Hatena::ブログ(Diary)

高田馬場B級グルメ 【高田馬場・早稲田】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

高田馬場B級グルメの文字だけブログですが、記事内リンク先で画像も見れます。

B級満載の学生街で格安大盛飯をレポ!値引きセールに敏感で、美味い不味いは飾らず記す。一年千食全てで美味い飯を喰いたい。

2013年04月30日

タンメン大盛@善の家

2013年4月江戸川橋善の家タンメン大盛を食べた。

タンメン450円、大盛+50円の500円である。メニューには、たん麺が500円とある。しかし、店頭入口には常にサービスとしてタンメン450円の貼紙がある。なんと善の家ではタンメンが常に450円で販売されているのだ。

麺は中細のストレート麺で加水率がやや低めである。優しい味である。悪くない。しかし、大盛にしたところ、とても量が多い。大盛は半玉増量ではなく、二玉に違いない。タンメン450円という低価格なのにもかかわらず、+50円で一玉増量というのは驚きだ。

スープは出汁の効きがやや薄めで淡白な味わいだ。最初から卓上調味料を追加したほうがいいかもしれない。途中で酢を加えたのだけれども、麺を大盛にした場合は食べ飽きないように、淡白な味を補って最初から胡椒を多めにかけたり、タンメンとは別な一品になっても構わないならば醤油を加えてしまうのも良いかもしれない。そして、麺を半分ほど食べ切ったら酢を追加して味の変化を愉しむといった具合である。

具はたっぷりの野菜である。キャベツモヤシが大半で、少量のニンジンが加わる。

450円という価格を考えれば、素晴らしいタンメンである。しかし、早稲田にも稲穂のタンメン450円がある。善の家は稲穂よりも麺が美味くて具もたっぷりであるが、スープと具は善の家よりも稲穂のほうが美味い。総合的に比較すると、残念ながら稲穂のほうが美味いのだ。善の家のタンメンは素晴らしいが、稲穂のタンメンはそれよりもさらに少しだけ素晴らしかったりするのだ。

善の家では+50円の大盛の素晴らしさが実感できたので、善の家で最も満足できるメニューはラーメン350円、大盛+50円なのではないかと考えている。

2013年04月28日

ラーメン@善の家

2013年3月に江戸川橋善の家ラーメンを食べた。

350円である。メニューには400円とある。しかし、店頭入口には常にサービスとしてラーメン350円の貼紙がある。なんと善の家ではラーメンが常に350円で販売されているのだ。

麺は中細のストレート麺で加水率がやや低めである。優しい味である。悪くない。むしろスープとの相性で、これはこれで良い。

スープは醤油ダレの透き通ったスープだ。バランス重視でカエシが際立っているわけでもなく、出汁が前面に出ているわけでもない。悪くない。

具はチャーシューメンマナルトネギワカメだ。チャーシュは小ぶりのが1枚で、脂身の柔らかさより赤身の歯応えが楽しめる。善の家のラーメンのような、昔ながらの中華そばにはナルトは嬉しい。彩りとして鮮やかだし、丼にナルトの「の」の字があるだけで、懐かしさのスイッチが入る。ただしワカメはやっぱり海苔のほうがより良い。味覚の問題ではなく、あくまでも雰囲気の問題だ。

あらためて350円という価格を考えれば、麺もスープも素晴らしい。このラーメンのためにわざわざ遠距離から江戸川橋まで訪問する価値はないけれども、江戸川橋でラーメンを食べたくなったときには、善の家のラーメンは選択肢の一つとして必ず思い出されてしかるべき一品である。江戸川橋で最安価格のラーメンだ。別の店でラーメンを注文するときには常に脳裏をよぎることになるだろう。そして、きっと反省するのだ。こんなことならば善の家でラーメンを食べておけば良かったと。

2012年10月19日

立ち食いそば山吹の10周年感謝セール

立ち食いそば紀行の全国ランキングで1位になった立ち食いそば山吹が10周年感謝セールを実施している。

そば・うどん・丼物・セット物ご注文のお客様に限り下記の中より一品、無料で提供させていただきますとのことだ。

12種類から選択できる。

  1. えび
  2. いか
  3. かき揚
  4. わかめ
  5. 玉子
  6. きつね
  7. 山菜
  8. ちくわ
  9. なす
  10. かぼちゃ
  11. いんげん
  12. 各種大盛

店頭にプレゼント券があるので、それを貰って注文時に渡す。プレゼント券は2012年11月末日まで有効である。長期間なのが嬉しい。

立ち食いそば山吹のそばは、岩崎製麺所の細い生そばで、色は濃くも薄くもない。蕎麦粉5割、小麦粉5割の同割そばだ。小諸そばのそばよりも、さらに細くなり、色がやや濃いめだと思えば間違いない。口当たりが素晴らしくコシがある。音をたてて啜るのが楽しい。美味い。過去に食べた立ち食いそばで山吹を超えるそばは今のところない。つゆは辛めでさっぱりとしているらしい。

立ち食いそば紀行の全国ランキングで1位になった立ち食いそば屋だから美味いのではない。本当に美味いのである。セット物ならばかつ丼をお勧めしたい。

カツは肉厚だ。そのカツはコロモと一体化し、そのコロモも半熟玉子で隈なく覆い隠されている。半熟玉子は黄身と白身が交錯しており、色鮮やかだ。飯にはつゆがたっぷりと染み渡っている。

カツを食べる。厚みのある肉がとても柔らかい。しなっとしたコロモには半熟玉子が絡んでいる。美味い。つられるように飯をかきこむ。米のなかからつゆの旨みが口に広がる。美味い。カツを頬張り、飯を頬張る。美味いことこの上ない。至福のときだ。本能が美味いと叫ぶ。

感謝セールがなくても通いたい店なのだから、この機会を見逃すことはできない。

ちなみに、2002年が山吹の創業年だと10周年感謝セールで初めて知った。

2012年08月19日

最近の気になる出来事

他にもたくさんあるはずなのに、とりあえずは思い出すのに力尽きた。

2012年06月29日

ハンバーグ定食(デミソース)@神戸らんぷ亭

f:id:babameshi:20120629223316j:image:w640

2012年6月17日に神戸らんぷ亭ハンバーグ定食を食べた。並でデミソースである。590円だ。なか卯かきあげうどんを食べたりと、最近は牛丼チェーン店で牛丼以外のものを注文する傾向があるようだ。

そもそもは、もりそばを軽く食べるというよりも、牛肉と米で胃袋を満たしたい腹具合なのであった。そして、神戸らんぷ亭では新味噌牛丼が当初の目標だった。味噌の風味の牛肉を頬張ってみたかった。ところが見事に販売終了である。気持ちを切り替える。いっそ限界まで食べ尽くして満腹になろう。

定食のライスのお代わりが自由だった。店舗限定らしい。江戸川橋店、八王子店等々である。他の店舗でも実施中のところが実は多いのかもしれない。

ハンバーグ定食は、ハンバーグとサラダ、ライス、マカロニ、みそ汁のセットである。ライスをお代わりしながら食べ尽くす。とにかく満腹だ。