蕃茄庵日録(ばんかあん。国立駅前・ギャラリービブリオ店主のブログ)

2017-06-01 国立うちわ市2017 赤枝由子さんのうちわ作品が届きました。

イラストレーター・赤枝由子さんの作品が届いた。


大人気の「猫うちわ」。歌川国芳以来の伝統。


顔彩を用い、日本画技法で描き上げられた。



作品ナンバー1「猫とおもちゃ」

f:id:banka-an:20170602020322g:image


作品ナンバー2 「猫のお散歩」

f:id:banka-an:20170602020402g:image


作品ナンバー3 「猫と花火」

f:id:banka-an:20170602020454g:image



そして、猫と言えば鈴。リアルの鈴をつけている。

f:id:banka-an:20170602020518j:image



だからあおぐとチリンチリンと涼しい音がする。

f:id:banka-an:20170602022128g:image


赤枝さんとギャラリービブリオの縁は古い。


ビブリオの開業は2012年の9月1日。


当初は2012年4月に会社を辞めて半年間準備をして開業、の予定だった。


でもせっかちな僕は退職前から週末作業で準備を進め、退職直後には準備が整ってしまった。


そこで旧知の作家二人にプレオープン企画にイベント会場として使っていただいた。


一人はご存知・岡崎武志さん。「一人古本市」を開催してくれてトークショーを開いてくれてその時紹介された古本仲間の皆さんとはいまだに厚誼が続いている。そして岡崎さんとはその後も「中川フォークジャンボリー」「45回転の人々」とビブリオの看板イベントで組ませていただいている。


もう一人の作家が長野まゆみさんだった。「新刊ニュース」の編集者をしていた時、対談に出ていただいたり随筆を書いていただいたりしていた。



国分寺駅ビルの喫茶店で10年ぶりくらいにお会いして「ビブリオ構想」をお話しすると、急遽「ファン交流イベント」を開いてくれることになった。


もちろん長野さん自身がイベントを仕切るわけではない。信頼するスタッフを事前に打ち合わせのために派遣してくれた。この女性が当日も仕切ってくれるという。



この人が優秀でねぇ。きっちりと几帳面な仕事をこなしつつも「ほわぁ〜っ」とした雰囲気で空気を和ませる。テキパキと仕事を進めつつも他者にプレッシャーを与えたりしない。



さらに感動したのがディスプレイのセンス。ちょっとした小物づかいや小さな演出でガラッと雰囲気を変える。ショーウィンドーも枠一杯に使い長野さんの世界観をつくっていた。


それが赤枝由子さんとの出会いだ。もちろん、ずーっとずーっと年下だけど僕は「師匠」の一人と思っている。まさかプロのイラストレーターだと思わずにとても仕事のできるキュレーターエディターだと思ってた。



今年も素敵な作品をありがとうございます。飾るのが楽しみです。

f:id:banka-an:20170602193929j:image


・・・・・もうすぐ開催・・・・

6/10 インド横笛、鼓その神々の音(ね)。

關敏 小品展〜秋〜 ←詳細はクリック!!


国立ゆかりのアーティストが手描きのうちわで大集合

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック


孤高の歌姫 YO-EN昭和歌謡スペシャルライブ 7/2

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!! 

国立駅前の古民家ギャラリー昭和歌謡が響く夜会は7/2。たとえば丸山圭子「どうぞこのまま」。

D


・・・開講中・・・・・・・


人気真打から直伝をうける、三遊亭遊史郎の江戸端唄三味線教室

關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

三遊亭遊史郎の「江戸端唄三味線教室」  


關敏 小品展〜秋〜 ←クリック!!

中国語いとも簡単教室  

達人に習うハモニカ教室

ハモニカ ←クリック!!


小学生対象。今、話題の“フォニックス”で生きた英会話を習得。きらり ←クリック!!

きらりキッズ」。

◎◎ ◎◎ ギャラリービブリオ公式サイト ◎◎ ◎◎

国立駅前。展示、ワークショップ、会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室

ギャラリービブリオ 

  ↑クリック!!


・・・・・・・・・・・・・・・

ご意見、ご希望やイベント申し込みはメールで。

      2734958