バンビ(万微)農園  脱サラ百姓25年目   生物多様性(聖、仏陀、妖精)と農業の融和を求めて。

2018-07-26

[]葉っぱのあるキュウリ

猛暑お見舞い申し上げます。

猛暑に加えて、雨の無い日が続いていましたが、一昨日やっとまとまった雨が有り畑も息ついたところです。

こちらの身体の方はたまった疲労で戦意喪失状態ですが。

ちょっと前ですが面白いキュウリが採れたのでお披露目します。

f:id:banbiyan:20180703115305j:image

キュウリ本体から葉が出ています。

どのくらいの頻度でこんなことが起きるのか知りませんが、百姓暦25年で確か2回目くらいかと思います。

   

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/banbiyan/20180726

2018-05-31

シジミ蝶幼虫飼育2題

今春飼育してみた2種のシジミ蝶が羽化したので御紹介します。

ウラゴマダラシジミ

幼虫はイボタノキというやや湿地性の潅木の葉を食べて育ちます。

見つけたときにはけっこう大きくて飼育が楽そうだったので持って帰りました。

4月29日

f:id:banbiyan:20180429112917j:image

5月6日には蛹になりました。

f:id:banbiyan:20180506072733j:image

5月23日に羽化です。

f:id:banbiyan:20180523082639j:image

蝶の標本を作る趣味はないので写真を撮ったら元気なうちに放蝶します。

農園内にあるイボタノキの葉の上にそっと置きました。

f:id:banbiyan:20180523110121j:image



オオミドリシジミ

幼虫はコナラなどの葉を食べて育ちます。

農園の周りにもたくさんあるコナラですが、成虫はいつも高い樹の上の方を飛んでいてなかなかその美しさを眼にする機会がありません。

今回はたまたま低いところでこの幼虫を見つけたので家にお連れしました。家で羽化してくれれば間近で見られるという魂胆で。

この幼虫もほぼ終齢でした。5月5日

f:id:banbiyan:20180505104347j:image

5月7日に蛹(前蛹?)になりました。

f:id:banbiyan:20180507131722j:image

5月29日に羽化しました。

f:id:banbiyan:20180529104624j:image

これはたぶん♂なので翅を開いてくれれば表のきれいな金属光沢が見えるのですが、無理に開いて鱗粉が落ちてもかわいそうです。

さっさと窓を開けて放蝶しました。「さよなら〜」

f:id:banbiyan:20180529145706j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/banbiyan/20180531

2018-05-14

[] ビニールハウスは昆虫トラップ

仕事柄、苗の栽培といくつかの品目に限ってビニールハウスを使っています。

バンビ農園のビニールハウスはかなり自然度が高い(草ぼうぼう)ので、多くの虫たちが「良さそうな所だな」と集まってきます。

昆虫は明るいところへ向かう性質と、高いところへ行きたがる性質が強いので、ビニールハウスの天井の隅には多くの昆虫が集まります。

言ってみれば昆虫トラップ状態なのです。

多くはハエや蚊、アブ、ハチなどですが、たまには蝶やトンボも入ってきます。

ここ数日は、なかなか自然状態では捕まらない美麗種が入ってきたので捕獲して写真を撮らせてもらいました。


アオスジアゲハです。

f:id:banbiyan:20180506121925j:image

飛ぶのが早くて、野外で捕獲するには吸蜜中くらいしか狙えない蝶です。

触ると燐粉が落ちてしまうので汚い捕虫網の中で撮らせてもらいました。

クロスジギンヤンマ

f:id:banbiyan:20180512102157j:image

こちらは網が手近になかったので手づかみです。

これまた汚い軍手で失礼します。

こんな美しいトンボに触れるだけでも幸せな昆虫少年の成れの果て、です。

いずれも写真撮影後放虫(?)いたしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/banbiyan/20180514

2018-04-26

[]飼い主もネコもヘビが好き?

うちのネコ(マル♀)は、相変わらず獲物を部屋に持ち込んできます。

先日はシマヘビでした。

f:id:banbiyan:20180405133722j:image

捕まえてきたヘビに首を巻かれて楽しんでいるのでしょうか。

一方、飼い主の方も・・。

今年はマムシが多いのか今週になって2匹も見ています。

殺すのは性でないので、通常スルーすることにしているのですが、2回目は家の敷地内でした。

子供がかまれても後悔するだろうと、捕獲して退去願うことにしました。

左手でつかんで、右手で撮影していますが、結構危険です。(良い子は真似しないでください)

f:id:banbiyan:20180423120311j:image

つかむ位置がもう1センチ下だと完全にかまれます。

このピンポイントをはずさなければ毒牙はこちらに届きませんが、やはりそれでも恐怖はあります。

ネコがマムシをかまってかまれなければ良いのですが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/banbiyan/20180426

2018-04-05

[] 春を感じさせる1ショット

3月は農作業が始動して、なかなか慣らし運転が終わらない身体にてこずっていました。

せめて月1を目差していたブログも抜けてしましました。

昨日は春野菜の定植、夏野菜の苗作り、ウリ類の種まきなども一応めどがついて、やや後手から抜け出したと感じているところです。

(本当はまだ「やらなくてはいけない事リスト」はびっしりなのですが。)

数日前、畑へ行く道路にミヤマセセリを見かけました。

枯葉にまぎれてしまうような地味な蝶ですが、春を告げる使者かのように今の時期だけ出現します。

f:id:banbiyan:20180403095446j:image

2匹が追いかけっこしていたので求愛行動と思われます。

珍しくピントが合ったので、「農園の自然」春一番のショットとしてアップします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/banbiyan/20180405