博士の日常と意見 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-12-03 [メモ]埴谷雄高吉本隆明論争のメモ

[]埴谷雄高吉本隆明論争のメモ 埴谷雄高吉本隆明論争のメモを含むブックマーク 埴谷雄高吉本隆明論争のメモのブックマークコメント

埴谷雄高吉本隆明コム・デ・ギャルソン論争のメモ。

埴谷は「政治と文学と」において吉本が「コム・デ・ギャルソン」の服を着ることが「高度資本主義」の「ぶったくり商品」であるアメリカ帝国主義肯定することであり、それは吉本が米ソの核へ文学者たちが反対の署名をしたことを否定していることと合わせれば問題があるとした。

吉本はコム・デ・ギャルソンアメリカ帝国主義とは関係がなく、第三世界搾取していない、賃労働をしている読者がこの雑誌を読めるほど消費社会によって豊かになったという。

そして、埴谷の『死霊(しれい)』も立派な商品であると。

これは、何が商品なのかとも関わる問題である。アドルノも、現代音楽までもがチケットによって買われる商品になったと書いていたはずだが、メディアとして考えた時に全てが商品となる。

2017-11-16

[]加藤典洋村上春樹の短編を英語で読む』講談社 加藤典洋『村上春樹の短編を英語で読む』講談社を含むブックマーク 加藤典洋『村上春樹の短編を英語で読む』講談社のブックマークコメント

今日の本。

f:id:awatani:20171117003328j:image:medium:right

加藤典洋村上春樹の短編を英語で読む1979〜2011』講談社2011年

鶴見俊輔に関する記述もあって、分厚い本だけど楽しみながら読めそう。

2017-11-11 Michel De Certeau’s Practice Of Everyday Life & Eating Show

[]Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Mediaを含むブックマーク Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Mediaのブックマークコメント

Keio Communication Review に2010年に書いた論文が引用されています。

Michel De Certeau's Practice Of Everyday Life & Eating Show On Social Media

https://www.buzzfeed.com/luomanzhang/michel-de-certeaus-practice-of-everyday-life-ea-36be6?utm_term=.nxv0P6y7G2

2017-09-10 フォークリポートを読む

[]フォークリポートを読む。 フォークリポートを読む。を含むブックマーク フォークリポートを読む。のブックマークコメント

フォークソング運動を知るために必須の雑誌「フォーク・リポート」には、1969年9月号から70年ごろに特に二つの議論があった。一つは放送の自主規制ともう一つは東京フォークゲリラである。

1969年9月号には、

特集 自主規制,自主規制のマスコミさんかってな真似するな

座談会マスコミ企業の自主規告の実態とフォーク運動の展望 竹中 労,伊藤 強,坂元良江,高石友也.秦政明

発売,放送禁止されたうた

URCレコード誕生の意味 広瀬 勝

反戦フォークコンサートについての記事が掲載されている。

そして、1969年10月号には、室謙二による「西口からのメッセージ」、室は東京フォークゲリラについて鶴見俊輔の限界芸術論を引用しながらその運動に意味を与えようとしていた(詳しくは、粟谷『限界芸術論と現代文化研究』ハーベスト社から2017年秋刊行)。

そして1969年11月号で

「われわれのフォーク運動をどう進めるか

8月8日ハンパクフォークコンサートにて/8月11日フォーク ・ゲリラ集会にて/投書より」

という記事が組まれ、三橋一夫による「東京フォーク・ゲリラ始末記?」というレポートが掲載される。

これらが運動体としてのフォーク運動の問題設定と考えることができる。そして、フォーク運動は音楽と音楽外の社会状況と強いつながりを持っていたということがわかるのである。

歴史的には、69年にフォークゲリラの新宿西口広場からの排除、70年にはいわゆる「ふたりのラブジュース」の摘発でフォーク運動は沸騰し転換していくのである。

この研究は、2017年12月の日本ポピュラー音楽学会で報告予定。

粟谷佳司(社会学・文化研究)

2017-06-26

[]Notes Problems of "shimin" society. Case study in postwar Japan Notes Problems of "shimin" society. Case study in postwar Japanを含むブックマーク Notes Problems of "shimin" society. Case study in postwar Japanのブックマークコメント

Discourses over 'citizens', 'civil society' and 'masses' in political and social theory can be divided into three areas.

