Hatena::ブログ(Diary)

摩耶山の麓から・・・・・・ロスカットハムの節約生活

2017-09-03

道南 自転車旅行3日目(支笏湖〜室蘭)・・・2017年9月3日

| 13:12

旅行3日目、まだ一日にどの位の距離を走れるか確信がない。

キャンプ場の数は限られるから、行ける所まで行ってという訳

にはいかない。とにかく余裕を持って、朝早く出発するしかない。

f:id:aw2q:20170916062810j:image

朝4時半に起床。簡単に朝食を済ませ片付始める。対岸に

見えるのは、風不死岳(1102m)。昨日購入したフリースの

寝袋が役に立ち、快適に眠ることが出来た。6時にスタート。

f:id:aw2q:20170916062805j:image

ポロピナイ園地を出ると背後に、恵庭岳(1320m)が聳える。

登りたいと思うのだが、バスが無くなり中々難しいものがある。

ザックに昨日道端で拾った、交通安全のフラッグを付けている。

f:id:aw2q:20170916062801j:image

25年前に北海道をサイクリングしてた時、バイクがよくつけ

ていて羨ましかった。ライダー向けに交通安全協会が作って、

ガソリンスタンドで配布しているので、チャリダーは貰えない。

f:id:aw2q:20170916062757j:image

6kmほど走ると支笏湖温泉街。スタイリッシュなホテルがあり、

上質なリゾートになっている。キレイな園地を抜けて湖畔に下る。

風不死岳と樽前岳(1041m)を望む。岬の向こうがモーラップ。

f:id:aw2q:20170916062753j:image

支笏湖から国道276号線に入る。この苫小牧までの21km

区間が素晴らしく快適だった。緩い下り坂がずっと続き、楽に

走って行ける。植生が美しいのは最初だけ、後は原野が続く。

f:id:aw2q:20170916062748j:image

苫小牧市内に下ってきた。残念だが道なりに進んでいると

市街の北側を通り越してしまった。どんな街か見ずじまい。

実は25年前にも通過しているが、全く記憶に残ってない。

f:id:aw2q:20170916062744j:image

国道36号線に入り、苫小牧川の河口で太平洋を少し見る。

道路の様子は目まぐるしく変わる。人家があれば広い歩道

もある。側道は概ねあるが、草が茂り極端に狭い所もある。

f:id:aw2q:20170916062740j:image

樽前川を渡る。この付近では常に、北に樽前岳を見て走る。

ロードレーサーだと意地でも車道を走るが、ママチャリなら抵

抗なく歩道を走れる。北海道は自転車通行可な歩道が多い。

f:id:aw2q:20170916080346j:image

白老町の社台地区に入ると競走馬の牧場が続く。この先は

対向車に競走馬の運搬車を多く見る。この時点で10時半。

白老町には、ポロトの森キャンプ場があるのだが早すぎる。

f:id:aw2q:20170916062736j:image

ローソンに入って休憩。北海道のローソンは数席のイートイン

スペースを設けている所が多い。白老に泊まらないとすると

室蘭までキャンプ場は無い。後60km位かな、行ってみよう。

f:id:aw2q:20170916062949j:image

室蘭に近づくと国道に海が迫る。外洋に面しているだけあって

荒々しい。道はずっと平坦で快調に走っていた。ただ陽射しが

強く暑さで疲れてきた。登別のイオンで1時間ばかり休憩する。

f:id:aw2q:20170916062943j:image

実はそんな余裕はなかった。東室蘭駅からキャンプ場のある

だんパラ公園までは8kmで、標高400mまで上がる。これを

甘く見ていた。ほとんどずっと自転車を押し歩き。疲れ果てる。

f:id:aw2q:20170916062938j:image

今日もキャンプ場到着時には暗くなってしまった。土曜なので

車中泊を含めると10組以上のキャンパーがいた。標高が高い

ので確かに眺めは良い。無料だけどゴミも捨てれるし良い所だ。

f:id:aw2q:20170916063050j:image

夕食のメインは餃子。フライパンは持ってないのでコッフェル

で水餃子にする。昨日買って食べなかった袋菓子は、白老町

のローソンで休憩中に、カラスが袋ごと持っていってしまった。

f:id:aw2q:20170916085323p:image

本日の走行距離:97km  (出典・地理院地図)