b5rfst88の日記

2010-01-03 政投銀による支援検討=日航支援、結論持ち越し−政府(時事通信)

政投銀による支援検討=日航支援、結論持ち越し−政府(時事通信)

 前原誠司国土交通相は30日、日本航空の経営再建問題をめぐり、菅直人副総理兼国家戦略担当相や平野博文官房長官らと2回にわたって会談した。前原国交相は会談後、記者団に対し、企業再生支援機構が日航支援の是非を判断するまでの間、「政府がしっかりバックアップしていくことを確認した」と説明。その上で、日航の資金繰りを支援するため、日本政策投資銀行による融資枠の拡大を検討していることを明らかにした。
 ただ、関係筋によると、前原国交相と菅副総理らの会談は合意するに至らず、結論を持ち越したという。菅副総理らが、融資に対する政府保証などに難色を示したとみられる。前原国交相は31日午前も、菅副総理、政投銀や機構の首脳などと会い、資金繰り支援策について詰める。 

シンプルな生活の秘訣
まさはるのブログ
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略

2010-01-02 阪和道で3台事故、3人けが(産経新聞)

阪和道で3台事故、3人けが(産経新聞)

 28日午前5時35分ごろ、和歌山県有田川町天満阪和道で、北進中の普通トラックが反対車線にはみ出し、対向のバキュームカーと正面衝突。さらに乗用車がトラックに追突した。この事故で3台を運転していた男女3人が重軽傷を負ったが、いずれも命に別条はないという。県警高速隊によると、事故当時、現場付近は小雨模様だったといい、事故原因を調べている。事故の影響で、阪和道和歌山県内の一部区間で約3時間にわたり通行止めとなった。

x3q8aeu1の日記ブログ管理ツール
すみこのブログ
カードでお金
出会いランキング
ショッピング枠現金化

2009-12-29 京都の名神高速で7台衝突、8人けが(産経新聞)

京都の名神高速で7台衝突、8人けが(産経新聞)

 26日午前6時15分ごろ、京都府向日市鶏冠井町の名神高速大山崎−京都南インターチェンジ間の上り線で、走行中のトラックが中央分離帯に衝突し停車。トラックを避けようとした後方の乗用車が側壁に衝突するなど計7台が絡む事故となり、乗用車などに乗っていた30〜60歳代の男性8人が軽傷。名神高速は現場付近で一時、11キロ渋滞した。

 京都府警高速隊によると、事故当時、路面は雨で濡れており、トラックはスリップして中央分離帯に衝突したという。

【関連記事】
仙台市営バスが配電盤に衝突 乗客9人けが
霧が発生中4台絡む事故、22歳女性死亡 福井市の国道
ひき逃げの元巡査部長を起訴 高松地検
酔って自転車ごと電柱に衝突? さいたま市で男性重傷
パトカー追跡中に車が石垣衝突、京都の男性重体 三重

ガジュマル君のブログ
プロレス魂
無料携帯ホームページ
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較

2009-12-28 共産党、党大会に外国政党招かず 財政厳しく49年間で初(産経新聞

共産党、党大会に外国政党招かず 財政厳しく49年間で初(産経新聞)

 日本共産党は26日、来年1月13−16日に静岡県熱海市で開く第25回党大会に外国政党を招待しない方針を決めた。同党は昭和36年の第8回党大会以来、交流の深い外国の政党を大会に招いており、49年目にして海外からの賓客は姿を消すことになる。日本共産党は中国共産党はじめ外国の左派・革新系政党との関係強化に動いているが、今回の決定の背景には厳しい党の財政事情がある。

 平成18年1月に開いた前回の第24回党大会には、海外から中国、ベトナム、スリランカ、ドイツ、イタリア、フランスなど18カ国の21の共産党や左翼政党の幹部議員34人(うち個人資格1人)が参加した。前々回の16年1月の第23回党大会には14カ国の19政党、26人(同4人)が出席した。

 来年1月の党大会で外国の政党を招かないことを決めた理由について共産党広報部は「滞在費などを負担するコストが大きいうえ、海外の政党との交流の幅が広がっており、招待する政党と招待しない政党を線引きすることができなくなった」と説明している。

 各国の駐日大使については従来通り、党大会に招待する方向で調整を進めているという。

【関連記事】
【記者ブログ】共産・志位委員長が「小沢さん、よく憲法を読んで」
鳩山首相、志位氏に弱音?「精神的に忙しい」
共産・志位氏が民主を痛烈批判 比例削減公約に「国民的大闘争を」
共産党、橋下知事に発言撤回求める声明
小池晃氏に聞く(下)今求められる共産主義のロマン

CarlosEtchisonのブログ
かじゅある
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化

2009-12-24 副作用理由の解約不可=輸入ワクチン契約−新型インフル・厚労省(時

副作用理由の解約不可=輸入ワクチン契約−新型インフル・厚労省(時事通信)

 近く承認審査が始まる外国製の新型インフルエンザワクチンをめぐり、厚生労働省が欧州の製薬大手2社と結んだ購入契約は、同省による副作用の評価を理由には解除できない条件になっていることが23日、分かった。一方、企業側には一定の条件下で解約を認め、日本政府に違約金を請求できるなど有利な内容となっている。
 同省には「交渉過程で足元を見られた」との指摘もあり、国内の供給態勢が脆弱(ぜいじゃく)な「ワクチン後進国」の実態が浮かび上がった。
 同省が契約したのは、グラクソ・スミスクライン(英、GSK)、ノバルティス(スイス)両社で、いずれも10月6日付。
 関係者によると、企業側は副作用による賠償金などを国が肩代わりする法律が今月15日までに成立、発効しない場合か、国側に著しい契約義務違反があるときに契約を解除できるようになっている。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
業務継続計画を策定=強毒性インフル対策
休校や学級閉鎖、4週連続で減少=ピーク時から半減
中高校生も1回接種=優先対象外にも国産ワクチン

ナツメロを懐かしむ会
てつおのブログ
ショッピング枠現金化
出会いランキング
ライブチャット