Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2013年04月29日

昭和カレー@辛れ〜屋ユアーズ

2013年4月に辛れ〜屋 ユアーズで昭和カレーを食べた。400円だ。

昭和カレーというメニュー名から想像するカレーは、小麦粉のトロミがある甘口カレーで、具は大きめに切られたジャガイモニンジンタマネギ等がゴロゴロと入っているものだった。

ユアーズの昭和カレーは、トロミの少ないサラサラした中辛カレーで、具は小さくカットされた豚肉、ニンジン、タマネギだった。「昭和」かどうかは別として、カレーの味は悪くない。具は、店頭のお肉たっぷりのカレー \400や具材ゴロゴロに期待すると残念な想いをするが、400円という低価格である。お肉たっぷりといっても限界があるし、具材がゴロゴロ入っているはずがない。

丸平皿の端にライスオムライスのような紡錘形に盛りつけられ、皿の残り3分の2くらいにサラサラとしたカレーが注がれている。見た目よりもライスはしっかりと量があって嬉しい。炊き加減もよい。

卓上には辛味パウダー福神漬けがある。どちらも素晴らしい。

辛味パウダーは、容器の蓋を回すとふりかける穴の大きさが三種類から選べる。ぜひ最大にしてもらいたい。そして限界まで辛味に挑戦してもらいたい。カレーがサラサラしているので、かなりの量の辛味パウダーを溶け込ませられる。粉っぽくなる限界程度まで大量にふりかけると激辛カレーを堪能することができる。400円という低価格で、こんな激辛カレーを味わえるなんて素晴らしすぎる。CoCo壱番屋のポークカレー430円、10辛100円はもう必要ない。

そして福神漬けも悪くない。リンゴ型の容器が女性客を意識している。しかし、それはそれとして容赦なく投入する。福神漬けで余ったライスを食べるのではない。福神漬けを激辛カレーと一緒にライスを食べるのだ。トッピングなしのカレーでも、途中から歯応えが加わって味の変化を楽しめる。

ユアーズは、しっかりとした量のライス、卓上の辛味パウダー福神漬けの三点が素晴らしすぎる。ユアーズには、より低価格の松屋吉野家のカレーを蹴散らすだけの魅力があるのだ。

ユアーズのメニュー

カレーメニュー価格
昭和カレー400円
焼きカレー500円
完熟トマトほうれん草カレー600円
完熟トマトとほうれん草のチーズカレーのミニ450円
ジャーマンカレー650円
ドライカレー700円
ロコモコカレー
大盛り+100円
焼きカレー以外の持ち帰り容器代+30円

トッピングメニュー価格
生玉子+50円
ゆで玉子
目玉焼き
ポテト+100円
コーン
チーズ+150円
コロッケ
ほうれん草
完熟トマト
チキンカツ+200円
から揚げ
ウィンナー
ハンバーグ+250円
トンカツ+400円

サラダメニュー価格
ポテトサラダ100円
野菜サラダ150円
ユアーズサラダ200円
ドリンクメニュー価格
ホットコーヒー150円
アイスコーヒー
コーラ
オレンジジュース
グレープフルーツジュース
アサヒスーパードライ350ml350円

ユアーズの店舗情報

営業時間

11:00から21:00まで。定休日は日曜日と第三土曜日。

住所

埼玉県熊谷市筑波3-88

熊谷駅北口から徒歩1分。

2012年10月23日

肉と惣菜の店(有)佐藤商店

f:id:babameshi:20121023225343j:image:w640

kanakanaさんから紹介された店だ。肉と惣菜の店(有)佐藤商店である。最寄駅は浮間舟渡駅だ。

戸田ゴルフ練習場から土手をはさんだ肉屋、佐藤商店さんの唐揚弁当を推薦します。週末限定だと土曜お昼しかチャンスありませんが。夏の花火大会では行列の人気のお店です。戸田橋から朝霞水門方面はマムシ注意の看板ありましたが、もう季節的に大丈夫かと思います。河原でおべんと広げてカーボチャージしてください。

荒川右岸で戸田橋下流側のスロープを下り、二つ目の路地を右折すると右手にあった。

間口が広い店だが、大混雑していた。

付近にはタクシーが2台路上駐車しており、タクシー運転手にも人気の店らしい。

おすすめ弁当500円、ハンバーグ弁当450円等の弁当と、からあげコロッケメンチカツカキフライポテトフライ等の惣菜も販売していた。からあげは100g178円である。

