Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2013年03月09日

小尾羊巣鴨店ランチバイキング600円の三皿目以降

小尾羊巣鴨店でランチバイキングを食べた。600円だ。

小尾羊巣鴨店のランチバイキングの三皿目

三皿目は、豆もやしと肉味噌だけ盛りつけてみた。

美味い。肉味噌の辛味と脂が堪らない。挽肉の粒が大きいものが混ざって、しっかり肉として味わえるのも良い。

豆もやしだけと合わせると塩っぱいので、軌道修正が必要ではあるが、これはいい。

中華ランチバイキングが600円である。料理の味に期待してはいけない。肉を欲してはいけない。

小尾羊巣鴨店は素晴らしい。抜け道を準備していてくれた。小尾羊巣鴨店で味と肉を堪能したいならば肉味噌を食べろ!

小尾羊巣鴨店のランチバイキングの四皿目

突然、店員が「餃子、焼けましたぁー」と告げる。客の多くが料理長手作り焼餃子に群がる。

腹は膨れていない。先は長い。料理長の手作り!焼餃子に並んだ。一人三個までらしい。行列があって制限がある。小尾羊巣鴨店のランチバイキングで最大のイベントが餃子なのだ。鼻で笑ってはいけない。繰り返すが、中華ランチバイキングが600円である。焼き餃子こそが本当に満足させられるメニューである可能性は否定できない。

全然悪くはないのだけれども、期待があまりにも高まっていたために、拍子抜けしすぎた。小ぶりの餃子だ。あまりに小ぶりすぎる。皮は厚めで、しっかりと綴じられてさえいない。

卓上調味料は辣油だけなので、ランチバイキングの料理が並ぶ一角で醤油と酢を加えて、餃子のタレとする。辣油が多めだ。そして辣油が個性的だった。

餃子はランチバイキングのイベントとして楽しいのだが、実はそれほど美味くはない。雰囲気に流されやすい方々は注意したほうがいい。

小尾羊巣鴨店のランチバイキングの五皿目

渾身の一品である。

まずは千切り大根サラダをたっぷりと敷き詰める。塩っぱさは千切り大根が全て吸収してくれる。豆もやしと四川ザーサイで表面を覆ってから、たっぷりの肉味噌を添える。これで完成だ。

しっかりと和えてから食べる。美味い!

小尾羊巣鴨店のランチバイキングで最も美味い一品は、ピリ辛肉味噌大根サラダ(豆もやしとザーサイの歯応えもお楽しみください)で間違いない。

小尾羊巣鴨店のランチバイキングの六皿目以降

とにかく食べ尽くした。満足した。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/babameshi/20130309/1362831128