ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

今日も重馬場〜弁理士馬場信幸のブログ〜 Twitter

★当ブログを読む上での注意事項→参照 ★Twitterの運用について→参照

ガイダンス等の予定

2016-05-27

論文試験の問題は長い方が良いのか?短い方が良いのか?

論文試験の問題って、長い方が良いでしょうか?短い方が良いでしょうか?

受験生からすると、長文の問題がでると「うわ〜」って焦りますよね。
気持ち分かります。

しかし、考えてみると、どんなに問題が長くても・・・答案用紙の大きさは変わらないのです。
極端な話、3ページの問題が出ても、答案用紙の大きさは同じなのです。
これが、実際の案件とは違います。

逆に、問題文が短くても、答案用紙の大きさは同じです。

意匠法における利用について説明せよ。

もし、こんな1行問題がでても、解答用紙4枚書かないといけません。
昔の基本問題はこんな感じです・・・なので、非常に書きにくいです。

問題文が長くなればなるほど、条件や文言が増えます。
文言が増えた分、実はヒントは多くなります。
なので、個人的には書きやすいと思っています。

「どんな問題が出ても、答案の長さは同じ」って考えると、長文の問題でも、少し気楽になるような気はします。

2016-05-26

スマート攻略コース〜商標法

現在商標法が配信になっていると思います。
また、5月の学習コンパスも配信になっています。
学習コンパスは直ぐに見るようにして下さい(進捗に関係無く)

さて、講座全体の流れですが、繰り返しになりますが「大きな流れ」を理解することを心がけて下さい。細かい点は、学習が進めばドンドンわからなくなります。

講座の中でもちょこちょこいていますが、弁理士試験の勉強は「勉強」というより「仕事」として考えた方が効率が良いです。
精度を高めることは重要ですが、まずは仕上げることが重要です。

例えですが、弁理士試験で学習すべきことが10,000個位あったとします(割と大げさな数字ではない気がします)
その中の知識を1個ずつつぶしていくのは現実的では有りません。

1個の知識で10個つぶせることもあります。
また、重要な1個と、あまり重要ではない1個もあります。
この見極めが重要で、それが出来るのが受験機関だと思っています。

四法が一通り終わりましたが、当然本試験が解けるレベルでは全くありません。
焦らず、今は入門レジュメ(論文これ問)の学習と、青本を眺めることをされるとよろしいかと思います。

なお問合せがありましたが、平成28年版の口述過去問集はLECの一部本校では販売しています。
通販もそのうち販売になると思います。

2016-05-25

個別相談会

6月は試験後なので個別相談会があります。
場所は全て新宿エルタワー本校です。

2016年6月3日(金)19:00〜21:00
2016年6月11日(土)15:00〜17:00
2016年6月17日(金)19:00〜21:00
2016年6月25日(土)15:00〜17:00

新宿エルタワー本校
JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
TEL:03-5325-6001

予約が必要となるので、新宿エルタワー本校に電話してご予約下さい。