お仕事日誌(そして一日一麺) このページをアンテナに追加 RSSフィード

1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2006-01-14 : Saturday

[] ブログを移行します。

一年半ばかりはてなで続けてきたブログですが、独自ドメインを取ってそっちに移すことにしました。

新しいドメイン novsix.com で、ブログURL http://blog.novsix.com/ です。

始めた時にエントリが何もないと寂しい(?)ので昨年末ヨーロッパ旅行分からエントリコピーしてあります。

独自ドメインを取ることにあまり意味はないので(なんとなく取りたいから取ってみた)、今後も引き続きよろしくお付き合いのほどを。

P.S.

検索エンジン経由でこられた方で、目的のページが見つからないぞ!という場合には、右の "日記の検索" から適当キーワードを入れて検索してみてください。お目当てだったものが見つかるかもしれません。

2006-01-13 : Friday

[] UPSケルンフィリピンを経由して東京へ運送しているようだ

一昨日購入した Rimowa のスーツケースは、昨日お伝えしたように UPS が運送しているのだが、どうやら成田に着いたようである。

20060113-UPS-Tracking_Status

この↑画像UPSトラッキングシステムの画面のコピーなのだが、フランクフルトで集荷された後、ケルンに輸送され、フィリピンの PAMPANGA を経由し、今日の朝に成田に到着した模様。ずいぶんと迅速な動きだ。

ドイツから日本への輸送はダイレクトではなく、フィリピンを経由するとは。少々驚きである。

よく見ると "THERE IS AN INADEQUATE DESCRIPTION OF THE MERCHANDISE. MORE DOCUMENTATION REQUIRED" とあるが、その後に "RELEASED BY CLEARING AGENCY. NOW IN-TRANSIT FOR DELIVERY" とあるので、明日ぐらいには到着するかも。

2006-01-12 : Thursday

[] 海外通販安心感 by UPS

昨日の昼間購入した Rimowa のスーツケースですがUPS から「君の荷物は UPS が運びますから」という次のようなメールがやってきました(個人情報については、もちろん伏字)。

Date: Jan 12, 2006 1:14 AM

Subject: UPS 出荷通知 トラッキングナンバー 1ZW4645E6642xxxxxx

To read this message in English, click here.

このEメールへの返信はご遠慮ください。UPSおよび LEDER-STOLL OHG ではお客様のご返信を受信できません。

このメッセージは、LEDER-STOLL OHG様のご依頼により、下記貨物に関する情報UPSが受領したことを通知するために送信されています。必ずしもUPSが既に荷受けしたことを意味しているとは限りません。実際に貨物が集荷されたのか、いつ集荷されたのか、または、現在の貨物の状況を確認したい場合は、下記の貨物追跡リンククリックするか、あるいはLEDER-STOLL OHG様へ直接お尋ねください。

重要配達情報

LEDER-STOLL OHG からのメッセージ:

IHRE BESTELLUNG VON KOFFER24.DE WIRD VERSENDET. YOUR ORDER AT KOFFER24.DE WILL BE SHIPPED.

時間指定配達: 13-1 月-2006

貨物明細

出荷先:

MR. xxx xxxxxxxx

xxx xxxxxxxx

2-xx-x xxxxxxxxx

xxxxxx

TOKYO

1xxxxxx

JP

パッケージ数: 2

UPS サービス: EXPRESS

重量: 16.0 KGS

発注(P.O)番号:: 1ZW4645E6642xxxxxx

UPS が貨物を集荷したかどうかを確認するには、ここをクリックするか、

http://www.ups.com/WebTracking/track?loc=ja_JPアクセスしてください。


この E メールには、所有権または機密の情報が含まれている場合があります。この E メールの内容に関係のない方が本メッセージを受け取った場合、メッセージの配布または複製をすることは厳密に禁止されています。このメッセージに身におぼえのない方は、ただちにメッセージを削除してください。

この E メールは荷送人の要求を受けて、UPS E メールサービスより自動的に配信されています。 この E メールに返送されても、UPS あるいは荷送人には届きません。 記載されている出荷についてご質問がある場合またはこのお知らせサービスのご利用を停止されたい場合には、荷受人様に直接のご連絡をお願いいたします。

Do not reply to this e-mail. UPS and LEDER-STOLL OHG will not receive your reply.

This message was sent to you at the request of LEDER-STOLL OHG to notify you that the package information below has been transmitted to UPS. The package(s) may not have actually been placed with UPS for shipment. To verify when and if the shipment was tendered to UPS and its actual transit status, click on the tracking link below or contact LEDER-STOLL OHG directly.

Important Delivery Information

Message from LEDER-STOLL OHG:

IHRE BESTELLUNG VON KOFFER24.DE WIRD VERSENDET. YOUR ORDER AT KOFFER24.DE WILL BE SHIPPED.

