お仕事日誌(そして一日一麺) このページをアンテナに追加 RSSフィード

1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005-08-24 : Wednesday

[][] 亀かめそば@那覇市西

遅めの朝飯として、そばを食いに行くという目的の場合、10:30 開店というのはちょうどありがたい。

亀かめそば
http://www.churashima.net/gourmet/soba_museum/okinawa/kame.html

亀かめそば店内

ビルエレベータホールのような空間を抜けていくと、吹き抜けのようになっていて、右側にカウンターがある。吹き抜け空間でそばを食うのかと思っていると、カウンターの裏にテーブルが並んだ空間があって、そこでそばを食べられるようになっている。

メニューは、軟骨そば、ふーちばーそば、沖縄そばの3種類のそばに加えていなりがある。なんとなく、何も考えずにふーちばーそばを頼む。

フーチバーそば

いつもの CANON IXY 50 に SD カードを入れ忘れたので、手持ちの M1000 で撮ってみた。細かいカメラの設定をしてないので、ホントはもっと高解像度で取れるのだが、なぜか VGA で撮影。手ぶれがひどい。

ちなみに「ふーちばー」とはヨモギのこと。本土の蓬(ヨモギ)と違うかどうかを調べたところ、どうやら多少違うらしい。

ヨモギ
http://www.okinawajoho.net/pc/culture/herb/pages/h035.html

キク科の多年草です。本土で見られるものとは種類がちがい、沖縄で知られるフーチバーは生の葉をそのまま食べる事が出来ます。繊維が多く、カルシウム、鉄、カリウム豊富で、魚汁などにいれてくさみ消しにもよく使われます。

くさみ消しにつかう、とあるが、ふーちばーそのものも結構香りがきついので、消しているとはいえないような。

で、麺は表面がツルツルっとして縮れのない細麺。誤解を恐れずに例えると、かんすいを使って作った細めのリングイネといった感じかと。

フーチバーそば

スープは、あっさりとした塩味だったと思う。というのも、ふーちばーの香りがきつくて、細かいニュアンスがよくわからなかったので、なんともいえない……

細麺+あっさりスープ好きには、いい店だと思います。なんといっても、安いしね。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ayustety/20050824/p1