母してD論目指して

2011-05-31(Tue)

このブログについて

再び妹です。

姉のお通夜、告別式にはたくさんの方が来て下さいました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

また、コメントをしてくださった方、ありがとうございます。

親密な付き合いをしていた方がたくさんいますので、姉の最期をお話したいと思います。


姉は、前日は精力的に動いたようです。予定になかったのに、お願いをして、お風呂に入り、髪の毛を洗ったり、また、退院へ向けて歩行訓練もしたようです。そして、娘のNちゃんと楽しくおしゃべりし、自宅で採れたイチゴを一緒に食べたと聞いています。


そして21日、Twitterでの交流がある方はご存知でしょうが、その日もつぶやいています。そして、母や兄とメールのやりとりもして、兄へは「今日は何時頃来る?」と返事をしていました。


亡くなる直前まで「生きる」つもりでいました。

私は、13時頃病院につきました。その時は本当に苦しそうでしたが、その後に息子のS吾に握られた手を握り返して、「お母さん、また頑張ったよ」と言葉を交わしていたのです。


そして少し呼吸が落ち着いてきたように見えました。そのため、以前ほどの体力は無いことは承知していましたが、また今度も乗り越えると信じていました。


しかしその予想は外れてしまいました。


家族、そして母、兄、私が見守る中、静かに息を引き取りました。

あとから聞いたところによると、苦しさのピークは11時頃だったとのこと。


私が聞いた最期の言葉は、「私は幸せだ〜」でした。


姉は少し前から頻繁に「幸せ」を口に出すようになりました。食べ物をおいしく食べられた時や、生きていること、些細と思われるようなことにも本当に幸せを感じると話していました。


ERに入るたびに復活し、毎回今までに無い痛みと話しながら、乗り越えてきました。がんを再発してから亡くなるまで本当に痛みと戦いながら走り続けたと思います。


どちらかというと、「まあいいか」と多少不満な状況だけれどあきらめて状況を変えられない自分を受け入れるタイプだったと思います。しかし、がんを発病し、命に限りが見えた時からの姉は、「まあいいか」と言っていた人とは別人になっていました。


姉は、乳がんと診断された時、「無知だった」と後悔しました。その後、会う人会う人に、自分の病気を隠すことなく告白し、検診を受けることを勧めていました。自分のような「無知」な人が悲しい思いをしないようにと。


もし、成人女性で、まだ検診を受けていない方がいましたら、ぜひ受けてくださいね。姉は、本当に最期まで人のことも心配する人でした。


そして、念願の論文が、共著という形で6月中旬に刊行されます。

姉は、論文を共著の形で提出したことを「こんな幸せない」と話していました。

その仲間には今も本当にお世話になっています。


そしてこのブログは、姉と、子どもたちが大きくなって母のことを知りたくなった時のために本にして取っておくことにしようと話しあいました。


このブログは、もうしばらくこのままの状態にしておきます。

姉の代行として妹がこのブログ、mixiとTwitterの管理人になります。

アヤカアヤカ 2011/06/01 06:51 妹様、あゆみさんの最期の闘いまで教えていただきありがとうございました。
お辛い気持ちの中、私のような、直接お悔やみをお伝えできない者にも知らせてくださるお心遣い、本当にありがたいと思います。

毎日あゆみさんの事を想っています。それこそ一度もお会いした事もないのに不思議ですね。
あゆみさんはこれほど大きな存在でした。

書いてくださった内容全てに色々な思いが湧きすぎて上手く書けません。
とにかく、これからご家族が…ご主人様、お子様達はもちろん、妹様やお母様、あゆみさんの愛した全ての人が健やかに幸せに暮らしていけますよう、心から祈っています。

あゆみさんから、何冊か本を送っていただいていました。
一冊、まだ読んでおらず感想も伝えられなかったのが心残り。
一生大切に読むからね!
そして検診の大切さも、私も周りに伝えていきたいと思います…。

kuwachann-2_0kuwachann-2_0 2011/06/01 10:36 妹さま、ご報告有り難うございます。10日が経ちました。今日こちらは美しい夏日で風がさわやかでした。なんだかあゆみさんが風に乗って来たような気がしました。

