻井さんが「感動する。もう一回観たい」って言うの完全に私の心の声と一致

※Come Back衣装のお話、夜の影の大野さん振付け裏話、バズりNIGHT解説も面白い。

※夜の影、振付けた大野さんにダンスを手取り足取り教わりたかったのにと松本さん。動画で頑張って習得した松本さん二宮さんのポテンシャルを大野さんは信じていたんではないかなあ(推測)

※嵐の嵐会、ファンサのスタイルにも嵐さん各々の個性というか思いがあるんだなあ、って興味深く聴いてた。お互いのファンサスタイルを語り合って楽しそうだった。相葉さんの失敗談に超絶笑っちゃった。可愛い

好き→•自分を相葉さんと呼ぶ相葉さん•タルタルソースを気に入り過ぎてる大野さん•櫻井さんが大野さんを「兄さん」•松本さんが大野さんを「にい」

※相葉さんの差し入れチョイス

※二宮さん「エビフライ食べよ〜」(とても好き)

※1曲目の衣装が昔の派手なものに比べてシンプルな件に二宮さん「本人達が輝いてるってこと」

※カンパイ•ソングに合わせてカンパイして騒いでむちゃくちゃ楽しそうな嵐さんの嵐会に癒やされる。相葉さんにいたってはヨダレまで

※曲名を思い出せないまま「タイトルが良いんだよね」って言いながら自分でも可笑しさを隠しきれない感じの大野さん
「しくってるよ今の」と笑い止まらない相葉さん
「しくったって…三十なんぼで言う(笑)小学生が言うやつでしょ」
嵐さん同士で自分達の言動をいちいち可笑しがって笑い転げて盛り上がってるの観るの、本当に楽しい

☆嵐(歌も踊りもビジュアルもいけてるけど、その見せ方、ステージでどのように見る人を少しでも楽しくさせ幸せを感じてもらえるかをプロジェクトとして取り組むグループの在り方、メンバーの関係性、このグループだから各メンバーが人々に何を与えられるかそこから感じられる生き方の総合)が好き

☆Sugar、嵐さん大人の色気溢れまくりで大変…いったいどういうこと…誰なのこの人達は…大人の色気溢れまくりでしょ…声とか仕草とか艶が溢れまくり…あの指を口元に持ってくとこホントころされる大人の色気溢れまくり

☆「星の光る空に願いを〜」のところ特に松本さんの声、磨きかかってるって思う…(「untitled」光)

☆昔のコンDVDを観てからまた「untitled」観るとまた嵐さんの声が耳に快くなってることに気付くので嬉しい

☆櫻井さんの「チェケラッ」ん時のお顔、愛くるしいにも程があるね!(「untitled」君のために僕がいる)

☆「untitled」演出で最もファンへの愛を私が感じたのがこの大スクリーンなんだよね。あの競馬場の広さにも喩えられたひと続きの画面で遠い席にもあんな様々な世界拡がりを魅せてくれてメンバーの表情も観やすく且つスクリーンは平面だから客席からの視線を最も遮らなくて済む装置で優しいと思ったです

☆それを技術的に、音響にも差し障りがないように、あの形に実現するまでの道のりを思うと、想像しきれない大変さがあったに違いなくて、頭が下がる

☆嵐さん、こういうひとつひとつ細かいところを昔からのファンの方々や新規さんや近い席遠い席の人にみんなに楽しんで行ってほしいって常に考えて、各所のスタッフと話し合って具体化することは松本さんを信頼して任せてるんだなあ…って知れば知るほど好きになるわ

☆大画面でSong for you遥かな地平感出るし荘厳な「光」の多幸感で包まれるしI'll be thereも大写しから増幅して畳まれ一人ずつに収束するの素敵「untitled」

※このI'll be thereの背景で、無数にぶわわあーっと増殖した嵐さんのいる世界が、最後にパタパタタ…と畳まれて、各一人になって終わる映像ね、好き。これを綺麗な大画面で観るのが好き。また、ドラマ貴族探偵最終回のあの…全ては夢だったかのようにサルーンから消えていたいつの間に間に?を思い出してしまう。

※貴族探偵について感想は
http://d.hatena.ne.jp/attt5attt/20170626/p1

☆大画面も愛だし、観客としか作れないフリフラ光景も、衣装替え、特にステージ上で上着を脱ぐや別世界を素早く出現させ嵐さんの醸すgapにもわくわくしたあのつなぐ〜抱擁やNOW or NEVER〜Prayの演出も大好き #untitled

