心は前のめり日記。(SweatBack Online) このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-01-31 あれ、昼過ぎ?

[]帰って来た!

D

KAKU-tail Partyが帰って来た!これは楽しみだ!

そして、今回はこんな企画も。

iM@S KAKU-tail Party iM@S KAKU-tail Party DS 「KAKU-tail5選」について

ちょっと凄すぎてエントリーしようとは思いませんが、こっちの企画なら参加出来る!

よし、んじゃ早速…


えーと、まずはやっぱりtloPの問題作

D

ニシンPの、ネタ的にど真ん中ストライクのと

D

腹抱えて笑った事故米Pのコレと

D


…!?

しまった、これは「架空tale Party」だ!撤収!!


編集

カクテル5選(予行) - 心は前のめり日記。(SweatBack Online)

カクテル5選(本番) - 心は前のめり日記。(SweatBack Online)

[]カクテル5選(予行)

それじゃぁ、真面目に選んでみっか。

やっぱ、KAKU-tailで真っ先に思い浮かぶのはコレですよねー、と

かきP 亜美 「夢」

D

未だに見ると何故か涙が出る。丁度この頃からかな、ニコニコ動画ニコマス見始めたのは。

”かきP”と言うP名が心に刺さって抜けなくなった作品。これを見て思いついたPVネタがあるんだけど、

まだ作れていない。その為だけに、わざわざvue買ったのに。


TPTP 律子 「悩」

D

TPTPは天才。

先にも言ったように、実はKAKU-Tail2は丁度ニコマス見始めた頃くらいで、リアルタイムでは見てなかったんですが。

ニコマスにハマる → 律っちゃん、いいじゃない → タグで巡回 → これの単品版発見 → (お察しください)

実はこれがTPTP 1stコンタクトだったと言う…確かそうだった筈。以来ずっとファンです。ええ。


と、ここまで書いて思ったんだけど。

うん、そういや確かに俺、この頃はまだリアルタイムでニコマス経験してなかったんだよなぁ。

KAKU-tail2も、後追いで後から見たんだし…やっぱこう、「KAKU-Tailならコレ!」と言うには、

リアルタイムで体験してないとダメなような気がしてきた。

と言う事で、上記は泣く泣く今回は選考外に。

好きだし、真っ先に思いつく作品って事にはかわりは無いんだけど。

[]カクテル5選(本番)

と言う事で、リアルタイムで見られた第3回以降から。


moguP やよい 「そば」

D

これは当時、何度リピートした事か。

ある意味、すごいど真ん中直球。しかしてその丁寧なリップシンクロと、これ以外に無かろうと言う

画面・FONTで、何度も何度も見たくなる名品。そしてその度に蕎麦が食いたくなったり、池波正太郎

読み返したくなったりする傍迷惑な逸品。


じゃんP 亜美真美 「しかく」

D

あらゆる方面でのお題の消化率が素晴らしい。そして、じゃんP作品らしい”これでもか”と詰め込まれた

視聴者を楽しませる仕掛けの数々。やっぱ凄いなー。この人がニコマスから撤退?卒業?しちゃったのは

大きな損失と言わざるを得ない。また気が向いたら戻って来てくれないかしら…*1


シメジP 春香 「100%」

D

2分で駆け抜ける春香の歴史。流石、”菌類最強”は桁が違った。また別の意味で。

「あー、この曲かー」と思った途端に被ってくる春香の台詞は卑怯すぎです。超GJ。ありがとう。


しげ彦P 伊織 「地球

D

KAKU-tail3で多分、一番印象に残った作品。

「これが処女作だなんて、またまたご冗談を」と思って、P名検索してみた記憶が。

今でもたまに見返したくなって、再生することがあります。好きなんだなぁ。何故か。


orgoneP 律子 「Over」

D

いつかは終焉が来ると言うのは判っている事で、それがゲーム寿命なのか、新しいステージへの移行なのか、

単に自分の興味が薄れてしまうのか、どれが最初に来るのかは判らないけれど、それは確実にいつか来る未来で。

MMOは卒業した、オートバイからは降りた、今乗ってる自転車だって何時まで続く趣味だか判りゃしない。

それでも。今が楽しいなら楽しんでおかなきゃいけないし、振り返った時に「あれは幸せな時代だった」と言えるように

過ごしたいと、切に思う。

”いつか、天が落ちてくるかも”と心配する時、気にすべき事は”心配して不安になる”事じゃなくて、

”天が落ちてきて死んじゃっても後悔がない”様に生きることじゃないですかね。あ、今俺ちょっといい事言った。


以上、5選。

気がつくとDie棟梁Pの「千早運命”」とか、怒首領蜂Pの「律子”流”」*2が入れられなかった。無念。


今度のKAKU-tailではまた、どんな作品が見られるんだろうか。楽しみです。

…いや、仮にもPの端くれとして、「頑張って自分も参加できるレベルになってみよう!」って

思わない時点でどうかと言う気もするんだけど。

*1:じゃんPと同じく、その同期のミミズクPも復活を待ってます。何時までも。

*2:敢えてSP2ndNightのアレで無く、こちら。STGに思い入れは無いんだけど、惹き込まれる。

Connection: close