Hatena::ブログ(Diary)

馬骨亭日乗 la dua

2007-08-25

[][]「殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。」 「殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。」を含むブックマーク

Stop the deportation of Pegah Emambakhsh

http://www.petitiononline.com/pegah/petition.html

Pegah Emambakhshさんについて、そして署名については、急遽作られたblog

ペガーさん強制送還反対

http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/

より。

(転載歓迎とのことです。以下、転載記事です。)

ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性、40歳。2005年にイランを脱出し、イギリスで難民申請をしたが、それが認められずにあと数日で故郷のイランに強制送還されようとしている。彼女は、レズビアンレズビアンであるということは、イスラム法の下、イランでは死を意味する。石打ちの刑に処されることもある。

殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。国際難民法の述べる難民の定義を引用するが、「…人種、宗教国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であるということ又は政治的意見を理由に迫害をうけるおそれがあるという十分に理由のある恐怖を有するために国籍国の外にいる者」(難民条約第1条)とは、彼女のことではないのか。

彼女の強制送還は、国による殺人である。これは許しがたい犯罪であり、人命の冒涜だ。

国際社会は黙って見すごしていけない。ペガーさんのために一人一人のアクションを求めたい。

【英語サイト】

インディーメディア

http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379580.html

シェフィールドメディア

http://www.indymedia.org.uk/en/regions/sheffield/2007/08/378415.html

ネット署名(英語):

http://www.petitiononline.com/pegah/petition-sign.html


【日本語訳ブログ】:

http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/

※記事は刻一刻と更新されて、新しい記事が出ていますので、トップから別の記事も見られます。

---

「殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。」は、あるblogを思い出させました。

ペガーさんのことを紹介されているのではないのですが、左欄でリンクさせていただいている「多文化・多民族・多国籍社会で「人として」」

http://ukiuki.way-nifty.com/hr/

をここでもう一度紹介させていただきます。

[][] を含むブックマーク

難民申請却下でイランに送還されそうなペガーさんの件、説明(1)(tnfuk[today's news from uk+])

http://nofrills.seesaa.net/article/52948421.html

記事の目次のみコピペさせていただきます。詳しくは本文をご覧下さい。「問題の要点」「問題の経緯」が特に必読だと思いました。

【目次】

■現状どうなってるのか:

英国での報道はどうなのか:

■ペガーさんの件での「問題」は何か:

■ペガーさん強制送還問題の要点:

■ペガーさん強制送還問題の経緯:

■ペガーさんの難民申請が認められなかった理由は何か:

英国内務省の判断の根拠となる文書には、イランについてどう書かれているか:←これは長くなるので別記事に。

(1)とあるとおり、(2)も近々アップされる予定のようです。

---

28日、追記。

難民申請却下でイランに送還されそうなペガーさんの件、説明(2)(tnfuk[today's news from uk+])

http://nofrills.seesaa.net/article/53042663.html

目次をコピペします。「文書の読解」がテーマだと思いました。

【目次】

英国内務省の判断の根拠となる文書にはどう書かれているか:

英国内務省の「イランでは同性愛者への迫害はない」との判断の根拠は何か:

■正直、イランはどうなのか:

■「死刑」と英国

■補足:

仲@ukiuki仲@ukiuki 2007/08/28 07:28 TB&紹介ありがとございます。ネット署名してきました。
人道の名の下に、ベガーさんの強制送還を絶対に阻止せねばなりません。日本の法務省なんかよりはるかに働きかけやすい相手だと思いますし。

bakocutei_pontabakocutei_ponta 2007/08/28 07:42 最後になって仲さんのblogを紹介しておきながら、TBを打つ勇気が実はなかなか持てなかったのです。人の命かかっているのに!ペガーさんの紹介が遅れてごめんなさい。

仲@ukiuki仲@ukiuki 2007/08/28 11:27 いえいえ。ぼくも27日の朝にこのニュースを知ったのですが、エントリーを立てる余裕がないままです。。。
http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3af2.html
によると、イタリア政府が受入を表明してくれたそうで、一安心してよいのでしょうか。

鳥居正宏鳥居正宏 2007/08/28 23:23 突然の訪問失礼いたします。上記仲@ukiukiさまのサイトへのトラックバックから、この事件を知りました。私は国際アムネスティのメンバーです。さっそく、今夜中にアムネスティ日本支部またはロンドンの国際アムネスティ事務局へ、詳細について問い合わせてみます。http://www32.ocn.ne.jp/~amnesty/

鳥居正宏鳥居正宏 2007/08/28 23:46 たった今、アムネスティ日本支部宛てに緊急メールを送信しました。国際難民法の「ノン・ルフールマン」の原則からいっても、本国送還は深刻な国際法違反・人権侵害にあたります。