Hatena::ブログ(Diary)

バルサム(香油)

2018-04-23

'95・11・28

| 20:12

 Treu Life In God の十周年記念

あなたに平安。 我がヴァスーラ、ああ、教えてほしい、教えてほしい、このように長い年月こうしてともに過ごしてきたのを幸せと思うか? 単なる肉として造られ、だが心を持つ者よ、今 幸せか?

わが—歓び—の—冠よ、幸せでないはずがありましょうか? 風の翼に乗ってすすみ、あなたの息吹は私を雲間まで運ばれ、一陣*の風の その一部として下さいました、ですから 幸せでないはずがありません!
*「さまざまな風を伝令とし」詩編104・4。


そして私の一部*となり、私も あなたの一部となった、私があなたのうちに住まいを定めたように、あなたは私のうちに住まいを定め、その霊魂はエデンに変容し 我が誉れとなった。 歩みを前に進め 風の翼に乗って行きなさい、あなたには特別な場所が 我が聖心のうちにあるがゆえ。

ヨハネ福音書15に言及。

わが—心—の—祝いよ! 目—の—膏薬よ! 三たび聖なる光! 「人の住まない地」を救い出されたあなたを わが霊魂は歓び讃えます! 三たび聖なるみ名は崇められますように。


実に 私が「あなた—の—心—の—祝い」であるなら、あなたやほかにも多くの人びとを我が心に招いてここまで連れてきた今日の日取りを 毎年記念しなさい ♡ そしてあなたの時代に取っておいた無数の宝を そこに見いだすがよい。 この大いなる日を 心に留めおくように。 この十年来してきたように 私のそばにいなさい: 決して そばを離れないように、長年してきたように 私とともに歩みなさい。 あなたをどう教育してきたか分かったであろう? 何を成し遂げたか 見たであろう? 私の知恵が見えたであろう? あなたを養子にすることで、ほかにもなんと多くの人を 養子としたか。 私の道はまっすぐで、あなたへの近づき方は 悦びもたらす… あなたの王は欠けたところがなく 麗しい。 「我が教会を 生き返らせなさい、我が教会を 美しく飾りなさい、我が教会を 一致させなさい」とあなたに 命じていた。 そしてともだって 私の栄光をめざしていけるよう、私の意思を行う承諾だけを、ただ一つ求めた。 今やこうしてあなたは 私の友情を得ている。

私のもとに立ち帰った数多の霊魂たちは今日 我が教会に利益をもたらし…天の我が天使たちの讃美に今では声を合わせている。 そして私は あなたの口を通して語りかけ、一致のために 心で何をいちばん望むかを打ち明けた。 あなたの労苦は無駄となっていない。 私は: 復活祭の日取りを一致させるという、みことばと願いを伝えるように求め、あなたはそうしてくれた。 見よ? 私を認めたことが、我が子よ、まさに申し分ない功徳となり 霊魂には光となった。 エジプトから呼び出した娘よ、私は絶え間なくあなたを見護ってきたが、うちなるその薄明かりは 私が切に望み、私の目的全体を達成するために、三たび聖なる 我が霊により賜ったもの。

—「満たされて、あなたは多くなろう」:という私の言葉は あなたには謎だった。 だが後で 私はその意味を理解させた:「三たび聖なる いのちの与え主、我が聖霊に満たされたとき、我が霊の力によって、多くの人を回心させ 悔い改めと導く」と。 私は自らの手であなたの土壌をたがやし、うちなる岩を砕いて 私の道を平らにした。 次に私自身の天来の種子を あなたのうちに蒔いた。 私の名を尊び、我が新しい庭園に侵入して道をさえぎる誰であろうと 倒すと誓った。 今日はこう言える、ヴァスーラ: 私はあなたのうちで むなしく労苦はしなかった。 私の霊に解放され あなたは私が住まうにふさわしい場所となった ♡ 我が息子 娘たちも私に近づくがよい 彼らも解放して 私の集いに入ってこさせる ♡ ic

2018-03-26

'95・11・21

| 21:10

私は無駄骨を折ったのでしょうか? 意味なく疲れ果てたのでは? でもずっと道中 ご一緒でした。私のカリスマは あなたが下さったもの、わが神よ、そこであなたは 私の力でした。

