Ayano’s diary

February 09, 2007 無料サイエンス雑誌「someone」byリバネス

ayacat2192007-02-09

本日2/9毎日新聞の夕刊をチェック!!

無料サイエンス雑誌「someone」byリバネス


科学雑誌高校生に向けて魅力伝授 理系大学生無料雑誌創刊

 理系大学生大学院生らが、高校生向けの“無料科学雑誌「someone(サムワン)」を創刊した。理科離れが騒がれる中、編集に携わる学生らは「科学の楽しさ、奥深さを学生の視点で伝え、科学を身近に感じてほしい」と張り切っている。【元村有希子

 発行元は「生命科学を伝える人材育成」を手がけるベンチャー企業「リバネス」(東京都新宿区)。「教科書に載らないテーマに関心を持たせる副教材を」という教師らの声に応えて企画した。

 編集長東京農工大農学部4年の日野愛子さん(22)ほか約10人の学生院生編集スタッフが、テーマ選びから取材、編集まで手がける。第1号(2月号)は「花粉」を特集した。取材を担当した磯貝里子さん(26)=東洋大大学院博士課程2年、生命科学専攻=は「論文と違って、何をどう書けばいいか悩んだ。原稿を16回書き直しました」。

 このほかバレンタインデーに合わせてチョコレートのおいしさを科学的に説明する記事なども盛り込み、手描きのイラストを添えてほのぼのとした仕上がりになった。

 制作費は科学教育関連企業などの協賛金でまかなう。広告は載せないが、企業で働く研究者を記事で紹介するなど、子どもたちを研究の世界に引き付けることを目指す。

 第1号は6万部印刷し、依頼があった全国110校の教室に届けた。リバネスの丸幸弘社長(29)は「科学雑誌が低迷している今こそ、科学のおもしろさを伝えたい。作る学生たちにとっても、科学を伝える訓練になる」と話す。

 年3回発行で高校生以下は無料大学生以上は1冊100円。地方発送もする。詳しくは編集部http://ier.leaveanest.com/someone/)。

毎日新聞 2007年2月9日 東京夕刊 http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20070209dde041040078000c.html

someone公式サイトはこちら↓

http://ier.leaveanest.com/someone/

イラストとか、とても可愛いです☆

これが街中に広まって、サイエンスを語ることが日常になりますように。





このまえ、スタバ制限酵素とかプラスミドの勉強をしている大学生?がいて、3人で教えあってて、ちょっとおもしろかった。

おねーさんが教えてあげようかー?

って思ったけど、遠巻きに眺めてました。


サイエンスの話を気兼ねなく電車とか、カフェとかで出来る世の中を作ろう。

捏造なんかじゃなく、ファッションのような感覚で扱われてしまっているQ10や白金ナノコロイドのような、一過性のブームでない、本物のサイエンスの面白さを。




身近に咲く植物でも、花でも、夜空に瞬く星でも、赤く燃える太陽・・・

ちょっとした身近なふしぎのサイエンスを。

どうして人は語りたいと思わないのだろう。

それが不思議で仕方ない。

futofujifutofuji 2007/02/21 18:56 こっそりと復活してるんですね〜( ̄ー ̄)ニヤリ
気が付いてしまいました♪

iwaiwa 2007/03/01 00:19 はじめまして。理系で、企業で研究職してます。
『ちょっとした身近なふしぎのサイエンスを。
 どうして人は語りたいと思わないのだろう。 』
いい言葉ですね。響きました。
理系、サイエンスは世間的に理解されない、マイノリティーかと思っていましたが、上の言葉を聞いてそうではない気がしてきました。私も、身近なところからサイエンスを広めて行きたいと思います。
# 子供の頃、鉛筆で黒くぬった紙を虫眼鏡で焼いて、ワクワクしたのを思い出しました。世の中をサイエンスの目で見れば、不思議とワクワクで満ち溢れている、、、んですけどね〜。

February 08, 2007 ひさびさにいろいろと。

ayacat2192007-02-08

花粉

もうかなり飛んでるね〜

くしゃみと目がかゆくて、鼻が出るよ。

白梅

うちの梅の花が咲いたよ。3日前。

近所の梅も結構咲いてきたね。春だよ、春。

ってまだ2月かぁ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20070208

March 14, 2006 資生堂uno☆麒麟!

資生堂unoの新しいCMを見ましたか??

http://www.shiseido.co.jp/uno/indexp.htm

お笑い芸人第二弾です!


私の愛する麒麟川島さんが現在1位です。

トラバ投票なんてあるんだ〜

川島さんが1位って正直驚きました。

私は前から川島さん愛してますが、知らない人多かったりしたのに。

川島さんのセクシーな低音ボイスと、多彩な声真似、

絶妙なトーク、もう全てが大好きです。

あんまりメディアに露出するのもちょっと寂しい・・・



4月に麒麟が出るルミネtheよしもと、3列目と5列目のチケット取りました!