As a case study, I will address the concept of "people" ("people" "masses" "citizens") at Shunsuke Tsurumi.

Tsurumi was a cultural theorist who was related to the "koe naki koe no kai" "beheiren" that had the influence on the social movement in postwar Japan.

And it is also related to the application of pragmatism when Tsurumi began his study of philosophy of pragmatism between interwar United States.

2017-06-17

[]No professional will ever make the revolution No professional will ever make the revolutionを含むブックマーク No professional will ever make the revolutionのブックマークコメント

No professional will ever make the revolution

By Andy Merrifield / 16 June 2017

http://www.versobooks.com/blogs/3278-no-professional-will-ever-make-the-revolution

2017-02-07 ’The Relation of Environment to Anti-Environment’, 1965

[]Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment', 1965.‬ Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment', 1965.‬を含むブックマーク Marshall McLuhan‬ ‪'The Relation of Environment to Anti-Environment', 1965.‬のブックマークコメント

‪"When we live in a museum without walls, or have music as a structural part of our sensory environment, new strategies of attention and perception have to be created."‬


‪Marshall McLuhan‬

‪'The Relation of Environment to Anti-Environment', 1965.‬

2017-01-06

[]Asia Studies in Japan Asia Studies in Japanを含むブックマーク Asia Studies in Japanのブックマークコメント

2007年アジア研究会(立教大学)での報告要旨。

http://www.meijigakuin.ac.jp/~ascj/2008/ASCJ_abstracts_2008.pdf

Awatani Yoshiji will discuss representations of techno(logy) culture in Japan, with a particular focus on the discourse of techno-Orientalism, digital media, and pop culture.

Yoshiji Awatani,

Images of Techno(logy) Culture in Japan: Representation of Techno Orientalism, Digital Media, and Pop Culture

This paper discusses representation of techno(logy) culture in Japan. Specifically, I will focus on the discourse of techno-orientalism in connection with digital media, and pop culture.

Recent images of Japanese pop culture are infused with “technology.” These images, such as the otaku, or Akihabara, emerged in the 1990’s, marking the era of post-industrial information society side by side with the introduction of the broadband system that has advanced the electronic environment of Japan and the peculiar developments in Mobile phone culture in Japan.

This prominence of techno culture, at the same time, involves various discourses and cultural expressions on technology. To begin with, a significant part of post war Japanese thought is already concerned with such discourses. This is seen, for example, in “Japan that can say No,” which later developed into a form of Techno-Orientalism.

These problems around technology also find representation in popular culture. Anno Hideaki’s Neon Genesis Evangelion or Oshii Mamoru’s (director of Ghost In The Shell) works regularly explore the man-machine relationship, as well as images of war and battle. Although images and representations of war have changed since 1945, these representations do not necessarily result in the glorification of the war. Rather, I would argue that such animations’ representation of war became possible because it is a virtual war. Along with this, I will also take up the image of “Tokyo” as it plays a symbolic role in the story of Eva and Oshii’s works. This convergence of thought, pop culture and technology represents images of Japan (Tokyo) as techno(logy) culture.

粟谷佳司

2016-12-31

[]メモ メモを含むブックマーク メモのブックマークコメント

九鬼修造『「いき」の構造』を講談社学術文庫で読む。注がわかりやすい。九鬼は言葉の哲学者とも言われているようだけど、たしかに読んでみるとそう思える。時代的にはソシュール言語学は読んでいないようだけど。

そして、注では「外延」がextension と訳されていた。記号論以降では、外延と内包はdenotation,connotation の訳と認識していたが、調べてみると論理学ではどちらも使用するようだった。

2016-12-27

[]メモ メモを含むブックマーク メモのブックマークコメント

水尾比呂志『日本民俗文化大系6 柳宗悦』の月報に鶴見俊輔の柳についてのエッセイが載っていた。短いものなので、これまでの著作集には未収録。鶴見さんの著作集は収録されていないものがぼちぼちあるが、柳について少し読んでいてこれまで2本を発見した。

岩波文庫ルソー『社会契約論』も鶴見さんが人文研に所属していた時に翻訳に参加しているけれど、表紙の翻訳者には名前が掲載されていないのでわかりにくい。それが限界芸術論ともかかわる「ルソーのコミュニケイション論」の元になっているのだけど。人文研の共同研究『ルソー研究』まで遡る必要がある。