Hatena::ブログ(Diary)

摩耶山の麓から・・・・・・ロスカットハムの節約生活

2017-09-11

道南 自転車旅行11日目(盃〜美国)・・・2017年9月11日

| 17:13

旅行11日目は5時半起床する。今日は何とか持ちそうだが、

明日は雨が降るという予報。何処まで走るか決めかねている。

昨夜温泉に入れていないので、入浴できるキャンプ場が良い。

f:id:aw2q:20170925134202j:image

熊が怖いので入口よりに張ってみた。だが、もし出合えたら

写真の一枚も撮りたいので、テントはキャンプ場の奥に向け

て張った。その割に朝まで良く眠れた。とても静かなサイトだ。

f:id:aw2q:20170925134158j:image

6時走りだす。盃の名所、弁天島。岩内で夕食を買い過ぎた。

昨夜は、冷凍の鶏からあげ450gをジプロックに入れて、コッ

フェルで解凍し温めて食べた。かなり多すぎてまだ満腹状態。

f:id:aw2q:20170925134155j:image

神恵内(かもえない)村に入ると、国道229号線は桟道のよう。

この村の人口は899人。村の中心部を通過したはずだが、申し

訳ない事に全く記憶に残っていない。あっという間だったのかな。

f:id:aw2q:20170925134151j:image

盃から1時間走ると道の駅があった。ベンチに座っているのは、

流木で作られたオブジェ。カラスに狙われながら、昨夜残した

水餃子を朝食にする。道の駅を出ると大森トンネル(2509m)。

f:id:aw2q:20170925134147j:image

約25年前、積丹半島はとても走りたい所だったが、当時はまだ

国道229号線は一周しておらず、不通区間があったので、結局、

走らないまま、自転車からも遠ざかった。それを思うと感慨深い。

f:id:aw2q:20170925134132j:image

岩の真ん中に穴の開いた「窓岩」。此処までの道中幾つも同様の

な岩を見たが皆同じ名前だった。この先の窓岩トンネル、西の河

原トンネル、大天狗トンネル、積丹トンネルがかつての不通区間。

f:id:aw2q:20170925134127j:image

何れのトンネルにも広い歩道があるので、安心して走れる。

対向のライダーが手を挙げて、サインをくれた。この旅行中

は初めて。ママチャリのハムも旅行者とみてくれたんだろう。

f:id:aw2q:20170925134422j:image

少し嬉しくなって、ペダルの回転を上げる。積丹町に入ると

神威岬が見えてきた。最果てに来たって云う感じが強くする。

まだ幾つかのトンネルを抜けると、岬に向かう登り坂に入る。

f:id:aw2q:20170925134407j:image

9時50分、神威岬の駐車場に到着。恐れていた観光バスは

1台も停まってない。駐車場から少し登ると神威岬の全景が

見えた。多くの観光客が思わず足を止め、写真を撮っている。

f:id:aw2q:20170925134410j:image

残念ながら陽が差していないので、シャコタン・ブルーという

程には海の色は美しくなかった。中国人観光客が多いという

話もあったが、この日見たのは、韓国人2家族と中国人2人。

f:id:aw2q:20170925134343j:image

灯台のある岬の先端まで来た。眼下に見る神威岩の奇観より

手前の岩場に、沢山の硬貨が投げてあるのに驚いた。その数

半端でない。回収して清掃協力金の募金箱に入れた方が良い。

f:id:aw2q:20170925134853j:image

駐車場に戻ると、「北海道一周」という札を付けた自転車の

青年が話しかけてくれる。ママチャリで旅行していることに

興味を持ってくれたよう。「どうしてママチャリなんですか?」

f:id:aw2q:20170925134840j:image

「安いから。」としか答えられないが、納得出来ないみたい。

別れ際に「頑張って下さい。」と言われるが、頑張らないの

が今回の旅。積丹ならウニ丼、でも食べれる値段ではない。

f:id:aw2q:20170925134836j:image

11時47分、野塚野営場に到着。此処で寝るのも良いかと

思ってたが、山側の温泉ホテルは廃業し、敷地は草が繁り、

窓にはベニヤが打ちつけられている。それなら先に進もう。

f:id:aw2q:20170925134830j:image

229号線から道道913号線に入った所で、家族がラインで、

丘の上に「岬の湯しゃこたん」という新しい施設があると言っ

てくる。戻って14時まで入浴。確かに景色は良かったが・・・。

f:id:aw2q:20170925134826j:image

やや味気ない公営の施設だった。神威岬で盛り上がった気分

も覚めてしまう。再び道道913号線に入り、今度は積丹岬を

目指す。側道の狭い所で、1台だけ観光バスに追抜かされた。

f:id:aw2q:20170925134821j:image

自転車で一番怖いと思うのは、大型トラックやダンプではなく

観光バス。積丹はもうオフシーズンなんだろうか。急坂を登っ

た駐車場から、観光用のトンネル歩道を抜けて島武意海岸。

f:id:aw2q:20170925135004j:image

その後に積丹岬の灯台にも寄ったが、展望はない。カラスに

狙われ乍らアンパンの昼食。神威岬の景観に比べて遥かに

地味だし来なくてよかったかも。段々と雲が暗くなりつつある。

f:id:aw2q:20170925135001j:image

後志管区の観光パンフで17km先の、美国漁港緑地広場

に、新しくキャンプ場が出来たと知る。まだ15時過ぎなので

そこを目指そう。低い段丘に挟まれた緩やかな谷間を進む。

f:id:aw2q:20170925134957j:image

この緩やかな登りが辛かった。一見すると水平か或るいは、

下ってるのではと思うのだが、自転車に跨るとペダルが重い。

ほとんどの区間を押し歩いた。美国港まで登りが三分の二。

f:id:aw2q:20170925134951j:image

17時30分。美国港に着き目を疑う。緑地広場という名だが、

荒れた海岸にトイレと水場があるだけ。コンビニが近いのが

救いか。夕食を買いに行って戻ると、もう真っ暗になっていた。

f:id:aw2q:20170925171552p:image

本日の走行距離:65km  (出典・地理院地図)