月の無い夜も このページをアンテナに追加 RSSフィード

20140829

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1408/28/news158.html

なんかあの団体が怒りそうだな。

http://tans.fhw.oka-pu.ac.jp/break/otome.htm

乙女と盲導犬の像

盲導犬は盲導犬でいろいろ問題のあるカテゴリーなんだが

川内康範は凄い。

街はこんなにも明るいのに

どこかに翳りのある

こころのささくれ

あなた

語らずにぬくもりを

求められずにぬくもりを

あの街に

この街に

世間が求める優しさはこういうもののような気がする。

20140828

我が世の春

GUNDAM CONVERGE17 10個入 BOX(食玩・ガム)

GUNDAM CONVERGE17 10個入 BOX(食玩・ガム)

このシリーズ最初から買っておけばよかったろうか。

ジムが欲しい。アッガイが欲しい。

もちろんMGのターンエックスは箱を開けてさえいない。

20140823

メディアの責任

http://alfalfalfa.com/archives/7476650.html

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140822/k10014004281000.html

「土砂災害で死亡 兄弟の葬儀が営まれる」

こんな映像を流すことにどういう公益性があるのか、教えて欲しい。

STAP細胞の笹井氏の件にしても、

あれほど追い詰めておいて、記憶の中に風化したらそれでよいのだろうか。

当事者に寄り添わず、自分たちの責任を問うことなく

やりたい放題で本当にいいと思ってるのか。


あの災害のいちばんの原因は

土砂災害の危険のあるところに家を建てるようにしてしまったことだろうな。

本来であればレッド区域だろう。レッドやイエローの指定って本当に進まないものらしいよ。

なぜあえて(笑)

http://toyokeizai.net/articles/-/44639

イタリアレストランの乙武さんです。

僕の場合、それこそほかの方には逆立ちしてもできない経験を積み重ねていますし、

ほかの方には見えない景色も見てきたでしょうから、少しは説得力のある話ができるかもしれない。

最近だとメッキもはげてきて

「他の人が出来た経験が出来ていないじゃねーか」という風に心の中で切り返します。

この人の傲慢なところはそこにあって

健常者も障害者も全く別の経験をするわけではないにせよ、

できることとできないことがそれぞれ違うんだから

どっちが偉いとか偉くないとかじゃないんだが、

この人自身が、自分がちょっと優位になってると思っちゃったんだよね。


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40093

こっちの方が面白い。

20140822

立候補

映画「立候補」 [DVD]

映画「立候補」 [DVD]

以前から私が注目している泡沫候補の一人であるマック赤坂ドキュメンタリー

マック赤坂と、秘書と、息子それぞれの姿を、

2011年11月の大阪府大阪市のダブル選挙にマック赤坂が立候補したときの様子を描いている

結局公約とか何故出馬するかはわからなかったが、

安倍総裁(当時)や橋下徹の演説に自分の演説をぶつけ、

(そこで今までにもいろいろなトラブルになっているのだが)

そのときに安倍や橋下、その支援者の悪者っぷりが普通じゃない。

マジョリティーの恐ろしさというのは、間違いなくある。

最初はマック赤坂だしな、と冷めて見ていても、

マック赤坂側に同情したりするから不思議だ。

最後までちょっと面白選挙芸人のマック赤坂の姿を描いたドキュメンタリーだと思ったら大間違いで、

ひたすら負け続けても、立候補を辞めない父親をまっすぐ見つめるマック赤坂の息子、

NICUから出ることなく亡くなってしまう秘書の娘、そして秘書を辞める秘書、

それぞれの人間模様を見ていくと生きるとは人生とはと考えずにはいられない。


安倍晋三の演説にマック赤坂が登場したときに罵声を国旗を持った人々に浴びせられるが

その時まで冷めた目で父親を見て、何のきっかけか演説に協力していた息子が

「一人で戦って何が悪い!お前にそれが出来るのか!」と叫んでいるシーンで

この映画のポジションは変わった。


予告編はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=_xeuMMCvymg

20140821

いきのこりぼくら

http://www.youtube.com/watch?v=byvta9LHo2o

FMラジオでかかっていて

凄く変な歌だと妻と行って帰宅してから一生懸命探したらこれだった

安藤裕子以来だなあ、こういうアーティストとの出会い方は。

「0」

「0」

きてるきてる

20140820

なぜかと問われれば

http://blogos.com/article/92651/

「若者を”利用”する右翼と左翼」

なるほどね。

年寄りの哲学教授なんかが支持しててもちっとも嬉しくないもんな。

20140819

あのときどうしていたら。

昨年亡くなった友人の実家に行ってきた。

おうちの人がいなくて、線香は供えられなかった。

僕がおうちの人に会った方がいいのか、

会わない方がいいのか、それはわからない。

おうちの人は私と会ったせいか悲しい顔をしたような気もする。そうでないかもしれない。

単に自分が薄情な奴だと思われたくないと思っているのかもしれない。


僕はあのときどうすればよかったのか、ずっと問い続けているような気がする。

少し前に、彼が夢に出てきた。ひょっこり生きていた。冗談みたいで泣けてきた。