Hatena::ブログ(Diary)

トポフィリ 夢想の空間

2011-11-27

訂正

昨日アップしたカタログ公開ページのURLが間違っていました。

お詫びして訂正いたします。
正しくは以下のページです。

https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=251e50d20120f27a&resid=251E50D20120F27A!102&authkey=HVdDRnrt9Lo%24

2011-11-26

カタログ公開ページ追加

既にカタログの一部のページをwebにて公開していますが、追加で別のページを公開します。

内容は以下の【公開ページ内容】の通りです。「時計台という場所の記憶」など、新たな論考もありますので是非ご利用下さい。


下のURLからダウンロードできます(前回の公開時と同じwebページに飛びます)。

https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=251e50d20120f27a&resid=251E50D20120F27A!102&authkey=HVdDRnrt9Lo%24

■■■■■■■■■■■■■■■■

【新たな公開ページ内容】

◇ごあいさつ
(ファイル名:topophilie_foreword_1114)
展覧会の概要説明


◇foreword
(ファイル名:topophilie_foreword)
上記「ごあいさつ」の英訳


時計台という場所の記憶
(ファイル名:topophilie_clocktower_1114)
会場となった駒場キャンパス1号館時計台の歴史をまとめた論考


◇奥付
(ファイル名:topophilie_copyright_1114)
展覧会とカタログの基本情報



*旧公開ページは以下の通り。

◇論考
(ファイル名:topophilie_ronko_0930)

◇作品・展示物解説(前半)
(ファイル名:topophilie_tenji28-45_0930)

◇作品・展示物解説(後半)
(ファイル名:topophilie_tenji46-69_0930)

◇関連企画記録
(ファイル名:topophilie_kiroku84-87_0930)


■■■■■■■■■■■■■■■■

【カタログ情報】

編集   横山由季子、瀧上華
翻訳   ハナ・ミガーヒ
デザイン 廣瀬暁春
作品撮影 大橋貴良
会場撮影 星野太
協力   Radi-um von Röntgenwerke AG
印刷   有限会社 七月堂
発行   東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻
     表象文化論コース 表象文化論実験実習機田中純教授)
      ©2011

(敬称略)

2011-10-13

カタログの一部公開

展覧会カタログは既に発行を終了しておりますが、総部数も多くなく、予約終了後にお問い合わせいただいた方もいらっしゃいましたので、一部をweb上で無料ダウンロードできるようにしました。

展覧会、関連企画の記録、ご寄稿いただいた論考をご覧いただけます。
是非ご利用下さい。

下のURLからダウンロードが可能です。

https://skydrive.live.com/redir.aspx?cid=251e50d20120f27a&resid=251E50D20120F27A!102&authkey=HVdDRnrt9Lo%24


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【公開部分内容】

◇論考
(ファイル名:topophilie_ronko_0930)
G・バシュラール『空間の詩学』をめぐる、田中純松浦寿輝金森修の論考


◇作品・展示物解説(前半)
(ファイル名:topophilie_tenji28-45_0930)
展覧会の記録写真と各作品・展示物解説


◇作品・展示物解説(後半)
(ファイル名:topophilie_tenji46-69_0930)


◇関連企画記録
(ファイル名:topophilie_kiroku84-87_0930)
劇作家・岸井大輔によるワークショップ及び講演会、「芸術ジャンルに潜在する、愛と空間を探ってみる・プロローグ」の記録



(敬称略)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【カタログ情報】

編集   横山由季子、瀧上華
デザイン 廣瀬暁春
作品撮影 大橋貴良
会場撮影 星野太
協力   Radi-um von Röntgenwerke AG
印刷   有限会社 七月堂
発行   東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻
     表象文化論コース 表象文化論実験実習機田中純教授)
      ©2011

(敬称略)

2011-08-13

制作物のダウンロード

会期中、特に多くの反響を頂きました、音を用いた学生制作物(会場では音+インスタレーションだった制作物【No.17 扉の奥の無限】のうち、音のみ)を、インターネット上でダウンロードできるように致しました。

ご希望の方は是非ご利用ください!

以下のURLよりダウンロードできます。

http://rurihikohara.bandcamp.com/


会場写真入りのカタログも昨日無事に発送作業を終えましたので、ご予約いただいた方は近日中にお手元に届く予定です。

こちらもお楽しみに!

2011-08-01

カタログ予約終了のおしらせ。


トポフィリ展、30日に無事終了いたしました。
10日間という短い会期ではございましたが、549名の方にご来場いただきました!ご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

会期が終わった会場は撤収作業がつづき、元もかたちを取り戻しつつあります。

先日からブログにてご紹介させていただいていた、展覧会カタログですが、予約部数が予定の冊数に達したため予約受付を終了いたしました。

大変多くの方からお問い合わせをいただきましてありがとうございました。ご予約いただ来ました方は、発送までいましばらくお待ちください。



カタログ担当:瀧上

Connection: close