Hatena::ブログ(Diary)

airway away

2013-07-02

はてなブログに移行します

| 13:28

物は試しってことで、“はてな”の新しいウェブサービスはてなブログ」で新しいブログを開設してみたら意外と使い勝手がよかったので、そちらに以降することにします。

とはいっても、今までの記事は全部インポートできたので、URLとデザインが変わるだけで、あとは全く変わりませんが。

frugra's bloghttp://frugra.hateblo.jp/

(追記:2014/3/7 2:30) 再移転! → http://ryok901.hatenablog.com/

2013-06-22

植田真梨恵、1stシングル「心/S/サ」8/7発売決定

| 01:25

植田真梨恵、異例の三枚組シングルをリリース!

『心/S/サ』
まるで記号のようなタイトル、6曲入り。ミニアルバム。ではなく、あくまでも2曲入りのCDが3枚、しかもそれぞれご丁寧にインスト入り。あ、だから三枚組シングルか。
いや、なんだこのわけのわからないものはとつい言いたくなる、この作品をリリースするのは関西を中心に活動し、注目度上昇中のインディーズアーティスト植田真梨恵だ。

華奢で、ともすればアイドルのようなキュートなルックスからは想像もつかないパワフルさでギターをかき鳴らし、顔を歪め全身全霊を振り絞って叫び、時にキュートにポップに、切なく儚げに、自由自在に色を変えるボーカル。関西在住でありながら、今年に入ってからのワンマンライブは全公演SOLD OUTを記録しているという、インディーズシーンで注目度上昇中のアーティストだ。

今回の三枚組シングルの各タイトルを飾る3曲は、すでに配信シングルとしてiTunesから配信されており、夏に向けてサンリオの新キャラクタープロジェクトとして発表されたスマホ用”音ゲーアプリ「SHOW BY ROCK!!」(まもなく公開予定)で、植田真梨恵自身をモチーフにした妖怪バンド「しにものぐるい」というキャラクターとともにゲーム内でプレイ出来るとのこと。

こういう時代だからこそ、強いて言えば、みなさんに手間をかけてCDを聴いて欲しかったと、アートワークにこだわった紙ジャケ、手に取りたい、手元に置いておきたい、隅々まで眺めて楽しんで欲しい、わくわくしながらCDを出し入れしてほしい、そんな思いをこのパッケージに込めたという。手軽さ、利便さが第一の配信へ移行しつつある時代だからこそ、このまどろっこしい三枚組シングルというパッケージが意味を持つ。

植田真梨恵プロフィール】
福岡県久留米市出身、22歳。
「わたし、つくるし、それ歌う」
華奢な体から放たれる力強く確かなボーカルとむき出しのパフォーマンス。
優しさも残酷さも無邪気なほどにストレート。激しく切なく、儚く強かに、瞬間瞬間でせめぎ合うように入れ替わる感情とまっすぐ向き合う。
十代の頃より関西を中心にライブ活動を重ねてきたが、昨年夏にはap bank fesのeco-rezo stageに抜擢されるなど、いよいよ全国へ向けて活動範囲を広げつつある。8/26には音霊への出演が決まっている。

オフィシャルサイト
http://uedamarie.com/
オフィシャルブログ *せんせいフィックス・ミー・ナウ*
http://blog.excite.co.jp/uedamarie/
twitterアカウント
@uedamarie

SHOW BY ROCK!!公式サイト
http://showbyrock.com

http://mfound.jp/news/2013/06/019301.html

ちゃんとした情報が載ってない記事なんですけど、公式サイトのページには画像でしか情報が載っていないので(それってどうなの…)、コピペできなくて。とりあえず公式サイトの告知画像から書き起こしします…(めんどくせえ…)

1stシングルリリース決定!

植田真梨恵、異例の三枚組シングル
「心/S/サ」
発売日:2013年8月7日
値段:2100円<税込>
品番:TCR-067〜069 / TENT HOUSE

  • [心]

1. 心と体 ☆
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲:工藤健太
2. 愛と熱、溶解
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲岡崎
3. 心と体 -off vo.-

  • [S]

1. S・O・S ☆
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲:Bonn
2. おおかみ少年
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲岡本仁志
3. S・O・S -off vo.-

  • [サ]

1. サファイア! ☆
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲岡本仁志
2. 世界の終わり
 作詞・作曲:植田真梨恵 編曲:工藤健太
3. サファイア! -off vo.-