乳癌の最初の治療から、あゆみさんはずっと痛みに耐えて来ました。いつも私には絶対に耐えられない痛さだと思いながらブログを読んでいました。最後の1か月は痛み止めのお陰で痛みが緩和されていて、精神的に元気になっていたのがとても嬉しかったです。そして一口でもいいから食べることができたことも。

あゆみさんの残されたご家族が早く新しいペースをみつけることができることを心から祈っています。

fumifumi 2011/06/01 21:42 妹様、あゆみさんのことを書いて下さりありがとうございます。こちらのブログも、あゆみさんのtwitterも習慣として訪れては、あゆみさんの不在に気付きます。私が乳がんを含む、人間ドックをきちんと受けるようになったのはあゆみさんのおかげなんです。現在、毎年決まった時期に検診を受け続けています。これからも検診の度にあゆみさんのことを思い出すことでしょう。

とむとむ 2011/06/01 22:11 あゆみちゃんはこうしてずっと、私たちの中にいる・・・言葉にしてしまうと薄っぺらくなってしまうけれど、彼女の残したたくさんの記憶と想いが、私たちに語りかけてくれていると思います。

anneanne 2011/06/02 04:24 妹さま、まだまだ悲しみ癒えないつらい時に、ご報告ありがとうございます。ayumiさん、このブログにも検診を受けるよう、呼びかけたり、保育園の保護者会でお話したりと、尽力していらっしゃいましたね。わたしも、必ず毎年、受けていきます。

痛みに耐えて、論文の校正までやっていたなんて…。でも、ayumiさんがやってきたことが世に残ること、本当に嬉しく思います。ayumiさん、本当にお疲れさまでした!

y.ny.n 2011/06/21 12:24 妹さま、ご報告をありがとうございます。また、ブログのコメント欄を残していただいていることも感謝いたします。
ayumiさんが永眠されてから、1ヶ月経ちました。ご家族の皆様は、本当に大変な中を通っておられることとお察しいたします。
きっと、お忙しくてayumiさんとの思い出を振り返るお時間も無いのではないでしょうか。
ご家族のみなさん、お一人おひとりの生活が守られますように。

haruatukoharuatuko 2011/06/23 17:48 あゆみちゃん、逝ってしまったこと
このブログで知って、ずいぶん
心の整理ができないでいました。

あゆみちゃんと私は
面識もなく、つきあいもない、
ネット上だけのおつきあいでした。

私の乳がんが発覚した三年前、
私のブログにコメントくれたのが出会いかな。

同じころに、同じ大きさの乳がんを患い
全摘手術をした、ホルモン療法をしたと
不安だらけの毎日、ずっと励ましてくれた
あゆみちゃん。

術前にリンパへの転移癌を
やっつけてからの手術ということで
再発は無いと思ってたし、

一度会いたいと思いながら
子育てや仕事の再開で
どんどん忙しくなっている
でもとっても生き生きしていた
あゆみちゃんの姿が
ブログでわかったから
会うのは、もう少し先かなと
思ったりもしてました。

昨年、再発と聞いたとき
胸騒ぎがして、突然に
会いに行きました。

気胸での呼吸困難が
落ち着いていた頃
あゆみちゃんは、
ベッドにちょこんと座って
私を迎えてくれました。

とってもとっても
長い間、まるで
旧知の仲のように
話がとまりませんでした。

あゆみちゃんは思った通り
とっても知的でかわいい
女性でした。

再発という事実を受け入れることに
苦しまれたと思いますが、
そんな様子もみせないまま
淡々と病状を語るあゆみちゃんに
強さを感じました。

二度目、お会いすることはかないませんでした。
でも一度きりだけど、会えてよかったし、
そのときのあゆみちゃんを私は
ずっとずっと忘れることはないと思います。

いつも私を励ましてくれてありがとう。
心よりご冥福をお祈りします。
ブログを更新してくださった
家族の方に感謝いたします。

mukku3868mukku3868 2011/09/06 12:18 「幸せだ〜」と最後の言葉。
やりたい事も未だいっぱいあったでしょうが
お子さん達を残されての旅立ちは 同じ母親として
大きな心残りであった事と思います。
でも ずっと頑張られていましたから
お子さん達の心には 大きな宝物となって
沢山の形に成らない 言葉に成らないものが
残されているでしょう。
時として 苦しみとなる宝物でしょう。
でも その宝物に変わるものはありません。
それに気がつくのは お子さん達がずっと大人になってからの
ことでしょう。
今は たくさん涙を流してくださいね。
我慢すると 涙の流し方って 忘れてしまうものなんですよ。

