Hatena::ブログ(Diary)

BARCHETTA 3 海の仲間の日記 RSSフィード

 

2012-07-07

[車]期待の果てに見えてきた現実  − シトロエンDS5発表試乗会


8月1日から発売となるシトロエンDS5の発表試乗会“Citroen DS Line Experience 2012 in Gotenba”に行ってきました。

場所はマースガーデンウッド御殿場。


《御殿場ICの横にある“マースガーデンウッド御殿場”が今回の会場。プレス向けの発表会のオマケとはいえ、こういう演出には特別感を感じてしまいます。》


プレス向けの試乗会の翌日に一般人向けのイベントを開催するというのは、昨年9月に開催されたDS4のイベントに引き続いてのこと。

その名が示すとおり、DS5だけではなく他のDSラインも併せて展示されていて、事前予約による試乗もできるというものです。

《思っていた以上に多くの人が来ていました。試乗の予約ができなかった人も多かった様子。》


昨年の上海モーターショーで発表されて以来、恋い焦がれるづけていたDS5。

そのDS5に思う存分にお触りし捲ることができる時がやって来ました!

しかも試乗までできるということで、前の晩は興奮して眠れませんでしたね、正直…。

《ウチのプルリエルとDS5&DS4の3ショット!やっぱDS5は白だなぁ〜。》

《昨年の東京モーターショー以来の再会。何度見てもカッコイイ!》


さらに今回は初めてDS4にも載ることができたの、それも含めての報告です。


【DS5の内外装はバーゲンプライス!】

ハッキリいって、内装とデザインに関してのCPは文句のつけようがありません。

プレミアム感満載のこのデキで¥400万ポッキリですから、誰がなんといおうがバーゲンプライスで、ユーロ安を誠実に反映させているインポーターの姿勢を高く評価したいと思います。

それに比べ隣の国のジャガイモ野郎たちなんて、この為替の状況に在ってもまったく値段下げませんからね。

《それにしても最近のシトロエンはクロームパーツの使い方うまい!エレガントで適度なゴージャスさを巧みに演出しています。》


内外装については、個人の趣味・嗜好の問題も大きいので結論じみたことはいえませんが、個人的には所有欲を大いにくすぐるものであると感じています。

《スゴイ人気です。このブラウンヒッコリーという色はインポーターのお気に入りな様子で悪くはないのですが、ちょっと重いんだよなぁ。》



【DS5の走りはあまりにも普通】

午後になっていよいよ試乗の順番が回ってきました。


《待ちに待った1年と数ヶ月。やっと憧れのDS5のステアリングを握る時がやって来ました。》


さて、イヨイヨです。

シートとミラーを合わせて準備万端!

試乗に出発!


っが!しかし…。


ココまで持ち上げ捲っておいてナンですが、結論からいうとDS5の乗り味にはガッカリしています。


主催者側に文句を言いたいほど短い10分程度の試乗時間ですから、深いことが分かる訳ではありません。

しかしそれにしても、DS5のデザインに見られるスペシャリティ感が、エンジンやトランスミッションから全く感じることができなかったのは残念です。


また試乗車個体の問題かも知れませんが、ドライブトレーンからと思われるノイズが走り出した瞬間から明確に耳に入ってきたのには、正直興醒めしてしまいました。


解ってはいたことですが、毎度おなじみのBMWと共同開発した1.6Lエンジンとアイシンのトルコン6速A/Tとの組み合わせは必要十分ではあるものの、操る者の気分を高揚させる様なエッセンスは持ち合わせてはいません。


それに演出という意味合いでパドルシフトはあってもいいと思うのですが、それもDS5には装備されていません。

また、アイシンのA/Tにはシフトダウン時のブリッピング機能(←コレはオトコ心を擽るんだなぁ)もついてはいません。

両機能ともDS4どころかウチのプルリエル(2007年モデル)にさえ装備されているというのに、ちょっとチグハグな感じはします。


シトロエンのコアなファンがDS5に乗ったら、『コレならC5の方がいいじゃん!あっちにはハイドロ付いているし。』というかも知れません。

実際、DS5が欲しくて欲しくてたまらなかった私自身でさえも、エンジンとトランスミッションが同じならC5の方がイイかもしれないと思い始めています。


う〜ん!困りましたねぇ〜。

デザインが突き抜けてイイだけに、それに比べて平凡ともいえる乗り味とのバランスが取れていません。

ものすごく極端な表現をすると、フェラーリトヨタサルーン向けのエンジンを積んだ様な感じです。

けして悪くは無いのですが…。


正直、私のDS5購買意欲はかなり冷めてきています。



【気になったこと? ナビについて】

購入をマジで考えている者として気になっていたオプションの純正ナビについて、インポーターの方に聞いてみたところ、以下の様な回答をもらいました。

・価格は¥20万(程度)

パナソニック

・今回はマジメに作りました。

・標準装備のマルチファンクションディズプレイの機能も取り込んでいる専用設計

・地図の記録メディアはメモリ


私としては『オプションのナビは選択せず、DINサイズであれば市販品をインストールしたい。』と思っておりましたが、マルチファンクションディズプレイの機能も統合されているというのであれば、コレを選択しないわけにはいきませんね。

純正ナビ、オプション追加決定です!


ただし、やはり市販品のナビの筐体を流用しているためか、それともアタッチメントの設計のツメが甘いためか、いずれにせよ微妙な隙間感というか“後付け”っぽい雰囲気があることは否めません。

まぁこれについては許容範囲の話しではあります。



【気になったこと? Hybrid4】

実は今回私がこのイベントに参加した最大の目的はDS5の試乗ではありません。

では最大の目的が何かというと、それはDS5の最大の注目モデルである“Hybrid4”の日本導入があるか否かについて、インポーターの方に確認をすることにあります。

既存のどのものとも異なるPSA独自のハイブリッドシステム“Hybrid4”が搭載されさえすれば、ハイドロを持たないことを補って余りある魅力をDS5が持つことになります。


そいう超目玉といえる玉が後に控えている状態で、仮に今回出た1.6LガソリンFFを購入しても、ほどなくしてHybrid4が追加されたりする様なことがあっては悔やんでも悔やみきれるものではありません。

Hybrid4については昨年9月のDS4のイベントの時にもインポーターの方に確認しましたが、その際には『可能性がない訳ではない…。』という玉虫色ものでした。


今回改めてHybrid4について複数のインポーターの方にお話をお聞きしたところ、以下の様なお話を聞くことができました。

・インポーターとしてはHybrid4を入れたいと思っており、PSAに意思表明をし続けている。

PSAディーゼルには自信があるので、そういう意味でぜひもHybrid4を日本に導入したい。

プジョー3008も含めHybrid4を輸入できるか否かの最大の問題は、搭載しているディーゼルエンジンが今後日本の排ガス規制をクリアーできるか否かである。

・現在PSAディーゼルユーロ5の排ガス規制をクリアーしているが、日本の排ガス規制は次世代のユーロ6相当であるため、いずれにせよそれへの対応を待たなければならない。

ユーロ6をクリアーした上で、マーケティング的に日本で売るか否かPSAの判断となる。

・以上のことから、いずれにせよ2013年にHybrid4が日本に導入される見込みはかなり薄いと。


個人的には一部で噂になっていたガソリンエンジンのHybrid4が導入されるかと思っていましたが、どうやらそれはなさそうな感じです。

インポーターはあくまでもディーゼルを入れたい意向をお持ちの様子ですね。


さて、またコレで困ったことになりました。

Hybrid4が出るまでDS5の購入を保留にするか、それともHybrid4を諦めて発売されたFF選択するか、はたまたHybrid4が出るまで繋ぎでC5(中古)に載るか…。

ドーしましょうかねぇ〜。



【EGSは意外にイイ!】

今回はDS4 Chicにも試乗することができました。

コレが予想外にとても良かった!


なにが良かったかといいますと、それはもうエンジンとトランスミッションのバランスが最高で、今まで『今どき“シングルクラッチ”のロボタイズM/Tなんて、大メーカーとして良くもまぁ売ることができるもんだ!』と思っていた考えが100%覆りました。


EGSイイです!

DS5もアイシンのトルコンやめてEGSにして欲しい!


《いちばん後ろ白いのに載せてもらいました。DS4の試乗は妻が予約した分です。》


DS4 ChicのエンジンはDS5と同スペック(156HP)なはずですが、200kg近い車重の差とトランスミッションの違いからでしょう、全くの別物としか思えません。


ウチのプルリエルはEGSの前身であるセンソドライブというシステムなのですが、センソのネガが確実かつ的確に潰されていて、良い部分だけが残っている様に感じられます。

もちろんトランスミッションとしてはツインクラッチになった方が良いには決まっていますが、そのことと引き替えに消えてゆく魅力も少なくない様に感じます。


サイズ的にも金額的にもDS4という選択は私にはあり得ませんが、でもこんなにいい車だとは思っていませんでしたので、ご興味をお持ちの方には強くオススメします。



【DS5の結論】

DS5というデザインコンシャスな車の性格上、どうせ買うのであれば旬を逃さずにという思いは強くあります。

しかし、今回の試乗の結果を踏まえ、どうするかについてもう一度白紙に戻して考えてみることにします。

《さてドーするよ!》


思いを抱き続けた1年と数ヶ月間という期間が長すぎたのかなぁ〜。

 

2012-07-06

[海]ニュージーランドレポートが掲載されたPerfect BOATが、ただいま絶賛!好評!大ヒット!発売中!(たぶんね)

ワタクシ藤原信渾身のニュージーランドレポートが現在発売中のボート雑誌Perfect BOATに掲載されております。

http://www.perfectboat.jp/new/index.html


《Perfect BOAT編集部のレイアウトの巧みさに感服!我ながらカッコイイと思っています。》


NZ旅行記のブログにも登場しております布施弘太郎さんのことと、彼が立ち上げた独自ブランド“YAMATO MARINE”が関わる“FORMULA CRUISERS”のファクトリー訪問記です。

他にもNZの釣りやグルメのことも書いてあります。


立ち読みでも構いませんので、ぜひともご一読くださいませ!


