Hatena::ブログ(Diary)

banashowの日記

2016-09-26

花束をそのまま

| 13:00

f:id:banashow:20160926125915j:image

花瓶、もしくは一輪差しとしてご紹介するモノは、ほとんどが1〜5、6本生けるくらいの口径なのですが、花束などをもらった時はできればそのまま飾りたい!というのが本音です*

でも、なかなか口径が合うのがなくてジョッキなどを代わりにするか、バラして生けるかになってしまいがち。


お客さんとのそんなやりとりが頭に残っていたからか、

このビンを見たときに、『ミニブーケにちょうどいいかも』と⭐️


f:id:banashow:20160926125903j:image

昭和のデッドストックの、何かの保存ビンとして作られたものらしいのですが、フタがなく、おそらくはブリキのフタなどをつけて出荷される予定だったんだろうと思います。

スクリュータイプではないので、フタがなくても違和感無しなので、花瓶にどうかと思って仕入れてきました。


個人的には、ティラミスなどのレイヤースイーツの容器にしてもいい感じだと思いますが、どうでしょう??

f:id:banashow:20160926125853j:image

f:id:banashow:20160926125838j:image

f:id:banashow:20160926125826j:image

(¥1400)


寸胴な割に、ガラスが薄めで華奢なので、花より目立つこともなく、なかなか生けやすいです*

花束みたいにきっちり組み立てられたものもいいですし、

バサッと投げ込んだみたいなラフなムードも

f:id:banashow:20160926125929j:image

f:id:banashow:20160926125812j:image

2016-09-24

早いか、遅いか

| 15:35

ちょっと気が早いのか、それとも遅いのか。。。

どちらとも取れるんですが、秋っぽくなってきたこの時に、今!?という感のある《ガラス小鉢》。。。


仕入れる時、迷ったんですが、色がグリーンなので組み合わせ次第でクリスマスシーズンに使えそうだな〜と思って持って帰ってきました⭐️

f:id:banashow:20160924153035j:image

(各¥600)


今年の夏は、デッドストックのガラス鉢であまりいいのが見つからなかったので、なんとなく不完全燃焼だったのですが、ここにきて、解消!

心置きなく、秋冬に気分が向きそうです*

f:id:banashow:20160924153014j:image

f:id:banashow:20160924152956j:image


赤いフルーツやベリーソースをかけたデザートを盛るとクリスマスっぽくなりますよ⭐️

f:id:banashow:20160924152936j:image

2016-09-23

ノリタケの飴色シリーズ

| 15:10

ノリタケの昭和のデッドストックのストーンウェア。

今回は、飴色のシリーズです。

ほっこりした色がこれからの季節に合いそうなシリーズ⭐️

個人的に、この《飴色》のうつわは好きですね*

茶色”ではなく、なんだか美味しそうな響きのする“飴色”。

釉薬独特の深みがなんとも言えず綺麗なんですよ*



急須型のポットとクリーマー、シュガーポットのセット。

持ち手のデザインがキュートですよ*

f:id:banashow:20160923150759j:image

(3点セット¥4500)

f:id:banashow:20160923150745j:image

f:id:banashow:20160923150735j:image

f:id:banashow:20160923150724j:image

f:id:banashow:20160923150713j:image

f:id:banashow:20160923150659j:image



同じシリーズのデミタスカップ&ソーサー

f:id:banashow:20160923150648j:image

(1客¥1200)

カップの内側は白っぽい梨地で、色がきれいに見えますよ。

f:id:banashow:20160923150634j:image

f:id:banashow:20160923150623j:image


気分を変えて、コーヒーのためのコーナーを作ってみました⭐️

f:id:banashow:20160923150942j:image

f:id:banashow:20160923150603j:image

2016-09-22

レトロ感溢れるホーローバット

| 14:41

なんだかブログを書くのが久しぶりな感じがしたと思ったら、

台風で火曜日を臨時休業にしてそのまま定休日に突入しちゃったんですね。。。

台風と祝日のおかげで、今週はかなりイレギュラーな営業になっていますね〜私はかなり楽しちゃいましたが(笑)