Scheduled Delivery: 13-January-2006

Shipment Detail

Ship To:

MR. xxx xxxxxxxx

xxx xxxxxxxx

2-xx-x xxxxxxxxx

xxxxxx

TOKYO

1xxxxxx

JP

Number of Packages: 2

UPS Service: EXPRESS

Weight: 16.0 KGS

Tracking Number: 1ZW4645E6642xxxxxx

Click here to track if UPS has received your shipment or visit

http://www.ups.com/WebTracking/track?loc=en_JP on the Internet.


This e-mail contains proprietary information and may be confidential. If you are not the intended recipient of this e-mail, you are hereby notified that any dissemination, distribution or copying of this message is strictly prohibited. If you received this message in error, please delete it immediately.

This e-mail was automatically generated by UPS e-mail services at the shipper's request. Any reply to this e-mail will not be received by UPS or the shipper. Please contact the shipper directly if you have questions regarding the referenced shipment or you wish to discontinue this notification service.

で、UPS のサイトで貨物の追跡を行うと、とりあえずは UPS によってフランクフルトで集荷された様子。

海外通販でもこういうサービスを使用していると、今回利用したオンラインショップ koffer24.de に対しての安心感・信頼感も上がるし、何より UPS ってすごいなあと改めて感心しました。

さて、東京にはいつ到着しますかね?

2006-01-11 : Wednesday

[] 車載用 Google Earth から Google Smart Phone へ?

ここ最近ばたばたしていて、CESニュースをちゃんと読み込めていないので、時系列で逆順に読みながら思いつくままにクリッピング

CESラリーペイジによる基調講演のニュースによると、Googleフォルクスワーゲンと共同で車載用 Google Earthプロトタイプ開発に取り組んでいるとのこと。

グーグルのL・ペイジCESで基調講演--ロボットカーやR・ウィリアムズも登場
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20094091,00.htm

Stanleyから降り立ったPageは、その後「Google Earth」のデモンストレーションビデオを披露した。地球上を目の回るような速度で移動するその映像に、観衆の間から歓声が上がった。Pageによると、Googleでは現在Volkswagenと共同で、車載用Google Earthプロトタイプ開発に取り組んでいるという。

グーグルについては、Google PC を開発しているという噂があるけれど、僕は Google Smart Phone(携帯端末)のほうが可能性が高いと思っている。それは単純に、PC より携帯電話のほうが利用者数(=出荷台数)が多くなるからという、根拠なしの思い込みである。また、サンフランシスコマウンテンビューで展開している WiFi サービスは、携帯端末の実験場ではないかと邪推している。

あとは、上記のような車載用 Google Earth の開発などから、ユーザインタフェイスなどを Google Smart Phone へフィードバックするんじゃないかと夢想してみたり……

[] LG のカナダ向け携帯電話

CNET Japan の特集で CES で発表された主に韓国メーカーのさまざまな形状の携帯電話が取り上げられている。

フォトレポートCESに登場した世界ユニーク携帯電話
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20094116,00.htm

あまり目新しいものは無いのだけれど、ちょっと気になったのはこの LG のカナダ向け CDMA 端末のキー配置。

QWERTY 配列でもなく、数字キーだけでもなく、単純だけれど新しいアルファベットキーの配列。新しいユーザインタフェイスの登場となるのでしょうか?

[] Rimowaスーツケース購入

これまでの様々な旅行出張では、米国滞在時に何の気なしに購入したゼロハリバートンスーツケースを使っていました。2001 年に購入したのでかれこれ 5 年ほど使っていて、個人的にはぼこぼこにへこんでいるあたりが悪くないなと思っていました。

ですが……

先日のドイツ旅行を契機に調べたところ(正確には、以前知り合いが使っていたので知っていたものの、ドイツのデパートでフツーに展示されてるのでどんなもんなんだろうと帰国後調べた)、独 Rimowaスーツケースが同様なデザインであるにも関わらず、めちゃくちゃ軽いということを知りました。どれくらい軽いかというと、乱暴にいえば、おなじ容量で重さは 1/2 です。

例えば、僕がこれまで使用していたスーツケースは、そんなに大きいわけでもないのですが、実は 9.0kg あります。

Zeroller Suiter ZR26L
http://www.bag-selection.co.jp/zero/zr/zr26/index.html

一方で、ほぼ同じサイズ(=ほぼ同じ容量)のリモワのスーツケースは、(たったの)5.4kg です。

Topas 932-63
http://www.rimowa.com/seiten/produkte_db/gb/detail.asp?Artikel=93263

国際線のエコノミーは 20kg が一つの区切りなので、重量差が 3.6kg も異なるのはかなり大きいと想像できるとおもいます。僕の場合は年に3〜5回米国出張があるので、この違いは大きいかな、と違いを知ってしまっては強く感じるわけです。