 

2012-07-04

[]ニュージーランド訪問2012 (8日目/アルバニー〜オークランド国際空港〜成田空港)

 

最終日は9時発の飛行機に載るため、余裕を見てホテルを5時にチェックアウトします。

NZの人たちは総じて朝の動き出しが早く、オークランドの通勤渋滞は7時には始まります。

ホテルがノースショアであることを考慮しても5時出発は余裕を見過ぎではありますが、オークランド空港内のハーツレンタカーの返却オフィスがいまいちハッキリしないことから、早めに空港に向かうことにします。


【総菜のパイに感じたニュージーランド英国文化】

最終日の朝ご飯は、前の晩にNEW WORLDの魅惑いっぱいのお総菜コーナーで買っておいた、コーニッシュパイをいただきます。


《昔、イングランドのコーンウェル地方の炭鉱夫たちは、これをお弁当としていたのだそうです。わたしの大好物なんですよ!》


NZに適度に残る英国文化というものが、私がこの国を魅力的と感じている要因のひとつだと思っています。

パブに行けば必ずパイ料理やフィッシュ&チップスがあって、それらはイギリスと違ってかなりの確率で美味しいのです。

ですが、自分でも作ってしまうほど好きなコーニッシュパイがお総菜コーナーにあることには、全く気が付いていませんでした。

このコーニッシュパイ、見た目も味も本場のそれに勝るとも劣らないデキの良さでした。

もっと早く知っていれば…。

次回はもっとNEW WORLDのお総菜コーナーにを活用したいと思います。


さて、旅の後半お世話になった“ALBANY EXECUTIVE MOTOR INN”ともお別れです。



【ハーツレンタカーの返却場所は深く考えない方がイイ】

上にも書きましたが、ハーツレンタカーの返却場所については、資料にもWebにも日本人旅行者のブログにもハッキリしたことが書かれていません。

その中で『レンタカーの返却場所は国内線ターミナルの方にある…。』という主旨のブログを見つけ、まずはそれに従ってみることにしました。

国内線のハーツレンタカーの返却場所は、立体駐車場の1階の端にあって、ターミナル内の道路に立つ標識に従ってゆけばたどり着くことができます。

でも、その国内線の返却オフィスでは手続きは受け付けてはもらえず、まともな説明も無いままに『ココではダメ!』とだけ言われ追い払われてしまいました。

イヤな予感が的中してしまいました。


次の対応をどうしたら良いものかと考え、まずはシンプルに貸し出し場所の国際線ターミナルレンタカーの駐車場に行ってみることに…。

その後どうなったかというと、結局単に借りた場所に戻せば良かったらしく、ハーツの指定区画に車を駐め、借りる際に手続きを行った到着ロビー脇にあるレンタカーカウンターで返却の手続きを済ませることができました。

ちなみに返却場所は無人ですので、返却時の外観チェックなどは行われません。


《借りたときと同じ駐車場のハーツの区画に車を駐るだけでOK!返却時のチェックもありませんでした。いいのかね?》


レンタカーの返却手続きは到着ロビーにあるレンタカーカウンターでOK!》


単に私がちょっと考えすぎだっただけなのかも知れませんね。



【イヨイヨお別れ】

今回の旅では往復共にプレミアムエコノミーで、専用カウンターでチェックイン手続きができるとのことでしたが、その場所がワカラン!

右往左往していたら、日本の旅行会社の現地の方とおぼしき男性が丁寧に対応方法を教えてくれました。

これはありがたかったなぁ〜。


教えていただいたNZ Airエグゼクティブチェックインカウンターで手続きを済ませると気分が大きくなり、『もしかしたら入れちゃったりして』と思い立ちその勢いでエグゼクティブラウンジに入ろうとしたものの、やっぱりダメでしたね。

まぁ解っていたことですが…。


ということで出発の時間まで空港内を探検です。


《展望ロビーに登ってみたら、話題のオールブラックス仕様の機体を発見!》


マックもオシャレで大きい!》


名残惜しいけれど、出国手続きを済ませ成田行きのNZ99便が待つゲートに向かいます。


成田も少しは見習って欲しい、このデザイン性。》


《真ん中の透明なのは到着者が通る通路です。》


《キミともお別れだなぁ〜。》


《あーあ…。》



【やっぱり美味しいNZ Airの機内食&ワイン

残念ながらNZ99便は定刻通り出発となりました。

まぁそうですよね。


《こうなったらヤケ酒だ!出発前にシャンパンを2杯!》

うまい!やっぱシャンパーニュは違うねぇ〜。

プラスチックのコップでも美味しく感じる様な気がする。


《さよならNZ!また来るよぉ〜!》


《離陸後、早速一回目の食事です。飲んでます。》


それにしても帰国便のNZ AirCAは最悪でした。

50歳代のベテランの恰幅のイイおばちゃんでしたが、明らかに客によって態度が違います。

別に何かやり取りがあってそうなったワケでは無いし、欧米人には笑顔で対応していたので、おばちゃん日本人が嫌いなのかも知れませんね。


《もう夕飯。最後のお楽しみ!シャンパン飲みまくり〜!》


《あーあ、九十九里だよ…。》



【旅の終わりに】

今回も行き当たりバッタリのNZ旅行でしたが、Perfect BOAT誌の取材もうまくいき、とても充実したものとなりました。

新しい出会いもありましたしね。


次回はNZ訪問は南島だなぁ。

大自然を満喫してペンギンを見て、見知らぬ街のカフェやパブに入って現地の人たちと片言の英語で会話して…。

キッチリとした目的を持った旅も良いですが、こういうスタイルの旅も良いものです。


今回も楽しかったなぁ〜。

NZの皆さん、ありがとう!


おわり


今回このブログでも紹介したボートメーカーやお店などは、Perfect BOAT誌の7月5日発売号に掲載されます。

よろしければご覧くださいませ。

http://www.perfectboat.jp/

2012-02-12

[]ニュージーランド訪問2012 (7日目/スタンモアビーチ〜スナッパー(鯛)釣り)


NZ旅行も終盤になってきました。

最終日は朝の飛行機に乗るので、実質的に動けるのは今日が最後になります。


天候不順の今夏のNZにあって、今までの滞在期間中は奇跡的に天気に恵まれてきましたが、さすがにその運も切れてしまいつつある本日です。

朝から広がる曇天の雲行きが、午後に予定されている船釣りを絶望的なものにしそうな予感がします。


【朝ごはんを兼ねて気ままにドライブ】

午後は釣りの予定ですが、それまでの間は時間があるので、例によって適当な目的地をナビにセットしてドライブに出掛けることにしました。


《昨日ノーザン・ゲートウェイ有料道路のチケット購入のために立ち寄ったパーキングエリアで朝ご飯にすることにしました。》


《パーキングエリアの中は広々しています。バーガーキングをはじめ複数のテナントが入っています。》


《朝ご飯はサンドイッチにしました。味はごくフツーでした。PUMPもう何本目かな…、毎度大変お世話になっています。》


朝ご飯の後は、昨日と同様に国道1号線を北上し有料道路区間に入る手前のICで降りて、北島の東海岸の海岸線を目指します。


《到着したのは“スタンモアベイ”。砂浜が広がるなんだかチョット日本の風景っぽい感じがする海岸です。》


《土曜の朝ですので、お父さんと子供が散歩していました。》


《ここまで自家用車で牽引してきたボートを、専用のトレーラーが引き継いで海に浮かべてくれます。》


短い時間の間に20ftくらいの小さなボートが次々と海に出て行きました。

日本人にとってこのマリンレジャーの敷居の低さは、ただただ羨ましいのひと言です。

漁協という既得権益の権化の様な団体が存続し続ける限り、日本では絶対にこれ以上のマリンレジャーの普及はあり得ないでしょうね。

とても残念なことです。


それにしても雲行きが怪しい…。

オークランド方面では雷も鳴っている様な気が…。

どうせ降るなら、完全無欠に午後の釣りが中止だと船長が諦めるほどに強く降って欲しいのですが、まだそこまででは無い感じです。


【ニュージーランドの寿司はかなり旨い!(MATSU Sushi)】

短いドライブの後はお土産の購入のため、ホテルの近くにあるショッピングモール“West Field”内の激安スーパー“Pak'n Save(パックンセーブ)”と、それより少しハイソな“NEW WORLD”に立ち寄ることに…。

ここで日本の友人に頼まれたマヌカハニー入りの歯磨きなどを仕入れたりしていたら、あっという間にお昼近くになってしました。

お昼ご飯はショッピングモール内にある巨大なフードコートに決めたものの、各店共に魅惑的なメニューばかりでなかなか決めることができません!

そこで一度は経験してみたいと思っていた、寿司を食べてみることにしました。


《テイクアウェイ専門の“MATSU SUSHI”。ショーケースの中の寿司はかなりイイ感じです。。でもお値段もそれなりにします。》


結論から言うと、少なくとも“MATSU SUSHI”の寿司はかなり美味しい!

これは食べて損は絶対にありません。

イギリスのイングラドで外観以外はとても寿司とは思えない超マズイ寿司をたべてから、『外国の寿司は食わねー』と思ってた私ですが、“MATSU SUSHI”のそれは少なくとも日本のメジャーな持ち帰り寿司店よりも遙かに美味しいです!

“MATSU SUSHI”オススメです。


お昼ご飯を済ませ“West Field”の外に出ると、そこは完全に“嵐”としか表現しようの無い状況…。

やばい!っていうか、行きたくない…スナッパー釣り…。

中止になってくれないかなぁ〜。


【嵐の中のスナッパー(鯛)釣り】

スナッパー釣りには布施弘太郎さんと彼の友人の3人で挑みます。

午後に“Westhaven Marina”から出港する遊漁船に乗ることになっています。


この時点で天気は最悪の状態です。

どしゃ降りの雨だけでは無く、雷も鳴っています。

さらに良くないことは、NZの天気らしくその悪い状態が続かないことです。

ドーせなら遊漁船の船長が『コレはダメだ…。』と判断するくらいに雨が降るか海が荒れればいいのですが、そういう感じでも無いところがビミョーです。


完全にヤル気ないモードで“Westhaven Marina”に到着。

おいおい!雨も風もやんでるよ!

