ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

だから問題はコミュニケーションにあるんだよ by com-lab このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-01-20 クーリエ・ジャポン2月号

[]世界の多様さを考える


COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]


このエントリーは、R+さんから送っていただいた献本クーリエ・ジャポン2月号』についてのレビューです。


「この世での生は真のムスリムにとっては苦しみなのだ(クーリエ・ジャポン2月号、61P)」


アフガニスタンで戦うタリバンの若者は、こう語った。この若者は自爆テロ犯の訓練を受けているという。現世で生きることが苦しみでしかないなら、その苦しみから解放される方法はただ一つ、死ぬこととなるだろう。だから彼らは自爆テロを厭わない。このようなロジックで凝り固まっている人間に対して、人の命の尊さをいくら語ったところで接点は見つけられないのかもしれない。


そして

彼らは、私を(筆者註:この記事を書いているニューヨーク・タイムズの記者デヴィッド・ロード氏のこと)ーそしてどうやらすべての欧米人をー道徳的に腐敗していて俗世の快楽を追い求めることしか頭にない人間と見なしていた(同書、61P)

だから、欧米人は殺されて当然、百歩譲ってたとして、殺されても仕方がない人間と見なす。


こちら側の論理で考えれば、タリバンロジックはとてもじゃないがまともとは思えない。しかし、タリバンの考え方を基準にするなら、こちら側の言っていることなど、とうてい理解できない類の話となるのかもしれない。もっともタリバンたちが、彼ら以外の人間の理屈をわかろうとしたことがあるのかどうかは不明だけれど。


クーリエ・ジャポンで毎号、いちばん刺激になるのは『WORLD NEWS HEADLINE』のコーナーだ。もちろん特集も十分におもしろいのだが(特に今号のテーマは「次の、ITライフ」なので興味津々なのだけれど)、それよりも世界にはかくも多様な世界観、考え方の存在することを知るのが、自分にとっては何よりもの刺激剤となる。


例えばタリバンのいう腐敗をキーワードとするなら、他にも似たような考え方をする人たちが世界にはいる。同書、57ページには

腐って病んだ社会、それがまさに資本主義社会の真相だ

と主張する北朝鮮・労働新聞の記事も紹介されている。確かに特に最近は資本主義の歪み、あるいは限界を感じないこともない。とはいえ今まさに自分の生きている社会を「腐って病んでいる」と断じられると、それはどうかと考え込まされる。


まさに、この「考え込まされる」プレッシャーが大切なのだ。そのための得難いキッカケを与えてくれるのが、この雑誌の最大の価値ではないか。


なぜ、北朝鮮の人たちは、あるいはタリバンたちは、自分には理解できないような考え方を平気でするのか。なぜ彼らは、自分たちと考えを異にする人たちに対してかくも非寛容なのか。その背景には何があるのか。佐藤優氏風にいえば、彼らの内在的論理はどうなっているのか。


そもそも、なぜ世界はかくも多様性に富んでいるのか。多様性は適者生存の法則が成立するための大前提、と頭ではわかっているつもりなのだが、それでも冒頭のようなタリバンの若者の言葉を読まされると、そこまでの多様性は必要ないではないかと反論したくなる。


タリバンの出現も歴史の必然と受け止めるしかないのか。それとも、今タリバンとなっている人たちも、現状とは違った環境に暮らしていれば、もしかしたら別の考え方を持つようになっていたのだろうか。もちろん特別なのは、タリバン北朝鮮だけというわけではない。


同じコーナーには、インドネシアのある州で、特定の罪を犯したものには「石打ち死刑」を科す地方条例が可決されたというニュースもある(同書、57P)。犯罪者に対して死ぬまで石を投げつける刑……。


もっとも石打ち死刑を残酷だというのなら、アフガニスタンで無人飛行機を飛ばし、タリバンもろとも罪のない人たち(そこには子どもも含まれる)にミサイルを撃ち込むアメリカ軍のやり方はどうなのか。考えても答えのでない問題ではあるが、そうした問題が世の中には確実に存在していることをクーリエ・ジャポンは教えてくれる。


