Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2011年10月10日

ナシゴレンスペシャル@メラプティカフェ

2011年10月9日にメラプティカフェでナシゴレンスペシャルを購入した。350円だ。

f:id:babameshi:20111010213019j:image

ナシゴレンスペシャルはナシゴレンの弁当だ。ナシゴレンではなくナシゴレンスペシャルなのは目玉焼きがついているからである。看板をみると500円という印刷を無理やり上書きして350円とマジックで書かれているので、以前は500円で販売されていたのかもしれない。素敵な予感がする。500円で実際には美味い弁当なのにもかかわらず、日本人の味覚にはあわなくて売れ行きが伸びず、仕方なく350円に値下げしたのかもしれない。悲劇の弁当だ。しかし自分にとってはありがたい。

看板をじっくりと見る。目玉焼きがのった炒飯と焼きそばに、赤唐辛子で炒めたような肉、濃赤色のドレッシングがかかったキャベツ大根が添えられている。これは美味いかもしれない。しかも350円だ。コンビニ弁当よりも安いぐらいだ。試してみる価値がありそうだ。

3Fに上がり、弁当を注文する。品切れなのか、これから調理してくれるらしい。店内は混雑していた。ほぼ満席だ。期待は高まる。インドネシア人の一行だろうか。常連らしい。カラオケを歌いはじめた。店内に日本人は自分一人だけのようだ。先客の調理をしているらしい。数十分間ひたすら弁当ができるのを待つ。雰囲気はとても良いので、くつろげる。待つのはそれほど苦痛ではなかった。

完成した。近所の公園で食べることにする。

f:id:babameshi:20111010213013j:image

結果として、実際のナシゴレンスペシャルは看板のものとは全く違っていた。とても残念だ。

目玉焼きがのった焼きそばと炒飯は確かにあった。しかしそれ以外にあったのは、千切りというにはあまりに太く切られたキャベツとサニーレタスだった。ドレッシング類は何もかけられていない。まさに悲劇だ。残念すぎる。

炒飯も焼きそばも味つけは薄めで辛味も全くなく、やや油濃い。これが致命的だった。店内で食べる分には卓上の調味料等で味つけを補えるので、これでもいいかもしれないが、残念ながら公園だ。キャベツにもサニーレタスにもドレッシングはない。薄味の炒飯と焼きそばと一緒にもりもり野菜を食べる。悲しくなってくる。多めの油で焼かれた目玉焼きだけが救いだった。こんなに残念な食事は久しぶりだ。

確かにナシゴレンスペシャルだ。問題ない。しかし看板で期待しすぎていたところ、あまりの薄味さ加減に完全にノックアウトされてしまった。

メラプティカフェでは店内でチキンカレーマトンカレーを食べたほうがきっと素敵に違いない。ナシゴレンスペシャルの弁当だけは絶対に避けたほうが無難だ。

TOSIYATOSIYA 2011/10/11 22:01 高田馬場B級グルメさん

こちら(http://ow.ly/6TEGl )への TB ありがとうございました。

また、遊びにきてください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証