これじゃぁ中止はないなぁ。


出港時間になって私たちの他に若い男の子たち3人が集まってきました。

今日の乗船者は合計6名の様子です。


やはり、船長は悪天候による中止なんて微塵も考えていない様子…。

まぁ商売ですからね、当然です。


《同行者のNZ在住の日本人ジョーさんと布施弘太郎さん。ジョーさん素敵な人でした。今度はゆっくり飲みましょう!》


このジョーさん、昨晩のワインAta Rangi Pinot Noir 2009”を勧めてくれた方です。

長年NZに住んでおられるそうで、様々なことに深い造詣をお持ちであると感じました。

次回NZ訪問時にはゆっくりお話ができたらと思っています。


《こんなメンバーで出港!》


《“Westhaven Marina”はかなりNZ最大のマリーナだけあってでかい!係留してある船も個性的なものが多いです。》


そうはいってもこの天候ですから、遠くまで出掛ける訳にもいかないだろうと思っていたら、マリーナを出てスグのオークランドの港の前でアンカーを投入。

おいおい!いくらなんでも近すぎるだろう!キャプテン

大丈夫かなぁ〜。


《出港してから10分も走っていません!》



【NZの鯛釣りは超簡単!】

なんはともあれスナッパー釣り開始です。


《ポイントはハーバーブリッジのスグ近く…。》


《周りにも遊漁船が集まっていますので、ポイントではあるのだと思います。》


今回はタックル(釣り道具)もエサも全部遊漁船側で用意してくれるので、超楽チンです。

それしても日本の鯛釣りの常識では全く考えられないほどというか、日本の鯛釣り師が見たら『舐めているのか!』と怒られそうな超簡単な仕掛けに、エサは無造作にブツ切りにしたイワシかイカを工夫ゼロのまま針に掛けるだけです。

これで鯛が釣れるなんてことがあるのだろうか…。


《バケツの中のイワシとイカをナイフでブツ切りにしてエサにします。》


まぁとにかく、言われるがままに準備してスナッパー釣りの開始です。


《借り物のタックルで仕掛けを投入。それにしても潮の流れが速く、まるで川の様です。》


本当にこんなんで釣れるのかと半信半疑で釣り始めましたが、ほんの数分でいかにも鯛らしい3段引きの当たりが!

すげー!ホントに釣れるとは…

雨が強くなってきて大変な状況の中、終わってみればキロクラスのスナッパーを含め3人で20匹近く釣ることができました。


《私たちの分け前分。ジョーさんが釣ったアジをお裾分けにいただきました。》


NZの魚はスレていないのかそれとも日本の魚が神経質なのかは解りませんが、いずれにせよ日本の常識とは異次元の敷居の低さで、本格的な釣りを頼むことができるのには心底驚きました。

なんにしても雨もソコソコの降りで海も荒れずに終わってくれてヨカッタです…。



【ニュージーランド鯛は日本と同じ味だった!】

さて、釣果のスナッパーをお土産に布施家に凱旋です。

今晩はスナッパーのお刺身で宴会!

日本の鯛との食味の違いに興味津々です。


《すげー!スナッパーのお刺身の姿盛りです。ココがNZとはとても思えません。》


それにしても美味しいです!スナッパーのお刺身。

日本の真鯛と味も食感もまったく変わりません。

鰺も美味しい!ジョーさん感謝です!


《昨日お刺身にしたクレイフィッシュの殻で出汁を取ったお味噌汁。もう最高!》


私は海外に出掛けていても日本食がまったく恋しくならないタイプですが、このお刺身と味噌汁を味わった瞬間『やっぱりオレって日本人なんだなぁ〜。』と感慨を覚えました。

いやぁ〜、昨晩に引き続き布施夫人Mさんには心から感謝です。

ご馳走様でした!


名残惜しいですが、夜も更けてきてたのでそろそろ布施家とお別れの時間です。

子供たちとももっと話をしたり遊びに行ったりしたかったのですが、それは次回のお楽しみということにしておきましょう。


朝のひげ剃りの最中、携帯電話のワンセグの画面を通して布施弘太郎に出会ったのは約2年前。

年齢こそ同じではありますが、性格も価値観も全く異なる布施さんと友達になることができ、しかも家族ぐるみで親戚のような付き合いをさせてもらっていることに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

次に布施家のみんなに会うのがNZになるかそれとも日本になるかは解りませんが、いずれにせよ今からその時が来ることを心待ちにしています。


布施家を後にし、明日の朝の朝食を“NEW WORLD”に買いに行き、早めに寝ることにしました。


最終日に続く…。

2012-02-11

[]ニュージーランド訪問2012 (6日目/マタカナ〜フィッシュマーケット〜布施家バーベキュー)

今年のNZの夏は天気が悪い日が多く、気温も20℃以下という日が続いていて渡航前は心配しきりでした。

それが私たちがオークランドに到着して以降は、その話が嘘のようにいい天気が続いています。

天気次第で旅行の満足度は全く違ってきますから、この天気のありがたさは何よりです。


【NZスペシャルの朝マック

海外旅行の際に渡航先で必ず経験しておきたいこと、それはご当地マックを味わうことです。

そういうわけで今回はホテルの近くにあったマックで朝ごはんにしました。


《ホテル近くのマック。外装もひと目でマックと分かる作りです。》


《内装も日本のマックとほぼ一緒な感じです。》


2年前に初めて来た時と同様に、NZのマクドナルドのメニューは日本と大きな差はありません。

朝マックマフィン類のサンドイッチをはじめ、多くが日本のメニューと同じでした。

ちなみにマフィンに関してはソーセージも含め味に違いは感じられません。

そんな中、今回はNZオリジナルの朝マックを発見!当然それを注文してみました。


《NZオリジナル朝マックはその名も“KIWI BIG BRRAKFAST”。ご当地モノですからね、コレは期待が膨らみます!》


《まったくBIGではない。味も残念な感じでした。》


ソーセージスクランブルエッグも、見た目そのままのチープなな味でした。

どうも今回の旅行は朝ごはんに恵まれていません。

まぁマックですからね、こういうものでしょう。



【NZ唯一の有料道路にドキドキ!】

マックでの朝ごはんを終えた後は、ホテルのロビーに置いてあった観光案内の冊子の中にあったマタカナのファーマーズマーケットに行ってみることにしました。


マタカナまでのルートは至極簡単!

国道1号線をドーン!と北上し、途中の交差点を一度だけ右折すればマタカナに到着するらしいです。


ナビによるとマタカナまでは50kmちょっとで1時間かかりません。

初めての行く場所ですが、道中のホトンドが高速道路の1号線なので快適なドライブです。


それにしてもNZって本当に道路がきれいで走りやすいと感じます。

人が住んでいない山奥の林道まで舗装されている日本とは違いますが、主要な道路は車線も路側帯を広々していて気持ち良く走ることができます。


もう一つ日本と決定的に違うのは、トンネルが非常に少ないことです。(まぁ日本が例外的にトンネルが多いのでしょうけれど…。)

なだらかな丘陵が波打つように続く地形で、日本であれば間違えなくトンネルを掘るようなところでも、丘に沿ってそれを乗り超えるように道が作られています。

これは一見感じ良く見えますが、通行量が増えると自然渋滞の要因となることは間違えありません。

実際に今回も事故でもないのに突然渋滞している場面に何度か出会いましたが、そのことが原因の自然渋滞だと思います。


そんな快適な1号線を北上していたら、道路脇の標識に気になるものが目に入って来ました。

それにはバイクや乗用車やトラックのイラストの横に金額が書かれていてたりして…。

そこで思い出しました!

1号線には新しくできた有料道路区間があるという話が、MetalSheepさんのブログに書いてあったことを…。


あとで聞いた話では、この有料道路はあまり評判が良くないのだそうです。

もともと“有料道路”というシステムが無かったNZですが、国の財政の問題から今回初めて導入されたとの話です。


《有料道路の通行代を支払うために、国道1号線(ノーザン・モーターウェイ)にあるサービスエリアに立ち寄ります。》


通行料を支払うことに異存はありませんが、私たちのような旅行者にとってのこの有料道路の問題は、料金を支払うゲートが存在していないことなんです。

その代わり

・サービスエリアの自動販売機でチケットを買う

・Webで清算する

・連絡先に電話してカード決済する

のどれかによって通行料の支払を行わなければなりません。

これがメンドウなんですよね。


《サービスエリアには“ノーザン・ゲートウェイ有料道路”のことや、通行料に関する注意書きがそこいら中にあります。》


私たちは今回、サービスエリア内に設置してあった自動精算機で往復のチケットを購入することにしました。

旅行者にとっては自動精算機での決済が現実的だと思います。


《係りの人が現金を回収しているのか、それとも修理しているのかは解りませんが、いずれにせよかなりてこずっている様子でした。》


まずは他の人が支払う様子を、ジックリ観察してみます。

もしものことがあって機械壊したら…、写真のデカイお兄ちゃん怖そうだし…。


《オジサン、支払いにかなり難儀している様子。現地人でこの様子ですから…、ビビリます。》


チケットの購入前に疑問に思っていたことがあります。

それはゲートが無いのに、どうやって追加する車の通行料の支払いの有無を確認するのかということです。

路側帯に立っている看板には、罰金のことも書いてありましたから、何かしらの方法で通行車両を個別にチェックをしているはずです。


数人がチケットの購入をする様子を観察していましたが、皆さん結構苦労している様子です。

まぁ常時利用する人はWeb上で決済していると思われますので、自動精算機でチケットを購入するような人はそもそも慣れていないのでしょうが…。


いつまでも見てばかりいてもしょうがないので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で自動清算機の列に並びました。

結果、特に問題なく事前購入手続きが完了!