というわけで、いろいろ調べてリモワをオンラインで購入することに(ホントはドイツ旅行の時に買ってくれば良かったんだが……)。ざっと調べて、素性が怪しくないサイトの中から提供価格が安く、リアルにもショップがある(フランクフルトだけれど)ということで、今回の購入に選び出したサイトはこちら。

koffer24.de
https://www.koffer24.de/

で。今日の昼間に Topas 932-63 と Topas 932-70 の2つの注文を入れました。

はたして、どれくらいでドイツから東京までやってくるのでしょうか。また、関税はどれぐらい請求されるでしょうか。次のサイトを参考にして注文したのですが、実は久しぶりにどきどきしながら [Order] ボタンを押しました。

【鞄のFAQ】海外通販体験談 [JapanBag.com]
http://japanbag.com/resource/faq/faqmailorder.htm

2006-01-05 : Thursday

[] CES 開幕

時差ぼけでいつもより早起きしたこともあるが、頭を休暇モードからスイッチするためにニュースをざっと読んでいると、コンシューマーIT 展示会として有名な CES 開幕にむけたニュースが目に付く。

そのなかでも、CNET JAPAN の記事が分量も多く、事前の全体感を伝えている様子。

今年のCESはビデオ関連の話題が目玉に
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20093846,00.htm

また、個別の細かな点については日経 IT Pro が詳しいようです。

【CES2006】「前々夜祭」で公開されたCESの注目製品とは
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060104/226874/

記事を読んでいると、去年から個人的にキーワードにしている「融合 (Convergence)」という視点でものをみてしまいます。エンターテイメントコンピューティング、放送と通信などがわかりやすい例なのですが、いずれのプレーヤーもこの先に起こる「融合」に対して各自のスタンスで向かっているように思えてならないのです。これまでばらばらだったものが、反発や反動も併せて飲み込みながら、混ぜあって溶け合っていくようなイメージで。

今年は Microsoftビル・ゲイツだけではなくて、Google の共同創設者ラリーペイジYahoo!CEO も講演するようで、新年早々(?)なにが起こるか楽しみです。

2006-01-04 : Wednesday

[] 帰国しました

今日、無事(?)に全日空 210 便に乗って成田に到着し、先ほど自宅に到着しました。

本当は(?)ヨーロッパ旅行写真つきでリアルタイムブログにアップしようと考えていたのですが、訪問した各国(ドイツオランダベルギー)のインターネット接続コストが高いのであきらめました(ルクセンブルグにも訪問ましたが、ネット接続はトライしなかったので除外)。

そういう意味では日本インターネットアクセス環境はすごいです。今回の旅行で訪問した国がどれくらいコスト高かというと、T-Mobile の WiFi ホットスポットサービスは先にも書きましたが、15 分 2.00 ユーロ、1 時間 8.00 ユーロ、3 時間 14.00 ユーロ、24 時間 18.00 ユーロです。で、T-Mobile 以外のホットスポットサービスでは Swisscom のホットスポットサービスがあったのですが、これは T-Mobile の 1.3 倍程度の価格。つまり 24 時間使用で 23 ユーロ程度。

またアムステルダムホテルは、無線 LANトラブルがあったため、KPN が提供するダイアルアップ接続のみが利用可能でした。このダイアルアップサービスが、最高 56Kbps(実際には 42.2Kbps での接続でしたが……)で接続して一時間 8 ユーロ程度。うーん、ばか高です。

こんなサービス価格を見ていると、ライブドア等が進めている日本ホットスポットサービスは、ある意味驚異的です。まあ、どっちが儲かるのかはよくわからないのですけれど……

旅行中の写真は、時間があるときにアップしますので、お楽しみに。

2005-12-28 : Wednesday

[] ザーンセ・スカンスとインドネシア料理

昨日一日アムステルダムの街中をうろうろして、比較的(良い意味でも悪い意味でも)ごみごみした街であるということがわかってきた。もちろん次のようにずいぶんと小奇麗なところもある。

オランダ王宮

王宮がこれだけ街中で近くに感じられるのは珍しいのではないだろうか。

運河

運河が街の風景に溶け込んでいるのは、堤防がなくて水辺へのアクセスが近いからだろう。台風がやってくる国ではちょっと望めそうもない風景である。

アムステルダムの街並み

でも、やはり中央駅周辺をうろうろしたせいかなんだか雑然とした印象が強い。というわけで(?)ごみごみした街並みを抜け出し、オランダらしい風景を求めてザーンセ・スカンスという街に行く。

アムステルダムからザーンセ・スカンスには、15 分でいけるはずなのだが、実際には乗る電車の種類を間違えて 1 時間以上ロスすることに……どう間違えたかというと、アムステルダムから各駅停車に乗っていくはずがなぜか快速列車に乗っていて、おまけにその快速列車の終点に近づくまで間違いに気づかなかったのである。というわけで戻りの快速電車に乗り換えて、途中の駅で各駅停車に乗り換えてようやくザーンセ・スカンス最寄の駅、コーフ・ザーンデイク駅に到着。