サンリオ「SHOW BY ROCK!!」参加曲
☆初回生産分のみ、MIDI CITYの妖怪バンド「しにものぐるい」ステッカー封入

http://uedamarie.com/sp_news/

とりあえず3枚組シングルという異例のリリース形態。話題性はあるっちゃあるんですけど…どうせオリコンではアルバムとして集計されるんだし、だったら素直にミニアルバムとして出した方が売り出し方としては正しいと思うんですけど、本人の強い希望とかなんですかね。何にしても実質6曲で2100円はちょっと高い気が…。しかもタイアップもついてて、特典もタイアップとのコラボ?なのに「心/S/サ」ってタイトルという…。売り出そうとしているのかしていないのかよくわからないやり方すぎて…まあ、相変わらずのGIZAクオリティだなと(笑)

2013-06-04

電気グルーヴ、ライブDVD/Blu-ray『“人間も動物” ツアーパンダ2013』8/7発売決定

| 16:32

舞台裏ドキュメントも収録!電気グルーヴのツアー映像発売

電気グルーヴのライブ映像作品「“人間も動物” ツアーパンダ2013」が8月7日にBlu-rayDVDでリリースされる。

この作品には、電気グルーヴが最新アルバム「人間と動物」を引っさげて行った約5年ぶりの全国ツアー「ツアーパンダ2013」から、3月13日の東京Zepp DiverCity TOKYO公演の模様を収録。新作からの楽曲や数々のヒット曲まで、アンコールを含む26曲が映像化されている。

さらにこの全国ツアーの様子を記録したドキュメンタリー映像「電G軍団ほら吹きツアー同行記」も約1時間にわたるボリュームで収録。リハーサルや移動風景、楽屋でのワンシーンなどメンバーのバックステージの模様を楽しむことができる。

なおBlu-rayDVDはそれぞれ初回限定盤が用意され、ライブ音源をパッケージしたCDを同梱。さらに初回限定盤には、メンバーがライブ中に衣装に付けていたものと同じワッペンが抽選で当たる応募ハガキも封入される。

電気グルーヴ「“人間も動物” ツアーパンダ2013」収録曲

01. Opening
02. The Big Shirts
03. Missing Beatz
04. Shame
05. ズーディザイア
06. モノノケダンス
07. Slow Motion
08. アルペジ夫とオシ礼太
09. Disco Union
10. Hi-Score
11. モンキーに警告
12. B.B.E.(Bull Beam Express)
13. P
14. キラーポマト
15. Prof. Radio
16. Oyster(私は牡蠣になりたい)
17. Upside Down
18. The Words
19. FlashBack Disco
20. Shangri-La
21. 少年ヤング
22. N.O.
23. あすなろサンシャイン
24. Reaktion
25. 電気ビリビリ
26. Cafe de 鬼(顔と科学)

http://natalie.mu/music/news/92001

Zepp Fukuokaに見に行った電気グルーヴ『ツアーパンダ2013』の東京公演のDVD&Blu-ray化が決定!福岡公演のセットリストと比べると「Shameful」→「Shame」で「電気グルーヴのSteppin' Stone」→「電気ビリビリ」かな?東京では「Shameful」やらなかったんですかね?っていうかそもそも福岡で「Shame」やらなかったんだっけ?あれ?もう3ヶ月以上前なんでよく覚えてない…。とりあえず公式サイトによると約180分ものライブ本編(DVD2枚/Blu-ray1枚)と、DVD/Blu-rayそれぞれの初回限定盤にはライブ音源を収録した2枚のCDもついて、Blu-ray初回盤は7000円、DVD初回盤は6000円というお手頃価格。Amazonなら5439円/4662円ですよ!買うしかない!自分のPCはBlu-ray未対応なのでDVD初回盤を買う予定ですが、DVD2枚組なのでディスクの取り替えがめんどくさいな…。けど自分の部屋でひとりで見たいので…。とりあえず楽しみ。WOWOWで放送されたライブ特番も見れなかったし。購入即決!

“人間も動物

“人間も動物"ツアーパンダ2013 [DVD]

“人間も動物

“人間も動物"ツアーパンダ2013 [Blu-ray]

ascii55ascii55 2013/06/16 16:33 初めまして。ascii55というものです。

wowowのライブ特番、僕は見ました!!
さっき電気グルーヴの公式サイトをみていたらちゃんとセットリストの中にshamefulが付け加えられてました。あとwowowでもshamefulを歌っている所を見たので。

azuresazures 2013/06/22 00:58 >>ascii55さん
返信遅くなってしまい、すみません!
なるほど、単にナタリーが書き忘れてただけだったんですね!今、ナタリーの記事を確認したら「※記事初出時、収録曲目に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。」として「Shameful」がちゃんと加えられていました。コメントありがとうございました!

Connection: close