Hatena::ブログ(Diary)

照顧脚下(日々の雑感に馬券と本)

2014-10-02 本日の雑感

哀れなミンジョク



韓国で「反日英雄将軍」映画が空前の大ヒット

歴史を都合よく“創作”

悪役にされた「将」の子孫からは賠償提訴も



文禄・慶長の役(1592〜98年)で朝鮮水軍を率いて豊臣軍と戦った将軍、李舜臣を主役に

した映画「鳴梁(めいりょう)」が韓国で空前の大ヒットを記録している。

韓国映画としては初めて観客動員数1700万人を突破。人気の理由は「反日色」の強さだが、

戦果を過大に膨らませ「朝鮮大勝利」としたり、謎の“SF兵器”が登場したりと驚きの内容

になっている。

監督は「日本人は歴史についてあまり知らない。この作品は日本の観衆が歴史を知ることの手助け

になると思う」

と自信たっぷりに言い放ったが、あまりの歴史の“創造”ぶりが裏目に出て、悪役にされた将軍

のライバルの子孫から名誉毀損で訴えられてしまった。



これは歴史活劇かファンタジーか

 


映画は、李舜臣がたった12隻の船で330隻に及ぶ倭軍(日本)の攻撃に立ち向かい戦った鳴梁

海戦を描いた−というものだが、歴史的事実を反映しているかとなると大きな疑問符がつく。

 


この海戦についての記録は、韓国には李舜臣自身の残した「乱中日記」などわずかな資料しか残って

いない。しかし、日本には「中川家文書」や「毛利高棟文書」など複数の資料が残り、記述内容も精度

が高いとされる。

 

日本側の記録では船の数は朝鮮水軍が大型船12〜14隻、日本側は数十隻。朝鮮の記録(乱中日記)

でも日本側は130隻余りで、330隻はあまりにも大げさだ。

 


日本側の記録では、朝鮮水軍は被害こそ軽微だったものの、日本側の本隊到着を恐れて早々に海戦海域

から離脱。その後も退却を重ね、5日後には全羅道北端の群山沖まで退いている。

日本側の被害は先鋒の数隻が沈み、藤堂高虎が負傷、数十人が戦死とあり、投入した戦力は8千人に満たない。

 

しかし韓国では、日本側は沈没31隻、大破92隻で8千人が戦死し、朝鮮が勝ったことになっている。

映画もこれを踏襲した形だ。

 


ちなみに韓国の歴史教科書では、李舜臣は「日本軍に大打撃を与えて、その西進を阻止した」「日本の補給線

を断った」などとされるが、文禄の役、慶長の役ともに豊臣軍は朝鮮半島に予定通り上陸。

その後も九州釜山間の補給が滞った記録はない。そもそも役が終わるまでの約7年間、制海権が朝鮮軍の手

に渡ったことは一度もないのだ。

 


映画の話だから「創作もあり」だろうが、朝鮮にとっておもしろくない歴史的事実はことごとく変えられて

いるようだ。



韓国ネット民も忌み嫌う「ヘル朝鮮

 


ちなみに文禄・慶長の役のころの朝鮮は、韓国のネットユーザーたちが「ヘル朝鮮」(地獄の朝鮮)と忌み嫌う

最悪の時代。一部の貴族(両班)がわずかな富を独占しつつ権力争いに明け暮れ、多くの民が家畜扱いの

奴隷だった。

 

文禄・慶長の役では、こうした一般民衆が進撃する豊臣軍を歓迎したとの記録も残る。

なかには豊臣軍の到着を待たずに反乱を起こし、奴隷の身分を記した戸籍を収めた建物を燃やし朝鮮王朝の

奴隷制に反旗を翻した民衆もいたという。



「亀船」に夢を乗せて

 

当時は文化も退廃。

映画では李舜臣ら朝鮮の将軍は立派な鎧甲らしきものを着ているが、現在に残る朝鮮武将の服

は綿の入った防寒具程度のものだ。

 


演出も陳腐で、日本側に謎の傭兵が出てくるなど、昭和の子供向けヒーロー活劇ものの悪役をほうふつとさせる。

さらに当時の朝鮮の軍艦とされるが、実在したかどうかも分からない「亀船」も登場する。

 


朝鮮の記録によれば、亀船は周囲を矢避けの板で囲った屋根付きの戦闘室があり、屋根には敵兵が飛び移れないよう

ハリネズミのように金属の刃が並ぶ。前後左右に大砲を備え、当時最新鋭の軍艦とされている。

しかし、記録は文章による記述があるだけで設計図どころか外観図も残っていない。現存するイラストは後世の創作だ。

 