今日も祝日なので17:00閉店なのでご注意ください。



いつものホーローバッドに、レトロ感溢れるデザインが加わって、

なんだか可愛らしい雰囲気です⭐️

ホーローバットはオーブンにも直火にもかけられて、便利なアイテム。

このデザインなら、お皿として食卓に出しても良さそう。


f:id:banashow:20160922144033j:image

(小/¥1500 中/¥2000 大¥2500)


f:id:banashow:20160922144018j:image


入れ子ですが、バラ売りです。

せっかくなのでセット売りにしたいところだったのですが、『3つも要らない』と言われそうだったので(笑)

f:id:banashow:20160922143935j:image


手がかけやすいように、両端が内側に曲げられているという、細かな気遣いが調理器具というより食器に近い存在として作られたのかなという印象です*

f:id:banashow:20160922144003j:image

f:id:banashow:20160922143949j:image

2016-09-20

臨時休業のお知らせ

| 11:08


誠に勝手ながら、


本日9/20(火)は臨時休業とさせていただきます。


ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いいたします。

2016-09-19

クリーム泡×さらりとした洗い心地

| 11:53

タイ・チェンマイ生まれのナチュラルハンドメイドソープです。

オリーブオイルココナッツオイル・コメヌカオイル・パームオイルの4種類のベースオイルにエッセンシャルオイル、タイ特有のハーブなどをブレンドし、コールドプロセス製法にて一つ一つ丁寧に作られています。


香りが、ヨーロッパの香水のような香りではなくて、

どちらかというとアジア独特の懐かしいお香のような香りがします。


アロエベララベンダーペパーミント

f:id:banashow:20160917145616j:image

(各¥500)



カフィアライム/スイートバジル

f:id:banashow:20160917145556j:image

(各¥500)



マンゴスチン/ココナッツ

f:id:banashow:20160917145538j:image

(各¥500)



ブラックライス/レモングラス

f:id:banashow:20160917145458j:image



ジンジャー/パパイヤ

f:id:banashow:20160917145440j:image

(各¥500)


《コールドプロセス製法》は、50℃前後の温度で、時間をかけてけん化させるため油脂がダメージを受けにくく、しかも余計な手を加えない、純粋な石けんを作ることができます。

また、グリセリン(保湿成分)をそのまま石けんの中に含むので、保湿剤などを加えなくても、マイルドでしっとりした使用感の石けんになります。

ただ、やはり手間も時間もかかるので、量産される石鹸では用いられない製法みたいですよ*

これがヨーロッパや日本製だと価格が倍以上になるのですが、そこはタイ製のおかげか、良質なのに価格が抑えめです。

プチプレゼントにどうぞ⭐️



アロエベラを使ってみましたが、泡がしっとりクリーミー*

ハーブのおかげか、洗い上がりはさっぱりめな感じですね。

他のはまだ試してませんが、洗った後に清涼感があるんです。アロエなのに、ミントのような。。。

お風呂上がりに汗をかいてしまうのが嫌な方や、朝の洗顔にいいかも⭐️

f:id:banashow:20160919115244j:image

タイの新聞紙に、さらにカラーの模様を印刷した、ちょっと変わった包装紙です。タイ語はあまり見慣れないので、幾何学模様みたいです*

f:id:banashow:20160917145517j:image

2016-09-17

アジアンムードな丼

| 15:03

日本製ですが、色が黄色いので、なんとなくアジアンムード漂う丼です。

f:id:banashow:20160917145406j:image

f:id:banashow:20160917145421j:image

f:id:banashow:20160917145329j:image

f:id:banashow:20160917150039j:image

(¥1200)