皆さん!大丈夫です。

それほど難しくはありません。

最後にキャッシュカードを挿入して、その後抜く時のタイミングだけ間違わなければ問題ありません。


疑問に思っていた通行車両の決済の有無の確認ですが、清算時に自動清算機に入力する通行車両のナンバーを、監視カメラ(日本のNシステムと同じ感じのもの)で読み取ったデータと照合するシステムでした。

つまり自動精算機でチケットを購入する際には、自分の車のナンバーを覚えておく必要があります。

ちなみに自分の乗っていたレンタカーのナンバーを入力したら、しっかりHartzのオークランド空港店のレンタカーであることが清算機の画面に表示されました。


《キャンピング用のガスコンロでしょうか。空の容器と充填してある容器を交換するシステムらしいです。いいですねコレ。電気自動車用の電池も各社共通仕様のカートリッジにして、同じ様に使えばいいと思うのですが…。》


《デカッ!》


さて!有料道路の清算も無事済んだので、マタカナに向かって再出発です。


【ちょっと寄り道】

マタカナに街には順中に到着したのですが、さすがに人気のマーケットだけあってスゴイ車の数です。(そうはいっても日本の人気アウトレットの土日の様子に比べれば、休業日のディズニーランドの駐車場程度ですが…。)

これは車を停めるスペースを見つけるのに難儀しそうだなと思っていたら、マーケットを示す立て看板を見つけることができました。

これは駐車場の案内だと思い、その方向に数分ほど車を走らせましたが、一向にそれらしきものはありません。


っと、思いきや!ありましたマーケット。


《やって来ました!大人気のマタカナ・ファーマーズマーケットに…。でも、なんだか寂し感じ…。》


噂のマタカナのファーマーズマーケットってこんなもんなの!?と一瞬驚きましたが、ヨクヨク観察してみるとコレは別のマーケットだった様子です。

NZ版コバンザメ商売といったところっでしょうか、まんまと乗せられてしまいました。


でもまぁ、コレはコレで楽しい経験でした。



【マタカナのファーマーズマーケットはローカルで楽しい!】

コバンザメマーケットまで来た道を戻って、今度こそホンモノのマタカナのファーマーズマーケットに到着です。


《田舎だけに路駐は問題ない様子。でも少し遠くに行けば道路沿いに駐車スペースがあります。》


《公民館みたいな所にも駐車可能みたいです。》


《肉屋さんですね。通り沿いにありました。》


やはり人気のファーマーズマーケットだけあって車でいっぱいです。

路駐も問題なさそうではありますが、もしものことがあっても嫌なので、少し離れた駐車スペースに車を駐めて会場まで歩くことにしました。


5分ほど歩いて会場に到着。

おー!さすが人気のマーケットだけあって、多くの人で賑わっています。


《食べ物から雑貨まで様々な物を売っています。》


会場自体はけして大きくはありませんが、様々に個性的で楽しいお店がたくさんあって、売っている人もプロっぽい感じがしない人ばかりなので、マーケットというよりはバザーみたいな雰囲気です。

コレは楽しい!



キャプテンサンタの様な刃物屋のおじさん。『日本から来たのか!日本の包丁の切れ味はいいよ!』って言ってました。お茶目でした。》


《お犬様用のクッキーです。》


《日本のアウトレット同様にお犬様がたくさんいらっしゃいました。》


公共施設内のトイレはナゼかムダにカッコイイ。照明も含めクラブですかって感じ!ハンドドライヤーはダイソン製だし…。》


1時間もあれば十分に回りきれてしまうマタカナのファーマーズマーケットですが、その内容は濃くて楽しいものです。

土曜日にノースランド方面に行かれるのであれば、ランチがてらちょっと寄り道してみる価値は大きと思います。



【ゴージャスな別荘地】

マタカナのファーマーズマーケットの後、オークランドに戻る前にちょっとだけ寄り道です。

例によって適当な場所をナビに登録してGo!


海岸沿いの景色が見たくて、マタカナから20分くらいのところにある“オマハ”という場所に行ってみましたが、どの家も新しくて超ゴージャス!

たぶん、最近開発された別荘地ではないかと思いますが、それにしても土曜日だというのにひと気がないのが不思議です。

いくら雨だとはいっても、ちょっと不思議な感じでした。


《別世界に迷い込んだかのように、ゴージャスな家ばっかり!》


オークランド辺りのお金持ちが週末に過ごすための別荘なのでしょうけれど、それにしてもひと気が無いんだよなぁ〜。

NZの景気が良いという話しは日本の新聞にも書いてありましたが、そのことはこの別荘地の様子や走っている車の新車率の高さでも実感することができました。



【フィッシュマーケット再び】

さて、マタカナのファーマーズマーケットの後は、昨日行ったオークランドのフィッシュマーケットを再訪して、夜の料理の材料を仕入れに行くことに。

今日の晩御飯は昨日Perfect BOAT誌の取材をさせていただいた、布施弘太郎さんの家でバーベキューなんです。


《あまり時間が無かったので、マーケット内にあったお店で購入したサンドイッチでランチ。味はCP的に見て赤点ギリギリって感じ…。》


NZのお店でバゲット系のサンドイッチを注文すると、焼くか?と聞かれることが多いのですが、イエスと答えると写真のやつをプレスして焼いてくれて、フカフカのパンがまるでパニーニの様になってしまうことが多かったんです。

それが故に今回は焼かずにお願いしましたが、それが裏目に出た様子でパサパサ…。

まぁこれも経験です。


フィッシュマーケットでは燻製や生きたクレイフィッシュ(伊勢海老)を仕入れてることができました。

買っちゃったよ!クレイフィッシュ…。



布施家でバーベキューパーティー】

フィッシュマーケットで仕入れたお土産を持って布施家にお邪魔です。


《さて!クレイフィッシュの調理に取り掛かります。まずは〆から…。》


《クレイフィッシュのお刺身盛りが完成!それにしてもスゴイ出来栄えです。布施婦人Mさんスゴイ!》


《まずは泡で乾杯!》


《フィッシュマーケット仕入れてきたマッスル(ムール貝)とサーモンの骨の部分の燻製。次回はなんとかしてコレを日本に持って帰りたい!安くてメチャウマ!》


《家にバーベキュー用の常設コンロがあるとは。さすがはNZ。》



今日の宴会の主役はNZワインの“Ata Rangi Pinot Noir 2009”。

http://www.atarangi.co.nz/

1年も前から布施さんが私のために大切に取っておいてくれたワインです。

ある日本人(実はこの翌日いお会いすることになっている)が『Ata Rangi(アタ・ランギ)のピノはNZ最高のワインだ!』と言われたそうで、その話を聞き布施さんが取り寄せをしておいてくれたんです。


《このワインポテンシャルは高いと感じました。あと数年寝かしたらかなりフクヨカな感じになると思います。》


すげー!アタ・ランギ!今まで飲んだピノとはゼンゼン違う!

でも、でも、でも、まだ早いかも…。

10年とはいわずも5年は寝かしておくと、グッと深みを増す感じかもしれません。

明らかに長期熟成のワインですね、コレ。

日本に帰ったらWebで注文しよう!


《もう一本はNZ在住の日本人の醸造家“楠田浩之”さんのワイン。これはいかにもピノっぽい感じです。》


ラムやローストビーフなどなど、たくさんのお料理をごちそうになりました。

美味しくて楽しい夜は一瞬で過ぎ去ってしまいます。

今回のNZ渡航の大きな目的のひとつは、この布施家での宴会だったので、心から大満足の夜となりました。


《美味しく素敵な盛り付けの料理に大感激!》


さて、明日はスナッパー(鯛)釣りに挑戦です。

状況次第ではキングフィッシュ(ヒラマサ)も狙えるとのことでワクワクです!

でもここまで完璧だった天気がちょっと心配です。

2012-02-10

[]ニュージーランド訪問2012 (5日目/フォーミュラークルーザー〜フィッシュマーケット〜アルバニー)


さてさて、NZ訪問も5目に入りました。

今日はマジメに仕事します。

食べて飲んで遊んでばかりいるかの様に思われているかも知れませんが、今回のNZ渡航の最大の目的はPerfect BOAT誌の取材であって、その他のことはあくまでもオマケでしかない訳です。

ということで、本日はマジメにいきたいと思います!


【朝ごはんは少し残念!】

朝ごはんはホテルの裏にあるカフェ“1920'SCafe”にしてみました。


《どうやらチェーン店な様子。朝から夕方までの営業です。》


ベーグルのセットを頼んだらコレが来た…。失敗!》



【牧草地の横にあるボートメーカー(Perfect BOAT取材)】

朝ごはんの後、3泊したWALDORF STADIUMAPARTMENT HOTELをチェックアウトをして、本日の取材先であるNZを代表するボートメーカーFORMULA CRUISERS社に向かいます。

FORMULA CRUISERS社はオークランドCityの北西にあって、ハイウェを30分ちょっとの道中です。

オークランド湾の奥に接する牧草地という、日本の常識ではどう考えても工業向きな感じではない場所に工場を構えています。


《周りは牧草地で、こういう感じの風景が広がっています。遠くにはスカイタワーが見えます。》


《セールスマネージャーのTroy Woodsさんにインタビュー中。この方、いい人でした。》


《工場の中では58フィートのクルーザーの製作中が行われています。》


布施弘太郎さんです。頑張っています!》


布施さんは最、近自身がプロデュースするボートブランド“YAMATO MARINE”を立ち上げました。

これからは今の仕事と自分自身のブランドの仕事を両立してゆくことを考えています。


布施さんの同僚はいいヤツばかりでした。》


《工場の敷地内には、様々な花が咲いていてきれいでした。》


《すぐ隣がNZ空軍の基地ということですが、飛んでいるのは民間機ばかりでした。平和ということかな。》


《間違えなく、いまが一年中で一番いい季節です。》


布施さんのお陰でゆっくり取材をさせていただくことができました。

Perfect BOATの記事ガンバって書きます!



