bakockのKKB日記

2009-01-29

現場側と管理

よくある話ですが、両者には矛盾、対立がある。「あいつらはわかってない」ってやつです。

そこまでいかなくても、便利さとコントロール矛盾は起きる。

ITの人間は両方の味方、召使であり仲介者であることも求められているんじゃないですかね。具体的な未来を作る人だから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakock/20090129

2009-01-21

ナチュラルにセンスない人のための... 「ブリッジマンの技術

ブリッジマンの技術 (講談社現代新書)

ブリッジマンの技術 (講談社現代新書)

コミュニケーションが苦手な人のための、伝え上手になるための技術集。

著者ご本人が、「オタク研究者」から「科学の伝道師」を志して身につけたというテクニックです。

大変失礼なんですが、文面からそこはかとなくナチュラル空気嫁内感が漂ってくるだけに説得力があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakock/20090121

2009-01-13

トレースすると無駄が省ける

no title に、「収支をコントロールするには、まず支払いを一銭も漏らさず記録しろ」とあります。

昨年何回かにわたって、メモ帳に使った金を全部書いてみたのですが、これを家計簿ソフト入力したり分析したりしなくてもメモに書くだけで無駄が減る実感があります。

この習慣が中断してしまうポイントが、

  • 泥酔していくら使ったか覚えていない(その上、二日酔いでメモを取る気力がない)
  • 自分が金を払ったことを認めたくないようなことに使ってしまい、記録に残したくなくなる

という2種類あります。この2つ目が、メモを取ることによって無駄が省ける理由とつながっていますね。つまり、記録する自分に対して後ろめたい支払いをすることの抑止になっているわけですが、私の場合それをしてしまってもきちんと受け入れて記録を残す習慣を続ける心の強さを持つことが課題です。

これがわかってから、仕事中にTO DOリストに着手時間と完了時間を記入して時間の使い方をトレースするのも試しています。ただ書くだけで分析はなし。

これをやると、結構集中して作業できる気がします。ネットをだらだら見る時間も減りました。自分しか見ないとはいえ、TO DOリストに「ネットをさまよう」とか書くのは勇気が要りますしね。

でもやっぱりここでも心の弱さが顔を見せ、着手したくない作業の前に来ると「今からやるぞ」と時刻を記入することなくウロウロしてしまいます。こちらも、「やりたくないので手が止まっている」という現実を受け入れて手を打っていくことが課題です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakock/20090113

2009-01-12

横綱理論が面白すぎる件

ブログ no title で展開されている横綱理論が面白すぎる。

自己啓発や成功理論に興味のある方はぜひ。まったく扇動的でない語り口も素敵過ぎる。正月には講演があったそうですが、ぜひまたやっていただきたい。普段はイギリスにおいでのようなのですが、正月は「第二回」だったそうなので「第三回」も期待していいのかしら?

自省すると自分意識レベルは十両と前頭を行き来するくらいかなと思うので、まずは幕内定着、三役を目指して精進したいです。

今年やめること(2)

休日の朝寝をやめます。8時くらい、遅くとも10時には活動を始めます。

疲れていたり体調が悪いときは、活動を始めてから改めて判断して休息のために寝ます。

休日に遅くまで寝ていると、生活リズムが崩れて... というのもあるのですが、なんか寝覚めの悪い夢(オフィスの中に貨物列車が走っていて轢かれそうになったり、なくした物を捜して渡良瀬河畔をさまよったり)をよく見るようになってきたので、ああこれは要らない睡眠、害になる睡眠なんだなと。

これもstickKに登録しとこう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakock/20090112

2009-01-09

プロマネを買えるとき

現在、お客さんの所に常駐して、システム維持運用プロジェクトプロマネ業務を請け負って仕事をしています。などと言うと大変おこがましい感じで、実際は怒られ屋兼連絡係といった風情なのですが...

こういう仕事について、お客さんとこんな話になりました。

火事になれば、火消しとしてbakockみたいな人を呼べる。本当は火がつく前に呼んでおけば火事にならないからいいことはわかっているが、そういうことにカネを使う必要があるという説明が上にできない。説明できないので、プロジェクトの計画から削られてしまう。」

うぅん。ぐうの音も出ません。自分の売っているものが役に立つということをちゃんと説明できない(お客さんの上司を説得できるだけの言葉をもっていない)とは、ビジネスマンとして恥ずべき事態ですな。自分でもあまりわかってないし。精進します。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/bakock/20090109
Connection: close