このミスは、ガイドブックが悪い。ザーンセ・スカンス最寄の駅、コーフ・ザーンデイク駅に行くには「アルクマール行きの各駅停車で約 15 分」と載っているのだが、実際には各駅停車アルクマール行きは一時間に 1 本しかなく、残りの 3 本は途中の駅( U から始まる名前の駅だが、名前を忘れた……)が終着駅になっている。これに対して、アルクマール行きの快速列車は一時間に 2 本あるので、今回のように間違えて快速に乗ってしまうわけである。まったく。

それでも、今回のようにアムステルダムブリュッセルをメインに旅行する場合には便利なガイドブックなので一応紹介。

アムステルダム・ブリュッセル・ブルージュ (トラベルストーリー)

アムステルダム・ブリュッセル・ブルージュ (トラベルストーリー)

さて、いろいろ無駄な動きをした挙句にたどり着いたザーンセ・スカンス。こんな風景である。

ザーンセ・スカンスの風車

ザーンセ・スカンスの風景(風車なし)

いかにもオランダ!という雰囲気満点である。念のためにいっておくと、写っているのは湖面でも海面でもなくて運河である。このザーンセ・スカンスにはアムステルダムから各駅停車で 15 分で行けるのだから、観光客がこないはずない。というわけで、自分のことをいったん棚にあげておくが、このくそ寒いのにそれなりの人数の観光客がいるのである。

ザーンセ・スカンスの風景

この写真に写っている観光客は少ないほうで、このチーズ屋↓に観光バスでやってきた(ような)中国人の団体が大挙して押しかけていた。

ザーンセ・スカンスのチーズ屋

写ってない人たちをあわせると総勢 40 人ばかりいたんじゃないだろうか。で、けっこうな勢いでサンプルのチーズを食べまくってたおかげか、僕らがサンプルを食べようとしたころには、いくつかのチーズのサンプルが空っぽうになっていた。おかげで新しく切ってもらったサンプルをいただけてそれはそれでよかったのだが。でも、何人かの人(特に女性)は、チーズを 10 コとか 20 コとかでまとめ買いしていたので、チーズ屋としては良いビジネスになっているのかもしれない。

ザーンセ・スカンスのチーズ屋

風車があるあたりから何もない方角をみたのが次の写真だが、こうしてみるとザーンセ・スカンスというのは寒々しい感じがする土地である。

ザーンセ・スカンスで何も無い方角を見ると……

また、建物や集落のあるなしを別にすると、列車に乗っていてもオランダの大部分ではこういう平坦な視界が 360 度にわたって広がっている。ゼロメートル地帯代表の江東区に住んでて言うのもなんだけれど、国土の多くが海面と変わらない高度であるというのはどういう気分なのだろう?

しばらく寒々しいザーンセ・スカンスをぶらついた後、今度は間違えることなくさっくりと各駅停車に乗ってアムステルダムに戻る。そして、中央駅からトラムに乗って「ハイネケンエクスペリエンス」というオランダを代表するビールメーカーが運営するテーマパーク的なショウルームに向かう。

Heineken Experience
http://www.heinekenexperience.com/

10 ユーロ払うと、生ビール試飲用チップを 3 枚とおみやげ用のチップを 1 枚もらえる。展示の前半は博物館的な仕立てになっており、お決まりのハイネケン歴史ビールの作り方等が展示されている。途中から後半にかけてテーマパークっぽいというか、ちょっとばかばかしいところが面白い乗り物に乗れるので、淡々と展示を見るだけでなくて飽きずにすむ。

展示の途中で試飲コーナーが一箇所( 1 杯分)あり、あと出口直前でもう一箇所(試飲 2 杯分)で試飲することができる。普段飲む(缶や瓶の)ハイネケンは、悪く言うつもりは無いけど、なんの変哲も無い中庸で普通のビールなのだが(世界中どこででも飲める中庸なビールという意味ではもちろんとてもすごいことだ)、ここで飲んだ生ハイネケンには中庸な普通のハイネケンを超えた甘みと旨みが感じられて、それだけでもここに来て 10 ユーロも払った価値があるような気がする。とてもおいしかった。

ハイネケン・エクスペリエンス

おみやげにはハイネケンエクスペリエンスマークきのこの↑ハイネケンビールグラスを1ついただきました。もちろん飲んでつかったやつではなくて、ハイネケン印の缶入りの新品です。

試飲といいながらも、ツマミもなしにそこそこの大きさのグラスで 3 杯もビールを飲んでると多少酔いも回ってきたし、腹も多少減ってきたので夕食に向かうことにする。今日の夕食は、過去オランダ植民地であったインドネシア料理オランダでしか食べられないインドネシア料理もあるということも決め手の一つである。

