Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2013年04月28日

ラーメン@善の家

2013年3月に江戸川橋善の家ラーメンを食べた。

350円である。メニューには400円とある。しかし、店頭入口には常にサービスとしてラーメン350円の貼紙がある。なんと善の家ではラーメンが常に350円で販売されているのだ。

麺は中細のストレート麺で加水率がやや低めである。優しい味である。悪くない。むしろスープとの相性で、これはこれで良い。

スープは醤油ダレの透き通ったスープだ。バランス重視でカエシが際立っているわけでもなく、出汁が前面に出ているわけでもない。悪くない。

具はチャーシューメンマナルトネギワカメだ。チャーシュは小ぶりのが1枚で、脂身の柔らかさより赤身の歯応えが楽しめる。善の家のラーメンのような、昔ながらの中華そばにはナルトは嬉しい。彩りとして鮮やかだし、丼にナルトの「の」の字があるだけで、懐かしさのスイッチが入る。ただしワカメはやっぱり海苔のほうがより良い。味覚の問題ではなく、あくまでも雰囲気の問題だ。

あらためて350円という価格を考えれば、麺もスープも素晴らしい。このラーメンのためにわざわざ遠距離から江戸川橋まで訪問する価値はないけれども、江戸川橋でラーメンを食べたくなったときには、善の家のラーメンは選択肢の一つとして必ず思い出されてしかるべき一品である。江戸川橋で最安価格のラーメンだ。別の店でラーメンを注文するときには常に脳裏をよぎることになるだろう。そして、きっと反省するのだ。こんなことならば善の家でラーメンを食べておけば良かったと。

2013年04月24日

濃厚カレーつけ麺超辛+ライス@蒙古タンメン中本

濃厚カレーつけ麺とは?

濃厚カレーつけ麺とは、蒙古タンメン中本のつけ汁が濃厚なカレーのつけ麺である。780円だ。高田馬場店で期間限定メニューとして不定期に販売されている。

通常、蒙古タンメン中本ではつけ麺を「冷し」と呼ぶ。例えば「冷し味噌ラーメン」といった具合である。濃厚カレーつけ麺は、従来の「冷し」系とは違う「つけ麺」系のつけ麺である。主な特徴が三点ある。

  • 麺は、サッポロ製麺の中太麺ではなく、浅草開化楼の極太麺を使用
  • つけ汁は、極太麺にあわせて濃厚に
  • 辛味は、万人受けするように原則として控えめ

濃厚カレーつけ麺は、そんな「つけ麺」系のなかでも特別なつけ麺である。つけ汁がカレーなのだ。そして、蒙古タンメン中本なのに辛味が控えめなカレーなのである。多くの客が、カレーは美味いが、辛味が足りないという声を残したのかもしれない。2013年1月に辛さを四段階から選択できるようになった。

注文すべきは超辛である。とても美味い

また、高田馬場店では、14時から18時までライス(お代り自由)とプチ麻婆丼のどちらかをサービスしてもらえる。濃厚カレーつけ麺にはお代わり自由のライスがあう。満腹になって動けなくなるまで、つけ汁を最後の一滴まで味わい尽くせる。

蒙古タンメン中本高田馬場店に来訪して濃厚カレーつけ麺を注文しないなんて信じられない。

濃厚カレーつけ麺の麺と具

濃厚カレーつけ麺の麺は、サッポロ製麺の中太麺ではなく浅草開化楼の極太麺である。通常、蒙古タンメン中本ではサッポロ製麺の中太麺が使用されている。ツルリとした口当たりだが、コシが弱く弾力に乏しくて柔らかめ。浅草開化楼の極太麺は、とにかく歯応えがあって硬めの食感でコシがある。ワシワシと噛み締めつつ食べる麺だ。浅草開化楼の極太麺のほうが好みである。

蒙古タンメン中本インスパイア系の激辛つけ麺店に高木やがある。中国料理中本の閉店後、蒙古タンメン中本の創業前に、既に高木やは中本の味を独学で目指した店主によって激辛つけ麺専門店として創業していた。浅草開化楼の極太麺こそ高木やが創業時から採用していた麺である。つけ麺に限定すると、まるで蒙古タンメン中本が高木やの味に近づきつつあるようにも見受けられる。