楽しみだ〜♪

marukenmaruken 2006/08/18 23:36 ケロロ軍曹のエンディング、結構いけてます。

ayacat219ayacat219 2006/11/24 14:42 あー
麒麟らしいですね!
関東でもやってるのかなぁ。

つい先週知りました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20060314

March 08, 2006 姉が結婚します。

昨晩電話がありました。

姉が結婚します。


思えば私はずっとおねえちゃん子だった。

中学高校大学

姉の歩む道を、私も自然に歩んでいた。

その先は違えども、いつも姉を見ていた。

良きライバルであり、友人であり、尊敬する人。



何だろう。

嬉しいのか寂しいのか、涙が溢れてくる。

f:id:ayacat219:20060225115050j:image

aizakaaizaka 2006/03/15 04:27 おっめでちょー♪ えー話じゃ〜 (;_;)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20060308

November 21, 2005 木々の色付きに心奪われ。

久し振りに井の頭線に乗った。

のどかな車窓が見られるこの線は好きだ。

2年間乗っていた時はあまり感じなかったが、井の頭線は時がゆったりと流れている。

(実際のスピードは中央線並みに速いのだが。ドアが閉まり切る前に発車するし…)



少し傾いた陽に染まる木々は美しい。

今年は気温が低下が緩やかだったため鮮やかな色合いにはならない。

しかし、少しくすんだ赤や黄色の木々は陽に染まり、艶やかな姿を呈していた。


都会の喧騒から離れ、うららかな午後を感じていたい。

LAWLAW 2005/11/24 22:05 こんばんわ
夕暮れの車窓とか好きですね
某日記に感化されて、各駅停車の常磐線に乗って杜の都まできました、水戸を過ぎた辺りから、湖沼や田園が広がって、緩やかな紅葉が何ともいえない感じでした。
喜助でタン食べて帰るかな

ayacat219ayacat219 2005/11/26 02:26 こんばんは〜
車窓から見える夕陽もいいですよね。
夕焼け色に染まるビルも素敵。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20051121

October 10, 2005 亀岡酒造試飲会♪

http://www.chiyonokame.com/event/2005_10_19seibu.html

私の愛する亀岡酒造@愛媛

銀河鉄道お酒がまたまた池袋西武にやってきます♪

呑みに行こ〜!

って、ほんとは販売してるんだけど、いっつも呑みに行くだけ。


だって、72ml1万円って高いんだもーん。

しぼりたて純米大吟醸だけ買ってこよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20051010

October 09, 2005 礼文島旅行記

[] その3

今年最後のウニ漁。

朝5時。 日本で一番美味しいエゾバフンウニは6-7月だけしかないので、ムラサキウニを食べに行った。

f:id:ayacat219:20050925181138j:image

うーん、やっぱエゾバフンウニの方が絶品。味が全然違う!

ま、東京の方で食べるウニよりはずっと美味しいのですが。




f:id:ayacat219:20050924205145j:image

050925、秋晴れの中、愛とロマンの8時間コースを歩きました。 今回でもう3回目だ〜。

ススキが陽に透けて綺麗です。



途中のゴロタ岬にて。

いやぁ、むちゃくちゃいい天気!

9月の秋晴れは素晴らしい。 どこまでも青い海。


f:id:ayacat219:20050925012534j:image

澄んだ青い海と自然の造詣。断層。



やはりこの島の自然は美しい。

礼文島の最北端、スコトン岬から桃岩荘まで歩いて約10時間かかるのだが、美しい自然と仲間と歩く時間はあっという間で、全く疲れを感じない。

 途中の西上泊にて、北海道限定ビールクラシック」を飲み、いい気分で急勾配の坂を登る。さすがにきついが、汗をかけば酒も抜ける。 うーん、いい気分。 あちぃあちぃ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20051009

October 08, 2005 初寄席♪ @末廣亭

ayacat2192005-10-08

新宿末廣亭にて、深夜寄席を見た。

http://www.suehirotei.com/

いや〜、前から見たい見たいと思っていたのですよ。

で、その後は軽〜く一杯、日本再生酒場(立ち飲み屋)へ。

だって目の前なんだも〜ん(言い訳)。




寄席って初めて見たけど、結構人情味溢れる感じ。

最近のネタを取り入れてるのはイマイチでしたが…

HGフォ〜!! とか…(--;)



昔ながらの古典的落語が見たかったのにぃ。横文字を多用されると違和感あり。


ま、話し屋さんは経験を積めば積むほど巧くなるみたいね〜

おもろかった。


また行こ。



写真末廣亭の内部。

写真撮影禁止って言われる前に撮っちゃってたのよね…(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20051008

October 04, 2005 またもや風邪ぶりかえす・・・

[] その2

礼文島から帰ってきて、何だか桃シックなせいもあり、風邪をひいていた。

お酒飲めば治ると思い、昨日一杯だけ飲んだのに、風邪治らん〜(>_<)

今朝は38度くらい。

頭痛い〜

ふらふらする〜


f:id:ayacat219:20050627182925j:image

(霧に浮かぶ桃岩)



昨日は3年振りの懐かしい友達に会ったのです!