Puri Mas
http://www.purimas.nl/

いろいろな種類の食べ物が食べられるということで、「ライスターフェル」というコースで注文することにする。ビールはもちろんハイネケン

ハイネケン

ハイネケンを頼んだのだが、どうもハイネケンエクスペリエンス微妙に違うような気がする。あそこでは特別の生ハイネケンを出しているのだろうかと思いつつも、まあうまいのでよしとする。

ライスターフェル」のコースとしては、最初にスープが出てくる。

ショウガ風味のスープ

ココナッツミルクが使われているショウガ風味のスープで、こういう寒い日には温まる。似たようなスープインドネシアというよりもタイ料理に出てきそうな雰囲気である。

インドネシアンコース料理

インドネシアンコース料理

ライスターフェル」は実際にはコース料理ではないようで、それぞれの料理が一品ずつでてくるのではなく、まとめて同時に出てくる。サテーアヤムもあるし、鶏肉や牛肉を甘辛く炒め煮にしたものもある。オランダでしか食べられないインドネシア料理といわれればそうかも知れないし、インドネシアでも食べれそうな気もしないでもない。しかし、インドネシアに行ったのもかれこれ 10 年近く前の話なので、事の真偽はわからず、久しぶりにアジアな味なので美味しくいただいた。

これまでのドイツオランダでの食事でうっすらと感じていたが、このインドネシア料理を食べながらわりとはっきりしたことは、ヨーロッパ料理には発酵して作られた調味料が少ないために味付けを塩に頼りがちで、ともすれば一本調子な味付けになりがちではないかということ。単純に醤油とか味噌とか(ニョクマムとか魚醤とかナンプラーとか)ってすごいんだなぁ、と思い、これだけ塩に頼りがちな食文化であるが故に醤油の紹介はインパクトが大きかったのではと、ハイネケンで酔った頭で考えながらトラムに乗ってクラウン・プラザ・ホテルに帰ったのであった。

2005-12-27 : Tuesday

[] アムステルダムのランドリー事情

昨日一日が移動が多かったために今日一日はのんびり起きて、のんびり過ごすことに。加えて、そろそろ洗濯しないと着るものがなくなりつつある。ということで、コインランドリー探しを今日のメインテーマに(「アムステルダムのランドリー事情」というほどたいしたことじゃないけれど)。

さて。どれくらいのんびりしていたかというと、ホテルに朝食がついていたのだが、ぐーすか寝ていたために時間に間に合わずホテルメシを食べ損ねるぐらいのんびりしていた。というわけで、散歩しつつ朝食兼昼食を取りにでかける。

ホテルの周りの街並みはこんな感じ。

ホテル近くの街並み1

ホテル近くの街並み2

気がつくのは、小さな建物がぎっしり建っていることと、自転車が多いこと。中央駅なんて、一昔前の郊外私鉄駅前のように自転車まみれ。

朝食兼昼食は王宮近くのマグナ・プラザというショッピングセンターに入っているカフェでいただくことに。

2日目の朝食を食べた店

いただいたのはこんな感じ。

マメスープ

このマメスープ(Pea soup)、濃くてクリーミーでおいしかった。このスープを注文したクロケットと一緒にいただいていると、隣のテーブルに壮年のカップルが座った。彼らがウエイトレスに注文する時に、こちらを見て「あのスープはなんだい?ああ、マメスープか。それを 2 つもらおう」と言って注文し、食べ始めてからは男性が僕の方に向かって、「そのスープはマメスープだろう?うまいよな。うんうん」と満足げにうなずいていたのが非常に印象的だった。

クロケット(クリーミータイプ)

このクロケットの中味はひき肉とジャガイモ。昨夜のクロケットとは違って、味付けも適度でほくほくしている。美味。マスタードをつけて一緒についてきた食パンで包んで食べるとまるでコロッケパン。それも揚げたて。うまくないはずがない。

ちなみにオランダではクロケットコロッケ)を日常的に食べるようで、アムステルダム中央駅構内にはクロケット自動販売機まである。

クロケット自動販売機

さて。朝食兼昼食が終わったところで、街中をうろうろしながらコインランドリーを探すことにする。といっても、なんのあてもなくうろついても仕方がないので、まずはアムステルダム中央駅駅構内の書店に赴くことに。

アムステルダム中央駅

アムステルダム中央駅

書店で(他国語版があるのかどうか知らないけれど)英語版の Lonely Planet が立ち読みできればランドリー情報をつかめるはず、というのがコインランドリー探しの方針。で、その目論見はうまくいき、書店には英語Lonely Planet "Netherland" があり、アムステルダムの項にはいくつかのランドリー情報が掲載されていた。

