Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2013年04月30日

タンメン大盛@善の家

2013年4月江戸川橋善の家タンメン大盛を食べた。

タンメン450円、大盛+50円の500円である。メニューには、たん麺が500円とある。しかし、店頭入口には常にサービスとしてタンメン450円の貼紙がある。なんと善の家ではタンメンが常に450円で販売されているのだ。

麺は中細のストレート麺で加水率がやや低めである。優しい味である。悪くない。しかし、大盛にしたところ、とても量が多い。大盛は半玉増量ではなく、二玉に違いない。タンメン450円という低価格なのにもかかわらず、+50円で一玉増量というのは驚きだ。

スープは出汁の効きがやや薄めで淡白な味わいだ。最初から卓上調味料を追加したほうがいいかもしれない。途中で酢を加えたのだけれども、麺を大盛にした場合は食べ飽きないように、淡白な味を補って最初から胡椒を多めにかけたり、タンメンとは別な一品になっても構わないならば醤油を加えてしまうのも良いかもしれない。そして、麺を半分ほど食べ切ったら酢を追加して味の変化を愉しむといった具合である。

具はたっぷりの野菜である。キャベツモヤシが大半で、少量のニンジンが加わる。

450円という価格を考えれば、素晴らしいタンメンである。しかし、早稲田にも稲穂のタンメン450円がある。善の家は稲穂よりも麺が美味くて具もたっぷりであるが、スープと具は善の家よりも稲穂のほうが美味い。総合的に比較すると、残念ながら稲穂のほうが美味いのだ。善の家のタンメンは素晴らしいが、稲穂のタンメンはそれよりもさらに少しだけ素晴らしかったりするのだ。

善の家では+50円の大盛の素晴らしさが実感できたので、善の家で最も満足できるメニューはラーメン350円、大盛+50円なのではないかと考えている。

2013年04月21日

冷しチャンタンメン@蒙古タンメン中本

冷しチャンタンメンとは?

蒙古タンメン中本冷しチャンタンメンとは、魚介と野菜を一緒に炒めて具にしたつけ汁のつけ麺である。冷し蒙古タンメン中本ではつけ麺を指す。チャンチャンポンタンメンは文字通りタンメンだ。

冷しチャンタンメンは750円である。冷し味噌ラーメンは770円だ。

冷しチャンタンメン超辛は、冷し味噌ラーメンよりも辛くて、魚介と野菜の具が豊富なつけ汁で、麺も浅草開化楼の極太麺でサッポロ製麺の中太麺よりも美味い。なぜ冷しチャンタンメン超辛を注文できるのに、冷し味噌ラーメンを注文するのか。出来上がり時間が短いことだけは確かに利点かもしれない。しかしその程度なのだ。冷しチャンタンメン超辛はかなりオススメできるメニューである。

むしろ蒙古タンメン中本高田馬場店に来訪して冷しチャンタンメンを注文しないなんて信じられない。

冷しチャンタンメンの麺

冷しチャンタンメンの麺は、サッポロ製麺の中太麺ではなく浅草開化楼の極太麺である。通常、蒙古タンメン中本ではサッポロ製麺の中太麺が使用されている。ツルリとした口当たりだが、コシが弱く弾力に乏しくて柔らかめ。浅草開化楼の極太麺は、とにかく歯応えがある。硬めの食感でコシがある。ワシワシと噛み締めつつ食べる麺だ。浅草開化楼の極太麺のほうが好みだ。

蒙古タンメン中本インスパイア系の激辛つけ麺店に高木やがある。中国料理中本の閉店後、蒙古タンメン中本の創業前に、既に高木やは中本の味を独学で目指した店主によって激辛つけ麺専門店として創業していた。浅草開化楼の極太麺こそ高木やが創業時から採用していた麺である。つけ麺に限定すると、まるで蒙古タンメン中本が高木やの味に近づきつつあるようにも見受けられる。

冷しチャンタンメンのつけ汁と具

冷しチャンタンメンのつけ汁は、味噌味である。

販売開始直後は辛さの調整ができなかった。2012年3月からは中辛、大辛、2012年12月には超辛への変更ができるようになった。

冷しチャンタンメン超辛は冷し味噌ラーメンよりも辛い。

冷しチャンタンメンの具は、魚介と野菜である。

魚介は、カキ、エビ、イカ、カマボコ(チクワ?さつま揚げ?)で、野菜は、キャベツモヤシニラニンジンキクラゲらしい。これに挽肉が加わる。

具沢山である。素晴らしい。

蒙古タンメン中本の冷しチャンタンメンの歴史

2011年12月1日冷しチャンタンメンの販売開始

蒙古タンメン中本冷しチャンタンメンは、2011年12月1日15時から高田馬場店にて30食限定で販売が開始された。

高田馬場限定商品「冷しチャンタンメン」
カキやイカエビの魚介系とたっぷりの野菜を濃厚味噌スープで仕上げました。辛さも控えめで太麺との相性も抜群です。この商品は高田馬場でしか味わうことが出来ません。この機会に是非一度ご賞味下さい!!