2002桃岩荘のヘルパーみっき〜さん♪

内定式東京にいることを知り、急遽待ち合わせ。


何だか不思議な感じでした。

久し振りという気もせず、初々しいスーツに身を包んだみっき〜と理系トークなんぞで盛り上がる。



昨日印象に残ったみっき〜の言葉。

「俺、悩んでる人好きなんだ。

悩むってことは、現状に甘んじないで更に上を目指してる状態にあるってことだろうから」



2002年、私はレールの上を走り続けて来た自分と、初めて真剣に向き合った年だった。

修士2年の秋、それまでは自分の内面や過去を見るのが怖く避けてきた私だったが、この頃は本当に色々考え、悩んだ。

何も解決など出来る問題では無かったが、人は一人では生きられないことを学んだ。


そんな中で、桃岩荘が私に与えたインパクトは大きかった。

言葉では伝えられない良さ、暖かさ、心の触れ合いがある。

私にとって、ずっと大切にしていきたい、そして変わらず迎えて入れて欲しい場所である。


逃げ場所にはしたくない。

ちょっと故郷に帰るような感覚でいたい。

dadadada 2005/11/21 15:45 懐かしい場所のことを読めてうれしかったです
ヘルパーみっきーのような人が京都大会のあといるのを見たけど
話せず仕舞いだったので、ちょっとした一言をここで読めて
しばし感動しちゃいました、ありがとう

ayacat219ayacat219 2005/11/22 03:30 dadaさま、はじめまして! 桃民ですね。
みっきーは京都大会にいましたよ!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20051004

September 24, 2005 礼文旅行記 0509

[] その1


雨の東京を抜け出し、今年2度目の礼文島へ。 礼文島は、日本最北端の島、花の浮島である。

そう、ここには私の愛するユースホステル桃岩荘があるのです。



いざ、飛行機羽田から稚内へ。

f:id:ayacat219:20050923235516j:image

こちらは飛行機から撮った北の海。


稚内で、稚内ラーメン(塩ラーメン)とやらを食し、

フェリーターミナル近くのカフェ「お天気屋」にて、しばし時を過ごす。

http://seikanso.cool.ne.jp/main/p030900.htm

この「お天気屋」は、ライダーさんや旅人が集まり、桃岩荘へ行く人、島抜け(礼文島から稚内へ出ること)してきた人が集う癒しの場所なのです。

ここで、0便で島抜けしてきたばっしーさんに出会う。 本日稚内から帰る予定が、フェリーが満席で帰れられないそうです。 で、話しているうちに、んじゃもう一泊桃岩に泊まるか〜

ってことで、一緒に島へ向かいました。

初めて会ったのですが、どうやら私は相当落ち着いた人に見えたらしく、ばっしーさんは私より5歳以上年上なのに、私の方が上だと思ったらしいです。ちとショック。ま、メガネだったしね〜

九州みかん農園、すももなどを栽培しているばっしーさんとフェリーで農業について語りながら礼文島へ向かいました。

(0便で島抜けして、最終便で出戻りって相当面白いっすよ。ばっしーさん。ぷぷぷっ)



稚内から礼文島へ向かうフェリーにて、利尻島に聳える利尻富士を望んで。

f:id:ayacat219:20050926213017j:image


礼文島に到着。

「桃岩荘〜! おかえりなさ〜い!」 と、港でのお出迎え。

f:id:ayacat219:20050925204743j:image

「ただいま〜!」と島へ帰る。

そう、桃岩荘はいつでも変わらず迎えてくれる。




この季節は秋晴れが素晴らしい。

本日も美しき夕陽に出会えた。

f:id:ayacat219:20050924061018j:image

sau_kyotosau_kyoto 2005/10/03 21:20 やっぱ北の大地はええですなぁ〜。
学生時代は、テント抱えて30泊くらいバイクでまわりましたわ。
舞鶴からフェリー乗って、また行きたいなー。

ayacat219ayacat219 2005/10/04 00:36 さうちんバイク旅行してたよね〜
北海道一周!

北はいいですな〜
次は小笠原も行きたいのだ〜! まとまった休みが欲しいのだ。

LAWLAW 2005/11/08 07:46 桃と礼文ではてな検索かけたらたどり着きました
ネットが狭いのか互いに動いてる範囲が広いのかw

しっかしいい夕日

全部丸ごとひっくるめて魅せられますね

お次は南かな

ayacat219ayacat219 2005/11/09 10:42 あら。幸さん?
いらっしゃいまし。こちらは最近更新さぼってます。
桃の旅行記は言葉に出来ないことが多くて・・・
南もいいですね〜

LAWLAW 2005/11/09 13:31 こんにちわ
はい〜 幸です

私も日記というかそういうスペースを幾つか持っています
書きたいことは山ほどあるのですがたまる一方w
あまり人がいすぎても書けないことってありますよね

離島への思いは募るばかりで、そろそろやばいかもしれません

さえぎるもののない海に沈む夕日を見たい・・・
島の人に出会いたい・・ブツブツ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayacat219/20050924
【メロコード】 
メロメロパーク<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://js.meropar.jp/meromero.js?id=15173" ></script>