若者と社会をつなげるNPO職員の日記

2007-04-12 春の便り。

4月になりましたね。

桜も咲いて、新入生も迎え、気持ちも新たに新年度が始まりました。

今年も全力でチャレンジをしていきます!

と、いうことで第一弾。

ものすごいパワーのある女性をお呼びしました。

元気をもらいたい方は必見です!

○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○

4月21日(土)13:30〜イベントを開催します☆

       住育イベント第一弾!

     「住育」コミュニティ第一弾!

ゲストには、(株)ミセスリビングの会長であり、オーラみなぎるお母ちゃんである宇津崎さんを迎え、熱くなること間違いなし!!

○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○◆○


とにかく宇津崎光代さんに会って欲しい!!

みんなが住んでいる家、住まいから教育を考え、取組み、

実際におかぁちゃんの家で体感したから言えます!!

女性企業家という視点で聞くもよし、人生における考え方という視点で聞くもよし、建築という視点もよし、そしておかぁちゃんと視点で聞くもよし!!

どのような視点で聞きたいかはそれぞれ違うかもしれないですが、来てくれたらこんなに熱くみんなを巻き込みたいと思っている気持ちの全ての謎が解けます!!

詳しく知りたい方は下記の住育コミュニティを見てみて下さい!

http://mixi.jp/view_community.pl?id=1886229


内容は宇津崎さんの講演、そして、楽しみながら考え、理解を深めてもらうため軽食を食べながらグループでフリートークをしていただこうと考えています。

住育と聞いて何?と疑問をもたれた方、住宅に興味がある方、教育に興味がある方、家庭ってどんなんだろうって思っている方、世直ししたいと思っている方、興味が少しでもあれば最高の場になること間違いなし!!

管理者自身、おかぁちゃん(宇津崎さん)の話、取り組んでいること、またおかあちゃんの家での体感を通じて、少子高齢化、地域の衰退、イジメ、自殺など、さまざまな日本社会が持つ問題の解決への糸口が『住育』にはあると感じ、多くの人に知っていただき、考え、広めていっていただきたいと思い、このように行動しています。

皆さんも一緒に住宅環境から日本の教育や、自分たちの家庭を振り返ってみませんか?考えてみませんか?

きっと参加された方々にとって新しい発見や感動がみいだせる時間になると思います。


日時:2007年4月21日(土曜日)

時間:13:30〜16:30(開場13:00〜)

会場:クレオ大阪中央:セミナールーム

マップ:http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/index.html

募集人数:100人

参加費:1000円(軽食代含む)

協力:NPO法人「次世代の家と社会をつくる会内閣府認証


応募方法

以下の手順で手続きを行ってください

.ぅ戰鵐肇肇團奪にて参加表明をお願いします。

⊆,URLで必要事項記入しお申し込みください。

 URL→ https://sv04.wadax.ne.jp/~jaee-org/jtaevent/index.cgi

こちらからの返信をもって参加確認とさせていただきます。

mixiをやっていないお友達をお誘いになる場合は、お友達に△裡妝劭未派要事項を記載し送信、応募していただきますようにお伝えください。よろしくお願い致します。

※100名になり次第応募、閉め切らさしていただきますのでご了承

ください。

※当日、連絡なしのキャンセルはご遠慮ください。

2007-03-28 お母さんのお腹から出てきた全ての人、必見!

------------------------------------

お母さんのお腹から出てきた全ての人に捧げる!

