身の回り4畳半近辺の日記

2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
<< 2017/06 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール

b3g


適当に日々思ったことを書いているだけですのであまりお役に立てないと思いますが、検索サイトから訪問された方で目的の情報が見あたらない場合は、上の検索にて「日記」ボタンをお使いください。


 

2017-06-26 DellのBIOSを強制ダウングレード

[]

 DellのPrecision Tower 3620でBIOSバージョンが2.3.0で、BIOSの設定でLeggacy Boot ModeをEnableにしていると、Quadro M4000とモニターU2715Hの接続で電源ON後の画面が表示されない問題ですが、他のモニターDVIで接続することで回避可能です。

追記

 この問題ですが、U2715Hの設定でDP1.2をオンにしているのが原因でした。オフではBIOSバージョン関係なくちゃんと表示されます。あと最新のBIOS 2.3.2でも同様の状況です。修正点で

3.Fixed Nvidia Quadro M2000 video card sometimes has no display in pre-boot(POST) environment.

とのことなんですがM4000ではなおってないですね。追記終わり。

 しかし通常はU2715Hに接続して使うので、いざというときBIOS画面が表示されないのはかなり不便です。毎回の起動時のBEEP音もよくないですし。ということでLeggacy Boot ModeをEnableにしているWindows 7マシンBIOS 2.1.9で使っていました。

 最近導入したTower 3620は元からBIOSバージョンが2.3.0なので上記問題がばっちりありまして、工場出荷時に2.3.0のBIOSを2.1.9にダウングレードすることにしました。それがまた手間が必要でしたので書いておきます

 デルのサポートページからBIOSのパッケージPrecision_Tower_3620_2.1.9.exeダウンロードして実行後、再起動BIOSが書き換わるかと思ったのですが、起動後

BIOS Update blocked due to unsupported downgrade.

とのことでBIOS更新されません。一応、BIOSのAllow BIOS Downgradeの設定にチェックは入れているんですけどね。どうしたものかと調べますと以下のページを見つけました。

https://community.spiceworks.com/topic/1546730-bios-issues-on-new-dell-latitude-e5270?page=2

 まずは、TPM 1.2 SecurituyをOFFにすればとの書き込みを見てやったところ変化なし。最後デルのPCまたはタブレットでのBIOS回復オプションページを参考にできたとのことでやってみました。

 このページを参考に上記exeファイルをBIOS_IMG.rcvというファイル名に変更してFAT32フォーマットのUSBメモリーに保存。起動後Ctrl+Escキーを押してリカバリーモードに入るのですが、これが入られません。電源ON直後からCtrlキーとEscキーを同時に押しっぱなしですが普通にWindowsが起動してしまいます。結局、電源ONF2キーでいったんBIOS設定画面を表示してからCtrl+Escキーを長押しでリカバリーモードとなりました。

 電源ONからUSBメモリーを刺しっぱなしにしておけばリカバリー自動的選択されてBIOSが導入されます

 これでようやく2.3.0から2.1.9にダウングレードできました。あとは普通にU2715Hモニターでも使えます

2017-06-25 帯のアオリがすごい

[]

 ヨドバシカメラから届きました。

 この巻も小出しだなぁ。この先の展望ってあるんですかね。あと帯の宣伝文句ですがホントにこのマンガ読んで書いてるのか疑問です。

2017-06-24 CentOSアップデート情報

[]

 以下のパッケージがアップデートされています。

  • sudo.x86_64 1.8.6p7-23.el7_3

2017-06-23 ジムニー185/85R16の空気圧について

[]

 ジムニータイヤを185/85R16に交換しまして最初確認したのはタイヤ必要な空気圧でした。ジムニー標準タイヤ175/80R16 91Qで現行の指定空気圧は前160kPa、後180kPa。LI 91の180kPaはこちらのページから負荷能力は520kgとのこと。新しいタイヤもこれ以上となる空気圧にセットする必要があります

 で185/85R16なんですが一般的LTというライトトラック向けの規格となり少々特殊です。そのものズバリの空気圧情報が見当たらず、ブリヂストンSUV向けタイヤDUELER補足の形でちらっとある程度。元となったJATMA規格のLTタイヤの負荷能力一覧表はネット上で見つかりませんでした。ブリヂストンが公開してくれている情報ですが、将来消されることも考え以下にコピーしておきます

タイヤサイズ& LIプライ装着空気圧(kPa)
180200220240260280300325350375400425450
185/85R16 105/103L LT6プライ相当複輪630660685720750875815845875
単輪670700730765800830865895925