【見ているだけでも楽しいフィッシュマーケット】

FORMULA CRUISERS社の取材を終え、ハーバーブリッジのすぐ横にある“West Heaven Marina”経由で、行ってみたいと思っていたフィッシュマーケットでのランチに向かいます。


ハーバーブリッジの横で釣りをしている人たち。ノンビリでいいなぁ。》


《朝夕の通勤時間帯は大渋滞となるハーバーブリッジ。きれいな姿をした橋です。》


《ガイドブックには必ず載っているアィティビティ、ハーバーブリッジ・ウォークとバンジージャンプを受け付けているオフィス。》


《“West Heaven Marina”には相変わらずたくさんの船がありました。こういう環境に船を置けるっていうのは本当に羨ましいことです。》


《フォッシュマーケットに到着。NZで捕れる様々な魚介類が売られています。》


フィッシュマーケットでは意外にも肉も売られていて、観光客だけではなく地元の人も足を運んでいる様子でした。


《クレイフィッシュ(伊勢海老)も水槽内にたくさんいました。食べたいなぁ〜。》


《中庭のような場所にあるバーベキューのお店でランチです。サラダバー付きで23ドル。観光地価格ではあります。》


《味はまぁそれなりということです。積極的にはオススメしません。》


ランチの後は散歩がてらメガヨット見学に…。


《オークランド港に係留されているメガヨット。100フィートオーバーが複数ありました。》


《これはNZで昔活躍していた船らしいです。》


オーストラリア“MARITIMO”というブランドのボート。私は聞いたこと無いブランドですが、確かにリビエラのバチっぽい感じですね。》


《駐車場で見かけた韓国“KIA”のセダンヒュンダイも多く見かけましたが、韓国車のデザインはキレていてカッコイイです。》


2年ぶりのNZ訪問でクルマ関連で気がついたことが2つありました。

ひとつは走っているクルマに明らかに新車が増えていること。

もうひとつは韓国車が多いことです。

オークランドでは7割方が日本車というイメージですが、この感じだとあと数年すれば韓国車の割合がかなり増えてゆくことでしょう。

それにしてもKIAもヒュンダイも、セダンからSUVまで本当にカッコイイデザインの車が多くて、人気の理由が良く分かります。

明らかにアメリカ市場を意識したデザインは、適度なワルさがオトコゴコロをくすぐる感じです。

両者共にデザイン部門への投資が大きいという話を聞いたことがありますが、今回その効果が良く理解できました。



【ニュージーランドのフィッシャーマンは超イケメン!】

今回のPerfect BOAT誌の取材では、オークランドでカジキやヒラマサをターゲットとするチャーターボート“グラディエーター”のスキッパーへのインタビューも行って来ました。


《オークイランドの最新おしゃれスポット“ヴァイアダクト”にやって来ました。いわゆる“ウォーターフロント”的場所。》


《グラディエーターは“Salthouse Sovereign 55”という、今は無きメーカーのボートでした。Salthouse社は布施氏が最初に就職した会社です。》


スキッパーのDannyさん。なんかすげーカッコイイ!対応も紳士でいい奴だったなぁ。》


《ゲームフィッシュ(カジキ)用のリールは、私も愛用しているシマノの“ティアグラ”でした。日本では人気無いですが、やっぱ精密部品は日本製でしょう!》


ダニさーさんはノウハウ的な質問に対してなんでも応えてくれて、懐の深さを感じさせるイケメンでした。

聞けば、彼はFORMULA CRUISERS社のエンジニアをしていたことがあるのだそうす。

彼が論理的な話し方をする理由が分かった気がします。

Dannyさんからは興味深い話をたくさん聞くことができました。

段取ってくれた布施さんに感謝です。


《珍しい!ライボビッチかな?NZではこういったアメリカ製のスポーツフィッシャーマンをホトンド見掛けることがありません。》


《渋い!》



【旅の後半はモーテル住まい】

取材を終え、旅後半の宿に向かいます。


《ホテルに向かう途中で“ププケ湖”に寄り道。湖に飛び込んで遊んでいる人たち。楽しそうでした!》


煉瓦の建物は昔のポンプ施設だそうです。横はカフェになっていました。》


《今日から最終日までの宿“ALBANY EXECUTIVE MOTOR INN”に到着》


《名前ほどエグゼクティブではありませんが、必要十分な設備の宿です。》


ホテルは大きなショッピングモールやスタジアムや学校などが集まっているアルバニー地区の外れにあります。

NZでは一般的な宿泊施設であるモーテルですので、キッチンも調理器具もひと通り揃っています。


《静かでとても良い環境です。》

《今日の夕日もきれいです。》



【オシャレで巨大なショッピングモール

チェックインも済ませ、改めて布施さんとショッピングモールで合流して夕飯です。


ショッピングモール“Westfield”。私の好きなスーパー“ニューワールド”も入っています。》

《お店は“Bolero”というレストランに決定。夏なのでテラス席にしてみました。オシャレなお店です。》


《料理はどれも美味しかったです。でも飲んで喋ってばかりいて、何を食べたか覚えていません!楽しかったなぁ〜。》


“Bolero”の評価はこんな感じ。

味:★★★☆☆

ボリューム:★★★☆☆

ロケーション:★★★★☆

CP:★★★☆☆


満月と雲がきれいでした。》


《閉店のお時間になってしまいました。》


《“Westfield”の中に展示されていたプジョー207。日本より遥かに安いのでは?》


今日も一日、よく動き回りました。


明日はマタカナのマーケットに行く予定です。


6日目に続く。

2012-02-09

[]ニュージーランド訪問2012 (4日目/パーネル〜ニューマーケット〜サウス・オークランド〜ハンマーヘッズ・シーフード・レストラン&バー)


NZ滞在も4日目になりました。

私の海外旅行の際の基本的なスタンスは“行き当たりバッタリ!”というもので、特にレンタカーを借りている場合には思いつつくままに車を走らせ、気に入った場所があれば止まって写真を撮ったりするというのが楽しいと思っています。

今回の旅でもそのスタイルは同じで、今日あたりは行ったことのないオークランドの東側の街を、適当に走り回ってみようと思います。



【オークランドのオシャレスポット】

オークランドにはいくつかの洒落なお店が並んでいる通りがあります。

その中で今回はパーネルとその先にあるニューマーケットで、ウィンドウショッピングとランチをと考えてみました。


パーネルまではホテルの駐車場から車で5分で到着です。

パーキングメーターの発券機のカード決済にかなり手間取りましたが、なんとかクリアーすることができました。

外国のこの手の機械って、ホント恐ろしいですよね。

もしもの事があって、カードとか戻らなくなったりでもしたらエライことです。


《パーネルの街を散策。でもなんだか2年前に比べて洒落さのオーラが落ちた様な気がします。》


《これは有料の公衆トイレ。有料無料を問わず、トイレはどこに行ってもとってもクリーンです。》


《今回の旅で宿泊先にしようと考えていたものの、満室で予約が取れなかった“Parnell Inn”。どうやら宿泊できなかったのは結果オーライだった感じの雰囲気を感じました。》


パーネルでランチのお店を探しましたが、イマイチ良さそうなお店が見つからなかったので、ニューマーケットに移動することにしました。

でも、結局ショッピングモールのフードコートでランチになりました。

まぁこういうの好きなんですが…。


《平日だというのに結構な賑わいです。》


《チキンとアボガドのパニーニ。ボリュームも味もなかなか良かったです。》


食事のあとにショッピングモールの外に出てみると、なんと!日本ではまだ未発売のレンジローバー・イヴォーグが!


《恐ろしいまでのカッコ良さです。しかもこの白がいいなぁ。同じ右ハンドルなにの日本よりも早く売っているとは!》



【気ままにドライブ】

前にも書きましたが、NZってそこら辺に当たり前にある景色がきれいだったりして、遠出をしなくてもドライブを楽しむことができます。

オークランド周辺では、前回の旅行の際に西海岸を回ってみたので、今回は東側に行ってみることにしました。

ナビを適当にセットして出発です。


《今晩の夕飯の予定としているレストランに立ち寄り、最寄りのバス停を確認。》


《ホールデンです。カッコイイなぁ。日本でも売って欲しい。そういえば岩城滉一が買ったという話を聞きました。》


適当に走っているうちにハーフムーンベイにあるバックランズビーチという海岸に到着。


《ノンビリな感じがいいですねぇ〜。》


《ワイヘキ島行きのカーフェリーだと思います。》


《さすがはNZ。女の子もラグビーやってます。》


《さらに移動してシェリービーチというところに来ました。》


《犬の散歩に来た女の子が乗ってきたクルマ。よく解りませんがカッコイイ。》


《NZではあまり見掛けないシトロエン。悔しいけれど日本よりも絵になるなぁ〜。》


のんびりしすぎて、帰り道はオークランド名物の通勤渋滞にハマってしまいました。



【夕日に感動】

一旦、ホテル戻って夜のレストランの予約をしました。


《ホテルのロビーは超おしゃれ!》


予約が取れたのでバスに乗って出掛けることにしました。

バスの時刻表を調べていて驚いたのは、Googleの検索能力です。

日本から持っていったスマートフォンに入っているGoogleマップに、レストランの名前をカタカナ(←ここが重要!)で入れてみたら、現在位置の最寄りのバス停までのルートだけでなく、バスの時刻表まで加味してナビゲーションをしてくれるんです!

しかも!レストランの最寄りのバス停のナンバーまで出るじゃないですか!それをバスの運転手さんに伝えれば絶対安心。

コレはもう圧巻!ですね。

恐るべしGoogle。


《一瞬、縫いぐるみかと思いました。ホテルの裏のお店の中にいました。》

《バスを待っている最中。空と雲がとてもキレイです。》


ほぼ定刻でバスが来ました。

今回乗った路線バス(リンクは別)は、乗車の際に運転手さんに行き先を告げ言われた運賃を支払います。

ココで待ってましたとばかり、さっきのGoogleマップで出てきた降車停留所のナンバーを伝えたのですが、ナゼか通じません…。

どうやら停留所のナンバーなんていうものは運転手さんは把握していない様子。

停留所の名前でないとダメらしいです。

そこでスマートフォンの画面を運転手さんに見せて降りたい停留所のことを説明してみたところ、『なんだ、ハンマーヘッズに行くのか?分かったよ!OK(っと、もちろん英語で)』言ってくれるじゃないですか。

それで全て解決しました。

道中10分もしないで、目的の停留所に到着です。

でも、この運転手さん、なんと停留所ではなく、目的地のレストランの目の前でバスを停めてくれました。

感謝感激です!