行列に並ぶ余裕がなくて、今回は何も買わなかったが、土曜日の開店直後を狙っていきたい。せめて10時には開店していたらありがたいのだけれども、どうかなあ。

2012年01月02日

ナポリタン大盛@スパゲッティーのパンチョ

f:id:babameshi:20120102133744j:image:w640

スパゲッティーのパンチョは2009年に渋谷で創業したナポリタン専門店だ。吉祥寺どんぶりの株式会社ファイブグループによる経営だ。

2010年には御徒町、池袋、2011年には吉祥寺、神田と、2011年末で都内に5店舗を展開している。

店の看板や入口マットは真っ赤な背景に白抜きで店名等が書かれ、店頭の立て看板もナポリタンとミートソースの写真で埋め尽くされているので赤い。紅白でまとめられた店のデザインは、妙に街の風景から浮いていて、気になる。

メニューはナポリタンとミートソースだけだ。650円である。パスタの量が小盛り300g、並盛り450g、大盛り600gのうちから選べる。これに8種類のトッピングを組み合わせる。キャッチフレーズは改めて、ナポリタンはうまいと言わせたいだ。

なお、大盛りじゃ足りない方用として兄貴(変態ゾーン突入)1,200g、番長(これぞっ、番長級!)1,600g、星人(もはや宇宙人)2,100gも用意されている。

食券制だ。店内左手に券売機がある。目線を右下に向けると小盛り300g、並盛り450g、大盛り600gのサンプルが置かれているので、これを参考にしながら量を選べる。水もセルフサービスである。券売機右隣の給水機を使って、自分で席まで水を運ぶ。

店内は壁一面に映画やドラマ、アイドルのポスターが重ねて貼られている。1980年代から1990年代のポスターだ。中央には「炭水化物」の四文字の書が額縁に入れられてかけられている。BGMもこの年代のポップスが流されている。テーブルクロスは朱色と白色のチェック模様だ。

f:id:babameshi:20120102133743j:image:w640

f:id:babameshi:20120102133746j:image:w640

卓上にはお知らせ(初めての方 必見)との注意書きがある。

  • 混雑時はお席が相席(あいせき)になる場合がございます。
  • お水はセルフサービスとなっております。(入口にございます)
  • 混雑時は席移動にご協力ください。(勝手に移動しないで)
  • スムーズに商品を提供する為に提供順番が多少前後する場合がございます。(忘れてるわけではないっす)
  • 食べきれず残した商品はお持ち帰りできません。
  • トッピングを追加したい方、現金でも承ります。
  • 当店はカロリー表示は無意味なのでしておりません。
  • テーブルの調味料はご自由にお使いください。

卓上の調味料としては、粉チーズ、タバスコ、コショウに加えて、マヨネーズや「飽きたらかけるタレ」が置かれる。

f:id:babameshi:20120102133745j:image:w640

スパゲッティーは極太のスパゲットーニだ。ウィンナーソーセージ、タマネギ、ピーマンと一緒にケチャップで炒められている。

茹で置きされた太いスパゲティを客の注文に合わせて炒めてから出す。妙に油ぎったナポリタン。それが昔の喫茶店のナポリタンだとすれば、スパゲッティーのパンチョのナポリタンのスパゲッティーは悪くなかった。モチモチしていて、まるで茹で立てみたいだ。油でベトベトになっていることもない。これはいい。

ケチャップ味は、きっと誰が調理しても似たような味になるはずだ。美味くはないが、決して悪くはない。ナポリタンの例のケチャップ味だ。ケチャップをけちらずにたっぷり使っているのだろう。濃いめの味わいになっている。

ミートソースとナポリタンがショーウィンドウに並んでいれば、今はミートソースを注文するが、昔はナポリタンを注文していた。ナポリタンにクドさを感じはじめて、ミートソースを選ぶようになってしまったのは何歳ぐらいだったのだろう。久し振りのナポリタンはとても懐かしく感じる。

そして腹ペコだったせいもあるかもしれないが、大盛600gを食べ飽きることもなく、軽々と食べ尽くしてしまった。粉チーズとタバスコは使ったものの、卓上に置かれた「飽きたらかけるタレ」は使う機会がなかった。満腹だ。