なお、2013年1月には、あつもりも注文可能になった。

麺の傍らには、ゆで玉子が半個添えられている。通常、黄身は半熟らしいが、固茹でになっているときもある。

濃厚カレーつけ麺のつけ汁と具

濃厚カレーつけ麺のつけ汁は、カレーである。

販売開始直後は辛さの調整ができなかった。2013年1月からは中辛、大辛、超辛にも変更ができるようになった。

注文すべきは超辛である。とても美味い

つけ汁のカレーが超辛の辛味に負けていない。超辛なのに辛みよりも、むしろカレーの香りを堪能できるのである。大量の唐辛子が溶け込んでいることもあるのだろう。つけ汁のカレーはとても濃厚である。麺に絡みつく。そして量が多い。麺量を大盛りにしない限り、かなりつけ汁のカレーが余る。

つけ汁の表面には魚粉と砕かれたナッツの粉末がふりかけられており、その底には大振りの豚バラ肉のロールチャーシューが2枚と挽肉が沈んでいる。

魚粉と砕かれたナッツの粉末は、超辛の場合、つけ汁のカレーに溶くと、何の風味の変化も味わえない。魚粉全てを一気につけ汁のカレーと一緒にすくって食べる。同様に砕かれたナッツの粉末全てを一気にをつけ汁のカレーと一緒にすくって食べる。こうして味の変化を愉しむのが正しいのかもしれない。

大振りの豚バラ肉のロールチャーシュー2枚は、見た目がとても美しい。最初からつけ汁のカレーに浸っていると、その見た目の美しさが分からない。運が悪かったと諦めよう。しかし美味さは変わらない。脂身たっぷりで口中でとろけるチャーシューである。そしてその立派な大きさも変わらない。ロールが大きく、厚さもそれなりにある。このチャーシューには固定ファンも多そうだ。

濃厚カレーつけ麺のカレーライス

つけ汁のカレーは量が多い。麺量を大盛りにしない限り、かなりつけ汁のカレーが余る。

濃厚カレーつけ麺は、蒙古タンメン中本 高田馬場店の限定メニューである。そして、蒙古タンメン中本 高田馬場店では14時から18時までプチ麻婆丼・ライスのいずれか一品が無料サービスになる。ライスはお代り自由だ。

容易に結論が導き出される。お代わり自由のライスを選び、つけ汁のカレーでカレーライスにすればいい。濃厚カレー超辛ライスはとても美味い。素晴らしい。トッピングのゆで玉子をあわせれば箸休めになる。

しかもライスはお代り自由である。最初から半ライスで注文して、ライスが浮かぶカレーを飲んでもいい。ライスを注文して、お代わりをしなければ、カレーライスが食べられる。お代わりをすると、少なくとも二杯目は汁気の少ないドライカレーになることだろう。

満腹になることは間違いない。幸せだ。とても満足だ。なんて素敵なメニューなのだろう。

ただし問題が残る。濃厚カレーつけ麺超辛を、毎日喰ったら、絶対に太る。期間限定メニューなので販売されていないときは問題ない。しかし販売開始と同時に毎日通うことだけは絶対に避けなければならない。食欲を抑制せよ。

蒙古タンメン中本の濃厚カレーつけ麺の歴史

2012年4月28日濃厚カレーつけ麺の販売開始

蒙古タンメン中本濃厚カレーつけ麺は、2012年4月28日から高田馬場店にて14時から18時までの30食限定で販売が開始された。

高田馬場限定「濃厚カレーつけ麺」
動物系と魚介系のWスープにカレーを合わせ、自家製チャーシューをトッピング!極太麺にカレーとひき肉がよく絡む!一度食べたらやみつきになる!

麺は大盛までだ。特大や超大盛にはできない。野菜も大盛にはできない。

2013年1月には濃厚カレーつけ麺の麺があつもりへ変更可能、つけ汁の辛さも中辛、大辛、超辛へ変更可能に

2013年1月には濃厚カレーつけ麺の麺があつもりへ変更可能、つけ汁の辛さも中辛、大辛、超辛へ変更可能になっていた。

2013年02月24日

担々麺@李家

2012年12月に李家でIセット担々麺を食べた。680円だ。

Iセットは、担々麺、シューマイ、お新香のセットである。李家で評判の良くないメニューは実は麺類で、茹で加減が柔らかすぎるらしい。その評判を知りつつも、あえて麺類を注文してみた。