。。。と思ってカフェ小町に試しにいろいろ盛り付けてもらったら、

やっぱりアジアンメニューに合うとのこと⭐️

最初見た時は、『台湾』っぽい麺料理が閃いたのですが、

やや浅めのカタチが、どんぶりやサラダにも使い易いそうです。

f:id:banashow:20160917150157j:image

f:id:banashow:20160917150204j:image


色がなかなか鮮やかなので、《何にでも》合うとは言い難いのですが、

合わせるリネンやカトラリー次第で楽しい雰囲気の食卓にもできそうですよ♪

しっかりした造りなので、子供用の丼として使い易いかも。

f:id:banashow:20160917145344j:image

2016-09-16

はりみ

| 14:26

『はりみ』と呼ばれる、紙に柿渋などを塗ったちりとりです。

柿渋を全体に塗ることで耐久性があがり、静電気がおきないので、集めたゴミがはりみの表面にまとわりつかないので、家の中での掃除に使われてきたものです。

材質が紙なのでとても柔らかく軽く押し当てるように使うことで接地面としっかり密着し細かいゴミも取りこぼさないという利点もあります。


こちらは、デッドストックの『はりみ』と、ソルガムブラシの組み合わせ。

和と東南アジアの組み合わせですが、意外にハマりますね⭐️

f:id:banashow:20160916142507j:image

(はりみ¥800/ブラシ¥1200)

f:id:banashow:20160916142455j:image

f:id:banashow:20160916142440j:image

f:id:banashow:20160916142425j:image


デッドストックですが、経年による劣化がところどころありますが、

柿渋で補強されているからか、使用には支障がない程度です。

f:id:banashow:20160916142354j:image

2016-09-15

日本生まれ、世界育ち。

| 16:10

2枚しかないのでブログでの登場はないかな〜と思っていたのですが、

カトラリーを紹介した際にちらりと登場させてしまったので、忘備録代わりにと。。。


昭和のデッドストックのmikasaのスープ皿です。

なかなかインパクトのある赤いラインがポイントですね⭐️

f:id:banashow:20160915160250j:image

(各¥1500)


ツヤっとした渋めの赤色ライン。

f:id:banashow:20160915160155j:image

f:id:banashow:20160915160232j:image


mikasaは一流レストランも愛用する機能性と強度のある日本生まれのテーブルウエアブランドで、実はアメリカを中心に世界中で使われているんだそうです。日本では業務用としてのシェアーが大半を占めてるので一般家庭ではあまり見かけ無いかもしれませんね。

f:id:banashow:20160915160214j:image

業務用食器は、強度を優先されるあまり無表情になってしまいがちなのですが、mikasaのものは上品でデザインされつつ、華やかさもあるものが多いです*当然丈夫さも兼ね備えているので、使い勝手も◎。

mikasaマークで気に入ったデザインがあれば是非使ってみてくださいね⭐️

f:id:banashow:20160915160136j:image

2016-09-13

古いソーダ瓶

| 16:24

レトロなものは好きですが、実はメーカーのレトロなロゴなどにはあまり興味がなくて、気泡ガラスや特有のいびつさに愛着を感じるので、このソーダ瓶も、もしロゴが入っていたらスルーしていたかもしれません*

f:id:banashow:20160913162004j:image

(各¥1400)


何も書いてなくても、ひと目で『ソーダ瓶』だと分かるカタチ。

ピシッとしてなくて、どちらかというと気負いのないのびやかな雰囲気がいいですよねー。

意外と、こういう瓶に大振りな花を生けると面白いので、久しぶりに花屋を覗いてみようかという気分です♪

f:id:banashow:20160913161949j:image


リサイクルガラスだからか、それぞれガラスの色が微妙に違いますね。

f:id:banashow:20160913161935j:image


ラベルを貼るところが凹んでいて、ここにシールが貼られる予定だったんだろうなーと*

f:id:banashow:20160913161920j:image