 トラック向けの規格なので複輪、単輪の値がありますが、ジムニーはもちろん単輪の方。空気圧260kPaで670kgとなります。それ以下の空気圧で数値がないのは規格として設定されていないのでしょう。最小の260kPaでも負荷能力が670kgありますので、ジムニーの520kgは余裕でクリア。とりあえず260kPa入れておけば大丈夫なように思います

 LTタイヤの最低空気圧について調べていてこちらのページでは乗用車規格からLT表記タイヤに変更する場合

一般的には 50kPa (0.5kgf/cm2)程度高めに設定する必要がありますが設定空気圧は各車輌、タイヤサイズにより異なりますので必ず販売店にご相談下さい。

とのこと。50kPaプラスだとジムニーでは前210kPa、後230kPaからになりますが、タイヤの種類によっても変わってくるので各自責任で設定しメーカー責任持ちませんよということなんでしょう。

 自分トーヨータイヤOPEN COUNTRY R/Tを購入しましたのでトーヨータイヤの問い合わせページから質問してみました。レスポンスは非常に良かったですが回答内容についての公開は自分だけでは決めれませんのでここに記載しません。ただ、使用する上でちゃんと指針となる回答でした。

 結局のところ自分は規格値最低の260kPaを目安に余裕をみて前280kPa、後300kPaとしていますちょっと固いようにも思うのですが高速も走るので高めの方がいいだろうとの判断です。

 当たり前ですがここに書かれていることも含めてネット情報を参考に空気圧を設定した結果、何かの不具合が起こったとしてもそれは各位の判断による自己責任ですから念のため。

2017-06-22 CentOSアップデート情報

[]

 以下のパッケージがアップデートされています。

2017-06-21 マユメガネ

[]

 ヨドバシカメラから届きました。

 マチビトはこの歳になると身につまされる内容で登場人物たちが物語おもしろくしてくれてますレゲエ寿司もなかなか。振り切ってバカおもしろかったです。CANDY & CIGARETTESはよくある感じで、わかりやすさに裏があるのかと勘ぐるぐらいわかりやすいです。さすがのアクションシーンのうまさ。この先どうなるんでしょうか。

2017-06-20 またまたモノタロウで購入

[]

 先日モノタロウPB品、15% OFFの日がありまして前々からリストしていたものを購入しました。モノタロウにはショッピングカートのバスケットの他にお気に入りというリストがありましてアマゾンではほしい物リストだったりヨドバシカメラでもお気に入りとしてある同じものです。時間つぶしにモノタロウサイトをうろうろして気になったものお気に入りに入れておく感じです。

 モノタロウなんですが品ぞろえはすばらしいのですが値段がちょっと割高なんですよね。そこでカテゴリー10% OFFの時などを利用するのですが、それでもヨドバシカメラアマゾンの値段からすると高いのがほとんどです。でもモノタロウブランド商品は他で手に入らないということと、通常でも1段安くなっていますので割り切って使う分には15% OFFの日が狙い目となります

 まあモノタロウブランドとは言えPB品なので、よそが製造している商品モノタロウがあつかっているだけなんですが。例えばこちらの引出し付きツールボックスですが、SK11のツールチェストSTC-502R SK11(エスケー11) ツールチェスト レッド&ブラック STC-502R とまったく同じです。SK11のがアマゾン価格で5682円に対してモノタロウは定価で5389円。15% OFFでは4581円でした。この価格差は圧倒的にモノタロウ勝利。SK11も自社で製造していないメーカーですので恐らく同じ外国工場商品なのでしょう。SK11の藤原産業モノタロウOEM供給している可能性もありますね。

 ツールボックスは今まで近所のホームセンターで900円ぐらいで購入したブラ製のものを使っていたのですが、ここのところの工具の買い増しでいっぱいになってきて、一回り大きいもの検討していました。工具収容と言えばチェストキャビネットなんですが、それは置き場所が困るので大きめのツールボックス最初アイリスオーヤマハードプロ アイリスオーヤマ 工具箱 ハードプロ 50 レッド【幅約53×奥行約27×高さ約31cm】 あたりで十分だろうと検討していました。でも大きくなると工具を取り出すのに引出し式の方が便利じゃないかと思いモノタロウの方にしました。ツールボックス自体の重さがスチールなのと引出しであるんですけど、使うときぐらいしか持ち運ばないのでまあ許容範囲です。

 早速、前のツールボックスから中身を入れ替えました。どの引出しに何を入れるかは今後も使いながら検討です。3段の収納インナートレー1つなんですが、それぞれの深さが5cmぐらいなので基本横置きで積み重ねての収納はできない感じになります。この辺も工夫が必要です。

