Hatena::ブログ(Diary)

摩耶山の麓から・・・・・・ロスカットハムの節約生活

2018-10-20

摩耶東谷の支谷を詰めて山寺尾根に出る

| 10:18

今日は10月の第三土曜日、リュックサックマーケットの開催日だ。

天気予報も悪くないし、久しぶりに摩耶山に行ってみよう。実の所、

歩き直してみたいコースがある。JR六甲道から摩耶東谷に向かう。

f:id:aw2q:20181020210937j:image

東谷の道は人跡が多くて、ゴミも多い。歩いていても楽しくはない。

気紛れに河原に降りる。僅かな距離だが、谷歩きの気分を味わう。

f:id:aw2q:20181020210935j:image

深谷第二堰堤の乗越しで紅葉を見る。だが木も葉にも元気がない。

今年は豪雨や台風が続き、山の木々が疲れているように思われる。

f:id:aw2q:20181020210933j:image

第二堰堤上の堆積地で、左岸から流込む支谷に入る。この谷に入る

のは3度目。出合から詰めまでゴーロに埋まった谷だ。水は伏流して

地表に流水を見る事はほとんどない。終始スニーカーで歩きとおせる。

f:id:aw2q:20181020210931j:image

だが堰堤が多い。山寺尾根に出るまで4基もある。最初の堰堤は右岸

から越える。左岸から越える事も出来そうだが、ここで岩尾根の末端を

木の根を頼りに登って準備運動するのも、最後の詰めに役立つだろう。

f:id:aw2q:20181020210929j:image

二番目の堰堤は、左岸の土砂の斜面から容易に越える。足拵えが

ゴム底だから堰堤の乗越しも、それほどは苦にならない。沢歩きでは

なくて、ガレ場歩きに終始するのが、この谷の特徴。水音も無く静か。

f:id:aw2q:20181020210927j:image

二番目の堰堤を越えた処で小休止。今日の行動食は「つぶあんサンド」。

f:id:aw2q:20181020210925j:image

この谷を摩耶東谷の右俣と呼ぶ向きもあるようだが、水量の少なさや

流域の短さから、かなりの違和感を覚えた。ところが地理院地図を見

ると、本流よりも太く水色に塗られている。伏流する量が多いのかな。

f:id:aw2q:20181020210923j:image

いや現在は道のない所にも、破線が記してある地理院地図のことは、

それほどは信用していない。三番目の堰堤も左岸から容易に越える。

f:id:aw2q:20181020210921j:image

三番目の堰堤を越えると二俣がある。左俣には水流が有るが険阻で

遡行は難しい。流域も右俣に比べやや短いので、本流の右俣に入る。

f:id:aw2q:20181020210918j:image

ガレ場を少し登るとまた堰堤に突き当たる。手前には紫色の花を咲

かせた草が群生していた。そっけない谷歩きの中では唯一の色どり。

f:id:aw2q:20181020211228j:image

四番目の堰堤にはラダーがある。全ての堰堤がこうだと良いのにな。

f:id:aw2q:20181020211217j:image

四番目の堰堤の上で、谷は90度に屈曲し大きな岩壁に突き当たる。

谷底は相変わらずゴーロの積上がるガレ場で、通過は難しくはない。

f:id:aw2q:20181020211213j:image

その岩壁を見下す。麓から見ると緑に包まれ、平凡な山容の摩耶山

だが、岩山なのだと実感する。左岸は脆い岩と土砂の斜面でゴルジェ

とは呼べない。この付近から左岸の尾根筋に逃げることも可能かも?。

f:id:aw2q:20181020211209j:image

右岸の岩壁は百メートルも続くだろうか。さて此処を過ぎると、最後の

詰めが待っている。冒頭に歩き直したいと記したのは、その部分の事。

最初に一人で来た時は、谷筋を最後まで忠実に詰めた。だが2度目

f:id:aw2q:20181020211205j:image

家族と一緒に来た時、右手の凹地に入り込む。すぐ上にスカイライン

が見え、容易に山寺尾根道に出れると思いきや、これがとても悪か

った。凹地はグサグサの土砂。尾根に逃げると脆い岩場で苦労した。

f:id:aw2q:20181020211202j:image

何よりも楽しくなかったし、遡行を中途半端に終えた感がして悔いが

残っていた。今日は家族も一緒に、最後まで詰めようと思う。改めて

見ると右の凹地の方が急かも。中間尾根はボロボロに風化した岩場。

f:id:aw2q:20181020211155j:image

