Hatena::ブログ(Diary)

照顧脚下(日々の雑感に馬券と本)

2018-07-18 本日の雑感

北朝鮮非核化が頼りか



f:id:bakenshikabuya:20180718220151p:image

f:id:bakenshikabuya:20180718220148p:image


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000004-jij_afp-int


迫り来る11月の中間選挙で大統領としての威厳を保つために、共和党

勝利のために、利用しているのが北朝鮮の非核化問題。

米朝首脳会談の結果が、トランプ大統領唯一の功績ということ。

他に目玉的な政策は皆無。

北朝鮮米国政府の目論見はお見通しで、金正恩閣下は、中国に出向き

半島への北主導のプレゼンスを確約して帰国。

これで米国にへつらう理由も無くなりました。

今後は安心して核開発を進めることが出来るワケですね。

喫煙は悪か!?



f:id:bakenshikabuya:20180718214528p:image

f:id:bakenshikabuya:20180718214524p:image


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000056-jij-soci


子どもをダシにしやがって!!

そんなに喫煙者は悪なのか!? タバコは悪か!?

今やドトールサンマルクなどでは、喫煙席を設けていますが

全面禁煙のスタンドコーヒー店も少なくありません。

職場でもスペースの一角を遮断して喫煙室としています。

街中で吸いたくなったら、路地裏に行き、周囲に人がいないことを

確認した上で、携帯用灰皿を片手に静かに吸っています。

人に迷惑をかけない方法なら、タバコを吸う権利もあって然るべき

と思うんですけどね。 これじゃ中世の魔女狩りだよな。

得意技は突貫工事


f:id:bakenshikabuya:20180718212954p:image

f:id:bakenshikabuya:20180718212951p:image


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000063-jij-pol




f:id:bakenshikabuya:20180718212948p:image


ゼネコンの得意技は、談合と突貫工事。

子会社・孫請けの尻を鞭で叩きながら、目指すは工事完了検査まで

ひたすら突っ走る姿はいつものこと。

東京五輪には間に合わないけど、最終的には屋根を開閉式のドーム型

にするとのこと。 楽しみですね。

しかしこの猛暑。 作業員の方々にはお見舞い申し挙げます。

お前は健忘症かよ



f:id:bakenshikabuya:20180718205934p:image


https://twitter.com/NaotoKan/status/1017963360107692032


東日本大震災時の総理はお前だろうが!!

お前の総理としての資質、いや国政を担う政治家としての資質が

全く存在していないことに、国民は怒り、呆れた。

民主党に1票を投じたことを後悔したモノだった。

D

因みにその時の自民党総裁は谷垣さん。 

谷垣総裁は協力を申し出ている。

何故ここで東日本大震災を絡めて、安倍首相を批判!?

夏のイチ押し この一冊



『永遠を旅する者  ロストオデッセイ 千年の夢』


永遠の命をもつ孤独な旅人カイム。

永遠に終わることのない旅の途中に訪れた街や村。

そこで出会った、数え切れない限りある命を持つ人々。

彼らの戦争、騒乱、平和、富裕、貧困、権力、服従、

希望、絶望、憎悪、愛、未来、過去などを、カイム

の目を通して紡いだ一期一会の物語の集大成、金字塔。

必読の一冊。


永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 (講談社文庫)

永遠を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢 (講談社文庫)



『ねぇ、柴田。』


主人公は高校生の女の子、謎めいた美少女、柴田優。

生まれてから中学2年で、今の里親に引き取られるまで、

児童養護施設で育つ。しかし、そのことで周囲の心ない

対応、強烈なイジメがトラウマとなり、イヤフォンで両耳

を塞ぎ他人との関係を絶ち、自分の世界だけに耽るようになる。

自分の育ちを知られない、高校は遠くの進学校に上がった

ものの、やはりトラウマが消えることなく、身上が露呈する

のを恐れ、両耳をイヤフォンで塞ぎ、クラスメートとの関係

を完全に遮断した生活をしていた。

転機が訪れたのは高校2年。クラス替えにより柴田の隣席に

座ることとなった中嶋雄太の存在。

中嶋の朝夕のあいさつに始まり、機を見て柴田に声をかける

ようになって、徐々に柴田は胸の内を開いていく。

柴田が唯一心を許した、中嶋の夭折した双子の妹による

柴田と中嶋が出会う工作も功を奏して...。


――ねぇ、柴田。 (SKYHIGH文庫)

――ねぇ、柴田。 (SKYHIGH文庫)