ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

今日も重馬場〜弁理士馬場信幸のブログ〜 Twitter

★当ブログを読む上での注意事項→参照 ★Twitterの運用について→参照

ガイダンス・単発講義等の予定

2017-01-23

大きな不安感

先日書いたように、ゼミ生と面談していて多かったのが「不安を感じている」というものでした。
不安には色々あるのですが、やはり「勉強が出来ない」「試験に受かりそうも無い」という不安が大きかったと思います。
この場合、割と具体的に聞くようにしました。

「不安は何に対して不安なの?」

  • 「勉強が出来るようにならないからです」

「出来ないっていうのは何が出来ないの?」

  • 「何か理解が出来ていないと思っています」

「理解が出来ないって、何が理解出来ていないの?」

  • 「条文が解っていないと思っています」

「条文が解るってどういうことなの?」

  • 「うーん、何か本質というか」

「条文の本質って?」

  • 「要件とかですかね?」

「法文集見れば書いて有るのでは?」

  • 「いや、その何というか、理解というか」

だいたいありがちな流れです。

あえて具体的に聞いていったのは、「具体的な目標」や「やるべきこと」が明確でないということを認識して欲しかったからです。

結果として、ゴールが無い不安です。
ゴールが無い不安は解消する事が無い不安です。
なので、ひたすら焦るだけで、あまり良いものではありません。
多くの人は「理解が足りない」とか、「論文が書けない」といった漠然とした不安になってしまうのです。

今何が不安なのか、それを解消するにはどうすれば良いのかを紙に書いてみると、良いと思います。
そして、不安を解消するために、今やるべきことを定量化し、それに従って勉強するしか有りません。
例えば、短答過去問をX問やるとか、論文試験をX回やるとかです。

時間が無いのも同じです。
今確保出来る時間を最大限活用すればよろしいかと思います。

ということで、不安で仕方ない人は、今一度「その不安って明確ななのか?」「解消するのか?」を考えるとよろしいかと思います。

2017-01-22

短答ゼミやります

今年も短答ゼミ行います。お願いします。

今年は全部演習回になります。
そして、毎回80枝の問題を解いてもらい、それについて「何故でしょう?」って当てて、答えてもらう方式です。

昨年は短答答練必須でしたが、今年は過去問ベースにしましたので、短答答練の申し込みは不要です。
お申し込み先着順となります。
一応、一昨年が単独で申し込めたのですが、そのときあっという間に締め切ってしまい、複数の受講生から「申し込もうと思ったのに出来なかった!」と言われてしまいました。ので、一応告知はしておきます。

ゼミのガイダンス動画です。
いくら短答ゼミやるといっても、スマート受講生とかですと、遠くて通えない!って人も多いと思います。
そこで、前半(というより殆ど)は、短答試験の問題に対するスタンスを説明しておきました。
(割とゼミの説明がおまけみたいになっていますが・・・)

ということで、ゼミを取る取らないにかかわらず、短答受験生が見て役に立つ内容にしたつもりですので、ご参考まで。

D

収録向けのハイテンション!

2017-01-21

Lゼミ12回

今日はLゼミでした。
先日アップした判例の解説をしたり、先週の内容を踏まえた論文の方針等説明したら、結局ゼミ終了が18時前位になってしまいました・・・。
ごめんなさい。次回からは、17時位(1時間オーバー)位でおさまるようにします。

さて、一応来週で一通り個人面談も終わりになります。
今までLゼミでは、直接受講生と話せば良いと考えていて、個人面談って一回もやってこなかったのですが。
今回やってみて、皆さん色々話すことあるんですね。
今までやっていなかったことをかなり反省。
やっぱり、色んなことをやってみないとダメだと思いました。

Nintendo Switch

あっ、今日から発売予約だと思って昼前にヨドバシサイトにアクセス(出遅れ)。
全然アクセスが出来ないという珍しい状況でした。

とりあえず、午後に何とか予約は出来ました。
新しいハードなのでちょっと楽しみ。