スパゲッティーのパンチョのナポリタンは、誰でもつくれる懐かしい味のナポリタンだが、決して「不味い喫茶店のナポリタン」ではなかった。「美味い喫茶店の昔ながらのナポリタン」だ。

メニュー(価格)

品名価格
ナポリタン
or
ミートソース
小盛り300g650円
並盛り400g
大盛り600g
兄貴1,200g1,050円
番長1,600g1,350円
星人2,100g1,650円

トッピング品名価格
目玉焼き+50円
ポテトサラダ
ソーセージ1本+70円
ソースカツ
とけるチーズ+100円
エビフライ1尾
厚切ベーコン+200円
ハンバーグ

2011年06月09日

野菜カリー+ライス大盛り@エチオピア

2011年6月9日にエチオピアで野菜カリーをライス大盛り、辛さ20倍で食べた。

野菜カリー930円+ライス大盛り50円だ。辛さは0倍から70倍まで選べるけれども無料サービスだ。付け合せのじゃがいもは、じゃがバターにした。じゃがバターかフライポテトかを選べる。平日15時以降か日曜日、祝祭日だけの無料サービスらしい。

店舗は高田馬場駅、西早稲田駅、面影橋駅からほぼ同じ位の距離にある。どの駅からもアクセスできるが、どの駅からも中途半端に遠い。高田馬場駅から早稲田通りを早稲田に向かって東へ歩く。明治通りとの交差点を渡ると直ぐ左手が店舗だ。間口が狭く奥に長い店舗である。カウンター席が数席と二人卓が3つの6席だけの店だ。と思っていのだが、記事を書くためにインターネットを検索していたら、奥に数名用のテーブルがあるとのことだった。何度も通っているが今まで気づかなかった。

久しぶりの訪問だ。いつのまにか食券機も導入されていた。入店して右手にある。野菜カリーとライス大盛りを選ぶ。

席につくと、水が運ばれ、辛さとじゃがいものメニューを尋ねられる。水はレモンの香りがする。

野菜カレーの具は、プチトマト、ナス、ブロッコリー、カボチャ、ピーマン、しめじ、まいたけ等々だった。盛り沢山で野菜がゴロゴロとしている。あまりにもゴロゴロとしているので、極端にいえば、野菜カリーというよりも、カレー煮込みもしくはカレー炒めで汁たっぷりの野菜を食べている感じがする。スパイスはクローブだけが強く出ているわけではなかった。苦味はクローブかもしれないけれども、何か知らないスパイスの香りを強く感じた。

ライスは量が多かった。大盛りにしなくてもよかった。次回は注意しよう。満腹だ。

ちなみに、カレーを食べきった後に残ったライスは福神漬けで平らげた。エチオピアで食べる福神漬けは美味い

2009年10月22日

ビッグハンバーグ定食(デミソース)@らんぷ亭

らんぷ亭のビッグハンバーグ定食だ。590円である。

まずくないのが口惜しい定食だ。屑肉とか成型肉とか牛脂とか果ては大腸菌とか思い浮かべる。ハンバーグを二つに割る。何だか肉ではないよ。ガラスに囲まれた工場で静かに次々と加工されて産まれてくる物体に違いない。

が、そこそこ食べられる。量が多い。そこそこ満足してしまう。これが口惜しい。590円ならば許せるかと思ってしまうのが口惜しいのだ。

ライスポテトサラダと味噌汁がついてくる。ライスは悪くない。ポテトとサラダは一緒に食べてポテトサラダという意図だろうが別々に食べる。サラダにドレッシングをかける。このドレッシングが好みでない。残念だ。味噌汁にはインスタント感が漂う。サラダは量が少ない。味噌汁も量が少ない。どちらも松屋のほうがいい。そんなことははじめから分かっているのだ。

らんぷ亭はやむなく入ることが多い。近所に吉野家がない、松屋もない、すき家もない、なか卯もない。選択肢がないから入る。腹が減っていることが多い。腹いっぱい食べたい。ビッグハンバーグ定食だ。食べているうちに後悔する。しかし、そこそこの満足感が訪れる。そしてそこが口惜しい。許してしまうのだ。

らんぷ亭とは相性が悪いらしい。