Hatena::ブログ(Diary)

Les jardins suspendus de Babylone このページをアンテナに追加

2018-11-30

[]お知らせ2点

1. 11月10日(土)に山形大学にて、表象文化論学会第13回研究発表集会が開催されます。私は午後一(13:00〜15:00)の「研究発表1」にて、司会を務めます。翌11日には学会関連イベントとして、「バザン・レリス・闘牛──映画『闘牛』の上映とワークショップ」もあります。秋深い山形で芋煮を片手に、知的な興奮を噛み締めましょう。

https://www.repre.org/conventions/13_1/


2. 11月24日(土)に立教大学で開催される下記の公開シンポジウムに、私も登壇いたします。皆様のご参加をお待ちしております(立教大学関係者でなくともご参加いただけます)。

公開シンポジウムセレブリティ呪縛:18〜20世紀フランスにおける著名作家たちの肖像

日時:2018年11月24日(土) 13:00〜19:30 

場所立教大学池袋キャンパス 11号間3階 A304教室

(事前申し込み不要、参加費無料


趣旨

現代セレブリティスターのような、不特定多数視線に晒される存在の先駆けとして、18〜20世紀フランス活躍した作家芸術家思想家たちを捉え直すことはできないでしょうか。創作活動によって彼ら彼女たちが「著名人セレブリテ)」になったのは紛れもない事実です。ですが、同時に、「著名性(セレブリテ)」は彼ら彼女らの作品創造思索にも決定的な影響を与えたのではないでしょうか。サルトルにはじまり、ピカソユルスナールバルザック、サンド、スタンダールシャトーブリアンルソーヴォルテールといった有名作家芸術家思想家たちが、「著名性」ととり結ぼうとした関係について検討します。


タイムテーブル

13:00〜 開会の辞、シンポジウム趣旨説明

開会の辞 吉岡知哉(立教大学名誉教授

趣旨説明 齋藤山人(日本学術振興会特別研究員

総合司会 桑瀬章二郎(立教大学文学部教授


13:15〜 第1部 偉人たちの格闘(あるいは饗宴

司会/コメンテーター 吉岡知哉


15:05〜 第2部 セレブリティを著す:有名作家たちの内省

司会/コメンテーター 小倉和子(立教大学異文化コミュニケーション学部教授


16:55〜 第3部 “モダンタイムス”の狂騒

司会/コメンテーター 森本淳生(京都大学人文科学研究准教授


18:45〜19:30 全体討議


【お問い合わせ】

立教大学学部事務1課 文学フランス文学専修担当 TEL:03-3985-3392

齋藤山人 yamatosaito[a]rikkyo.ac.jp

桑瀬章二郎 skuwase[a]rikkyo.ac.jp

([a]を@に変えて送信してください)


主催

立教大学文学部文学


キャンパスマップ

http://www.rikkyo.ac.jp/…/qo9edr00000…/img-campusmap_ike.pdf


ウェブサイト

http://www.rikkyo.ac.jp/events/11/mknpps000000k3w4.html

http://www.rikkyo.ac.jp/foot-bungaku/flyer3Script2.htmスマートフォン向けJavaScript

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/baby-alone/20181130/p1