そして、まったくありきたりな話になってしまうけれど、経済的にこそやや衰えがみえるとはいえ、いかにも平和な日本で暮らせることの幸福を思う。


世界は広く、本当にさまざまな考え方をする人たちが、同じ地球の上に暮らし、そして死んでいっている。その事実を月に一度、ある種の警鐘として気づかせてくれる貴重なメディア、それが私にとっての『クーリエ・ジャポン』だ。




昨日のI/O

In:

『現場の変革、最強の経営 ムダとり』山田日登志

Out:



昨日の稽古:富雄中学校武道場

・基本稽古

・移動稽古

・ミット稽古

・組み手稽古

kadotakadota 2010/01/21 12:31 世界が多様なのかどうかは、諸説あると思いますが、私も同じく多様であるのかもしれないと思います。
しかし、多様であるかどうかの前に、考えの根源が2極化されているだけなのではないのかとも思います。
シオニストや、一昔前の日本人もタリバンも、もっといえば「保守的な」アメリカンネイティブの皆さんもそうかもしれません。
伝統であったり、宗教であったり。そういったものに基づいた死生観を持っており、観念の侵食と国境の侵略を同様に捕らえている。
そして観念を同じくするものどうしでつながっている。タリバンもこう捕らえるべき存在です。
一昔前のセクトとか極左主義者の「連帯」も若干それに近いのだと思います。もっとも、他者に無理な変化を強いないという点で大きく異なりますが。
そういった観念に基づいた自我を持つ人間と持たない人間の2種に人間が分かれているその象徴がタリバンなのだと思います。
別にタリバンが非寛容なのではなく、自由と合理化をタリバンの精神世界に持ち込もうとしたことが無茶なのであって、タリバンはもともと西欧文化が主流だった地域にイス

ラム原理主義を持ち込もうとしていないし、その逆の現象に抵抗しているだけなのではないかと私は思います。
例えばフセイン大統領は中東では英雄であり賢君でしたが、それはイスラムのザカートの精神に基づいて多額の寄付を貧困国に行い、学校を建設し、乳幼児の食糧支援を行っ

ていたからです。そして、イスラム教信者も格好にあこがれてキリスト教会で結婚式を挙げたがっていましたが、そういった行為を禁止しなかったからでもあります。
基本的に彼らは他者の考えを理解しようとする前に、「俺達はあんたの邪魔をしないから、俺達を放っておいてくれ」と言っています。

それらの反対軸にある自由主義は今世界から「多様性」を奪っていきつつあります。
私たちが感じる多様性とは言い換えれば文化的プライバシーをさしているのですが、壁の無い家にプライバシーは存在し得ないからです。
主に文化的プライバシーとは宗教と死生観に根ざすものです。そして自由主義と文明はそれらに真っ向から対立するものであります。

本来多様性の側面から言えば、「生は苦しみ」とは日本では浄土真宗の教義根本と同じ考え方ですが、私にはそれが異常だとは思えません。
なぜならアニミズムを覗くほぼ全ての宗教が教義教本にそう書いてあるからです。「生は極楽」という宗教のほうが稀でしょう。
日本にも多数の方の考えの根本として根付いたものが敗戦により失われた結果、私たちは根を同じくする考え方に異物感を感じるようになってしまいました。

本来ずっと多様だった世界は航海技術の発達と共にそれを失い始めましたが、それが激化したのは第一次世界大戦の敗戦によって(例えそれが間接的原因だったにせよ)オス

マン帝国が消滅し(そもそもオスマンの民主化運動自体が西欧の支援を受けていた形跡が多々ある)、カリフを失ったイスラム世界が完全に弱体化したことに始まりました。
ハイライトとして、太平洋戦争での大日本帝国の敗北も見逃せないでしょう。

不景気によってブロック化していく世界では再び多様性が復活していくのではないかと思いますが、個人的には旅行が楽しくなりそうで、歓迎です。
書評につけるコメントとしては不適だと思いましたが、なんとなく書いてしまいました。長文失礼しました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証