蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2013-03-19 告知「人魚の夢:山田勇男幻想画展」

告知「人魚の夢:山田勇男幻想画展」


さて、4月の企画の告知です。


  「人魚の夢 山田勇男幻想画展」 


4月18日(木)〜30日(火)

 

11時〜19時(最終日は17時)


寺山修司主宰「天井桟敷意匠スタッフとして映画「田園に死す」等を手がけた美術家山田勇男(やまだいさお)さんが偏愛する「人魚」の細密画展。


自らメガホンを執った新作映画「シュトルム・ウント・ドランクッ疾風怒濤)」のクランク・インを記念しての個展。画像の作品「椅子」をはじめとする50点の細密絵画を展示。



f:id:banka-an:20130319223506j:image



ちなみにその映画


シュトゥルム・ウント・ドランク疾風怒濤)」。



出演は、中村榮美子、寺十吾(tsumazuki no ishi)、佐野史郎あがた森魚、石川真希、シバ、天野天街原マスミつげ忠男、、井村昂、白崎映美、山本亜手子、宍戸康司、うらたじゅん、川瀬陽太、藤野羽衣子、夕沈、広川たけし他。


主要スタッフ大集合! 歌あり踊りありのクライマックス、 「南天堂」のシーン撮影の模様はこちらをご覧ください


ロケ地の中心は千葉県八街市だが、1シーンでも多く国立で撮ってもらおうと、「一人フィルムコミッション」たる僕が暗躍している。 →谷保天満宮、南養寺、本田家、滝之川学園と国立を代表する古い建物でのロケが決定しました。


文化財建造物「本田家」での撮影の模様は こちらをクリックしてご覧ください



内容は、大正デモクラシーの時代、大杉栄アナキストも含む血気盛んな若者たちの青春群像、とのこと。


山田勇男(やまだ・いさお)さんは1952年、北海道夕張生まれの美術家映画監督

1974年寺山修司主宰「天井桟敷」入団。「田園に死す」等の意匠工作に参加。


早くから8ミリ16ミリの世界で活躍し、初32ミリ作品の『アンモナイトのささやきを聞いた』は宮沢賢治と妹トシの関係をモチーフとした幻想の物語。サエキけんぞうが若き鉱物学者を演じました。カンヌ映画祭出品。


代表作ともいわれる、つげ義春原作『蒸発旅日記』についてはそのトレーラーで独特の美意識をご堪能いただきたい。


D


そして4月18日からの「人魚の夢 山田勇男(いさお) 幻想画展」。記念イベントは下記の通り。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(◎記念イベント 4月20日(土)19時より8ミリフィルム短篇映画上映&トーク会。

入場料1500円(当日券あり)・定員20名。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上映作品は、


「沼」(1999 カラー)


「少女オルフェ」(2001 カラー)


明石」(2008 カラー)


「Augenblick」(1986 カラー)



畳敷きの木造家屋で見る8ミリフィルム映画(DVDじゃないよ)なんてゾクゾクしません?


ぜひご予定ください。上映会は予約いただいたほうが安全です。




・・・・・・・開催中・・・・・・・


關敏 小品展〜秋〜 

  ↑クリック!!


・・・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



・・・・・・・3月より開講しました・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

關敏 小品展〜秋〜 

  ↑クリック!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話はメールで。



・・・・・・・・・・



f:id:banka-an:20130319225809j:image