そうこうしているウチに空がいい感じになってきましたよ!


《これはこの後も期待できる感じです!》


《オープンホイールのクルマ!どこにでもマニアいるものです。》


【人気のシーフードレストランはスタッフも客も料理もGood!】

さてさて、今回の旅でイチバン行ってみたいと思っていたレストランが、本日の“Hammerheads Seafood Restaurant & Bar”です。

このお店のことは2年前の初NZの際に参考にさせていただいた、hohioさんの“ニュージーランドを旅しよう”というブログで知りました。


《これこれ!この外観!やっと来ることができました。》


でもお店の場所が良くも悪くもCityから離れた海岸沿いにあることもあって、酒飲みの私たちには敷居を超えることができませんでした。

しかし、今回の旅で大いに参考にさていただいている、MetalSheepさんのブログ“美味いパブロバはどこにある?”にもこのレストランがヨカッタということが書かれていて、しかも!ワインもなかなかということを聞けば、イカないわけにはいきません!

そんなワケで今回は思い切ってこの“Hammerheads Seafood Restaurant & Bar”をチョイスしてみました。


《お店の前はミッション・ベイ。海の向こうにはCityも見えます。》


お店に入ってメニューを見ていたら、気になっていた空が大変なことになって来ました。

カメラを持ってお店を飛び出します。


《コレには鳥肌立ちました!》


《この夕日を見るだけでも、このお店に来た甲斐があるというものです。》


日が沈んで、やっと落ち着いて食事をすることができることになりました。

お隣の席にいた地元のご夫婦に『いいカメラ持っているねぇ〜。どんな写真撮っているの?(もちろん英語で)』で聞かれ、撮った写真を見せたら誉めてくれました。

なんというか、こういうフレンドリーさって、日本ではなかなか感じられないですよねぇ。

いいお店はいいお客を呼ぶってことでしょうか。


《内装もオシャレ!》


《お店の窓から見えた黄昏ている彼。日が沈んだ後もずっと海を見ていました。》


料理は店名にもあるように当然シーフードが中心ですが、メニューには肉料理もありました。

今回、特にお肉を食べに行く予定はないので、ここでラムを注文してみることにしましたが、コレが大当たり。


《料理は本当に美味しいものばかり!写真がイマイチでハズカシイ。》


料理の値段はけして安くはありませんが、ボリュームも味も納得の料理ばかりです。

本日の魚料理は“キングフィッシュ(ヒラマサのソテー)”魚もソースも最高でした!

それにしてもかなり飲んでいて、写真が…。情けない!


《ごちそうさま!大満足でした!》


タクシーを呼んでもらう時に『行き先は日本でOK?(もちろん英語で)』と冗談を言われ大笑い!

スタッフもとても良かったなぁ。



“Hammerheads Seafood Restaurant & Bar”ard”の評価はこんな感じです。

味:★★★★★

ボリューム:★★★★☆

ロケーション:★★★★★+★★★

CP:★★★☆☆



《超酔っぱらいでホテルに戻りました。》


いやぁ〜ヨカッタですよ!“Hammerheads Seafood Restaurant & Bar”。

超オススメです。

Perfect BOATの記事にも載せたいと思います。


4日目のこんな感じで終了です。


明日はイヨイヨお仕事。

フォーミュラークルーザー社の取材に行ってきます。


5日目に続く。

2012-02-08

[]ニュージーランド訪問2012 (3日目/ワイヘキ島〜オークランド・シティ)

【行ってみたかったワイヘキ島】

NZには様々な魅力的なものがあって、特に夏はフィッシングトレッキングなどといったアウトドア系のアクティビティは盛りだくさんあります。

テレビなので取り上げられているジェットボートやバンジージャンプなども、NZ原産のものですね。

どれも魅力的でチャレンジしてはみたいと思ってはいますが、なかなか果たせていません。


そんなNZで果たせずにいる懸案事項のひとつが、ワイヘキ島のワイナリー巡りです。

まぁ実際には車の運転があるので、ワイナリーで試飲というよりは併設されているレストランでの食事が最大の目的になりますが、ドライブや写真撮影も兼ねてワイヘキ島へは行ってみたいと思っていました。

っということで、本日はフェリーでワイヘキ島に渡ることに…。

まずはフェリーターミナルまでホテルから歩いて移動です。


《ホテルの近くにあるスーパーマーケット“Count Down”。24時間営業で便利です!》


《通りに何気なく置いてあるオブジェがかっこいい!》


歩行者用信号の押しボタン。ボタンがデカクてGoodです。》


《牽引のための法律上の規制が無いので、NZではこういう風景をよく見かけます。》


《まさに夏って感じ!》


《“DAIKOKU RESTAURANT”は終わっている感じかな。日本人観光客も減っていますしね…。》


《石造りのビルとこういう近代的なビルが隣り合っていても、不自然ではないのはナゼでしょうか。》


《オークランドのフェリーターミナルに到着!ホテルから5分チョットです。》



ワイナリーの島ワイヘキ島へ】

ワイヘキ島へのフェリーは1時間に1本運行されています。

レンタカーがあるので別の港から出ているカーフェーリーを利用することも考えましたが、調べた結果、現地でレンタカー借りた方が割安ということが分かりました。


《ワイヘキ島までの片道の運賃は片道35ドル(大人)。チケットカウンターには結構たくさんの人がいました。ちょうど時間的に多くがワイヘキ島に渡る人でした。》


ちょうど対岸のデボンポート経由の便があったので、それに乗ることにしました。

経由とか好きなんですよね、着岸見れるし…。


《オークランドではお馴染みのFullers社のフェリー。またコレがスゴイ勢いで着岸するんですよ!怖ぇー!》


《給油施設とかが気になってしまうのは、私の性。お兄さん、避けてくれてありがとう!》


《かなりの乗船率でデッキの席をあきらめて船内へ…。》


ハイシーズンNZですので、大型の客船が毎日入れ替わりでオークランド港に入港してきます。それにしてもデケー!》


あれ!?確かこの船はデボンポート経由の便だったはずが、オークランドからまっすぐワイヘキ島に向かっています。

いいのかな…。

まぁいいか。


《ランギトト島の南を通過。海、穏やかです。》


《30分少々のクルージングでワイヘキ島に到着。》


キャプテンかな。かっこいい!》



【絶景のワイナリーでランチ】

ワイヘキ島内はレンタカーで移動します。

複数のレンタカー屋さんのカウンターがフェリーターミナルにあるのですが、ナゼか同じ人が対応してくれます。

きっと知った仲ということでしょうが、島らしいほのぼのとした感じがしていいですね。


レンタカー屋さんで少しくたびれたマツダ ファミリアを借り、ランチの場所に決めていた“Te Whau Vineyard”に直行!

このワイナリーは紹介済みのNZ大好きブロガーMetalSheepさんのブログを見て、『牡蠣だよカキ!絶対的に牡蠣!に泡か白…。』と決めていました。

〔MetalSheepさんのブログ〕

http://sasuraiwoman.blog8.fc2.com/blog-entry-129.html


《20分くらいで“Te Whau Vineyard”に到着。すげー!ほんと絶景!》


《お店の入り口に居た、やたらと高級そうな猫。ニセモノかと思うくらいいい毛並みでした。》


《お店の窓からはランギトト島やオークランドの街が見えます。》


さてと、メニューを見るまでもなく牡蠣なのですが、実際にはメニューを指さして『ディスワンプリーズ!』って言わなければなりませんから、メニューを開いて“Oyster”と書かれた文字を探します。

っが!しかし!見当たりません!“Oyster”が…。

聞いてみたら季節じゃないって、“Oyster”は…。

そ〜言われればそうですよね、夏ですから…。

岩牡蠣はないのか!NZには…。


《“Oyster”の代わりに頼んだのがコレ!マグロのたたきみたいな感じのでした。NZらしい芸術的な盛り付けです。》


《パンの盛り合わせ。食べきれずTakeawayをお願いしました。》


《NZ産スモークサーモン。》


“Te Whau Vineyard”の評価としては、

 味:★★★☆☆

 ボリューム:★★☆☆☆

 ロケーション:★★★★★+★

 CP:★★★☆☆

という感じでした。


《それにしても素晴らしいロケーションです。》


《“Te Whau Vineyard”のスグ近くに放牧されていたアルパカ。》


MetalSheepさんのブログにの載っていたアルパカがいました。

アルパカっててっきり南アメリカとかのものかと思っていたところ、あとで出会った日本人の方に聞いたところNZにも結構居るんだそうです。



【ワイヘキ島ドライブは最高!】

お腹もいっぱいになったし、行き当たりばったりのドライブに出発です。

Harzで借りたポータブルナビゲーション“NEVER LOST”を持ってきているので、知らない土地でも全く不安はありません。

レンタカー屋の親切な女の子が教えてくれた(ようにワタシは受け取った)島の東側に行って見ることにします。


《気持ちの良いワインディングロードが続きます。》


《豆かな。》


《本日の相棒。くたびれていますがその分リーズナブルな値段。コレでいいんですよね!》


道は途中から舗装が切れてしまいましたが、構わず進むことにしました。

でも考えてみれば、未舗装路をこんなにも長い時間走ったのって、随分と久し振りのことです。


マンオーワー湾という場所にあるビーチの横に、カフェの様な建物があったので、お茶にと立ち寄ってみることにしました。


《カフェかと思ったら“Man O’ War Vineyards”テイスティングハウスでした。》


《今回の旅で超役に立ったアイテムが写真の“MiFi”。コレさえあればドコにいてもWi-Fiが使えるんです。ただし予備の電池は必須!》


ワイン飲んでボートに戻る人。こんな素敵なビーチにアンカーリングして、ワイン飲んで過ごすことができるなんて…。羨ましい限りです。》


“Man O' War Vineyards”を後にし、相変わらずの未舗装路を北上します。



《どこまでも続く未舗装路。周りはぶどう畑が広がっています。》


日本って、可能な限り海岸線沿いに道を作リたいと考えている様に思いますが、外国って結構そうではないんですよね。

まぁ効率からすれば、家もない海岸線にお金を掛けて道を作る意味は薄いわけですが、すぐそこに海があるのにそれが見えないというのは寂しい気もします。

そんなことを思っていたら、目の前にパノラマ的絶景が!