韓国ではこれまで何度も、観光の目玉にしようとわずかな記述を頼りに“復元船”を作ったが、輸送途中に沈没しか

けるなど散々な結果に終わっている。復原計画では、記述にはない巨大な帆を装着するなど、想像上の装備も加わった。

そんな亀船がこの映画にも登場するのだ。

 


言い伝えによると、亀船は文禄・慶長の役でも活躍したとされるが、具体的な戦果は全く記されていない。

そこで監督は「亀船はあったが、李舜臣のライバルの朝鮮将軍が燃やしてしまった」というストーリーを創作した。



そして提訴へ

 


亀船を最新軍艦とするなら「そんな優秀な船がありながら、なぜ日本に勝てなかったか」という別の矛盾が生じる。

一方、「実は亀船はたいした性能ではなかった」とする解釈もあるが、韓国では採用しにくい。

そんなわけで、「ライバルが李舜臣の足を引っ張ろうと焼き捨てたため、対日本戦で活躍できなかった」というアイデア

は、観客の愛国心をそそる理想的な答えだったようだ。



映画では、亀船放火で李舜臣のピンチを強調した演出がなされ、それが当たったかに見えたが、実はこの“悪役”に

された将軍には子孫がいた。



祖先の名誉を汚された−

 

中央日報(電子版)など現地メディアによると、映画で悪役にされたのは慶尚右水師の将、裴楔という人物だ

(水師とは水軍のことで、慶尚右水師とは役職名)。

 


映画では漆川梁海戦(1597年)で朝鮮水軍が壊滅的な打撃を受けるなか一人逃げのびた臆病者として登場。

「勝てないかもしれない」などとつぶやいて兵の士気を落したうえ、李将軍を暗殺しようとしたり、亀船を燃

やしたり−と見事な悪役扱い。

ただし、これらは亀船炎上の件を含めてほとんどが日韓どちらの記録にも存在しない創作だった。

 


これに対し、裴楔の子孫らが「映画が裴楔の名誉を傷つけた」として上映中止を要請。さらに9月15日、

キム・ハンミン監督らを死者名誉毀損の疑いで、慶尚北道の星州警察署に告訴した。

子孫らは「歴史的な事実を歪曲し、虚偽の物語を繰り返し過大に表現している。観客の怒りを引き出すための

浅はかな商法だ」と映画を非難している。

 


キム・ハンミン監督は「日本人はこの映画で歴史を学んで」と公言していたが、訴訟騒ぎ以降は沈黙。

朝鮮日報(電子版)によると、映画製作会社は「創作物は創作物としてみてほしい」とするが、愛国心に満ちた

大ヒット映画に思わぬケチがついてしまった。



→ http://www.sankei.com/west/news/141002/wst1410020003-n1.html


f:id:bakenshikabuya:20141002071915j:image

映画「鳴梁」の1シーン。立派な鎧甲に根拠はない



>一部の貴族(両班)がわずかな富を独占しつつ権力争いに明け暮れ、

>多くの民が家畜扱いの奴隷だった

別にこの時代だけではなく、有史以来のことだろ、これって。

半万年属国・植民地だった歴史を改ざんして一時的なカタルシスを

感じたくて仕方が無いのでしょう。

ウリナラファンタジー、ここに極まりっといったところでしょう。



51: ストマッククロー(芋):2013/08/15(木) 00:34:12.01 ID:im0QrVGvP

まあ単純に民度の問題だよな。

永年、隷属民族としてしか生きてこなかったから、どうにも出来ない支配者に対する

そういう「無為な仕返し」でカタルシス感じる事しか出来なかったんだろう。

現実から目を逸らして、信じたいファンタジーを創作して、かつ、それを

本気で信じ込めちゃう資質とかも、叶わない現実に適応した奴隷民族の

処世術だったんだろうと思う。



247:名無しさん@涙目です(茨城県):2011/06/15(水) 10:36:40.65 ID:BEhnQA5l0

いや、正確に言うとチョンの場合のそれはプライド(自尊心)では無いんだよ

単なる『劣等感』

日本や中国の属国だった歴史しか持たない惨めな民族が抱える病的なまでの劣等感

その単なる裏返しに過ぎない

だから必死で「どうニダ?ウリたちは凄いニダよ?凄いニダよ?」って叫び続けなけ

ればならない

それがいかに醜悪で気持ち悪いと思われているか

そんなことすら病的な劣等感で目のふさがっている朝鮮猿たちには理解することが出

来ない

哀れな民族だよチョンはw

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakenshikabuya/20141002/p1