------------------------------------

女性だけでなく、男性も、心を動かされる「いのち」のトーク・スライド講演会

講師:吉村医院・お産の家 元婦長 岡野眞規代さん

いのちとの出逢い、赤ちゃんは光そのもの

〜赤ちゃんは社会の宝物、お産には生きていく上での全てが詰まったstory〜

それは、ある一つの偶然(必然)の出逢いから始まった。

綿密な計画の中で生まれた物ではない。

まるで、大きな宇宙が出逢うべきタイミングに、出逢うことを後押ししてくれたかのように。。。

「真実」って何なのか。「いのち」って何なのか。「愛」って何なのか。「家族」って何なのか。「調和」って・・・

そんな答えを一気に感じられる、

それが実は私たちがずっと命を繋いできた「お産」にあると岡野さんは自然体でお話をしてくださった。

その時、自分以外の誰かに背中を押されたように、“これを多くの人に伝えなきゃ!”とカラダが動いたんです。

情報の渦に巻き込まれてしまう現在は、意外にも、“ほんまもん”の情報が届くべき人に届いていない気がする。

このチラシを手にして下さったあなたは、どうやらご縁があるようです。

一読して頂き、ビビッっとくるものがあれば、是非いらしてください! 人生観が変わるはずです。

もっと大切に、丁寧に日々の生活を送りたくなるかもしれません。

もっと命について、地球について、優しい眼差しを向けるようになるかもしれません。

あなたを生んでくれたお母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃんに感謝の気持ちが湧いてくるかもしれません。

他人だと思っていた隣の人が、自分の事のように愛しく感じられるようになるかもしれません。

何よりも、自分自身の「いのち」を愛するようになるでしょう。

“ほんまもん”の「自然な出産」を通して、あなたの眠っている“何か”に気づいてあげる素晴らしい時間にしてください。

みんなで寄り添って生きる、そんな環を、今回の講演会を通じて、築いて繋いでいけたら幸いです。

美しく、感動的で、愛に満ち溢れた、生命の誕生のその瞬間に何を感じるか、

是非あなたの声を聞かせて下さい。                   

                   呼びかけ人  寺石 純子(1歳8ヶ月 祐太のお母さん)より


岡野眞規代先生プロフィール

1975年大阪市助産婦学院卒業。3ヶ所の市民病院で勤務し、989年大阪市を退職。その間に厚生省看護研究センターで1年間学び、助産婦教育に携わる。その後、個人病院の婦長として勤務。1993年に吉村医院長、吉村正先生の講演を聴き、お産を文化的な「いのちの営み」として捉える哲学と信念に衝撃を受け、1999年7月から吉村医院・お産の家の婦長として5年間勤務。

そこで自然なお産に立ち会う中で、これまでお産を科学的現象としてだけ捕らえていたことに気付く。現代、、当たり前でなくなってしまった自然なお産が人の人生全体にわたって大きな意味を持ち、人が本来の持つ力のすごさと内側に宿る神々しさをお産の中に取り戻すことがいかに大事かに気付き、ご縁あって2004年4月から北海道にきて伝えています。将来、道内に「お産の家」を建設予定。現在、天使大学大学院助産研究科の実習指導教員として働きながら講演活動をされてます。


●日時:4月7日(土)午後2時〜4時頃(受付:午後1時半より)

●参加費:1500円→託児の手配はしておりますが人数に限りがありますので、必要な方はご確認ください。

     お子様おひとり 1500円

●申し込み方法 事前に ★メール→ junta1023@ezweb.ne.jp

            ★電話、ファックス→06-6426-5497

〇臆端毀将⊃与B緝充圓僚蚕雖は⇒蹐里弔電話番号  

メールアドレスΔ海講演会を何(誰から)知ったか

託児の有無(有りの方はお子さまの名前、年齢、性別) 

をお知らせ下さい。

申し込み確認後、メールまたはお電話をさしあげますので、10日以内に

参加費を下記郵便局にお振込みください。10日を過ぎますと、定員になった

場合は次の方にお席を譲らせていただきます。

(申し訳ありませんが、手数料は各人でご負担ください。)

ご入金が確認できましたら、当日参加証となるハガキを郵送いたします。

忘れずにご持参くださいね。

●振込み先:口座名 「自の然(まま)」

 口座番号 記号14360  番号6417301

●締め切り:入金確認が3月末日まで

      ※定員60名になり次第締め切らせていただきます

●場所:クレオ大阪西 3階 音楽室(多目的室)

→靴を脱いでスリッパに履き替えるお部屋です。

→イスに座るのを嫌がるような年齢のお子様は、(お母様がよろしければ)

後ろの方で、ハイハイさせられるような場所です。

→岡野先生がおっしゃるには、講演会が始まると、不思議と子どもさんも落ち着いて一緒に聞き入ってしまう事が多いようですよ!