岩の露出した喉のような部分までやってきた。突っ張り気味に登って

行く。枯れ枝や落ち葉が堆積して、煩わしいが難しくはない。問題は

その上の土砂の急斜面。か細い木の根を頼りに登ったと思うのだが。

f:id:aw2q:20181020211151j:image

2年前の記憶なんてアテにならない。というか斜面の様子が変わって

いるのかも。左岸寄りに適当な間隔で木の根が露出し、かろうじて手

掛りになる。上部は九十九に獣道もあって、家族は軽快に登って行く。

f:id:aw2q:20181020211406j:image

傾斜が緩んで息を抜く。登ってみればあっけないが、小さな達成感。

土砂の埋まり具合や何かで、難易度は変化しそう。右の岩場の向う

には、山寺尾根道があるのは知っているが、最後まで詰めて見よう。

f:id:aw2q:20181020211357j:image

登り切った稜線には道が有った。東谷の行者小屋から登って来る道。

この場所は歩いていると、尾根上の盛り上りぐらいにしか思えないの

だが、水道筋辺りから見ると、チョコンとした三角錘のピークに見える。

f:id:aw2q:20181020211353j:image

少し下って山寺尾根道。残り300米の丸木階段をヨロヨロと登り、

掬星台に上がると、青い空が一番に目に飛び込んできた。いつに

なくリュックサックマーケットの賑わってそう。ハイカーの姿が多い。

f:id:aw2q:20181020211349j:image

いや出品者は相変わらず少ない。一通り見て回るが魅力的な出品も

ない。ここ数年は、中古品の買取販売店が盛況だが、そういった影響

もあるのかも知れない。フリーマーケット自体が役目を終えたのかも。

f:id:aw2q:20181021101549p:image

2018-10-02

小さな秋を探しにトゥエンティクロスへ

| 19:50

10月2日の火曜日の朝、何気なしに摩耶ケーブルのサイトを見てみると、

本来定休日だが、大型客船が入港するので、14時40分から20時50分

まで特別運行するという。ちょうど時期だし、トゥエンティクロスへ行こうか。

f:id:aw2q:20181003100506j:image

慌てて用意し家を出るが、新神戸駅に着いたのは既に11時過ぎていた。

9月29日30日には台風24号(Trami)の通過により、2日間で92mmの

雨が降っている。中一日だが多分徒渉に困る事はないと当て推量で来た。

f:id:aw2q:20181003100503j:image

雄滝の水量からみても大丈夫そうだ。欧米人の観光客数組とすれ違う。

降雨後の滝の迫力に満足されたろうか。我々にすると過去の大雨の時

と比べると少なく思う。むしろ今日は、五本松の隠れ滝が迫力があった。

f:id:aw2q:20181003100501j:image

見晴し展望台から貯水池間は、法面工事の為に9日から11月末まで

通行止めになるという。猿のかけ橋の左岸壁が大きく崩れているので、

補修されるのだろうが、一緒に歩道の拡張や整備もしてくれないかな。

f:id:aw2q:20181003100459j:image

天狗道の取りつきまで来ると黒岩尾根の向うに、7月初めの豪雨で

崩れた斜面が見える。高尾堰堤の右岸辺りだろう。地蔵谷出合を過

ぎた所で生田川沿いを少し戻った辺りには、アケビが自生している。

f:id:aw2q:20181003100455j:image

今年の実は少々小振り。昨日か今日に開いてしまった物ばかりだ。

種が多いので無理に食べようとせずに、口にじんわり含んでいると、

素朴な甘さが美味しく感じられる。ただ鳥は余り好きでないみたい。

f:id:aw2q:20181003100453j:image

黒岩尾根の取りつきまで来ると、神戸市森林整備事務所の設けた

「この先・・・大変キケンです。」看板がある。通行禁止となってない

ので、気をつけてという意味だろうと勝手に解釈する。いいのかな?。

f:id:aw2q:20181003100451j:image

ところが左岸沿いの道は進むにつれて細くなり、かつての徒渉点は

右岸から崩れた土砂に埋まってしまったのか、様相が一変している。

増水しているので倒木にまたがって、対岸に渡らねばならなかった。

f:id:aw2q:20181003100449j:image

右岸の崩落斜面を斜上して行く。崩れてから2か月近く経っている

ので、既に道が出来ているのではと思っていたが、その後も台風等

で降雨が多いせいなのか、判別し難い踏み跡しかない。見上げると

f:id:aw2q:20181003100447j:image

