きびをむく少女の指先傷つきてラムの琥珀酒カリブの海より来たる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2005-07-26 (Tue) ドラマの生まれいづるところ

azamiko2005-07-26

[]『1000年刻みの日時計 牧野村物語』監督:小川紳介 『1000年刻みの日時計 牧野村物語』監督:小川紳介を含むブックマーク 『1000年刻みの日時計 牧野村物語』監督:小川紳介のブックマークコメント

もう、残念としか言いようがありません。どうしてもっと早く観なかったのかと後悔しています。

24日日曜日の15:30からの上映は『1000年刻みの日時計 牧野村物語』の後編で、前編はすでに終わっていました。そればかりではなく、この日でneoneo座で上映されていた『小川紳介のコスモス〜小川プロの仕事』の全プログラムは終わったようです。この作品が小川プロとしての最後の仕事だったとのこと。

この作品一本をみただけで、いわゆるドキュメンタリーにとどまらない日本のすぐれた映画のあらゆる要素がちりばめられているように思いました。

13年という歳月を山形県牧野村に住んで撮影された映像からは、掘り起こされた村の歴史や日々の生活、人びとの表情がそのまま伝わってきます。これはカメラの視線がそこに生活している人の視線と同じ地平にあるということ、加えてカメラを引いたところからパノラマのように展望している視線があるからではないかと思います。映画を穫る―ドキュメンタリーの至福を求めて

道祖神にまつわるドラマ。

畑を掘り起こして出てきた石器、櫓のあと、眠っていた時間が掘り起こされるように、その黒々した土の匂いとともに1000年前に繰り広げられていた人びとの現実の手触りが蘇ってきます。

農民一揆にまつわるお上に打ち首に処された庄屋の伝説を一流の俳優たちと村人たちで再現する挿入劇は時計の針を巻き戻し、現実と虚構が絡み合って歴史を記録するという形で、現実の村を動かしてゆくような力を感じます。

音楽は富樫雅彦。天才ドラマーのすばらしいドラミング。スピリチュアル・ネイチャー (紙ジャケット仕様)

上映後のプロデュサーの伏屋氏と鈴木志郎康さんのお話がありました。

記憶に残っていることだけですが。もっと、大事なことがあったような・・・。

・学生、三里塚、山形の村の生活と大きく分けると3つの分類される。

・小川プロの作品は現実を動かしてゆく強さがある。撮影していることで、現実を動かす力も獲得する。

・現実も幻想も等価である。

・富樫さんは小川さんが24時間寝ずに口説いた。

小川紳介の批判の大きな部分はスタッフ論、ヒエラルキーへの批判である。

・55歳で1992年に癌で亡くなった後には1億数千万円の借金が残された。当時、文化庁の助成もなくデジタルではなく、フィルムで撮っているので今とは比較にならないほどの金がかかった。ドキュメンタリーとしては莫大な金額。

・死の3ヶ月前に撮影された台湾の映画監督ウイ・フォンとのインタヴューがある.

(今後の上映が楽しみです)


山形国際ドキュメンタリーフェスティバルは小川プロなくしては存在しなかったかもしれませんね。

残念と思っていたら、アテネフランセで下記のような上映が予定されています。この機会に可能な限り観ようと思います。

小川紳介と土本典昭』

2005年8月11日[木]-8月20日[土]日曜・月曜休館/8日間

http://www.athenee.net/culturalcenter/schedule/2005_08/OandT.html

[][]靖国参拝のアンケートから思ったこと 靖国参拝のアンケートから思ったことを含むブックマーク 靖国参拝のアンケートから思ったことのブックマークコメント

先日友人から転送されてきたメールに民主党が靖国参拝についてのアンケートをとっているので参加してほしいとありました。http://research-dpj.com/index.html

民主党支持者ではありませんが、靖国参拝に対しての賛成が多いことにおどろき!

アンケートに答えることに。今後このアンケートが民主党の政策にどのように反映されるのか注視したいと思います。

アンケート結果が今はアップされていませんが、小泉首相の靖国参拝に賛成する人がどの世代でも反対を超えていたと思います。最終結果はどうだったのか。

靖国参拝に賛成する人の多くは、戦争で死んでいった兵士を追悼することがなぜ悪い、海外からの批判を内政干渉と思う人が多いのだろうと思います。靖国問題 (ちくま新書)

かつて、私も靖国神社でどのようなことが行われているかもわからず、祀られたくない人がいるのはわかるし、そういう人までも祀るべきではないけれど、戦争の犠牲者として追悼することにどのような問題があるのかと思っていた時期があります。

高橋哲哉『靖国問題』を読んでよくわかったことは、靖国神社で行われていることを知れば、靖国神社は追悼の場ではなく、顕彰(=隠れた功績・善行などをたたえて広く世間に知らせること)の場であるということです。