(先生が赤ちゃんの言いたい事を代弁してくれているのが分かるらしいです♪)

         

大阪市此花区西九条6−1−20

電話06−6460−7800

JR環状線阪神西大阪線「西九条」駅下車徒歩3分

市バス「西九条」下車徒歩2分/ 大阪駅前から79番「北港2丁目」行、56A番「酉島車庫前」行、59番「北港ヨットハーバー」行

野田阪神駅前から77番「酉島車庫前」行、81番「舞洲スポーツアイランド」行

◎駐車スペースに限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

●その他:当日は、数に限りがありますが、自然出産や女性の生き方などに関する岡野先生

オススメの書籍販売も行う予定です♪

2007-03-09 社長留学2日目。

banbanno2007-03-09

今、社長留学というイベントを2泊3日で開催しています。

社長のかばん持ちをして、社長の考えや仕事術を吸収し、次のアクションを一歩踏み出そう、という趣旨のイベントです。

ただいま休憩中。

明日は最終日で今後の未来計画をプレゼンします。

楽しみです。

2007-02-27 やりたいことを見つけるために。

「やりたいことを見つけたい」

っていう声をよく聞きます。

「やるべき」だから「やりたい」っていうのもあるし、「できる」から「やりたい」っていうのもある。

考えて、考えて、考え尽くしたら、まずは決めることから始まるんだと思います。

2007-02-24 「社長留学」

いつもと違う仲間と、いつもと違う春を。

非日常な3日間を体験する。


== 社長留学 == 

3月8日(木)〜10日(土)開催決定!

**************************

この度、皆さんの大学生活に刺激を与えるイベントを企画しました。

その名も…社長留学!!

社長留学では参加学生がそれぞれのメンターになった社長と、

二泊三日の合宿を通じて『カバン持ち』をしながら行動を共にします。

合宿の中で、参加学生はそれぞれ“気付いたこと”“学んだこと”

を元に『大学生活未来計画』を作成し、最終日にプレゼンテーション

をします。このイベントを通じて『主体的な大学生活』を考える

キッカケを提供していきます。

社長留学、3つの特徴

◆二泊三日

新大阪ユースホテルにて二泊三日で行われます。

最初の2日間はメンター社長の下で『カバン持ち』をしながら

行動を共にします。

最終日は作成した『大学生活未来計画』のプレゼンテーション

大会が行われます。

またこの3日間、いろいろな大学から集まった

『共に成長していく仲間達』と密に過ごすことで多くの仲間ができます。

メンター社長

参加学生には、それぞれメンターになる社長が就きます。

『カバン持ち』をすることで普段では出会えないような

社長達と繋がりを創れます。

普通の大学生活では知ることのできない社長の日常を

知ることができます。

また多くのことを“あなた”のメンターは伝えてくれます。

◆学生サポーター

このイベントの中でそれぞれの学生は自分の『大学生活未来計画』

を作成します。

作成にあたって、「コーチングスキル」を持った学生サポーターが

担当につきます。彼らのスキルを使いながら、それぞれのキラキラに

輝いた『大学生活』を描きましょう!!


以下、概要です↓↓

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆☆社長留学 概要 ☆☆

日時:3月8日(木)〜3月10日(土),の二泊三日(初日は10時集合)

場所:新大阪ユースホテル・青年文化創造ステーション

人数:学生26名(応募枠を越えた場合はエントリーシートにより選考を行います)

対象:関西の大学生

参加費:2,000円

主催:NPO法人JAE http://www.jaee.org/

お問い合わせ先:(電話)06-6100-3242(Mail)univ@jaee.org

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

※イベントには、実際のカバン持ちに掛かる費用(移動に掛かる交通費など)は

 自己負担して頂きますので、ご注意下さい。(一部援助金あり)


【参加申し込み方法】

こちらのサイトからエントリーシートダウンロードして

univ@jaee.orgまでお送りください下さい。

http://www.jaee.org/ships/event/shachou.htm

(2月28日締め切り)


皆様の参加を心よりお待ちしております。

以上になります。

長い文章を読んで頂き誠にありがとうございました。

皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

それでは失礼致します。