博士の日常と意見 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004-12-22 ガガガSP、神戸VARIT「長田行進曲 第十九作目」サンボマスター2マン

[]YMO YMOを含むブックマーク YMOのブックマークコメント

増殖

増殖

[]三宮 三宮を含むブックマーク 三宮のブックマークコメント

f:id:ysawat:20041222174731:image

f:id:ysawat:20041222174354:image

久しぶりの三宮

[][]ガガガSP神戸VARIT「長田行進曲 第十九作目」サンボマスター2マン2デイズ ガガガSP、神戸VARIT「長田行進曲 第十九作目」サンボマスター2マン2デイズを含むブックマーク ガガガSP、神戸VARIT「長田行進曲 第十九作目」サンボマスター2マン2デイズのブックマークコメント

友人の放送局の人に誘われて、ガガガSPのライブに行く。

ちょうどガガガについては、ほんの少しだけ言及していたので。楽屋に行って書いたものなど渡しておいた。

ライブでは、高田渡自衛隊に入ろう」、ソウルフラワー「満月の夕」なども演奏していた。ライブのMCは演説のようだった。あれだけ喋れるのはうらやましい。彼には語らなければならないことが字余りなぐらいたくさんあるのだ。ライブ後、コザック前田氏と話をする。礼儀正しい人。彼はいろいろ考えている。逆説についてなど話す。

対バンサンボマスターは音はいい。こちらも演説のようなカンニングの竹山のようなキレかかったMC。面白いけど、こういうのが流行りなのか。ニール・ヤングナンバーガール、最近のラウドパンク?。しかし演奏はとてもしっかりしていた。メッセージは、あなたたちとわたしの世界で、「流れ者」というタイトルなのかはっきりしない曲をやっていたが、岡林信康の「流れ者」とは違って社会が見えてこなかった。時事的なことについても述べていたが、音の力 〈ストリート〉 復興編のなかで、フォークについて酒井隆史さんが小田マサノリさんとの対談で述べているような「暗さ」というものがないのが気にかかる。

あとミーイズムというか、アトミズムというか。つまり世界がどうなろうとわたしとあなたがいればいいということではなく、ロックンロールには「イマジン」(ジョン・レノン)の想像力が必要なのではないかということ。日常生活批判というか。

余談ながらサンボマスターのボーカルの人と誕生日が一緒。生まれた年は違う。だからどうしたというわけでもないのだが。ちなみに同じ誕生日には、ジェームス・ディーンがいる。