そのうち2軒の住所と簡単な地図メモして、ぶらぶらしながら探したのだが、結局はそのうち1軒は閉店したようで、もう1軒の "Happy Inn" というランドリーを探し当てた。アムステルダムのランドリーリストのように見える次のサイトによると住所は Warmoesstraat 30 1012 JE AMSTERDAM とのこと。

アムステルダムのランドリーリストオランダ語
http://www.allesinamsterdam.nl/item/10/1057/ia1057_nk_r.html

参考に場所を記しておくと、中央駅から向かった場合、駅を背にしてななめ左前に進んでいくとバルビゾン・パレス (NH Barbizon Palace) とプリンス・ヘンドリック (Hotel Prins Hedrik) がある。その間の道を2,3分進んで右手に青い看板を出しているのが Happy Inn洗濯が 3 ユーロで、洗剤が 1 ユーロ乾燥が 1 ユーロ / 8 分。乾燥機が結構強力なので、2, 3 ユーロあれば一回で洗濯する衣類の量であれば乾くはず。

で、街中にあるデパートでぶらぶらしたり、Happy Inn洗濯するためにホテルに戻って洗濯物を取りに行ったり、洗濯したり、乾燥させたり、コーヒー紅茶専門店を冷やかしてたり、乾燥した洗濯物をホテルにもって帰っていたりしてたら、あっという間に夜に。

夕食は "De Jaren" というカフェガイドブックチョイス。

Amsterdam Cafe Restaurant Bar De Jaren
http://www.diningcity.com/ams/dejaren/index.htm

まずはおきまり生ビールオランダメジャーブランド

グロールシュ

食事はさっぱりしたものを食べようということで、アスパラガスサーモンをいただく。

アスパラガスの温かいサラダ

アスパラガスは "lightly warmed asparagus, butter sauce, green herbs" ということだったのだが、実際にはサラダ仕立てで供された。バターソースの濃厚さとアスパラガスのほろ苦さがうまくマッチしている。

スモークドサーモン

サーモンは "gravad lax, home-marinated salmon, mustard-sauce" ということで、軽くスモークの香りもするサーモンにディルがあわせてあって、甘みのあるマスタードソースと一緒に。

というわけでアムステルダムでのんびり洗濯の一日でした。

2005-12-26 : Monday

[] ケルンへ。そしてアムステルダム

ライン河マインツで一泊して、ケルン途中下車し、その後国境を越えてオランダアムステルダムへ。

ところで旅行とはぜんぜん関係ない話なのだが、テレビの話。ホテルにいる間、テレビをつけている場合には CNN を流していることが多いのだが、インドネシア地震(正式な名前を忘れた……)とその津波から一年が経つせいか、"TSUNAMI: ONE YEAR AFTER" と題して、復興一年間を随時取り上げている。去年の今頃は秋田乳頭温泉郷地震のことはまる一日以上知らないぐらいにのんびりしていたのを思い出すけれど、あれから一年なのですね。

ちなみに津波から一年経ったことを "Tsunami Anniversary" というフレーズで表現することがある。これにはいささかの違和感が感じられる。9.11 の時には Anniversary と言ってなかったような気がするのだが、どうかしら?

マインツからケルンへは IC に乗ってライン河北上する感じで 1 時間 40 分程度。そのうちコブレンツまでの 1 時間ほどは、古城を見ながらのライン河下りで有名な河畔を路線が沿っているので、列車の中からも同様に古城を見ることができる。ただ、結構列車の速度が速いのと(特急だからあたりまえだけれど)、窓の反射が強いので(車内が写り込んでしまう)うまく写真には取れなかった。残念。

ケルンで乗り換えなのだが、途中下車して街を見学することにする。ヨーロッパ鉄道は、利用したことのあるかたならご存知だろうが、基本的には改札が無い(というかこれまでに見かけたことがないので、たぶんどこにもないのでは?)。このため、長距離の移動の際でも、途中で下車して観光することが可能。

まずは駅のど真ん前にあるケルン大聖堂から。詳しい説明はウィキペディアの「ケルン大聖堂」の欄を。

ケルン大聖堂

これ↑はケルン出発前に駅前広場から撮った写真。暗いのでブレてますね……

大聖堂には展望台があります。階段を昇ること 100m で展望台に。地上の受付には昇って降りて 30 分、と説明されていたのだが、昇るのに 15 分もかからないので、どれだけ展望台で滞在するかによって所要時間は変わるはず。結構せまい階段を昇ることになるのだが、意外に若い人でもハァハァ言いながら昇っている(または降りている)人とすれ違うのには驚いた。