我がヴァスーラ、どうして、「力でした」と言うのか? どうして過去形で言うのか? あなたはまだ仕えている身 それに私が永久に力を与える。 今でも私はあなたの力 そしてずっとこれからも…そう、その労苦は無駄ではない 意味なく疲れ果てたのでもない。 あなたの自己放棄は 我が霊のうちに脅威をもたらした。 一つの国は一日で生まれようか? 同様に 我が多くの正しい者たちはそれぞれのやり方に従うがゆえ わずか一日では一致を産み出せない。 私のもとに立ち帰るよう、一つの声が国たみに遣わされた それは我が子どもたちに語りかけ 慰めを与えている。 私は和解の畑に蒔く種子をそなえた そして欠乏している者たちをみことばで満たすよう 我が霊的食物を与えてきた。

— あなたは、ヴァスーラ、まだ走り終えていない それは我が民の多くに目を見えなくさせている破滅もたらす者と戦う武器として あなたを創造したがゆえ。 私がともにいる そこで何も恐れるにはおよばない…そう、破滅もたらす者は この世に権威をふるって彼らの思いを捕らえ 聖書では三角形を形造る三つの汚れた霊として その名が登場する。 大蛇 野獣と偽りの預言者*の多弁より発するこの三つの汚れた霊は、あなたが私のこだまゆえ、無論、その足音には目覚め、そこで私の杯をくつがえして、沈黙させると誓った。大波のように あなたを巻き込んで倒すと。 我が小さな天使よ、か弱いあなたを用いて力ある者たちを無力にする。 無なるあなたのうちに 私は我が威力を現し 彼らの王国をくつがえす。 勇気を持ちなさい、娘(こ)よ、そうするなら私は 真理をふたたび打ち立てよう。 祝福を与える。

黙示録16・13。

f:id:balsam39:20151011131426j:image

'95・11・15

| 21:08

聖書ではこう言っています:「耳は言葉を聞き分け 口は食べ物を味わう。」(ヨブ記34・3)
どうして彼らには あなたのお声が分からないのでしょう、あなたの食べ物はどうして彼らにはありがたくも 美味しくもないのでしょうか? どうして私の場合はみことばでないと 拒まれるのでしょう? ユダヤ人たちが咎めだてて あなたを、イエスよ、神から送られ、神の独り子で あなたご自身が神だとは信じなかったときに、こうおっしゃいました:「私は、父から与えられた数多くの善いわざをあなたたちに示した。 その中のどのわざのために、石を投げつけて私を殺そうとするのか?…私が父のわざを行っていないなら、私を信じなくてもよい。 しかし、行っているなら、たとえ私を信じなくても、わざを信じなさい*。」
— ではどうして、主よ、み名によって成された御わざを見てくれないのでしょうか、これも証しとなるでしょうに?
ヨハネ福音書10・32、37~38


あなたに平安。 愛が ともにいる。 まさに文字通り 私に従ってこれるか? この試練によって 私の平安を失わないようにと願う。 私がこのメッセージの著者ゆえ、あきらめてはならない。 救い出す。 あなたやほかの誰であろうと 試してもよかろう? 試練を通して 強めてもよいではないか? (ヴァスーラ、慰めとなる一人の天使を送ろう…)あなたはこう呼ばわっている:「主よ、ひどく傷つきました」と、だが、ヴァスーラ、私も同じです…「主よ、ひどい仕打ちを受けました」: と呼ばわる、だが言っておく、私もそうです。

— 我が選びの器は 私の家に住まう者たちに打たれたが それは御父があなたに言われたことを、成就するためだった… そして今度は言っておく、どの聖職者も 私に味方して*自分の立場を公けに世の中で表明するなら、私も、時の訪れとともに、自らの立場を彼のために 御父の前で表明する! —そしてあなたにはこう言っておく: 自分を弁護してはならない! あなたの言葉を聞いた人たちが今度は証人として公けに真理を宣言するように。 しかしその何人かは 口を利けなくする霊を悪魔が送って沈黙させる。 この者たちは与えた明かりを隠してその闇を:「賢明さ」と呼び、暗やみに隠れて姿を見せないであろう。 ic