麺は大盛までだ。特大や超大盛にはできない。野菜も大盛にはできない。

2012年3月冷しチャンタンメンの辛さが中辛、大辛へ変更可能に

2012年3月からは冷しチャンタンメンの辛さが中辛、大辛へ変更可能になった。

2012年12月には冷しチャンタンメンの辛さが超辛へ変更可能に

2012年12月には冷しチャンタンメンの辛さが超辛へ変更可能になっていた。

2013年03月07日

小尾羊巣鴨店ランチバイキング600円の一、ニ皿目

小尾羊巣鴨店でランチバイキングを食べた。600円だ。

小尾羊巣鴨店のランチバイキングの一皿目

最初の一皿目は、味見のために、少しずつ多品目を盛りつけた。

冷菜からは、豆もやしのゴマ油・ラー油和え、四川風ザーサイ、しそ漬け生姜、千切り大根のサラダを選んだ。

主菜からは、ホイコーロー鶏のコロコロ炒め、モツ炒めである。

まずは冷菜から食べてみる。

豆もやしのゴマ油・ラー油和えは悪くない。辛味が癖になるかもしれない。

四川風ザーサイも悪くはない。塩っぱさがアクセントになって食欲を増す。

しそ漬け生姜は、最初に味見をして、二度と取ることはなかった。決して不味かったのではない。口直しに悪くはないだろう。しかし必要なかった。

千切り大根のサラダは、キュウリやニンジンの細切りと一緒になったサラダで可も不可もなかったのだが、最終的には最もたっぷりと食べる一品になった。全ては組合せなのだ。

続けて主菜を食べてみる。

ホイコーローは、キャベツキクラゲだ。肉は破片である。惹かれるところがない。

鶏のコロコロ炒めは、鶏肉を選んで盛りつけた。悪くはない。鶏肉だけではなく、一緒に炒められているニンジン、ピーマン、タマネギと一緒に食べたい。

モツ炒めは、茄子などの野菜と一緒に味噌風味で炒められていたかもしれない。あまり惹かれるところがなかった。

小尾羊巣鴨店のランチバイキングのニ皿目

ニ皿目である。

主菜から、鶏のコロコロ炒めくさくない♪レバニラを盛りつけた。

冷菜からは、四川風ザーサイと肉味噌である。

主菜をがっつりと喰う。

鶏のコロコロ炒めは、鶏肉だけピックアップするのではなく、ニンジン、ピーマン、タマネギとバランス良く盛りつけた。食べて確認できたことがある。鶏のコロコロ炒め、ザーサイ、ライス、スープという中華定食が600円で販売されて、ライスとスープがお代わり自由ならば、可も不可もない立派な中華定食メニューになる。そう考えた瞬間、小尾羊巣鴨店の懐の深さに心底から驚嘆した。

くさくない♪レバニラは、とにかくレバーが大きかった。モツとレバーで肉への欲求を抑えさせる作戦らしい。しかし、レバニラというよりはレバモヤシだったので、ニラを中心にピックアップしたいところだが、実際に食べはじめてみると、面倒になってしまう。レバーはその名の通り臭くないが味気なくて硬めである。残念ながら美味くはないのだが、肉を食べているという気にはさせてもらえる。

続けて、冷菜を喰う。

豆もやしを肉味噌につけて食べる。美味い。美味すぎる。とうとう見つけた。

今回のランチバイキングで最も美味いメニューである。なんと冷菜にあわせて提供されていた肉味噌だった。

2012年07月17日

ヤサイマシマシニンニクアブラ麺抜き?

外食を中心に糖質制限食ダイエットを実践中である。ラーメンが食べたくなった。

思いついたのが二郎である。

豚がでかい。そしてモヤシだけでも腹が満たされる。麺を抜けば糖質制限食になったりしないだろうか。

スープの背脂も歓迎だ。飲み干してやる。豚と野菜とスープで満腹になれるはずだ。

ダイエット中なのに二郎なんて意外だ。ただ問題が一つだけある。例の呪文である。ヤサイマシマシニンニクアブラまではいい。その後に勇気を振り絞って「麺抜き」といえるかどうかである。

2012年05月21日

担々麺@上海生煎包

f:id:babameshi:20120521224022j:image:w640

2012年5月20日に新大久保の上海生煎包で担々麺を食べた。300円である。

担々麺といえば芝麻醤である。練りゴマの風味を味わいたい。日本ではそういうものだと考えてしまいがちなのではないだろうか。

上海生煎包の担々麺は、麻辣麺の辛味を減らして、粗挽肉を具に加えたものだった。麻辣麺のスープが残念だったので、とにかくゴマっぽければ、それなりにコクが出るだろうし、いい具合に美味く喰えるんじゃなかろうかと予想していたんだけれども、見事に予想が裏切られてしまった。

麺が素晴らしい。あえて素晴らしいという書き方をしたい。細麺ではない。麺と麺がほぐれずに、ダマになってしまっていない。麺にコシは感じられないが、本当に柔らかくなりすぎた麺ではなく、この程度ならば、これはこれで許容範囲内なのであって、むしろ大歓迎と言っていいかもしれない。しかし、やっぱり量が少ない。これだけでは一食として不充分だ。軽食と考えるほかない。

スープは、担々麺なので、辣油の辣が効いている。刺すような辛さを味わえる。しかし、極端ではない。適度な辣だ。逆に花椒の麻はほとんど感じない。痺れるような辛さは味わえないものだと諦めよう。しかし、有難かったのはそれほど塩っぱくなかったということである。以前に麻辣麺を食べたときには、麻を凌ぎ、辣を凌ぐほどに、塩辛かった。第三の辛さに苦しめられたのである。今回の担々麺ではそれが緩和されていた。出汁の旨味なんてどうでもいいのである。そんなものはない。塩分に苦しめられないスープほどありがたいものはない。

具はモヤシと水菜がたっぷりめにのっており、それに粗挽肉が加わる。麻辣麺のときにふりかけられていた白ゴマはなかった。徹底的にゴマの風味が消された担々麺なのである。ザーサイを投入して、具の量を増やしながら食べた。

上海生煎包の担々麺は、ゴマの風味が微塵も感じられない担々麺だったのだけれども、気になるのは麻辣麺との違いで、粗挽肉が追加される分だけ、同価格なのだから担々麺がお得に思えて仕方がない。もう麻辣麺を注文することはなさそうだ。