あゆざかけいの日記 RSSフィード Twitter

2012-12-31

今年もいろいろご指導を賜りました。ありがとうございました。

オンライン、オフライン問わず、今年も様々な方から、様々な形で、ご指導を賜りました。
本当にありがとうございました。

また、これは今年に限った話ではありませんが、特に精神的に疲れたり不安定になったりしたときの言動で、ご迷惑をおかけすることもありました。
これも、オンライン、オフライン問わずです。

これには、メンタルヘルス的な不調だという言い訳で終わらせるのではなく、当方の人間力といったような部分が非常に未熟であるが故であるという事実について、しっかりと目を逸らさずに、考えることを辞めないようにしなければならないと思っています。



今年は昨年より続く様々な事が、じわじわと職場にも大きな影響を与え、多くの同僚や知人が去っていく年でした。
人が突然、辞めてしまうことが続出すると、本当に業務自体が崩壊寸前にまでなってしまうという事実を、改めて体験し、痛感しています。
今後もこういった状況は続くと思われます。

泣き言は云わず、できることを頑張るという姿勢で地道に進んでいくしかないと思っています。



一方、家庭においても、今後は家族も高齢となる中で、いろいろなことを考えていかないといけない状況になりつつあります。



様々な状況があるため、当面は、当ブログの更新頻度は極端に低下することになると思います。

このことには、僕自身の、ブログ等のネット、ソーシャルメディアに対する考え方が変わってきたことも影響しています。

簡単に言うならば…。

 『 自分の思いをネットに垂れ流しても仕方が無い 』

…ということにもなります。実際には、「仕方が無い」 どころか、ご迷惑をおかけしてしまった事実もあります。
ここでいう 「自分の思い」 とは、そのときそのときの、瞬間的な思考であったり、低俗な愚痴であったりします。時には、「心の叫び」 にもなっていました。
それが読み手によっては様々に捉えられる、ということを考えることなく発された、言葉です。

以前は、そうした発言でも、自分のブログ上であれば、人さまを非難するような内容でなければ、ある程度なら良いのだと考えていました。
しかし、それではダメなのだと思うようになりました。

他の方にこの考え方を押し付ける気はまったくなく、自分に対する言い方です。

もしかすると、今日のこの記事に対しても、何らかの不快感を覚える方が居るかもしれません。
そういったことを考えると、やはり僕はこんな形で発言をしてはいけないのだと思います。



…また、まとまらず、長くなってしまいました…。



改めて申し上げたいと思います。

本年は様々な形で、お気遣い、ご指導をいただきまして、本当にありがとうございました。



来年が良い年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

2012-12-09

できることを頑張るということを続けることしか今はできません。

一昨日、夕方の地震は久しぶりに恐怖感を覚えました。
東京では揺れ自体は震度3〜4程度でしたが、かなり長い時間揺れていました。
マグニチュードは7クラスで、昨年の大地震の余震のようです。

昨年の大震災も金曜日の午後でした。
まあ偶然でしょうけれど…。

一昨日の地震の時は、僕は内心ではけっこう怖く感じて動揺していましたが、職場の他の人々は、反応はそれぞれでしたが、中には平然と打ち合わせを続行している人たちも居ました。
僕は部長のところに行ってテレビのニュースを確認しました。

…。

12月という一年の終わりの月を迎え、先月下旬までのEDP設計レビューラッシュの影響での疲れが出たのか、調子を崩し気味でしたが、今度はテスト計画レビューのラッシュを迎えます。

事実上、僕が中核者として動かざるを得ない状況で、無理はしない程度で何とかやって行けるかは心配点ではありますが…。
なんのかんのと言いつつ、仕事を選べる状況でもありません。
このプロジェクトを良い機会として育成しようと思っていた後輩社員は辞めてしまいました。
パートナー各社のベテランSEたちに対しては、「この機会に人を育てないとダメでしょ」と言い続けていたのは僕だと言うのに、自分も同じです。
今回のプロジェクトを機会に、自分自身の知識と経験やスキルを伸ばす方向で頑張るしかありません…。