 あと同時に以下のモノタロウ品を購入しました。

などです。

 ノギスは前からネジの径を調べたりするのに欲しくて、今回とりあえずで安いもの選択。カーボンとありますがカーボンが配合されたプラスチックのおもちゃみたいなノギスです。スペック的に最小読み取りが0.1mmですが、はさむところも本体プラでやわいので本当に測れているのか不安になる感じですね。直尺は150mmのステンレス製の物差し。よく現場で使うやつです。これはJISマーク入りの精度が保証されたものが200円しないで買えたりしまシンワ 直尺 ステン 15cm 赤数字入 JIS 14001 ので安いからと言ってこちらを買うのはおすすめしません。まあモノタロウのロゴが入っているのでネタ的に購入してみました。

 防錆潤滑剤は消耗品タイヤ&レザーワックスですが結構ネットの評判もいいので試しに買ってみました。いつもは洗車のときノータッチUVを吹きかけて終わりでしたが、こちらの商品スプレーで吹きかけてスポンジで伸ばす必要がありますちょっと手間がかかるのですがツヤの保持はこちらのほうがやはりいいですね。これから雨の季節でどうなのかというところですが、元からそんなに保持力は期待していませんのでコストパフォーマンス的にはいいんじゃないでしょうか。説明に2度塗りをおすすめされていたのでジムニーにやってみましたがテカりが増しました。自分的にはこれほどのツヤツヤは必要ないので1度塗れば十分と判断しました。

2017-06-19 地蔵

[]

 ヨドバシカメラhontoから届きました。

 私のクラマー。おもしろくなってきましたね。

2017-06-18 ヴァローネMC-9とOPEN COUNTRY R/Tへ交換

b3g2017-06-18

[]

 うちのジムニータイヤホイール交換を計画してホイールナットを購入したりタイヤを物色したり、最終的には保管用の物置まで購入したりしました。あとロックナットを追加トルクレンチも買って準備にかなりの散財です。

 そして本命タイヤホイールですが、好みのホイール選択するのにフジ・コーポレーションのサイトがたいへん参考になりました。今、手に入るその車用のホイール選択するのに一番の品ぞろえではないでしょうか。ジムニー向けで100種類以上のホイール選択できます

 自分の好みとしてはあまりゴテゴテ感がなくシンプルかつ力強さということでファブレスBARONE MC-9一目惚れです。タイヤMTは避けたかったのと他にない新しさからトーヨーのOPEN COUNTRY R/T 185/85R16しました。4本セットの通販フジ・コーポレーションでは96000円ぐらい。念のため他の通販検索するとカーポートマルゼンで95000円ぐらいとなり、単純に価格からマルゼンでの購入としました。各社送料無料とか取り付け費用無料とかやってますけど、無料と言いつつそもそものトータル料金に入っているだけですので総額での比較しか意味はありません。

 取り寄せとのことで月曜の晩に注文して金曜日に発送との連絡。重量と大きさがあるものなので宅配便並とはいかなくて2日後の日曜日に到着しました。

 届いて交換しての感想は、まずは重い。ということ。4本が2本つづに分けて梱包されていたのですが、その2本では持ち上げられないぐらいの重さ。さすが佐川の兄ちゃんは運んでましたけど自分は転がすのがやっとでした。今までの175/80R16と純正アルミホイールと比べても2倍はないにしてもそこそこ重さがあります。デザインは抜群にいいです。黒のしまった感じに太いタイヤ。黒色のホイールナットに交換して正解でした。ホレボレするかっこよさ。

 交換してから燃費ですが、純正サイズのHTタイヤより1割ぐらい悪い感じですね。いつもなら満タンで500km以上は平気なのに500km以下で燃料警告灯が点灯するぐらいです。走り出しは重さを感じないのですが、3速、4速ぐらいで加速が足りなくて今までより多めにアクセルを開ける感じです。乗り心地は2万km以上走ったHTタイヤと比べて街乗り速度ではむしろ良くなってます。ただ、そのタイヤパターンから60km/hぐらいでカーブを曲がると不安定さが出ますね。中央のATパターンを使っているぶんにはいいんですが、カーブなどで両サイドのMTパターンまで使うとHTタイヤのようには安定しません。

 ジムニーで185/85R16の時、空気圧をどうするのかという問題もあるのですが、これはまた別の日に。

2017-06-17 良いニュースと悪いニュース

[]

 ヨドバシカメラから届きました。

 不滅のあなたへ日常描写から物語をつむぐのは難しいですよね。かくしごと。なかなかいい展開です。やっぱりファンレター送った方がいいんですかね。

 

アクセス数:2273767 (2004.4.16よりカウンタ開始)