Hatena::ブログ(Diary)

プラネット上機嫌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-09-12 希少価値。

米女子大生がオークションに「処女」を出品、ネットで論争に

カリフォルニア州サンディエゴ在住の 22歳の女性が学費にする目的でインターネット上で自身の処女を競売にかけたことを受け、インターネットでは性と道徳について激しい論争が起きている。

女子学生は安全上の理由として、ナタリー・ディランという仮名を使っている。女子大生は、自分が決めたことに道徳的なジレンマはなく「自分に力を与えることだ」としている。

しかし、彼女を支持するブロガーはほとんどいない上、その意図を怪しむ見方もある。

女子学生はテレビ番組「ザ・インサイダー」に対し「処女を競売にかければすべての問題が解決するとは思っていないが、ある程度の財政的な安定が得られる。物議をかもすのは分かっていた」と話した。また「われわれは資本主義社会にいる。私の処女から利益を得てもいいはずだ」と付け加えた。

この学生は女性学の学士号を持っており、大学院に進む予定で、100万ドル(約 1億 7000万円)の入札を期待しているという。

[ 10日 ロイター ]

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-33706520080911

(゚∀゚)ノ ★競売にかけるって事は、自身を売るって事ですか?体で学費を稼ぐ世の中ですか。そうまでして、大学院に進んで、幸せですか。★

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/aya-bun/20080912/1221157462