蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2017-02-10 告知 「石州流盆石の世界」展

「石州流盆石の世界」展を3年ぶりに開催できることとなった。



「盆石(ぼんせき)」とは黒漆塗りのお盆に、自然石や砂を用いて風景を表現する伝統芸術。


f:id:banka-an:20160315223854j:image


昨日、当ビブリオで「盆石教室」を開講中の石州流盆石・淺井濤子先生から電話があった。



以前からおすすめしていた、第2回目となるご一門の展示会を開催していただけるという。



期日は5月27日(土)〜29日(月) 


開廊時間は、

5月27日(土) 午後2時〜午後7時

5月28日(日) 午前11時〜午後7時

5月29日(月) 午前11時〜午後5時


八世家元・淺井濤子先生とそのご一門の直弟子による作品とその場で作品制作を披露する「席打ち」を実施する予定。


f:id:banka-an:20170210233330j:image



写真で見ただけでも「漆のお盆に匙(さじ)や篩(ふるい)や鳥の羽で砂や小石で撒いただけでこんな細かい造形ができること」に驚かれると思う。

f:id:banka-an:20101205161922j:image

これが会場にて実際にご覧いただくと、より驚いていただけるはず。


f:id:banka-an:20140227162000j:image

f:id:banka-an:20140227170000j:image

f:id:banka-an:20140227162300j:image


千年の歴史を持つ「盆石」の中で江戸初期に源を発し古来の伝統、技法を現代に伝える「石州流盆石」の深遠な世界。



f:id:banka-an:20160315223929p:image


それを八世家元・淺井濤子先生中心にご一門の方数人でビブリオの展示室を埋め尽くしていただく予定。


f:id:banka-an:20160315224043j:image


その作品は作ったその場から運ぶことはできない。そして保存することはできない。鑑賞した後はまた鳥の羽根で掃いてもとの漆のお盆と砂に戻るのみ。



運べない、保存できない「一瞬の芸術」をお楽しみください。



遠く江戸初期に源を発する「石州流盆石」の本拠地は現在、国立市にある。



現・八世家元浅井濤子先生は国立在住。世襲制ではなく代々高弟が家元継承するため家元居住地本拠地になるのだ。


お稽古は国立ギャラリービブリオに不定期で開催されている。


f:id:banka-an:20160315224023j:image


だから国立文化財的存在と言っても過言ではない。


もちろん多くの方に見ていただきたいが、特に国立の人にはぜひご高覧いただきたいと強く思います。


(※印の写真は提供:国立ハッピースポット)



細かい内容など多少流動的ではあるのだけど、随時ここでお知らせする予定。





・・・開講中・・・・・・・

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  

達人に習うハモニカ教室

ハモニカ ←クリック!!


小学生対象。今、話題の“フォニックス”で生きた英会話を習得。きらり ←クリック!!

きらりキッズ」。

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。

      2656862



漆のお盆に砂で風景画を描く芸術「盆石」。

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!