で、10 分ほどで昇った展望台から見える景色はこんな感じ。

ケルン大聖堂・展望台からの風景

ケルン大聖堂・展望台からの風景

周りには山はあまりなく、平坦な土地が延々と続いている。そういうなかで 100m を越える建物から見る景色はなかなか壮観なものがある。ただ、この写真には写っていないが、実際には安全のために展望台には鉄格子&鉄網がめぐらされているために、辺りの景色がものすごくクリアに見えるわけではない。

10 分ほど景色を堪能した後、風が強く雪が降ってもおかしくない天気でいいかげん寒くなってきたので、下ることに。

上がってきた階段を降りた後は大聖堂の中を一回り。暖房がまったく効いてなくて寒いせいもあるが、歴史宗教性に基づく威厳も感じられて、普段に比べて背筋がすっと伸びるような気がする。

ケルン大聖堂内部

ビールを飲んだ後にもう一度この大聖堂に立ち寄ったのだが、その時にはちょうどミサをやっていたのでしばらく見学させてもらった。そこで偶然とはいえ、長い余韻のパイプオルガン伴奏と共に澄んだ歌声での「きよしこの夜」(ドイツ語バージョン)を聴けたのは、この旅行で出色のイベントかもしれない。

大聖堂で背筋がすっと伸びた後は、やんわりとビールを飲みに。ケルンは「ケルシュ」というケルン特産のビールがあるとガイドブックに載っていたので、そのビールを飲みに大聖堂から歩いてすぐのところにある Fruh というビヤホールに。

ケルシュ(ケルン特産のビール)

この「ケルシュ」はピルスナーやラガーのような日本で通常飲まれている種類に良く似た、つまりごくごく飲めるタイプビール。これが写真のような 200ml の小さなグラスに供される。つまり常に冷たいビールを飲むことができるという嬉しい状態。更に嬉しいことは、一杯飲み終わると注文しなくても店員が次の(ビール入り)グラスを持ってくる。要するに、わんこビール状態(笑)。気がついたら、これからまだ列車に乗ってアムステルダムに移動しなければならないのに 7 杯も飲み干してしまった……

なお、ケルシュのつまみにはこんなものをいただきました。

ゆでソーセージ サワークラウト&マッシュポテト添え

普通のゆでソーセージ。普通にうまい。

これは昔、裕福ではなかったおじさんが、チキン半羽にみたててつくったという、ゴーダチーズとパンとバターの組み合わせのケルン名物のメニュー。ゴーダチーズがうまかった。

先も書いたように、ビールを飲んだ後に大聖堂に寄って、ミサ見学した後、ケルン駅を後にしてアムステルダムに。

ケルン駅

ICE 車内風景

ケルン - アムステルダム間はずいぶん新しくて綺麗な ICE車両でした。ぴかぴか。キルシュビールの酔いも手伝って、まったりICE に 2 時間 30 分ほど乗って、午後 9 時前にアムステルダム中央駅到着。アムステルダムで滞在するホテルは中央駅から歩いて 3, 4 分のクラウン・プラザ・アムステルダム・シティ・センター

チェックインした後は、時間が遅いのでホテルレストランで軽くつまみながらビールを飲むことに。ホテルレストランは「ドリウス」といって、移転前を含めると 110 年以上の歴史を誇る由緒あるレストラン。せっかくなのでオランダ(生)ビールと共に、オランダ伝統料理の中からこんなツマミをセレクション。

クロケット2

実態はエビクリームコロッケ。ちょっと塩気が強い。ツマミにはいいけれど。

なにかのパテ

なにのパテだったか忘れたけれど、ちょっと生臭かったことだけは覚えてる。

今日一日ではやはりケルンがいい所でした。あのケルシュビール、もう一回飲みたいもんだ。

2005-12-25 : Sunday

[] ライン河畔のマインツに移動

時差ぼけが完全に解消していないために6時には目が覚めて、出発の準備を始める。ミュンヘン滞在は今日までで、ライン河畔のマインツという街に移動する。

が、その前にミュンヘンホテル DREI LOWEN でのインターネット接続環境を紹介しておきましょう。デジカメ写真ブログをアップするためにホテルで使用したのは T-Mobile の HotSpot サービス(以下、T-Mobile HotSpot)。

T-Mobile HotSpot
https://hotspot.t-mobile.net/

利用価格は 15 分 2.00 ユーロ、1 時間 8.00 ユーロ、3 時間 14.00 ユーロ、24 時間 18.00 ユーロ日本環境からすると高い。アメリカと比べても、最近ブロードバンド接続を無料で提供するホテルが出現しつつあることも考えても高い。無線 LAN はそんなに高価なものじゃないはずなのにといっても仕方がないのだけれどとにかく高い。

また T-Mobile HotSpot は NTT コミュニケーションズの Hotspot サービス(以下、NTT Hotspot)のローミングパートナーだったと思うのだが、NTT Hotspot でのログインが出来ない。米国オーストリアチェコハンガリー等の他の国の T-Mobile HotSpot サービスブリティッシュテレコムスイスコム、テレコムイタリアなどの無線 LAN サービスローミングユーザへのログインは提供されているのに、何故だ?ローミングログインできれば、上記のような短時間利用よりも利用価格が安くなるはずなのに……