戦争ということの反省ではなく、戦争に行って死んだものに対し褒め讃える宗教的祭礼の場。日本の首相が公式に参拝する場ではないはずです。

個々に死者を悼むことを否定しているわけではありません。死者を悼む追悼に靖国神社は不適格です。是非、本書をお読み戴ければと思います。

ほんとうの意味で戦争に対する反省のもと、死者を悼むのであれば、たとえば、『無言館』のような形で死者を悼むことこそがふさわしいのではないかと思います。京の祈り絵・祈りびと―「信濃デッサン館」「無言館」日記抄 (かもがわCブックス (3))

『無言館』に関するページを追加しておきます。

http://book.asahi.com/topics/TKY200507120113.html



#御茶ノ水橋から

さくら子さくら子 2005/07/26 19:40 民主党のアンケートには世論調査よりも偏りがあるように思い、奇異な感じを受けました。小泉首相の参拝をあんなに圧倒的多数が支持しているという状況はどの世論調査でも見たことがありません。「官邸のバイト」なんて話を信じたくはありませんが…。

azamikoazamiko 2005/07/27 09:07 ☆さくら子さま

「官邸のバイト」ありえない話ではありませんね。
それともうひとつ、若い人より戦争を体験した70歳以上の賛成が多かったような・・・他の調査と混同しているかもしれませんが、戦後、ほんとうの反省はあったのでしょうか?とても不可解です。

さくら子さくら子 2005/07/29 00:37 お年寄りの方が容認していると言うデータは、私もどこかで見たような気がしますよ。また、ブログのリンク仲間tamyさんが、年齢による支持率の違いを数字をあげて書いています。その調査によると、むしろ若者の方が憲法支持です。先入観で見てはダメですね。下がtamyさんのブログ
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4994935

さくら子さくら子 2005/07/29 00:52 tamyさんのブログ、うまく開けないみたいです。私が設定を間違えたのでしょう。今日はクタクタで修正できないので、ごめんなさい。

azamikoazamiko 2005/07/29 07:47 ☆さくら子さま

ご紹介いただいたtamyさんの記事は下記ですね。私もロムさせていただいていたので、民主党のアンケート結果と混同したかもしれないと思っていました。
若者の右傾化というのは、「若者は反体制」ということの相対化にすぎず、右傾化した若者が目立つのに対し、意見表明、意思表示をする若者が少ないということなのでしょうね。
tamyレポート「若者は改憲派が多い」ってホントかな?
http://tamy.way-nifty.com/tamy/2005/07/post_08a8.html

tosukinatosukina 2005/07/29 10:04  azamikoさん

情報として転載します。

戦後60年―8・14集会でなんと、あの鄭尊謨(チョンギョンモ)さん
と高橋哲哉さんがそれぞれのお話しとディスカッションをします。

戦後60年、朝鮮半島と日本の生きた歴史の当事者である鄭尊謨さんの生
と闘いの中からつむぎ出される言葉。瑞々しくも成熟した知性から時代と
主体の危機を洞察し育まれた言葉。まさに歴史の転換期に「必然」のごと
く、初めてめぐり合い交差するのです。

このような対談のチャンスは2度と訪れないかもしれません。それだけに
お2人の対談の中から何が飛び出してくるのか、見逃すことはできません。

……………………………………(転送歓迎)…………………………………

民衆の視点から東アジアの平和を考える
戦後60年――8・14集会

「憲法九条 アジアへの約束」

お話し  鄭尊謨(チョンギョンモ)さん & 高橋哲哉さん
日 時  8月14日(日)13時開場 13時30分開会
会 場  大宮ソニックシティ4F(JR大宮駅西口徒歩5分)
参加費  1000円

沖縄戦から60年
ヒロシマ・ナガサキから60年
日本の敗戦から60年
朝鮮半島の解放と分断の60年……
大きな「光り」と「影」
そしてこれから

   主 催:8・14集会実行委員会
   連絡先:九条の会・さいたま
       TEL 048-834-1298 FAX 048-833-8305
       〒330‐0061 さいたま市浦和区常盤3-18-20-802
       http://kyuujyou-saitama.ameblo.jp/


 朝刊によると「報道ステーション」で無言館の特集が組まれている
ようです。菅原文太がゲスト。
 報道番組なので大きな事件があると流れるかもしれませんが。

azamikoazamiko 2005/07/30 00:55 ☆ tosukinaさま

> 情報として転載します。

貴重な情報ありがとうございます。どこよりも早い掲載ではないでしょうか?
「大宮ソニックシティ」「九条の会・さいたま」どちらにもまだアップされていないようです。

> 戦後60年―8・14集会でなんと、あの鄭尊謨(チョンギョンモ)さんと高橋哲哉さんがそれぞれのお話しとディスカッションをします。

すみません!「あの鄭尊謨(チョンギョンモ)さん」が分からなくて・・・(無知、無恥、鞭/汗)
日本の植民地支配に抵抗運動をした方なのですね。かなりのご高齢。
>
> 戦後60年、朝鮮半島と日本の生きた歴史の当事者である鄭尊謨さんの生と闘いの中からつむぎ出される言葉。瑞々しくも成熟した知性から時代と主体の危機を洞察し育まれた言葉。まさに歴史の転換期に「必然」のごとく、初めてめぐり合い交差するのです。
> このような対談のチャンスは2度と訪れないかもしれません。それだけにお2人の対談の中から何が飛び出してくるのか、見逃すことはできません。

tosukinaさんがここまでいわれるというのはめったにない貴重な機会ですね。
翌日遠出なので行けるかどうか分かりませんが、なるべくこの機会を無駄にしないようにしたいと思います。お近くのみなさま、是非おでかけください。