崩落斜面には、その後の降雨で穿かれたのか、深い溝が出来ている。

土石が不安定で、降雨時の通過は非常に危険だ。布引の滝と森林植

物園を結ぶ、このコースは山に不慣れな方も多く、通行禁止にした方が

f:id:aw2q:20181003100703j:image

良いのかなとも思う。一方で長峰山においては、登山口の崩落だけで

無駄に全面通行禁止とされているのとは、ずいぶん対応が違っている。

架線場跡の広場は健在。時刻は13時、ここで昼食を取ることにしよう。

f:id:aw2q:20181003100700j:image

市ケ原から桜谷出合までの区間は、森林整備事業所と協定を結んで、

神戸中央山の会が整備をされているという。大雨の度に徒渉点の補修

作業されているのを拝見している。高尾堰堤上流の橋も作られたよう。

f:id:aw2q:20181003100658j:image

分水嶺越し分岐の徒渉点を過ぎて、次の徒渉点は橋があったはずだ

が、流されたのか飛び石に替わっていた。この巨岩も櫓を組んで人力

で移動させられたのだろう。今日は靴を濡らす程度で渡る事が出来た。

f:id:aw2q:20181003100656j:image

黄連谷出合あたりは河原が広く明るい雰囲気。午後から曇ってきた

のが残念だが、好きな場所の一つ。下を向いて歩いていると栗の実

が落ちている。台風でまだ毬が青いまま落ちているものが多かった。

f:id:aw2q:20181003100654j:image

路傍に派手な赤い実。帰って調べるとミツバウツギ科の「ゴンズイ」。

桜谷出合の徒渉点では、飛び石の上も流れがあって、靴の中まで

濡らしてしまう。高尾堰堤右岸の崩落個所は別としても、度重なる

f:id:aw2q:20181003100651j:image

風水害によって、数年前よりトゥエンティクロスの難易度は上がって

いるように思う。途中の橋や桟道は昭和50年から60年代に堰堤

工事に伴って設置されたものが多いので、老朽化して当然の帰結

f:id:aw2q:20181003100649j:image

今年の災害を機会に国立公園を代表するトレイルとして、恒久的な

橋や桟道を設けて良い頃に思われる。桜谷出合から退屈な桜谷道。

アジサイ池の奥には小さな島があって、アジサイが生えてると気づく。

f:id:aw2q:20181003100646j:image

コースタイム3時間弱のところ、6時間近くかけて掬星台に到着し

たのは17時ちょうど。大型客船「セレブリティ・ミレニアム」が接岸

するのが見えた。特別運行を御存知だったのか観光客が数組。

f:id:aw2q:20181003100641j:image

ロープウェイ・ケーブルを乗り継いで下山し帰宅すると、「はてな」の

運営から、9月21日に送った質問の回答が届いていた。それなりに

理解できる内容だったので時期を見て、はてなブログに移行しよう。

2018-09-28

「はてな」に質問するが、一週間たっても回答がない件

| 19:42

2010年の当ブログ開設以来、お世話になった「はてなダイダリー」だが、

2019年春終了との知らせがあった。質問があればメールでというので、

簡単な質問を送ってみたが、一週間以上経っても回答がない。いやはや。

f:id:aw2q:20180930185455j:image

当ブログを、何らかの形で継続できるだろうか。ブログの移行はした事が

ないので不安で仕方ない。この日は三宮に所要があり、自転車で向かう。

用事を済ませた後、足を延ばしてポートアイランドのイケアに立ち寄った。

f:id:aw2q:20180930185453j:image

帰りに深江のサンシャインワーフにも立ち寄るが、先の台風21号による

冠水の為に、1階部分は廃墟と化していた。身近にこんな被害があるとは

思ってもいなかった。週末にはまた台風が来る。山行再開はもう少し先か。

D

長峰大好き 長峰大好き 2018/10/01 11:58 おはようございます
今年は狙ったかのように土日に台風が集中している気がします
あちこちが崩れたり樹々が折れたり倒れたりと辛い光景が増え続けています
これでは貴殿でなくとも山への情熱が冷めてしまいがちになりますね

ハムハム 2018/10/01 12:19 おはようございます。ご心配おかけしまして申し訳ありません。

まずお詫びしなければなりませんが、頂いたコメントの後段は、
せっかく書いていただいたのですが、当方で削除させて頂きま
した。内容はありがたく拝読しております。申し訳ありません。