イエスはご自分のメッセージについて言っておられます。

2018-03-20

'95・11・8

| 21:34

主よ、原初より、王なる方、あらゆるものの主よ、
私は あなたの肉の肉、骨の骨、
あなたは私のうちにおられ 私はあなたのうちにいます、
あなたを所有し あなたも私を所有しておられると知るのは
なんという歓び、なんと嬉しいか!
私はあなたのもの そしてあなたは、
わが王よ、私のもの!

あなたは真の葡萄の木 そして私は枝の一つ、
私は あなたの面影、あなたと一つでいるのは なんという歓び!
こうして私のうちにいて下さるよう
私はあなたのうちに とどまります。
ああ あなたの霊による なんという賜!
アレルヤ

計画を示して下さい、ああ 主よ、
差し出される何でも お受けします。 今は大胆になりました、
けれど求めておられるのは 苦しみですか?
与えて下さる何でも お受けします、
み手よりいただくと すべてが麗しくなるのです!
おいで下さい! 来て 私のうちに君臨して下さい
あなたは 幸せの源!
あなたの杯を分かち合うようにと 招いておられるのですか?
神なるあなたの唇が 吸うときに触れた杯を?
わが神! わが神よ 私は感きわまって 悦びにうち震えます。
ああ 愛よ! あなたは私を 誘惑されました!


私自身の心も 感きわまって高鳴る、こうした仕方で 食卓に招いてくれたとは…信頼しなさい、私は天下った者 そしてどの被造物も あなたのうちなる私を圧倒できない。 あなたのうちで私は 生き生きとしている。 この世の王国に住まう誰であろうと そしてそこに君臨する者も* あなたのうちなる私の支配は 揺るがせない。 私は三たび聖なる神 そこで恐れないように。 かつてあなたに言ったことを覚えていよう? 私は我が通り道に障害となるなら 王も王国も打ち倒すことで知られていると。 今のあなたには 忠実さだけを求める。 私に忠実を尽くしなさい。 右も左も見ないように。 私が助ける。 歓びなさい 友よ あなたを尊んで 私の杯を分かち合うように招いた、あなた方の分裂 そして心の不誠実という杯を…

*サタン。

さて、あなたと私は「TLIG」の十周年記念を迎えようとしている、勇気を出しなさい、我が娘(こ)よ、そして世が*あなたの名誉を剥奪しようと 気を害さないように。 終生 教会の規律を守って生活しなさい そうするなら私の好意に与っていよう。 我が呼びかけには:「ここです、主よ」と答え、いつでも喜んで応じなさい、そうするなら造り主は あなたの上に輝いて下さる。 御父の選びの器よ、誘惑に陥ってはいけない、知識をどこに見いだせるか、堅忍と、知恵が そしていのちが どこにあるかを学びなさい。我が聖霊のうちに、あなたが沈黙する中 このすべてと更に多くを見いだそう。 魚が水の中を泳ぐように、我が霊のうちに 楽しく泳ぎまわりなさい。 この水を出るなら、死んで干からびてしまう。 そこで我が霊のうちにとどまり 私の霊を吸い込むように そうするなら生きよう。 幸せでいなさい! 多くの隠れた霊魂たちを私のもとに運ぶようにと あなたを養い育てた。 その多くは まだ立ち帰るのを憚ってはいるが…彼らをなんと哀れむか! この者たちを取り巻く危険にまったく気づかないでいるのを見て 私は悶え 苦しんでいる。 ああ…ヴァスーラ、私の苦しみを分かち合い、この悶えに与ってほしい、私を慰め 休ませてくれるように…

*二、三の新聞に私の名誉を傷つける記事が載りました。

愛しております、主よ、あとは何ができますでしょう?


