ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

止まり木から羽ばたいて!

  • 援助修道会日本管区ホームページ

  • 日々の生活で感じたこと。各地の会員が綴っていきます・・・

    2015-01-19

    日本管区創立80周年の一年の始まりミサ

    日本管区創立80周年の一年の始まりミサを含むブックマーク

    f:id:auxijapon:20150119220918j:image:w640

     今年2015年、わたしたち援助修道会は日本管区創立80周年を迎えます。会の創立記念日である今日1月19日を始まりとして、1年間を通して、80年の歴史を思い起こし読み直すこと、会のカリスマとイグナチオの霊性を深めること、援助会家族の深い連帯と派遣を探求していくことへと招かれています。

     今から159年前の1856年1月19日、創立者ウージェニー・スメットは故郷リールを出発し、初めてパリへやって来ました。修道生活を望み、既に共同生活を始めていた女性たちが「とうとう、私たちは母をいただいたのです」と喜ぶ一方で、ウージェニーは意気消沈し、一瞬、もう立ち上がることも出来ないと思ったほどだった、それはまるで逃げようとして出口を捜している小鳥のようだったと、伝えられています。しかし、彼女が、彼女を取り囲む困難から逃げ出すことはありませんでした。故郷リールに帰りたいと思いながらも、魂の奥底の神の恵みに突き動かされるままに、翌日から勝利の聖母教会でノヴェナを始め、度々考えの異なるラルジャンティエ師との対話を続け、パリの大司教シブール師との面会など必要な手段をとっていきました。それから、79年経った1935年、日本の地に援助修道会が誕生しました。今年80周年ということは、生まれるまでに79年、生まれてから79年。つまり、会の創立から日本管区誕生までに刻まれてきた年月とちょうど同じだけの年月を、日本管区も既に歩んできたことになります。

     「歴史、それはときの流れにそって刻まれていく一つの歩みであり、ときには屈折し、ときには凹凸をもちながらも続いていく道である」日本管区の歩みを記した緑の冊子は、この一節で書き始められています。1935年3月6日にフランスのマルセイユを出発し、一路「日出づる国」東洋に向かった創立メンバーは、4名でした。メール・サン・エルネスト(40歳)、マール・マリ・ド・サン・レネルド(35歳)、メール・マリ・ベルクマンス(31歳)、スール・アレクサンダー(30歳)。途中上海に立ち寄り、上海から第一陣として日本に向かったのは、メール・サン・エルネスト、スール・アレクサンダー、日本人第三会員スール・フランシスカ若林でした。4月25日に神戸に到着し、26日汽車に乗り広島へ、そして27日に、三篠修道院が祝別されて初めてのミサがささげられました。それは、上海の聖母院から送られた写真をもとにして広島で作られた木製の美しい祭壇を囲んで、まことに感動的なミサであったと伝えられています。

     

    2014-11-29

    真に生きる愛ー真のいのり

    | 真に生きる愛ー真のいのりを含むブックマーク

    11月20日、真に生きる愛の三回め、「真のいのり」が、雨のなか多くの方に来ていただき、あたたかな雰囲気のなかで行われました…

    聖堂は、朝から椅子の位置などを変えて、キャロル・サック先生の奏でられるハープ演奏のために準備しました。

    f:id:auxijapon:20141120100903j:image:w360

    真のいのり、三位一体のイコンを飾りました。

    f:id:auxijapon:20141120132454j:image:w360

    キャロル・サック先生は音楽サナトロジー(死生学)という分野で活躍されています。音楽サナトロジーというのは、病気の床にある方、死を間近に迎えている方々のそばで、その方の人生の呼吸に合わせてハープを奏で、心の癒し、苦しみからの解放をもたらします。音楽で祈る人びとは、二度祈るというお話をしてくださいました。言葉ではなく、音楽で祈るのです。

    キャロル先生がハープを奏でてくださる間、カメラのシャッターの音を出すことはとてもできませんでした。その場で聴いていた時、たしかに、わたしは自分自身の今のことをとてもはっきり意識することができましたし、自分自身であることの安心感を感じ、ほんとうに全身が穏やかな平和に包まれていました。それは、真のいのりの時であり、場所でした。

    f:id:auxijapon:20141120194927j:image:w640

    演奏の後、ティータイムがあって、もう一度聖堂に集まり、今度は森一弘司教さまとの対話の時間になりました。初めての出会いでしたが、二人の間にはとても深い信頼感があり、二人の対話はお話をうかがっている私たちの心にも届きました。


    音楽と呼吸が一つになっていく。しかも、自分の呼吸だけではなく、相手の呼吸とも一つになっていく。相手の吐く息に自分の吐く息を合わせていくんですって。


    たしかに、たしかに・・・。まずは、自分の吐く息を聞いてあげよう。そう思いました。ため息・・・。吐く息。その息づかいを全身を耳にして聞いてあげよう。


    吐く息を聞く。いのりの道に入っていくための最初の心づかいかもしれません。

    2014-11-06

    援助修道会「かな展」開催のお知らせ

    援助修道会「かな展」開催のお知らせを含むブックマーク

    今年も恒例の秋の「かな展」が開催されます。

    f:id:auxijapon:20141106202305j:image:w360

    f:id:auxijapon:20141120151446j:image:w640

    f:id:auxijapon:20141120151930j:image:w640

    f:id:auxijapon:20141120152928j:image:w640

    f:id:auxijapon:20141120151555j:image:w640

    場所:援助修道会リヒトハイム宣教室

    期間:11月17日(月)〜23日(日)の間で一般公開日は下記のとおりです。

          ●11月17日(月)13:30〜16:30

          ●11月18日(火)10:30〜16:30

          ●11月19日(水)13:30〜16:30

    毎月一度、sr野林ユイ子、sr出口洋子、sr橋本晶子は、稲葉由紀先生のご指導のもと研鑽を積んで参りました。また、通信講座で習っているsr三浦ふみとsr安間房子も出典の予定です。

    どうぞ、みなさま、お誘い合わせのうえ、お越しください。

    お問い合わせ:修練院 ☎03-3269-5639 まで

    Intercultural Formation 続きの写真

    Intercultural Formation 続きの写真を含むブックマーク

    靴が、まあるくなってきましたね!

    f:id:auxijapon:20141103232408j:image:w640

    f:id:auxijapon:20141029181803j:image:w640

    f:id:auxijapon:20141104024338j:image:w640