記事で弱音を書いてしまって、恥ずかしい限りです。

移行しなければ、来春以降は更新できなくなるけど、閲覧は
しばらくの間出来るようです。

他のブログに移行した場合、記事は引き継がれるようですが、
写真がどうなるのか、良く分かっていないという状況です。

まだ時間はありますので、今後についてはよく考えてみます。

長峰大好き長峰大好き 2018/10/02 07:59 諸々お気遣いご心配なく!
なお「はてなブログに移行するならば」画像のアップロード先は、「はてなブログ」と同じ「はてなフォトライフ」なので、何も問題ないという情報もあるようです
私的ご連絡に投稿フォームを使わせていただきました
それではまた

ハムハム 2018/10/02 08:49 ありがとうございます。

2018-09-06

台風21号の爪痕

| 00:01

このところ、すっかり山への興味を失っている。決して摩耶山を歩き尽した

と思ってないが、目的も目標も持てずにいる。次に山に行くのは紅葉の頃

になりそう。そんな事を思っていた9月4日に台風21号(Jebi)が通過した。

f:id:aw2q:20180906224222j:image

風の強い台風だとは思ったが、我が家では12時間ほど停電したぐらい。

翌5日、いつもの散歩コースを歩いていると、高波の被害を各所で見る

ことになった。西宮港では防潮堤の外側は浸水し、建物も倒壊していた。

f:id:aw2q:20180906224220j:image

9月6日は散歩コースを南芦屋浜まで伸ばして見る。海岸に打ち上げら

れたコンテナは、非日常的でオブジェのよう。関西空港では旅客が2日

間足止めされたというが、自分が遭遇したら脳卒中を起こしていたろう。

f:id:aw2q:20180906224218j:image

高波は防波堤を越え住宅街に迫っていた。それに加え北海道では地震。

1年前は道南を自転車旅行していた。コンビニも開いてないなら旅行者

は苦労してるだろう。翻ってみれば己の安穏とした日常を反省すべきか。

2018-08-22

旧摩耶観光ホテルライトアップ・・・・・・(@掬星台)

| 13:59

相変わらず積極的に山に入る気がしないが、マヤカンがライトアップされる

というので見に行ってみよう。友の会会員は、土曜日にはエントランスまで

入れるらしいのだが、今日は掬星台やロープウェイ内から遠望できるらしい。

f:id:aw2q:20180825095953j:image

JR摩耶駅から、ケーブル山麓駅への歩きで、体力を使い果たしてしまう。

とても歩いて山上まで登れそうにもなかった。ロープウェイで掬星台に登り、

天国ベンチの東で夕食にすることにする。流石に風が吹き抜け涼しかった。

f:id:aw2q:20180825095950j:image

長い間使ったゴーフル缶のコンロは退役。今回から百均の製菓用ふるい。

水を入れたジュースの空き缶4個を、五徳替わりにする。安い肉でも炭焼

きにすれば、それなりに美味しい。ビールを飲みつつ、暗くなるのを待つ。

f:id:aw2q:20180825095946j:image

天国ベンチから落日を見る。雲が少ないので夕焼けにはならなかったが、

大気が澄んでいて、とても気持ちが良い。そろそろ掬星台に移動しようか。

f:id:aw2q:20180825095943j:image

中腹に二つ灯りが見える。右側がロープウェイ虹の駅。その東側が確か

マヤカン(旧摩耶観光ホテル)。色が次々と変わるが、遠くて印象は薄い。

f:id:aw2q:20180825095940j:image

展望台には大勢の観光客。聞こえてくるのは、ほとんど中国語ばかり。

今日は雲も無いし、大気も澄んで、摩耶山からの夜景は常になく綺麗。

香港の夜景よりも、展望が広くて違う良さがある。十分楽しんでほしい。

f:id:aw2q:20180825095932j:image

夕景から夜の闇に移る途中、空が青く染まる時があるという。それ

を、ブルー・モーメントとか云うらしい。今日はそんな日かもしれない。

マヤカンのライトアップは期待外れだが、久しぶりに夜景を楽しめた。

f:id:aw2q:20180825095938j:image

ロープウェイからの眺め。ライトアップといっても外観を照らすので

なく、内部に灯りをともすので建物が見える訳ではない。ケーブル

中間駅の東側からも、樹木が繁っているので、全く見えずがっかり。