>  朝刊によると「報道ステーション」で無言館の特集が組まれているようです。菅原文太がゲスト。

『17歳の風景』のあと、友川さんのライヴがあったので、帰りが遅くて見逃してしまいました。残念!どのような放送だったのか気になります。
小泉首相の靖国参拝によって、無言館のような美術館が日本兵が残した絵画ということで英霊のための美術館と海外で誤解を受けるとしたら、残念です。

tosukinatosukina 2005/07/30 10:24 azamikoさん

 コメントを書いた後、誤解されるかなと思いつつ
補足をしませんでした。
 最初の転載以降の「テキスト」も転載です。
AMLというMLの情報ですが、「マスコミ」の引用
以外はAMLのウェブサイトに公開されているので
問題はないかと思いますが…
 報道ステーションの件は私のコメントですが。

 確かに高橋さんとチョンさんの顔合わせというのは
唯一になるかもしれません。主催者のコメントは改めて
支持します。(主催者とは面識も関わりもないのですが、
公式サイトも更新が少ないようです)
 チョン・ギョンモさんに関して数年前の
データがアップされていました。
 この人民新報という機関紙のサイトを下にスクロール
すると書評が出てきます。一部だけ引用します。

http://www.rousyadou.org/1034mokuji.htm
南北統一の夜明け・朝米関係の軌跡をたどる

  著者・鄭敬謨  発行・蝓峙蚕僂反祐屐廖 ‘鷂沺察傘漾楡

 二〇〇〇年六月の朝鮮の南北首脳会談は日本に住むわれわれにとってはもとより、全世界の人びとに大きな衝撃と希望を与えた。

 ……
 著者の鄭敬謨(チョンギョンモ)氏は一九二四年に現在のソウルに生まれる。アメリカ留学と帰国、そして一九七〇年、日本に亡命し、以来、三十年余、「一貫して南北統一のための活動をつづけ」現在にいたる。市民運動に携わっている人は朝鮮半島の平和統一をねがって活動する「シアレヒムの会」という名を聞いたことがあるに違いない。鄭氏はその設立者で代表。
 鄭氏の著述活動は、巻末の井上澄夫氏(本書の編集者)の紹介によれば『ある韓国人の心』(朝日新聞社、七二年刊)、『日本人と韓国』(新人物往来社、七四年)、『韓国民衆と日本』(新人物往来社、七六年)、『岐路に立つ韓国』(未来社、八〇年)など。
 巻末に収録された鄭氏の友人の詩人高銀氏の献辞の最後の一文は次のようなものである。
 「この本を手にする人は悟るであろう。われらの未完の歴史を完成の歴史に変えようとしながら、その未完の歴史の中を生きる苦難の栄光が、いかに得難い貴重なものであるかを。統一! それが成よ。その時が来れば、その瞬間、廃人になろうとも、それを意に介することがありえようか」 (K)…

 ここまで引用↑

 チョンギョンモさんの名は1970年代はマスコミでもたまに
出ていました。
 紹介しておいて「報道ステーション」は見損ないました。

tosukinatosukina 2005/07/31 09:40 azamikoさん

宣伝係りではないのですが(笑)
 今日の「新日曜美術館」は「無言館」と戦没画学生の遺族が
取材されています。たまたま教育テレビに合わせたらやってい
ました。
 夜、8時から再放送があります。

azamikoazamiko 2005/07/31 10:00 ☆ tosukina さま

>  最初の転載以降の「テキスト」も転載です。

失礼しました。よく読まずに。
おかしいと思っていました。
知っている人にしか分からないと思われる「あの鄭尊謨(チョンギョンモ)さん」はMLだからだったんですね(笑)

>  この人民新報という機関紙のサイトを下にスクロールすると書評が出てきます。
> http://www.rousyadou.org/1034mokuji.htm

ご紹介ありがとうございます。
バックアップが掲載されていますね。
<「話し合うことが罪になる!」  共謀罪新設に反対しよう>このことがすごく気になっています。

> 今日の「新日曜美術館」は「無言館」と戦没画学生の遺族が取材されています。たまたま教育テレビに合わせたらやっていました。

私もみていました(笑)
窪島誠一郎さんのお話は、さすがに絵を見つめてこられた方だなあと思いました。
「絵を観ているというより絵に見つめられている気がする」

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/azamiko/20050726
Connection: close