《これまた“絶景”のひとことです。こんな所に桟橋付きの別荘があればイイよねぇ〜。》


《こんな土地ですから、ぶどうもよく育つわけです。》


《ワイヘキ島を一周てフェリーターミナルに戻って来ました。》


レンタカーオフィスは17時で閉まるので、それ以降の返却は車のカギをオフィスのドアのポストに入れておくことになります。

これまたおおらかですね。


ゆっくり・ノンビリ・行き当たりばったりの我々らしいワイヘキ島訪問となりました。

満足です!


【オークランドに戻ります】

夕方18時を過ぎ、あらかたの観光客が去った後のフェリーターミナルは物静かな感じです。


《帰りのフェリーが来ました。》


ヨットのおじさんたちが手を振ってくれた!こういうのイイですよね。心に染みる…。》


《さようならワイヘキ島!またゆっくり来ます。》


《なんか釣れているのかなぁ。いいなぁ〜。釣りしたいなぁ〜。》


《ちょっとクラシカルなスポーツフィッシャーマン。NZってフライブリッジにハードトップつけるのが普通みたい。カッコはイマイチになると思うのですが…。》


《平日だというのにヨットレース!?すごい数です。》


《朝見たのと同じ船かな。船室からたくさんの人が手を振ってくれました。》



パブで居酒屋的シーフードとワインを堪能】

前回のオークランド訪問の際にはスカイタワー横のホテルに泊り、Cityの中心部を堪能することができました。

ですので、今回は郊外へのアクセスを重視した結果、中心部を避けて今回のホテルを選びました。

そうはいっても一度くらいはという考えから、この日の夜はCityの中心部に足を運んでみることに。


《夜の8時過ぎてもこの明るさ!おしゃれな店が沢山あるCityです。》


《前回の旅行の際に飛び込みで入って良かったお店“Tasca”。ココも良いかと思っていましたが、余りにお客さんが居ないので…。》


《スゴイ賑わいを見せていたベルギービールパブ“Belgian Beer Cafe”。今晩はここに決定!》

http://www.belgian-beer-cafe.co.nz/


とにかく人がたくさんいるお店ということで、この“Belgian Beer Cafe”を選びました。

(あとで調べてみたら、このお店って世界的なチェーン店なんですね。日本にもあるんだ。)


《シーフードプレートをたのんだら生牡蠣も載っていました!あるじゃん!Oyster。》


《シーフードプレートを頼むと付いてくるムール貝ビールでもワインでもOK!》


“Belgian Beer Cafe”の評価としては、

 味:★★★☆☆

 ボリューム:★★★★★

 ロケーション:★★★☆☆

 CP:★★★★☆

という感じでした。


NZのレストランのレベルって本当に高くて、飛び込みで入っても失敗したことはありません。

今回も大満足でした!


《帰り道も気になったお店がたくさんありました。》


真夜中にダウンタウンを歩いていても、怖い感じがしないのもオークランドの良いところです。


今日も一日楽しかった!

明日はどこに行こうかなぁ〜。

行き当たりバッタリの旅は続きます。



3日目に続く。

2012-02-07

[][]ニュージーランド訪問2012 (2日目/AIR NZ機内〜クライストチャーチ空港トランジット〜オークランド到着)


【今回はスーパーブロガーのまねっこで通します!】

3時間ほど寝られたでしょうか。

日本との4時間の時差の関係で、あっという間に夜が明けてさっそく朝食です。


《まずはフルーツ。シリアルも追加できますが、私はノーサンキューでした。》


《メインは“和風卵粥”控えめな味付けで上品。グッドです!》


《なかなか美味しいクロワッサンもいただきました。》


《妻は“ブリオッシュオースト”なるものを選択。超甘〜!ワタクシには食べられません!》


コーヒーのマグカップがオシャレでした。ノリタケのボーンチャイナが多い様子のAIR NZですが、これはMade In NZでした。》


そうそう!遅くなりましたが、今回の旅で大いに参考にさせていただいたブログを紹介します。

それはNZが大好きで何度も訪問されている、MetalSheepさんの“美味いパブロバはどこにある?”というブログです。

[“美味いパブロバはどこにある?”のURL]http://sasuraiwoman.blog8.fc2.com/


たぶん私の今回のNZ旅行記とMetalSheepさんのブログの両方を見た方は、『一緒にNZに行ったの?』と思われる方もいらっしゃると思います。

そういえるくらい今回の旅では大いに参考にさせていただき、上の写真の機内食選び(朝ごはんのお粥もまさにそれ!)から始まりオークランドCityのホテル(これは偶然)にレストランにマーケット(これも偶然)まで、ハッキリ言って“時間差ストーカー”といってもイイくらいです。

偶然の一致も多いのですが、MetalSheepさんのブログを参考にさせていただいたお陰で、とても充実した旅になったことを感謝しています。


【初めてのトランジット(クライストチャーチ空港)】

NZ90便は最終目的地のオークランドを一旦通り過ぎて南下し、トランジット先のクライストチャーチに向かいます。

往路は曜日をずらせばオークランド直行便もあり、その方が旅の効率としては遥かに有効ではあります。

それでも逢えてクライストチャーチ経由便を選んだのは、地震で多くの人が犠牲となったクライストチャーチの街に向かって、空の上からであっても手を合わせたいという思いからでした。


《NZに入った!》


《夏だというのに南島の高い山には雪が見えます。やっぱ南極が近いってことかな!?》


《10時半すぎにクライストチャーチ空港に到着。》


意外だったのはNZ90便の搭乗者の半分以上が、このクライストチャーチで降りてしまったことです。

後で考えてみれば、観光シーズンですから南島の訪問者が多くて当然ということだとい思います。


《トランジットカードを渡されます。》


《きれいで心地よいクラスとチャーチ空港の出発ロビー。》


《間違えなくガイコクに来たということを自覚できるショーケースの中身。寿司も当然の様にあります。オークランド空港でレンタカー借りていなければ、ワインとサンドイッチで…。残念!》


それにしても理解できないのは、トランジット中にかなりシッカリとした機内清掃をすることです。

どの道オークランド空港到着後も同じことをするのでしょうから、どう考えても二度手間のような気がするのですが…。

まぁ気持ち良いのでイイのですが…。


1時間ほどのトランジットの後、最終目的地のオークランドに向かって再び飛び立ちます。


離陸直後に見ることができたクライストチャーチ市街に向かって、手を合わすことができました。

日本人だけでなく、昨年の地震の全ての犠牲者のご冥福をお祈りさせていただきました。


《めちゃくちゃキレイなクライストチャーチの海。次回は南島にも来なければ…。》


《経由便であるが故のお楽しみのお昼ごはん。このサンドイッチはメチャウマ!ブルーチーズもイケる!あ〜ワイン欲しぃ〜。》


《食器はAIR NZオリジナルのノリタケ。》



【かなりビビった通関手続き】

クライストチャーチから最終目的地のオークランドまでは、1時間ちょっとのフライトです。


《北島に上空に入りました。》


《ついにオークランド空港到着!》


久し振りのオークランド空港で気がついたというか、ショックなことを発見!

それは空港内で配布している無料のガイドブックの日本語版が無くなってしまったことです。

ガイドブックが無くて困るということではなく、それだけ日本人観光客が減っていることの現れであるとすると、これはかなり寂しい事実です。


前回の入国手続きの際に、ザ公務員といった感じの堅い担当官に当たってしまい難儀したのですが、今回は全く持ってスムーズに終了となりました。

でも、この後に思いも寄らないことが…。


《思いのほかスムーズに入国手続きが完了。よかった…。》


入国手続きを済ませ、荷物を受け取り検疫のため受付に行くと『あなた達はアッチね!(もちろん英語でその様なニアンスのことを言ったということ)』と、明らかに空いている検査ラインを示してくれるではないですか。

なんて親切な人だろうと思いつつ満面の笑みで担当者にお礼を言い勧められた場所に並ぶと、そこには日本人で同じ便の前の席に座っていた有名俳優のHの姿が…。

これはきっとVIP用の特急検査レーンに案内されたと思い喜んでおりました。

っが!しかし!それにしては動きが遅いし、前に並んでいたイマドキ風のお姉ちゃんが担当官からイロイロなことを質問され捲くっている様子に、なんだか不安になってきました。

さらに!有名俳優Hは持ち物の中身について何か言われ、しぶしぶスーツケースの中から長方形の箱を取り出し始めました。

それは何とタバコカートンで、軽ぅ〜く1ダース以上はありそうです。

心の中で「おいおい!それはさすがにマズイだろうH君。」と思った次の瞬間、「ヤバイ!オレのスーツケースの中にあるお土産のインスタントラーメン、全部没収か!?」という考えと共に汗がにじみ始めました。

つまりこのレーンは何らかの理由(たぶん抜き打ちだと思われる)で、特別に厳しい検査を受けることになった人用のものだったのです。

NZという国は島国であることからくる環境保護政策で、入国時の検疫が厳しいのが特徴です。

そういえばカップラーメンが没収されたという話しも聞いたような記憶が…。


イヨイヨ私の番が回ってくるその直前に、パスポートを見せて欲しいとその場にいた係りの人に言われ、引きつった笑顔で応じると、ナゼか『あなたはアッチでOKね!(もちろん英語で)』と普通の検査レーンに戻っても良いと言われ、再び満面の笑みでお礼を言いその場を去りました。

後になって思えば有名俳優Hがその後どうなったか気になるところですが、その時は一刻も早くこの場を立ち去りたいという一念で、後ろを振り返る余裕は微塵もありませんでした。


それにしてもナンでそういうことになったのか、全く心当たりがありません。

でもまぁ無事にカップラーメンも没収されることなく、入国ができてなによりでした。



レンタカーRAV4は快適!】

今回もレンタカーはAVISです。

イギリスでもそうでしたが、AVISのレンタカーは新しい物が多くて気持ちいいですし、何よりもナビゲーションの“NEVER LOST”のレンタルをWebで確約することができるのは、なにものにも代え難い重要な要素です。


《今回の相棒はトヨタRAV4。走行距離5000kmの新車でした。やっぱ新しい車は気持ちい!》


NEVER LOSTに目的地のホテルをセットしてCityに向かって出発です。



【ホテルに大満足!】

空港からCityまでは渋滞さえしなければ30分チョットで到着します。


《戻ってきたぜっ!》


今回は旅の前半と後半で2つのホテルに宿泊予定です。

一軒目のホテルはオークランドのフェリーターミナルの比較的近くにあって、郊外に車で出掛けるのに都合の良い場所ということで選んだ“WALDORF STADIUMAPARTMENT HOTEL”です。

その名が示す通り、スタジアムの近くにあるサービスアパートメントで、部屋は広くてキレイで超快適!

