蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2013-06-29 久々のアートめぐり、そして神保町

久々のアートめぐり、そして神保町

開業以来、アート鑑賞の機会が減った。今日は久しぶりに巡ろう。


まずは千駄ヶ谷。徒歩10分の「タンバリンギャラリー」。古い商店をリノベーションしたと思しき味わいある雰囲気。前回は多摩ディラン氏の個展だった


ただいま開催中は「怠慢ガール」。


f:id:banka-an:20130629222522j:image


4人の女流による「セクシー」をテーマにしたグループ展。旧知の山下以登さんが参加している(山下以登さんとのご縁はこちらを参照。多分20世紀からだと思う)。


山下さんの作品は上の画像の8時の方向の自由の女神。明るくエッチですてき。


四者四様のセクシーの競演。どれもキュートでいろっぽい。


山下さんとも2年ぶりくらい。お仲間のアーティスト・竹井千佳さんも紹介していただいた。竹井さんの作品は上の画像の2時の方向の自由の女神モダンでポップなんだけど、ところどころに昭和のあぶな絵師佐伯俊男を思わせる配色があったりしてかっこよく楽しい。


そのあとは新宿経由で初台へ。


行き先はカフェ&ギャラリーの「Zaroff」。開催中は「一千一秒物語展 」。


いうまでも無いが稲垣足穂の「一千一秒物語」をテーマにしたグループ展。



D



4月にうちで個展を開いてくれた山田勇男さんもボックスアートで参加している。


また20年ほど前よくライブに通った、当時はエレキギターを抱えた美少女だった近澤文絵さんが書家として参加している。上の動画をアップしたのも多分、彼女。


耽美で幻想な空間。古い民家を改装したと思しき画廊。板張りで三角の部屋。白い漆喰壁。



初台からは京王線府中に出る。


はずが久しぶりの上京で疲れて眠ってしまい。目が覚めたら見慣れぬ景色。「よみうりランド」駅。しまった、橋本行きに乗ってしまった、調布で乗り換えなければならなかった。せめて稲田堤に気づけば南武線に乗り換えて帰れたのに・・・。


また「よみうりランド」というのもちょっとブルー。約20年前、管理職候補選抜合宿研修で行ったところだからだ。あの夢の国、よみうりランドの中の日当たりの悪い一角に、企業研修専用の地味ーな施設があるのはほとんど知られていない。


で、選抜されなかったんですけどね。


調布まで戻って府中へ。


駅前の商業ビル「くるる」へ。


先日ご紹介、国立にお目見えした「看板娘」像。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


その作者である赤川政由さんの作品が、この「くるる」にはたくさんあるのだ。

f:id:banka-an:20130629175000j:image

f:id:banka-an:20130629175200j:image

f:id:banka-an:20130629175500j:image


ゆっくり見て周りバスに乗って帰った。


夜、「アド街ック」が神保町特集。


見ようか見るまいか迷ったが、一応、見る。世の本好きな人に愛されている街だが、僕にとってはほぼ仕事の場だった。いい思い出もあるがつらい思い出もある。比べれば6:4で「つらい」方が多いかも、なのだ。


でも仲良しの水島裕子さんが突然出演されたので大満足。見てよかった。


・・・・・・・間もなく開催・・・・・・・


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


・・・・・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

 

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!



◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

關敏 小品展〜秋〜 

  ↑クリック!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望は下の「コメントを書く」欄へ。内密な話やイベント申し込みはメールで。