担々麺だ。

麺は、中華料理店で見かけるダマになりやすい細麺だった。確かに評判では柔らかすぎるという評価が多かった。期待していなかった。ところがダマになっていなかった。しっかりとほぐれる。柔らかいが悪くない。量も食べ応えがある。積極的に美味いというわけではないのだけれども、これならば問題ない。

スープはたっぷりと量があった。白湯スープではなく清湯スープである。ゴマの香りがとても弱い。芝麻醤がほとんど投入されていないに違いない。担々麺らしくないスープなのだ。たっぷりとした清湯スープの表面を、ゴマの香りと唐辛子の辛味の極々薄い層が覆う。辛味は弱い。山椒ではなく唐辛子の辛さである。辣ではなく麻を効かせて欲しいのではない。辛味がスープ表面の極々薄い層に集中してしまっているのが口惜しいのだ。厚みが欲しい。

具は、挽肉、シナチク、細切り白ネギ、万能ネギに加えて、チャーシューが一切れ、ナルト、それにキクラゲだったろうか。チューシューは歓迎なのだけれども、ナルトの印象は良くないのではないだろうか。普通のラーメンをちょっと担々麺風味にしてみたという店の姿勢が残ってしまうような気がする。残念なのだけれども、確かにそんな味わいだったりするのである。

そして、やっぱり挽肉の量が少ない。炒めるときにあわせる豆板醤か辣油かの量も少なくなっているに違いない。辛味の素である油の層が、たっぷりとしたスープの表面に極々薄く浮いてしまう。担々麺風味のラーメンになってしまうのである。味は決して悪くないのに、期待していた担々麺と違うために何だか残念に感じられてしまうのだ。これはもったいない。

2012年10月03日

喜多方ラーメン@坂内・小法師

喜多方ラーメン坂内・小法師で喜多方ラーメンを食べた。創業価格まつりで通常価格580円のところ480円だった。

坂内・小法師の喜多方ラーメンといえば、チャーシューである。焼豚ラーメンを注文しなくても、満足できる量が食べられる。小ぶりで薄くはあるものの、5枚もある。脂身の塊がついたチャーシューではない。しかし柔らかい。悪くない。美味いチャーシューではないものの、無難に美味いチャーシューなのだ。小ぶりで薄いので、麺と一緒に食べやすく、量だけではなく質でもかなり満足できる。

なお、2012年10月1日から麺は太麺だけとなって細麺が選べなくなったようだ。

2012年07月08日

半ちゃんらーめん@さぶちゃん

さぶちゃんは神保町のラーメン屋である。

白山通り沿いのキッチングラン脇の路地にある。屋台に似た雰囲気がある。小さく狭い。カウンター席が数席あるだけだ。

メニューはシンプルだ。らーめん540円、大盛らーめん620円、ちゃーはん640円、ちゃーしゅーめん740円、そして半ちゃんらーめん690円の5種類だけである。大多数の客が半ちゃんらーめんを注文している。

券売機も給水機もない。入店したら適当な席に腰掛けて「半ちゃんらーめん」と注文する。水が出される。そしてカウンターの卓上には丼が置かれる。目の前である。スープが注がれ、茹で上がったラーメンが入れられ、チャーシューメンマが置かれる。出来上がったラーメンが出されるのではない。目の前でラーメンが調理されていくのだ。卓上にはスープが溢れる。気にしてはならない。さぶちゃんは、そもそもそういう店なのである。

右手上方のテレビ放送をぼぉーっと眺めつつ、ゆったりと構えているのが正解だ。常連客には店主が必ず声をかける。「久し振りだね。しばらく顔を見ていなかったから引越したのかと思っていたよ」とかである。会話を楽しみながら出来上がりを待てるようになったら、もうそのときにはさぶちゃんにすっかり魅了されてしまっていることだろう。

らーめんは、軽く縮れた柔らかめの細麺に、カエシの醤油が出汁でやや薄まりすぎめのスープだ。チャーシューは固く、メンマは味が濃い。

ちゃーはんは、焦げてパリパリになった箇所と、しっとりとしている箇所がある。具は刻みチャーシューと玉子、ネギだ。

らーめんもちゃーはんも、そんなに美味いとはいえない。しかし、それでも客足が途絶えない繁盛店なのが、さぶちゃんである。店の雰囲気や店主のお人柄も含めて、トータルで惹かれる店なのが、さぶちゃんであるに違いない。

低糖質制限食ダイエット実行中に、ふと思い出して記事にしたのが、さぶちゃんだった。さぶちゃんとは、きっとそういう店なのだろう。