今月から年末、そして来年の年度末、そして5月の連休に予定しているシステム移行。

休む間も無い状況になりそうですが、一方で、無理をすると精神的にとても不安定になり、他の人々にご迷惑をおかけすることにつながってしまいます。

精神的な不安定さは、本当に気をつけていてもなかなか回避できない難しい問題であると、いろいろなことから自覚しました。

…。

以前には、その精神的な不安定さを、そのままブログに表現し、別にそれでもかまわないとの考えを持っていました。
しかし、それではダメである、もしくは、ダメな場合があることを、今では強く意識しています。

日々、職場、家庭で、いろいろなことがあり、いちいちそれに揺られる弱い精神であり、その部分がなかなか解決できていないという情けない状況です。

それでも、自分なりに学習しながら、できることをやっていくしかないようです。

…。

ダメダメな自分ではありますが…考えることは放棄しないように、やっていきたいと思います。

2012-12-05

何とか頑張りましたが…お腹が壊れ気味…。

昨日からお腹が壊れ気味であることに気が付いた。

今週の不調はメンタル面ではなく、風邪か何かなのかな…。

いや、昨日はメンタル面でもズドンと堕ちていましたが…。

…。

体温調節がうまく行かない感じです。

葛根湯でも飲んでみますか…。

とりあえず、早めに休もうと思います。

2012-12-04

昨日は情けなくも敵前逃亡的な…。

実際に打合せ等の途中で逃げた訳ではありませんが…。

ひたすら会社で自席に居ることさえ苦しく、午後からは休ませていただいた…。

本当なら猛烈に忙しいのですが。

今日は頑張れそうかな…。
何とも言えませんが…。

情けないです。

2012-11-29

なれることができない虚脱感。

どうにも、インフルエンザの予防接種を受けたあと、とても身体がだるく、火曜日は相当苦しく、水曜日は休んでしまった。

身体が不調だと意欲やらモチベーションやらも極端に低下する。

そもそも、今の職場にはモチベーションを損なわせる事象に満ちている。

…。

またまた、有能で期待していた後輩社員が辞めて行くことになった…。

一月に一人くらいのペースで人が去って行く。

さらには、先輩後輩含めて、何人かは会社に長く来ていない。

人が去ることを知るたびに、言いようの無い虚脱感を覚える。

なれることはできない。

…。

人が去ったあとには、その穴を埋めようとしても埋められずに苦しむ人が増える。
悪循環だ…。

「人月」という言葉が使われるシステム開発保守の現場では、裏腹に、人を部品のようには扱えない。

入社して7、8年という、ようやく一人前の仕事を任せられるようになった人財。
その穴は、埋まらない。

…。

まあ、人生の問題だし。
今後を応援する気持ちで送り出すべきなんだ。

でも、なかなか慣れません。

2012-11-25

明日はインフルエンザの予防接種を受けます。

明日はインフルエンザの予防接種。
会社で受けられるので…。

あ、予診票書いてない…。

…。

多忙な予定です…。

2012-11-23

明日は眼科…。

あいかわらずギリギリの日々。正直、情けない。

先日の心配は杞憂であったようだけれど、まだ油断はできない。

今の職場は、本当に厳しい。突然、人が辞める。それが普通になりつつある。

…。

明日は眼科通院の予定。

本当は半年に一度程度は行かないといけないんだけれども、一年に一回くらいになっている。

2012-11-20

…外れてほしい嫌な予感…。

先週末の自分の醜態を引きずって、最悪な気分で週明けを迎える。

落ち込んで居る暇も無く、今日は朝から客先のボスと当社側のボスを交えたレビュー会。

午後には月イチの産業医面談。
現状を伝えると、本当にギリギリ綱渡りなので無理はしないように、とのお言葉…。

…。

…詳しくは書けないけれど、明日のリーダーとの打ち合わせに、一抹の不安が…。

杞憂であってほしい…。

2012-11-16

…無事ではなかった今週…。

毎日会社には行って最大限の頑張りはしたと言いたいけれども…。

今日は限界だった。

キレたあとには後悔しか残らないことを知った。

よい歳をした大人とは思えない。
自分の限界を知る思い…。

本当にお恥ずかしい限り。

2012-11-15

今日はまた…。

今日はまた顧客側のボスを交えた会議。
朝から客先直行。

なんで関係者一同は皆、他人事のような言動をするんでしょう…。

あいかわらず限界ギリギリです。

Connection: close