barmariko このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |

2005-07-17

barmariko2005-07-17

[]白いんげん豆とツナのサラダ 白いんげん豆とツナのサラダを含むブックマーク

また豆か〜?!そう言わずに試してみてください。このサラダにパン、チーズ、よく冷えた白ワイン。こんなシンプルランチが最高な季節である。イタリア人はとにかくよく豆を食べる、というのは以前何度も書いたと思うが、この白いんげん豆サラダは、食にうるさいイタリア人をも「うまいっす」と言わしめる、はず。

このサラダは、非常に簡単で作り置きが可能な上に、イタリアでは原価がとても低いため、ブッフェパーティやホームパーティなどにも大活躍である。実際バール・アルベルトで食前酒タイム用に前菜を用意したときも、この白いんげん豆サラダは本当に重宝した。横にブルスケッタ(薄くスライスしてカリっと焼いたパン)を山積みしておけば、予想通りイタリア人はパンと豆を一緒に食べてくれる。

そもそも「白いんげん豆とツナ」この組み合わせはトスカーナ風なのだと言う。微塵切りにした玉ねぎを加え、オリーブオイルで和えただけのスピード料理だが、豆が美味しくてついつい食べすぎてしまうのだ。ここにたっぷりの「レモン汁」を加えるところが、オリジナルポイントである。これはわたくしの仲のよいお友達、イタリアンリストランテで修行中のニッポンジンFから伝授したものである。やはりプロのコックさんだけあって、シンプル料理にもピリリと小技を効かせるあたりが、素晴らしい。例えば微塵切りにした玉ねぎは必ず塩を加えて揉み、その後水にさらして30分は置く、など細かいところに気を配ることが、美味しさの秘訣だと言う。

白いんげん豆とツナのサラダ(4人分):乾燥白いんげん豆2カップ、ツナ1缶、玉ねぎ2分の1個、レモン1個、塩、胡椒、オリーブオイル、イタリアンパセリ少々

  1. 白いんげん豆を水につけて一晩置く。
  2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、白いんげん豆を柔らかくなるまで茹でる。(1時間はかかる)
  3. 玉ねぎを微塵切りにし、30分ほど水にさらす。
  4. ボールにツナ缶、水気を切った玉ねぎ、レモン汁、塩、胡椒、オリーブオイルを加えよく和える。(この状態でしばらく置いておくと玉ねぎがマリネされて、より美味しくなる)
  5. 茹で上がったほくほくの白いんげん豆を加え、よく混ぜる。
  6. イタリアンパセリをちらして出来上がり。

昔ペルージャに住み始めたばかりの頃。わたくしがこのサラダを作ってパンとゴルゴンゾーラチーズだけでランチの準備をしていると、ルームメイトのエミリアーノ(当時21歳の男子大学生)が帰ってきた。キッチンに入ってくるなり「QUANTO SEI DOLCE!!!!(クワント・セイ・ドルチェ!=何て君はスウィーティなんだ!)」と叫んだ。わたくしは自分のランチを準備していただけであって、彼の分など考えてもいなかったのだが、そこまで喜ばれると「・・・一緒に食べる?」と言うしかなかった。そもそも白いんげん豆のサラダひとつで、20歳の若造がわたくしに向かって「スウィート・ハート」呼ばわりするのも、どうかと思うが。変な国。

cipolinacipolina 2005/07/19 20:18 そうか〜。豆と聞けば煮豆を思い浮かべてしまうワタクシはまだまだ修行がたりませんね。「ワインをくれ〜」と思わず言いたくなる画像によだれ。。イタリア男ならずとも「アモーレ」と絶叫してしまいそうです(私が言うな!私が!)。さらしタマネギに塩、最後のレモン、とても参考になります。胃腸が弱っている夏場にもこれならパクパク食べられそう☆

barmarikobarmariko 2005/07/20 00:10 cipolinaさん>白ワイン、本当に合うんです!cipolinaさんには分かっていただけるはず!イタリアにはこの白いんげん豆の水煮缶があって、料理に使うときはそれがやっぱり便利です。缶を開けて、水を切るだけで、すぐ使えるんですもん。この豆のサラダだって5分でできちゃう。てなわけで、乾燥豆を茹でて使うのにはイマイチ慣れてないんです、わたし。ほくほくに上手に茹でられないんですよね〜。圧力鍋とか使うといいのかしら?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/barmariko/20050717/p1