☆早くこの伏字無しでなんでも感想を呟きたいので、おそれいりますが全人類の方々におかれましては嵐さんの「untitled」コンDVD/Blu-rayを既に観ましたの状態になっておいて頂きたいんです

☆ブラックペアンのファンで、でも嵐さんのことはまだ良くわかっていない家族に、ちょっと「untitled」のユニット曲を観せてみたんだけども、UBから夜の影に到る間に彼の脳にバグを発生させるの楽しくて癖になりそうだった

☆好きな人達のDVD/Blu-rayが売行き良くて嬉しい。なぜなら1私の好きな人達の頑張りが報われて嬉しい2私の感じたあの幸せを多くの人達も感じることになるんだと思うと嬉しい #untitled

☆ジャンクションで嵐さんそれぞれが感情込めて台詞を言うところあるでしょ、…とても好き。声のドラマをひとつひとつ鑑賞してる気持ちになるので(また「untitled」コン円盤の話)

☆ところで、通常盤に入ってる、大阪ファイナル公演ダブルアンコのあとの5人の様子もめちゃめちゃ好き。あのね、この嵐の人達は嵐をめちゃめちゃ好き過ぎてる。いや分かってたけども…。これでもし仮に仲良しを演じてるっていうなら、そんなとてつもなく人生を賭けた演技プロ集団ってことになる有り得ない(※誤字修正)

☆心が無のような、器械っぽい動きを好きな人がしているのを観るのも私は大好き。UB、やっぱり面白いよ…真剣なお顔であの二宮さんと相葉さん、心臓じゃない同じ電源から取った仕組みで動いてるみたいで「何してるの〜!?」ってなる。好き #untitled

☆つなぐの前の大野さんパペットも生身のヒト感が無くて好き。糸で引かれた(という設定の)肘パーツと、他の身体のパーツとが、まるっきり別の力学の影響下にある(ように見える)。ていうかパーツって言っちゃってごめんなさい。魂が宿ってからの力強さも素敵

☆涼しいお顔で可笑しいことをやってると言えば「untitled」バズりNIGHTのJr.くん達の衣装も一体あの過剰なフリルは何なの何故それですか感。あと、伝説の3人の表情演技も良いよね、櫻井さん哀愁、大野さんアンニュイ、相葉さん攻撃的な眉毛の意志を感じる

☆相葉さん「untitled」ライブのほうのつなぐの「危うく揺れる」の、ゆ〜れ〜るの微かな揺れ入った歌い方、めちゃ好き。危うく揺れてる


☆松本さんのEnjoy拝読。「何故か」評判が良いって…嵐さんを観る嵐さんをファンが観るって最高の企画でしたよ…そしてビックリマークたくさんつける(しかも最後は5個つける)の可愛い大好き
※ジャニーズウェブ松本潤さんコーナーEnjoy2018.6.30更新分で、「嵐の嵐会」について好評なことについての感謝や、ワクワク学校頑張る旨あり。
※また、そのワクワク学校東京最終日7/1で、2018-2019 ARASHI Anniversary LIVE Tourの決定が発表されたとのお知らせ☆嵐さんアニバーサリーツアー決定おめでとうございます…!/「ひとりでも多くのファンの皆さんと会うために」嵐さんありがとうございます…!(Anniversary tour)
※嵐メンバーが上記のように発表したとワクワク学校参加者のツイートで知る。「untitled」の翌年、嵐結成20周年のAnniversaryに向けてまたそんなに頑張ってくれるんだと思うと尊さ半端ない。

☆「嵐の嵐会」を人々とワイワイしながら観る嵐会、を挙行してみたい気持ちと、また一方では、いやきっと私は人と喋らないでただただ黙って飲み食いもお喋りも忘れ画面の彼らの一挙手一投足に注目してしまうからやはり一人で観るほうが合ってるかも…という気持ちと

☆いつかまた嵐さん五人共演でドラマか映画あるなら、主題歌は風雲みたいなのも良いなあ…ていうか風雲を聴くたび思うんですよ、これがドラタイになってる五人ドラマあったら楽しいなあって…それはきっとただもうカッコ良くてアクション満載な痛快活劇だと思う

☆光、で櫻井さんのラップの間、後ろでほかのメンバーが面白可愛いことやってるの、とても好き(「untitled」コンblu-ray)



(今後長きに渡り、随時、追記していくかもしれない予定)