Hatena::ブログ(Diary)

気分が良くて何が悪い? このページをアンテナに追加

December 20(Tue) 2016

先日、初ねこの自宅撮影に挑みました。

主役はネコで、あとインテリア。インテリアには絶大な自信ないしネコも他人に撮影してもらったこともないし。instagramでいいねをもらいますが、写している場所はほんの一部で、その裏側は大変がちゃがちゃしている。和室とかinstagramにアップしたことないし。和室でネコを写すと一気に和ネコになってオシャレ感が減るし。

依頼された時、撮影に来るカメラマンが自分にとっての孤高の存在で一度お会いしてみたかった方だったのと、その人にチビナツを撮ってもらえるなんて二度とチャンスはないと思ったから今回はお受けしてみた。

撮影当日までの3日間がつらかった。会社から帰って夜中の2時くらいまで窓の枠の拭き掃除とかフローリングの拭き掃除。日頃ルンバに任せている分、かなり適当で隅っこの埃もひどく年末大掃除のつもりでいても夜中の2時は泣きそうになった。部屋の隅に散らばる物と本棚のダサイ本は適当に段ボールに入れて倉庫に運んだら、逆に不自然にモノがなくなり生活感のない家になった。

当日、白黒は物怖じすることなくカメラの前で目線をがんがんくれたけど和室ばかりに居座るので、恐れていたオシャレ感が半減する和室の写真が多め。ナツメグ頼む、リビングか寝室に行ってくれと言うも聞く耳持たないし、チビ子は想定内通りベッドの下にろう城して出てこない。散々だった。

想定外だったのは、ナツメグのカメラ全然大丈夫っぷりにはみんなが関心するほどで、もちろんカメラマンが優しくて面白くて最強のネコ使いだったおかげが大半だけど、頑張ってくれたと思う。

ライターさんにはモノが少ないお家ですね、モノが少なくされてるんですか?とか聞かれて、やっぱりそこつっこみますよね…って。もうネコも人間も本当に疲れたというのが正直な気持ちだった。

でも、長年会いたいと願って止まなかった方に会えたのは全てはねこのおかげ。

ねこ、ありがとう。

November 18(Fri) 2016

会社のポイントカードと提携しているポイントカードの加入ノルマに追われています。

家族入れても数が足りないので、ナツメグとハチミツの名前で作りました。

施設に入ってる伯父とか..もうめちゃくちゃ。

捨てアドみたいなの作って新規登録して加入手続きしてって、わたしの休日何なんだ。

March 29(Tue) 2016

ご、ご無沙汰してますまだログインできました。

久しぶりにPCを立ち上げて、昔の日記を消してしまったことに今後悔しました。

わたしは38歳になって年齢は重ねましたが日常はあの時と変わらず。

子どももいないし、勤務先も変わらないし、ひどいシフト勤務も相変わらずです。

変わったことはあまり音楽を聞かなくなったこととか、2匹のネコ中心に生活が回ってるとか。ナツメグがもうすぐ4才になります。ハチミツっていう三毛猫もいます。

instagramだとかツィッターでまだ繋がっている方はいるけど、はてなで仲良くしてくれていた皆さまも元気で過ごしていらっさるといいなと心から思います。

iPhoneからの更新の仕方がわかればまた書きたいな。

では、またね!

July 01(Mon) 2013

みなさまこんにちは。

また長い間あいてしまいましたね。

わたしは元気に働いております全然変わりません。今日から7月、どんどん季節が流れていきます。

最近わたしはinstagramを使って、かわいいねこさんたちやオシャレな写真に、いいね!をよくしています。instagramは普通の写真をワンクリックでオシャレ写真に変えてくれるというステキなアプリなんです。(知ってるしって。)はてなの方ともtwitterやinstagramを通じて繋がっていて本当に幸せな気持ちになります。

今日よくわからないアプリをダウンロードして、instagramから写真をアップロードしてみました。Tumblrって知ってますか?わたしは使い方とか人との繋がり方が全然わかりません。でも、instagramから直接文章を書いてシェアができるところが気に入りました。そして、日記みたいなのにも繋がっています。


『月曜日は最悪だとみなは言うけれど』(仮)(笑)

http://tatenonatsumegu.tumblr.com


instagramと写真はかぶりますが、日記みたいに使ってみようかと考えております。

はてなと違うところは日付が入らない?のとコメント欄がない?ことと変な広告が入りこまないところです。?はまだ機能が全然わからないのです。もちろんはてなにはアンテナというすごい機能があるのでこのままにします。

気が向いたら見てください。では、またね。