Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2011年12月26日

マトンカレー@メラプティカフェ

f:id:babameshi:20111227012853j:image:w640

メラプティカフェの入居しているビル前の看板だ。マトンカレー RICE DRINK ONLY \400 月-水 12:00-16:00とある。

f:id:babameshi:20111227012851j:image:w640

店内のメニューはボロボロだった。Special Lunch \500 11:00-16:00とある。店外の看板と内容が違う。

f:id:babameshi:20111227012646j:image:w640

マトンカレーは、マトンカレー+ライススープコーヒーのセットだった。そして店外の看板が正解だった。400円だ。

イニシャルハウスとイニシャルハウスANNEXに入居している店舗にはいつも驚かされるが、このセットで400円ならば喰わずにいられるか。たとえ残念な味や量だったとしても後悔することがない価格だ。ナシゴレンやマトンカレーが400円だなんて、こんなに素敵なことはない。

躊躇うことなく入店する。相変わらずだ。店員はもちろんだが客にも日本人はいない。適当に席に座る。卓上には、サンバルソースとケチャップマニスが置かれていた。マトンカレーを注文する。折角のインドネシア料理なのに、ナシゴレンではなくマトンカレーを注文したのは、以前に食べたナシゴレンスペシャルの弁当が残念だったのが強烈な印象として残っており、そしてウェブ上の噂でマトンカレーが美味いと知っていたからだ。

まずはスープが出された。スープは具が春雨のみのソトアヤムだった。ソトはスープ、アヤムは鶏を指す。ウコンで黄色に染まっていた。好みではなかったが、風味が独特で面白かった。<うこん>=<ターメリック>ではないらしい。春ウコンだったんだろうか。

続いて直ぐにマトンカレーとライスだ。マトンカレーもライスも量が少なめで、特にライスは一食として不足する程度の量だった。こればかりは残念だが、400円のカフェランチだ。400円で満腹カフェランチはさすがに無理だろう。

マトンカレーは辛くはないがスパイシーで、柔らかくて旨味のある肉がゴロゴロと入っていた。骨つきだ。これは美味い。もっと食べたい。もっとたっぷりのライスと一緒に食べたい。二人前でも800円だ。カレーとライスの大盛を頼んでも問題なかったかもしれない。ちなみに、ライスはジャポニカ米だった。

f:id:babameshi:20111227012752j:image:w640

コーヒーはインドネシア流のコーヒーらしい。大きなカップでたっぷりのコーヒーが注がれる。きっと砂糖もたっぷり入れるのが流儀なのだろう。今回は少しだけ入れて香りを楽しむ。銘柄とか分かるともっと楽しいのだろう。残念ながらよく分からなかった。飲み干すとカップの底には粉が溜まっていた。濾さないで入れているようだ。

メラプティカフェではナシゴレンスペシャルの弁当を注文してはいけない。注文すべきはマトンカレーだ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/babameshi/20111226/1324917697