私を愛しなさい、それが 慰めとなる。 — 前方には、あなたを襲いたいのか 大蛇が待ち伏せている。しかしたとえ直ぐには見分けがつかないよう 透明な姿をとってはいても、あなたには見抜く目を与える。 恐れないように、ともにいるがゆえ、どの一匹も襲ってはこれない。 しまいには 片方の大蛇が もう片方を呑み込んでしまう*! そうです! 与えたヴィジョンにあったように。 来なさい、愛している 祝福を与えよう ♡

’89・1・29のヴィジョンにあったように。

2018-03-15

'95・10・17

| 20:10

わが主 飼い主よ 道を案内し、
取るべき小道を正して下さい。
私どもは 羊の群れ、そしてあなたの忠実な愛ゆえに、
迷える羊を一人ずつ、群れに戻して下さると堅く信じます。

この醜い世の 腑(はらわた)から私を引きだされたのは、
飼い主よ、あなたでした。
三たび聖なる、み名は 讃美されますように。

わが霊魂を生き返らせる方、全き美よ、
蜂蜜よりも甘い言葉をもって、
あなたの口を開き その法の不思議を宣言して下さい、
多くの霊魂が 自由を取り戻せますように。

あなたの忠実な愛が すべての被造物に宿りますよう、
寛大、やさしさと 慈悲をもって触れて下さい、
私どもの目が開かれて 三位一体なるあなたの聖さに
眼差しを しっかりと据えますように。 アーメン


私、イエスが祝福を与える。 力強いこの手を取りなさい、道を案内する。 私にとって あなたを案内し 人生の旅路で聖なる仲間となるのは 絶え間ない悦び。 見よ? 心に自由を与えた。 自由は 私の霊を通して得られる。 その清めの火は あなたを洗い浄める。 我が霊のあるところには、自由がある、その現存を前にするなら 新たにされ、変容するがゆえ。 生まれ変わるのは 死ぬべき種子にはよらず 我が霊による。 我が - 心 - の - 歓びよ、多くの心がこの自由の中で生まれるようになるため あなたを私の網として用いるのを許してほしい。 私を愛し 慰めてくれるように。 ともにいる。 三たび聖なる私の聖い名を祝し 我が誉れとなりなさい。

f:id:balsam39:20151011131426j:image

2018-03-13

'95・10・13

| 21:39

アルゼンチントゥクマン

イエス


私です、あなたの口を用いるのを許してほしい。 彼らが 私の愛を思い出すように。 —我が尊い者よ、あなたの助言者に伝えなさい: 私が進んでいのちを明け渡したため、我が弟子たちは啞然とした。 私は 全くの自由意志でいのちを捨てたのだが、彼らには 私に再びいのちを取り戻す力があるとは まだ見通せなかった。 私が取り押さえられるのを許したのは 我が羊たちのため…あなたの理解を満たすように こう述べた*。 分かっていようが、私はヴァスーラを養子とし、彼女を通して誉れを受けようと思った。 そして以前にもほかの人びとを世に送ったように、悪に染まったこの世に 今度は彼女を送ろうとしている。 彼女の旅路は労苦に満ちたものとなろう*1、御父が 最大の誉れを受けるためにそう望まれたがゆえ。 私が見護ると同じ目で 彼女を見護ってほしい。 私が望んでいるほど あなた方の一致が完璧となるように願う、それが弱まるのを許してはいけない。 懇願する、どのような仕方であろうと 厳しさは用いないように、友よ、我が聖霊を悲しませるがゆえ。 私はおだやかな者 そしておだやかに教育する。 あなた方はこれからもともだって、私が選んだ国々を、旅していこう。 —ともにいる。 愛と聖性を 忠実に守りなさい。 このメッセージを通して与える光を 私の子どもたちが喜べるように。 これからも、友よ、聖なる三位一体の私どもを尊び あなたの母の汚れなき御心も尊びなさい。 まことに言っておく: 私ども聖なる三位一体のメッセージを十分に活かし 与えた仕事を成し遂げるように。 私に倚りかかり 始めたもの*2が仕上げられるよう 我が霊に助けを求めなさい。祝福を与えよう。 まことに私が ともにいる。 ic

*以前のメッセージで「suppress」(取り押さえる)という言葉をどう理解するかについて。
*1 (同時に)「労苦に満ちている」とも聞こえました。  *2 本のこと。