しかも!エクスペディアの早期(1ヶ月前)予約のおかげか、100NZドル以下のルームチャージに感激です。


《かなりゴージャスな感じですが、実は超リーズナブルな“WALDORF STADIUMAPARTMENT HOTEL”》


《キッチンとリビングとは別に独立したベットルームがある部屋です。あるに越したことはないエアコンも付いていました。》


《一応、オーシャンビューかな。》


《ホテルのエレベーターは地上階が“1”でしたが、隣接する駐車場は地上階が“G”で、その上が“1”というイギリス系の表記でした。》



【スーパーのお惣菜に幸せを感じる】

夕方に友人宅にお出掛けをしていたら、スッカリ夜が更けてしまいました。

20時になっても明るい夏のNZですので、ついつい時間が経つのを忘れてしまいがちです。

そんなわけで夕飯は近くのスーパーマーケット“Count Down”のお惣菜コーナー(実はワクワク!)で買った物で済ませることにしました。


それにしても海外のスーパーの中を見て回るのは楽しい!

特にお惣菜コーナーは魅惑の空間ですね。

それにNZのスーパーは安ワインも豊富で、ソレもまた魅力的なんですよね。

今回のホテルをキッチン付きのサービスアパートメントにしたのは、ラム肉やシーフードをスーパーで仕入れ調理して食べることが目的です。


ジャンク感満載のソーセージがいい味!埃っぽいサラダはイマイチだった。》


今回も行き当たりバッタリの旅なので、3日目の予定を考えながらの深夜の夕飯です。

明日も天気もよさそうだし、ワイヘキ島に渡ってMetalSheepさんオススメのワイナリーでランチかなぁ〜。


3日目に続く。

2012-02-06

[]ニュージーランドに行ってきます!


今日の夕方の便でニュージーランドに行ってきます。

今回もPerfect BOATの取材を兼ねた旅行です。


旅行中はFacebookで写真を随時UPしますのでご覧ください。

http://www.facebook.com/media/set/?set=a.231741766913930.58888.100002343250200&type=3&l=29f19d9574


では、行って参ります。

[]ニュージーランド訪問2012 (1日目/出発前〜成田空港〜AIR NZ機内)

【約2年ぶりのニュージーランド(NZ)訪問】

久しぶりのニュージーランド旅行です。


初回の訪問で冬のNZで人々の温かさや食べ物の美味しさに感激し、『次は絶対に夏に来るぞ!』との誓をたてて帰国した1年8ヶ月前。

今回その思いをやっと実現することができました。


《デボンポートのマウント・ビクトリアにて。(2010年6月撮影)》

私がNZという国のことを好きな理由はいくつかありますが、その中でも以下の3つが大きいところです。

・食べ物とワインが美味しい!(自分に合っている)

・フレンドリーな人々

・その辺に普通にある風景が美しい


《ウェスト・オークランドのレストラン“BEES ONLINE”のランチ。NZの料理って、ほんと盛り付けがカッコイイんですよね。(2010年6月撮影)》

《デボンポートからのシティの夜景。(2010年6月撮影)》


NZの人たちは、自身『私はNZ人だ』という意識をあまり強くは持っていないと聞きます。

その代わり国籍の有無に拘わらずNZに住んでいる人は、『私はKiwiだ』というNZという共同体の住民といった感じの、そんな緩やかな仲間意識を持っています。

そういう感覚は私たち単一民族国家に住む日本人には、ちょっと分かりづらいものではありますが、その空気感が私の様なよそ者にも居心地が良さを感じさせてくれるのかも知れません。


今回の旅でも、人々の優しさに触れ、自然を満喫し、シーフードや注目のNZワインを堪能したいと思っています!



【旅の最大の目的はボートビルダーの取材】

今回の旅の最大の目的は、日本人ボートビルダーの布施弘太郎さんと彼が所属しているボートメーカーの取材です。


私と布施さんは年齢とボートが好きという共通点もあってか、初めて会った瞬間から仲良くなることができ、今では家族も含め旧知の友人の様なお付き合いなっています。

布施弘太郎さんのブログ“ボート職人 弘太郎のニュージーランドライフ”


そんな布施さんはここ数年、日本のメディアに登場する機会が増え、最近でも“グッと!地球便”という番組に出演しているので、ご存知の方もいらっしゃるかも知れません。

グッと!地球便“#169「ニュージーランド/オークランド」 10月23日(日)午前10:25〜”


ちなみに前回のNZ渡航の際にも布施さんを取材させてもらい、その時のレポートもPerfect BOATに掲載されました。

前回取材時のPerfect BOATの記事(ブログ)


今回は布施さんの新しい仕事先である“FORMULA CRUISERS社”のファクトリーを訪問し、50フィートクラスの大型ボートの建造現場を見学する中で、同社の様子や彼の仕事ぶりをPerfect BOATにレポートとして掲載する予定です。

FORMULA CRUISERS社HP



成田までは楽チンバス移動】

私の住む甲府から成田空港までは直行バスで3時間。

飛行機の重量リミットいっぱいのスーツケースを抱えての移動ですので、直行バスは非常にありがたく快適な移動手段です。(それに帰りの機内でも心配なくワイン飲めるし…。)


成田空港の第2ターミナルのラウンジで出発までの時間をノンビリ過ごす予定でしたが、帰国後に爆発するように仕掛けたつもりの仕事の時限爆弾が、設定ミスをしてしまった様子でこの時点で既に炸裂し捲くり!

主発直前までずっと仕事の電話し続けていました。

成田空港第2ターミナルの出発カウンター。AIR NZは近々第1ターミナルに移るそうです。》


それにしても持つべきは優秀かつガッツのある部下ですね。

結局、NZ滞在中もくすぶり続けた仕事上の問題を、わたし以上にキチンとした形で処理をしてくれたことには感謝・感激です。


そうこうしているうちに出発時刻は近づき、出国手続きを済ませれば気分はもうすっかりガイコクです。

《なんとなく未来っぽい感じがするサテライトと本館を結ぶシャトル。》


第2ターミナルの本館からシャトルに載ってサテライトに移動です。

このシャトルに乗るとき、なんとなく郷愁感を覚えるのはわたしだけでしょうか。


それにしてもNZに向かうNZ90便に乗る人の数の多さは予想以上です。

さすが観光シーズンということでしょうか。


AIR NZの食事とサービスは一級品】

今回はクライストチャーチ経由の便を選択したため、オークランド直行便に比べると4時間ほど余計に時間は掛かります。

そういう訳でオークランド到着は正午過ぎになりますので、機内食の提供は直行便より1回多いという小さい楽しみもあります。


機内にて離陸前に提供されるウェルカムドリンクの中から、当然のごとくシャンパンを選択。

NZ産のスパークリングと思いきや、ホンモノのシャンパーニュでした。

それを知り、さっそく1杯目をグビリンコと豪快に呑み下し、感じのイイAIR NZのCAさんに『エクスキューズミー!シャンペン プリーズ』とすぐに2杯目をお願いした次第です。

《席に着くなり駆けつけの一杯。さらにもう一杯!》


AIR NZの機体は新型(777-300)に切り替わりつつあって、そうなるとこのプレミアムエコノミーもチョット前の一般的なビジネスクラスに匹敵する仕様になります。

《次回乗る時には新型のシートになって欲しいなぁ。》


しかし残念ながら日本路線はそれが後回しになっていて、今回は既存のシートのままでした。

実は昨年秋にチョコットだけ777-300が日本路線に導入された様子ですが、冬になると利用者の増加という最もらしい理由で747に切り替わり、その後は元の777-200に戻ってしまいました。

《777-300型機で導入されている新型プレミアムエコノミーシート。オールブラックスの皆さんでも余裕という意味ですかね。オークランド国際空港にて。》


私たちと同時期にロンドンに旅行中の友人ゴンちゃんが『普通考えればどうってことない食べ物の機内食に、どうしてあんなにワクワクして期待するんだろ。』といっておりましたが、確かに私もそれはその通りだと思います。

でもワクワクなんですよね、デミソースの味しかしないステーキとか、パサパサの魚のソテーとかっていうものが…。

ゴンちゃんのロンドン研修旅行のブログ


《まずは前菜。既にシャンパーニュは3杯目!》


《最初のワインはNZ産赤ワインの代表格ピノ・ノワール。》


《私が選んだメインは“鶏肉のロースト”。ローストというよりは煮物っぽいが、見た目よりも美味しい!》


《妻は“牛フィレのステーキ”を選択。コチラも悪くない。》


総じて思っていたよりも料理が美味しいと感じました。

料理はビジネスと同じというプレミアムエコノミーにしたかいがあったということでしょうか。


それにしてもAIR NZのワインはGood Choiceです。

写真以外にもシャルドネも何杯か飲みました。

あー大満足!


食べて飲んで酔っ払って朝までぐっすり眠る作戦でしたが、やはりそう計画通りにはいきませんね。

結局、3時間くらいしか眠ることができませんでした。

やっぱ夜間飛行となる行きだけはフルフラットのビジネスにしたいなぁ。

次回はマイレージでアップグレードしようと思います。

でも寝不足でも時差が4時間しかないNZですので、それがきっかけで体内時計が狂うことはありません。

時差がないというのは本当にありがたいことですね。



2日目に続きます。