Hatena::ブログ(Diary)

タイツの図書館と繪本・アネックス(のつもり)

2008-12-05

クリスマスミサ用壁画。

ここの更新が半年以上も滞ってしまった。果たしてご期待なされる方がいらしているのかは何とも言えないのだけど。忘れた頃にぽつぽつとアップして行こうと考えている。

今回は友好サイトにお送りしたイラストをここに掲載。

2004年頃のクリスマス前の時期に作成。

f:id:bambino2:20081205175104j:image


クリスマスミサ用壁画』の前で記念撮影する男子美術部部員5名。

ミサのある日なので、この日は生徒は『白タイツ』を着用している。聖なる日なので、式典で『白タイツ』を穿く事は『福音学院』では当然なのである。従って、タイツを男の子が穿く事は当たり前なので、恥ずかしがる事はいけない行為とされる。

英くんと優くんがカメラの前でおおはしゃぎする。美術部部長(女子)から、『もっと笑ってよぉ!!』と言うのに顔を引きっている凌くんと海斗くん。

『福音学院男子初等科』美術部員制作

クリスマスミサ用壁画(上記) タイトル:『マリア様、いやな事は私が・・・』

作品解説:『幼きイエス様』を抱いた『マリア様』はレバノン杉の林の中を歩いている時に、動物達に出会った。動物達はいさかいが元で争いをしていたので、『マリア様』が動物達に『なぜ、争っているのですか?』と、問いただし、つまらぬ諍いを沈黙と化させたのであった。動物達は『マリア様』のお言葉に心を浄心し『マリア様、いやな事は私が・・・』と、自ら奉仕の心願するのであった。

画材:合板板、ジェッソ、糊、ボンド(以上支持体)セロハン、紙粘土、卵の殻、ニス、リキテックス(以上壁面素材)

なお、マリア様イエス様のそばにある『ハートマーク』は紙粘土製で、中にメンバーの髪の毛が植え込んである。

男子初等科『美術部員』制作担当詳細

英くん:担当 社長、プロジェクト監督、制作スケジュール進行、壁画下書き、壁画仕上げ、卵殻収集。

勉くん:担当 壁画仕上げ、卵殻収集、お茶汲み、演奏(?)。

優くん:担当 画材選択及び支持体制作、壁画下書き、壁画仕上げ、卵殻収集。

凌くん:担当 CGによる下書き、ラフスケッチ、壁画下書き、壁画仕上げ。

海斗くん:担当 シナリオ、題材研究、ラフスケッチ、壁画下書き、壁画仕上げ、卵殻収集。

(凌くんの卵殻収集がないのは、卵アレルギーにより、回収不能の為)

(勉くんの壁画下書きがないのは、絵が描けられないから・・・)

クリスマスミサ用壁画について。

英くんの発案により、約4ヶ月の期間を経て完成。そもそも美術部でできる事はなにか?!との号令を元にメンバーと話し合いの結果、『クリスマスミサに向けての絵とかはどうだろう?』の海斗くんの何気ない発言により、社長もとい、英くんがその気になり、メンバーからの意義がなかった為(と、言うよりもなんでもよかったので)壁画制作の開始となった。

(最初のきっかけも女子部長から、男子部員が何も部活らしい行動をしないことからの苦情であった)

壁画のテーマは海斗くん、画材の選択は優くんが担当となったものの、制作するにもスクールバスの送迎時間の関係上、思い通りにいかず、下書きの段階でさえもなかなか進まなかった。

早くも時期がせまり、仕方がなく凌くんのラフスケッチからもとにCGによる、下描きをベースとしてようやくスタートした。

宗教的題材を採る事になり、優くんの意見よりモザイク画のイメージで制作することに合意した。

そのモザイク画には『たまご』の殻が必要との事でメンバー各位で『卵殻収集』が果てしなく始まった。

『しばらく目玉焼きや卵焼きはいらないっす・・・』(英くん:談)

ようやく完成した壁画は『福音学院』のクリスマスミサにて飾らせてもらった。(生徒が作ったので、仕方がなく飾る事になった)

ところが・・・この壁画が一人歩きをしだす事までは、誰一人も想像はできなかった。

(文責:くまさん)

この続きを考えていたんだけど、結局は上手くまとめられませんでした。