蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2016-08-10 読売新聞に載りました。

読売新聞に載りました。

いよいよ準備も佳境の「安部慎一原画展“美代子阿佐ヶ谷気分”」は明後日から。

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


昨日のことなんだけど、8月9日の読売夕刊にご紹介いただいた。いわゆる「泣き別れ」だけどありがとうございます。


f:id:banka-an:20160811013333j:image


一応、トリミング


f:id:banka-an:20160811013413j:image


午後、宅配便。中野のタコシェさんからの荷物。今回のプロジェクトの共同開催者である中野・ブロードウェータコシェさんではこの企画に合わせて安部慎一さんの短編集

をつくられたのだ。



題して「安部慎一短編集1 闇の公務員」(タコシェ発行)


f:id:banka-an:20160811013452j:image


収録作品:「闇の公務員(未発表)」「僕はサラ金の星です!」「私(初収録)」


そして、「安部慎一最新インタビュー前半(2016年7月19日収録」)


表題の「闇の公務員」は安部家の電話横から封筒に入った状態で発見された未発表作品。その封筒には某漫画誌の編集部の住所が書いてあったというから不思議。何があったんだろう。


さらには近年の再評価のきっかけともなりつつもずっと入手困難だった“裏代表作”「僕はサラ金の星です!」と、先月、電話取材を行った最新インタビューも収録。



かなり貴重でファン垂涎の書だと思うのだけど、あくまでこのイベント用に作った本なので部数はかなり少ない。すぐなくなっちゃうかも。


興味のある方は、お早めに4会場のうちのどこかでお買い上げください。


税込で500円。ちょっと安すぎませんか。「アベシン愛」だけで作られた採算度外視品だなぁ。



あとは店内サインをいろいろと作成。外に出たくないのでPC作業。


f:id:banka-an:20160811001019j:image



そうそう、夕方、本の陳列のシミュレーションをしていたら発見。


北冬書房の限定450部「私生活」の中にサイン本が一冊だけ入っていた。


早い者勝ちです。



・・・・もうすぐ開催・・・・・・・

安部慎一原画展「美代子阿佐ヶ谷気分」8/12〜8/28

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


国立駅前で落語を聴き「かっぽれ」を見る体験。9/3

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!


中川フォークジャンボリー with よしだよしこ 9/9

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

・・・・好評発売中・・・・・・・

最年長銭湯絵師の自選ポストカードセット

布つくし ←クリック!!


・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  

達人に習うハモニカ教室

ハモニカ ←クリック!!


小学生対象。今、話題の“フォニックス”で生きた英会話を習得。きらり ←クリック!!

きらりキッズ」。

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!



国立駅至近。お得な和室の会議室。お申し込みは「スペなび」から。

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!

・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。

      2491625