というわけで結局、ミュンヘン滞在中にこの Hotspot サービスを利用したのは 15 分 2.00 ユーロを 4 回。おまけに接続価格が高いだけではなく接続回線も細いらしく、最後の二回で flickr写真をアップしようとするが、オリジナルの解像度(2272 x 1704)でのアップロードがまともに働かず(10 分で一枚もアップロードされてない)、800 x 640 でアップロードする羽目に(合計 20 分ほどで 32 枚アップロード完了)。

今回の旅行ではユーレイルパスの EURAIL GERMANY-BENELUX SAVER を使って鉄道で移動するので、マインツへの移動はドイツ鉄道(以下、DB)を利用。このユーレイルパスは、使用開始前に、鉄道会社スタッフに「ヴァリデート」(パス利用の開始日と終了日、パスポート番号を記入し、スタンプを押してもらう作業)してもらわなければならない。というわけで、列車の予約も含めて、ミュンヘン中央駅の DBカウンターに赴き、「ヴァリデート」も列車の予約もあっさり完了。

ミュンヘンからマインツまでは、フランクフルト経由ベルリン行きの ICE (InterCity Express : 高速列車) に3時間ほど乗ってマンハイムで降車し、今度はケルン経由ハノーバー行きの IC (InterCity) に 40 分ほど乗って、乗り換えの待ち時間を含めると 4 時間ほどでマインツに到着。ICEICスムースな乗り心地。新幹線よりも低速で走っているせいか、余分な風切音がなくずいぶんと静かなような気がする。

マインツ到着後は、バスに乗ってホテルHilton Mainz)に移動して、チェックイン。暗くならないうちに街を見学に出かけようと思うが、雨が降ってくる。というわけで、ホテルでのんびりして、日が暮れてから散歩を含めて夕食に向かう。

さすがにクリスマス当日であるせいか、街の中はがらがら。

マインツ市内1

午後 7 時前なのだけれど、華やかな照明とは裏腹に道行く人はほとんどいない。ちなみに、この写真に写っている人影は、あたりの建物や彫刻などをデジカメで撮影していた、行き場を失った観光客。

マインツ市内2

奥に移っている建物は大聖堂で、ガイドブックによるとこの通りが街の中心地。明かりだけは灯っているのだが、人影はまばら。

街の中がこんな状態なので、夕食はホテルフロントに相談して、予約してもらった HEILIGGEIST というレストランドイツ料理の店を予約してくれ、といって、「オッケー、オッケー」と言ってたはずなのに、店に行ってみると思いっきりイタリアン。ちょっとした嫌がらせかしらと思いつつ、ゴシック風の教会改装した内装のずいぶんまともなレストランなので、なにがなんだかよくわからない。

HEILIGGEIST 店内1

HEILIGGEIST 店内2

イタリアンレストランなのだけれど、ビールの種類はずいぶん豊富ピルスナー、ラガー、上面発酵ビール、などなど。ピルスナーばかり飲んでたような気がするので、今日はラガー。それも 500ml を。

マインツでのビール

すると、ジョッキで出てきた。さすが、ビールの国ドイツ日本イタリアンレストランで、生ビールを頼んで、ジョッキで持って来るところはほとんど無いぞ。おまけに、このビールもうまいし。

頼んだ料理はこんな感じ。

"Crostini from the oven with thyme & salmon" という料理ハーブオリーブオイル(と他にも何か使ってるようだけれどわからなかった)で味付けした薄切りにしたパンをオーブンで軽く焼いて、その上に細く切ったスモークサーモンベビーリーフが乗ったもの。ビールのつまみに最高!

というわけで、あっさりと生ビールを飲み干した後は、せっかくライン川沿いにいるのでワインを飲むことに。St. Johanner Kloster-garden ('04) という、さっぱりとして辛目の白。

葉っぱ多目のサラダ

焼いたエビが乗った、葉っぱばっかりのサラダトマトと一緒にクリームチーズも添えてある。ひさしぶりにがっつり野菜が食えてうれしい。

ピザもどき

"Croustarte" とメニューにあったので、店の人に聞いたところ「薄切りのピザに似た料理」との答え。まさしくその通りピザもどき。密度の濃いピザ生地(に似たもの)の上にのっているのはトマトズッキーニたまねぎ、にんにくなどの各種野菜とハーブモッツァレラチーズ

偶発的にこのイタリアンレストランに行ったわけだけれども(もしかしたらホテルの一番のお勧めだったのかもしれないが)、ドイツ料理よりイタリア料理のほうがいいかも、と認識させられましたかも……がんばれ、ドイツ料理