ブログで出逢って 本当に短いお付き合いでしたが、
出逢えて 好かった・・・

心から ご冥福をお祈りしつつ 
ご家族の笑顔の戻りますことを
祈っています。

みちこみちこ 2012/01/16 23:11 APAについて検索をしていて、このサイトに辿り着き、お母さんをしながら勉学をつづけている人なんだ!とプロフィールを見て、もう少しブログを読んでみようと思ったら、乳がんで亡くなられたと書いてあって、涙をしながらサイトを拝見しました。
私はこの1月にアメリカの大学院で留学を始め、夫を日本に残して単身で来ているので寂しいなとか大変だなと思っていたのですが、何よりも健康管理をしなければいけないなと気づかされました。もうとっくに成人女性になっているのに乳がん検診も受けたことがないし、早いうちに病院に行ってみたいと思います。このブログを残してくださっていてありがとうございました。

ちょんぺぺちょんぺぺ 2012/05/06 13:07 5月になりました。
あゆみさんへ思いを馳せています。

佐藤加奈子佐藤加奈子 2012/05/18 09:18 21日は金環日蝕ですね。この1年、ふと気づくと「あゆみさんなら今どうしていますか?」と問いかけていることがありました。空の太陽の輪がつながるのを見ながら、思いを馳せたいと思います。くしくも、読み聞かせが21日スタートします。何を読もうかしら。。

☆ 2013/05/21 21:11 あゆみさん、忘れてないです。
ご家族おひとりびとりが、どうかどうか幸せでありますように。

心よりお祈りしております。

amaiaamaia 2013/05/30 08:49 あゆみさんのこと、ふと思い出して、もう更新されることはない、とわかっていながらも、ここを訪問したくなりました。亡くなってもう2年になるのですね。会ったことはないけれど、いつも温かい言葉を掛けて下さって、いつもいろんな励ましを下さった、大切なお友達のあゆみさん。S吾くんはもう中学生になられ、Nちゃんはそろそろ小学校に上がられたかな。病床にありながらも、Nちゃんの入学時に要る袋ものを作る、と最後までがんばっておられたあゆみさんの姿を思い出します。どうか2人のお子さんが、心の中にあるお母さんに見守られ、健やかに成長されますように。

大西あゆみ大西あゆみ 2013/06/14 18:01 朝日カルチャーでご一緒した大西あゆみと申します。
毎日、あゆみさんのことを思い出し、そのたびに胸が詰まる思いがしています。カズオ・イシグロがNHKに出演したときにこんな発言をしていました
「記憶は死に対する部分的な勝利である」
いつもいつもあゆみさんを思い出しながらこの言葉の意味を実感しています。

アヤカアヤカ 2014/03/11 21:10 今日で東日本大震災から3年です。
このブログで無事を報告できた事、『あなたが一番心配だった』と言ってくれた事、忘れてません。
みーあさん。報告していなかったけど、私三人目を出産しましたよ!
実は既に一歳です(笑)
二人目を妊娠した時、経済的な不安や色んな心配事に押し潰されそうになっていた私が。
みーあさんにいただいたたくさんの言葉のお陰で、心も軽く出産・育児できています。
ありがとう。たまに仙台にも様子を見に来てください。
うちの次女、可愛いですよ(親バカ笑)

masako_hmasako_h 2016/01/12 09:49 今朝奈々ちゃんとFBでやり取りしていて、奈々ちゃんからあゆみちゃんの名前が出たので、あゆみちゃんを懐かしく思い出しました。
私も含めスペイン語学科時代の仲間達は元気にやっていますよ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayumi_a/20110531/p1